履歴書に印鑑の押印は必要ある?それとも必要ない?

履歴書に印鑑欄が無い場合の押印はどのようにすると良いのでしょうか。そもそも履歴書に印鑑は必要なのでしょうか。履歴書の印鑑欄で判断する押印の必要、不必要を解説します。印鑑が必要な場合の綺麗な押印方法も紹介しています。

履歴書に印鑑の押印は必要ある?それとも必要ない?

履歴書には印鑑の押印が必要なの?

就職活動で履歴書を書く時は、印鑑の押印が必要なのでしょうか?履歴書によって、印鑑欄があるタイプのものとないタイプのものがあり、どうすれば良いか迷うことでしょう。就活生の中には履歴書は会社に提出する正式な書類なので、必ず印鑑を押印する必要があると思っている人もいるかもしれませんが、、実はそうではないのです。

今回は、履歴書に印鑑の押印が必要なのか、それとも必要ないのかということだけではなく、印鑑欄のあるタイプの履歴書用紙を使う際、用意すべき印鑑の種類や上手な押印の仕方なども併せて紹介します。

印鑑欄のないタイプの履歴書に押印する必要はない

印鑑欄がないタイプの履歴書には、印鑑の押印は必要ありません。それは何故かと言うと、押印見直しガイドラインというものが1997年(平成7年)に閣議決定された為です。内容は以下のようになっています。

オッケーサインの笑顔の男性

押印見直しガイドラインより抜粋

「押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。」

履歴書は正式な書類ですが押印の必要性や意義はあまり無いので、上記の内容に履歴書が当てはまるということで履歴書の印鑑欄がなくなったのです。

現在、多く流通しているJIS規格の履歴書に印鑑欄がないのはその為です。

印鑑欄のあるタイプの履歴書を使用する場合は必ず押印すること

しかし、押印ガイドラインが閣議決定される1997年以前に作られた履歴書や、一部の履歴書には印鑑欄のあるものがあります。

印鑑欄があるタイプの履歴書を使用する場合は、押印する必要があります。では何故ガイドラインで必要ないと決定されたのに印鑑欄付きの履歴書用紙が無くならないのかという事なのですが、それにはいくつかの理由があります。

  • 履歴書の空欄を避けるため
  • 会社が用意した履歴書に印鑑欄がある場合、押印は会社にとって必要なものだから
履歴書のサイズと種類の選び方3つのポイント

履歴書の空欄を避ける為に押印する

履歴書に空欄を作る事は、採用担当者にとってあまり良いイメージはありません。そして印鑑欄があるのに印鑑欄に押印が無い場合は応募者の押し忘れを疑われてしまいます。注意力の無い応募者というイメージは、採用の合否に影響が出る可能性もあります。

会社が用意した履歴書に印鑑欄ある場合は、押印しなければならない

会社が作成した履歴書なので、その会社の方針に従いましょう。わざわざ印鑑欄を設けるという事は印鑑を押印する必要性があるという事です。押印せずに会社に提出すると、履歴書に不備があるという事で採用の合否に影響するかもしれないので、押し忘れには気をつけましょう。

このような理由から印鑑欄のある履歴書を使用する場合は必ず押印する必要があるのです。履歴書を書く時は必ず確認して、押し忘れがないかチェックしましょう。

印鑑欄付き履歴書にふさわしい印鑑の種類と押印方法

印鑑欄がある履歴書の場合、どのような印鑑を使用すると良いのでしょうか。シャチハタ印や100円均一の印鑑は使用しても良いのでしょうか。また、履歴書の書き直しを避ける為に、印鑑を綺麗に押印するためにはどのようにすると良いのでしょうか。ここで、正しい印鑑選びと押印方法を紹介します。

履歴書にシャチハタ印は不可!朱肉をつける印鑑を使用する

押印が必要な履歴書の場合、朱肉をつけるタイプの印鑑を使用しましょう。認印などに使用している印鑑が良いのですが、手元に適当な印鑑がなく、新しく購入している時間がない場合は、100円均一で販売されている印鑑でも問題ありません。

やり直しをくらい顔が白くなった男性

印鑑を購入する際は、シャチハタを選ばないようにしましょう。シャチハタは朱肉ではなくインクを使用しているので、時間が立つと劣化してしまいます。また、書類が濡れると滲んでしまうため、履歴書などの正式な書類には使用できません。

履歴書に押印する印鑑選びのコツ

朱肉を付けるタイプの印鑑を使用する事。
シャチハタ印は使用不可。

履歴書の下に柔らかいマットを敷いて上からまっすぐ押印する

印鑑欄のある履歴書に押印する場合、「印影が曲がってしまった」「印影が擦れてしまった」などの問題が起きないようにしっかり印鑑を押す必要があります。履歴書に印鑑を押す時は、次のことに気をつけるようにしましょう。

ミスを許してくれる機嫌の良い男性

  • 履歴書の下に弾力がある柔らかめのマットを敷く。
  • トントンと叩く感じで印鑑を朱肉に付ける。
  • 上からまっすぐ押す。

このようにすると、印鑑を真っ直ぐに押す事ができます。また、履歴書を書き始める前に押印しておくと、万が一印影が曲がったり擦れた場合でもすぐ新しい履歴書用紙に取り替える事ができます。

しかし多少、印影が崩れてしまった位では気にしなくても大丈夫です。履歴書に印鑑を押印する意味は、その書類を書いた本人を確認する為なので、確認できる印影であれば、履歴書の書き直しは必要ありません。

履歴書の印鑑欄の有無で押印が必要か判断できる

履歴書に押印が必要なのかどうか、結論は

  • 印鑑欄のある履歴書の場合、押印する。
  • 印鑑欄のない履歴書の場合、押印はしない。

以上のことを覚えておきましょう。そのほか、履歴書を書く時に限らず、面接の際にも印鑑と朱肉を忘れずに持参しましょう。何かの書類に押印を求められた場合にも印鑑セットを持っていれば安心です。