フリーターが就職するには?正社員になるための5つの道しるべ

フリーターが就職するにはどうすれば良いでしょうか。20代や30代と年齢を重ねる度に就職は困難になります。就職するには高卒や大卒などの学歴よりも職歴やスキルが重要になります。資格や長いアルバイト経験を履歴書や職務経歴書などでアピールすることで就職活動が有利になります。就職するための具体的な方法を紹介します。

フリーターが就職するには?正社員になるための5つの道しるべ

フリーターが就職して正社員になる方法

今はフリーターでも良いかも知れませんが、いつかは正社員を目指し就職活動をする時がきます。しかしいざ就職活動を始めた時に、職歴が短ければ就職するのが難しいでしょう。そのようなフリーターはどんな仕事に就いて正社員を目指せば良いのでしょうか。ここでは、フリーターが正社員で就職するための方法を紹介します。

1.フリーターは正社員登用有りのバイトをする

アルバイトは長い期間働いていると立派な職歴となります。しかし短い期間でアルバイトを転々としている方は職歴とは言えない状況となります。学歴は高卒、大卒問わないのですが中途採用となると、やはり職歴が重要となってきます。

嫌いな上司に肩を叩かれるフリーター

そこで現在フリーターの方は正社員登用有りのアルバイトを始めましょう。飲食店は特に高校生のアルバイトをまとめるリーダーを探しています。フリーターで活躍している方はリーダーのポジションに適していると言えます。

アルバイトリーダーを長く続けていると社員の誘いもあるでしょう。そのため飲食店でアルバイトから入り正社員を目指すのが効率の良い就活と言えます。この場合は正社員になるための履歴書が必要ないためフリーターの方にとっても負担が少ないでしょう。

アルバイトが初めての人におすすめの精神的に楽な仕事4つ

2.フリーターから期間社員になり正社員での就職を目指す

自動車などの期間社員は期間満了の際正社員になるかどうかの誘いを受けることがあります。自動車の工場は過酷な肉体労働を強いられます。そのため期間満了する方が少ないので、それだけで企業へのアピールとなります。

毎日一生懸命働く期間社員の男性

フリーターから大企業へ就職するチャンスとして期間社員は悪くない選択肢と言えます。しかし誰でも正社員になれる訳ではありません。仕事を真面目にこなし、リーダーシップを発揮するのが最低限の条件となるので期間社員から正社員を目指す方は相当の努力が必要と言えます。

その努力の見返りが大企業の正社員ということになるので、気合を入れて頑張る価値はあると言えるでしょう。

3.コネを利用しフリーターから正社員として就職する

家族や親戚や友人のコネを利用します。コネを利用した就職は卑怯で嫌だ!思っている方も多いでしょう。しかしコネを利用した就職は縁故就職と言われ正式な就職の形となっています。またコネはその方の能力の一つです。コネがある方は最大限利用しましょう。

いろいろなコネがあるベテラン社長

しかし縁故就職は全てが良いという訳ではありません。職場で迷惑を掛けてしまった場合、紹介してくれた方にも迷惑が掛かる可能性があります。また仕事内容が嫌だといって簡単に辞めるのも気が引けることがあるでしょう。

どうしても就職できないフリーターの方や30代、40代の就職するのが面倒になってきているフリーターの方はコネがあるなら利用して正社員を目指しましょう。

4.フリーター経験を活かして正社員として就職する

フリーターの方でも同じ職場の正社員より長い経験を持っている方がいます。そのような方が同じ業種の仕事に就職する場合アルバイト経験は職歴とみなされアピールポイントとなります。どのような仕事をして結果を残したのか、応募書類に書く事ができるので、考えをまとめて履歴書と職務経歴書を作りこみましょう。

工場で機械を直す仕事をする男性

志望動機や自己PR、企業研究なども怠らずに採用試験を受けると、面接官もアルバイト経験を職歴と認めてくれます。認められたら中途採用でも他のライバルと見劣りしないスキルをアピールできていることになります。

おすすめの職種は飲食系や工場系などです。ライバルより経験が多いからと言ってもやはりアルバイトです。出来ればライバルの少ない職種を狙うと正社員で採用される確率が高くなります。このような職種はあまり人気がないですが、給料が高い傾向があります。

フリーター期間に正社員で働いていた友人達よりも高い給料を貰える可能性もあるため、フリーターでも一発逆転を狙える職種です。仕事はキツイですが見返りや、やりがいもある職種です。

履歴書の職歴にアルバイト経験は書けるのか

5.就職に強い資格を取得しフリーターから正社員を目指す

フリーター期間を利用して資格を取得しましょう。資格を取得することで、面接時に「資格を取得するためにフリーターになった」と答えることもできます。資格を取得するときに重要なのは、難しすぎる資格に挑戦しないことです。

資格取得に励む小学生

何年も掛かって資格が取れなければ意味のないものとなってしまいます。モチベーションの維持も難しく途中で挫折してしまう可能性もあります。簡単で実用的な資格は

  • 簿記3級
  • 医療事務
  • 調剤薬局事務

これらの資格は難易度が低く通信講座でも人気の資格となっています。特に女性の方や主婦の方に人気の資格で再就職にも強い資格です。勉強期間もそこまで必要ないのでフリーターをやりながらでも充分取得可能と言えます。また資格取得に自身がある方は少し難易度が高いものを選ぶのも良いでしょう。

  • 宅地建物取引主任者
  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士

これらの資格は難易度が高いのですが就職に困らない資格として有名です。この他にも有用な資格はたくさんあるので資格を取得してから正社員を目指す方は是非チャレンジしましょう。

一人暮らしやフリーターの貯金方法と実態

フリーターから正社員として就職できた4名の体験談

フリーターから正社員としての就職を成功させた4人の体験談をご紹介します。

やりたい事はフリーターのうちに

たま(26歳 不動産業)


私の最終学歴は高卒です。もう20代後半なんだからきちんと就職して正職員になろうと思ったのがきっかけです。

毎週出る無料求人誌やハローワークでの仕事探しをしていましたが、一番苦労したことは、今までがフリーターということもあり、面接で「今まで正社員にならずに何をしていたのか」という質問の答えが見つからなかったことです。

就活は5ヶ月ほど行い、今は不動産業の正社員として宅建の勉強中です。

私は今までやりたいことをやり世界を旅したりしていたのですが、やはり今になってやりたいことをやっておいて良かったなと思います。正社員になるとなかなか自由にはならないので、やりたいことはフリーターのうちにやっておき、けじめをつけようと心の準備ができた時にじっくり就活をすれば良いと思います。焦らずに自分のペースで探していると自分に合った仕事が必ずあります。

40歳越えの就活体験談

のんつく(43歳 警備員)


最終学歴4大卒の43歳男です。正社員への就活を始めた理由としては、家族の事が一番大きいです。これから進学を控えており、不安定なフリーターのままでは不安なので、安定した職に就きたいと思ったのがきっかけでした。

40歳を超えると、求人も限られてくるため、ハローワークをはじめ、求人WEBサイト、フリーペーパー、新聞広告など、とにかく応募できそうな物を探し、企業情報や評判などを調べて、ブラックっぽくないところは全て応募しました。

とにかく、面接までなかなかたどり着かないため、書類の書き方には苦労しました。わかりやすく簡潔に自分をPRすることに注力しました。苦労の甲斐あって、1年2ヶ月の就活期間を経て、現在は警備員として働いています。一部上場の会社で、安定しているため、家族も安心しており今の生活に満足しています。

これから正社員を目指している方、特に年齢の高い方は、厳しい戦いになると思いますが、とにかくたくさん受けることを考えてください。受けている間になんとなく採用されそうな企業がどんな所なのか見えてきます。私は100社ほど応募しました。明るい未来を想像して、頑張ってください。

絶対笑顔!

びんごー(29歳 事務職)


最終学歴は中学校卒業です。20歳で子供を産んで「このままではいけない」と思い、25歳の時に高卒認定を取得しました。その後も自信の無さからずっとアルバイトを続けていたのですが、そのお店が閉店してしまったのをきっかけに正職員で働こうと思い立ち、ハローワークに駆け込みました。

子どもが小学生ということで、勧められるのは事務職ばかり。経験も学歴もないので難しいと感じていましたが、とにかく毎日ハローワークへ通い毎日3~5件履歴書をあらゆる会社に送らせてもらいました。

一週間が経ち早いところは履歴書が返却されてくるのを見て、書類選考さえ難しいのだと実感。すぐ面接をしてくれるところをあたってみることにしました。工場の作業員とのことでしたが、「全然構いません!」と翌日の朝面接へ行きました。

何もアピール出来るものはないので、「とにかく明るいんです!前向きです!そして丈夫です!」というのをこれでもかという程アピールするため、面接をしてくださった強面常務を笑わせることに努めました。結果はすぐに採用。実質半月ない程の就職活動とにかく笑顔が大切です。現在はその会社で明るいからと、事務職を任されています。

脱フリーター!!目指せ正社員!

いけさん(28歳 営業職)


私は飲食店に勤務していて正社員として働いています。その前はアルバイトとして工場やパチンコ店で勤務するフリーターでした。最終学歴は高卒です。卒業後、ホテルや営業職などを転々とし、直近では工場で働いていました。

脱フリーターを考えたのは彼女が出来たためです。自分の年齢や将来を考え、腰を据えて働ける正社員を目指そうと思いました。

転職活動は主に転職サイトを利用しました。中でも苦労したのは面接の時に「なぜフリーターをやっていたのか」という質問をされた時です。記憶が曖昧ですが「やりたいことを探してました」とか答えていたと思います。

転職活動の期間は約半年ほどです。前職はアルバイトだったので勤務先に事情を話したらこちらの要望通りの時期に退職することができました。転職活動~就職までは問題なく行えました。

今は地元を中心に全国展開を始めている会社に勤務しています。接客業は初めてではないので問題はありませんでした。今は厨房にも入らせてもらいキャリアを重ねています。給料は正直低いですがフリーター時代に比べれば不安は軽減されました。とにかく先の先を見据えることが就活には大事だと思います

フリーターが正社員として就職するには最大限の努力が必要

フリーター期間は長ければ長いほど、就職活動には不利になります。それは正社員としての職歴が無いからです。しかしいつかは正社員で働かなければならないときがくるでしょう。そのとき職歴がないと、大変なことになります。

正社員を目指せる職場に転職する、就職に有利な資格を取得する、コネを使う、アルバイト経験が長い場合は経験をアピールしてみるなど、フリーターが正社員をとして就職するには、今回紹介したようないくつかの方法があります。

今はフリーターだけど正社員で働きたい!と言う方は、自分の知識や技術に磨きをかけながら出来る限りの努力をすることで、正社員として就職できる可能性を高められます。