コンビニバイトはダブルワークにもおすすめ!体験談15

コンビニバイトの仕事内容ややりがい、苦労は?コンビニバイトを経験した方から体験談を聞いてみました。シフトに融通が利きやすいので学生はもちろん、フリーターや主婦のダブルワークにもぴったりなコンビニでのアルバイトですが、店舗や勤務時間によって業務内容が異なってきます。

コンビニバイトはダブルワークにもおすすめ!体験談15

コンビニバイトの仕事の評判をチェック!

コンビニバイトの求人数はアルバイトの中でも非常に多く、経験したことがあるという方も多いもの。フリーターや主婦、大学生や高校生など、どんな立場の人にとっても勤めやすいのがポイントです。

コンビニバイト経験者15名の体験談をもとに、その実態について調査しました。

コンビニバイトのスタッフの仕事内容は?

コンビニでアルバイトする店員

「なんだか簡単そう」と気軽な気持ちでコンビニバイトに応募する方も少なくありませんが、実際の仕事内容は多岐に渡ります。

  • レジ打ち業務
  • レジ金の両替
  • 宅配便の受付
  • チケットの発券
  • 商品の品出し・陳列・整理
  • ホットスナックの調理
  • フライヤーの掃除
  • たばこ補充
  • 賞味期限切れ商品の廃棄
  • 店内や駐車場の清掃
  • ゴミ出し
  • 商品の発注
  • 電話応対

コンビニスタッフで磨かれるスキル

勤務する時間帯によっても変わってきますが、コンビニの客層は非常に幅広いです。24時間営業の店舗の場合、深夜の勤務では酔ったお客様が来店され、しつこく絡まれることも少なくありません。中には理不尽な無理難題を押し付けてくるクレーマーもいることでしょう。

こうしたシチュエーションで苦労を重ねるうち、身に着くのが臨機応変な対応やビジネスマナーです。大変なことも多いですが、この苦労が後に社会に出る際には大きな財産となります。

また、コンビニバイトでは様々な仕事を任されます。業務遂行のために何を優先すべきか、作業効率化のためにどうすればよいのか自分で考える癖が自然と身に着きます。

コンビニの廃棄商品はもらえるのか

廃棄するコンビニ弁当

コンビニでバイトをして良かったポイントとして「廃棄がもらえること」と挙げている方も少なくありません。廃棄商品の取り扱いについてはそれぞれのお店によるところが大きいですが、実際は持ち帰れないことが規定として厳しく決められているケースが大半です。

「どうせ廃棄されるから」と勝手に商品を持ち帰って、それがバレた場合は処罰対象となる可能性もあります。お店のルールはしっかり守りましょう。

コンビニバイト経験者に体験談を調査!

友達と一緒にして楽しかったバイト

ゆき(36歳 専業主婦)


大学生の時に友達に誘われて、コンビニでバイトをすることになりました。友達と同じ時間にバイトをしたいため、土日の10~17時だけ働いていました。週2日だけでしたが土日は人手不足のようですぐに採用してもらいました。最初1ヵ月は研修時給で100円安かったですが、その後は時給950円で働いていました。

私の場合は忙しい時間帯のバイトだったので、ほとんどレジに入ってお客様の対応をしていました。レジにお客様がいなくなると、商品棚の整理をしたり、裏に置いてある段ボールから商品を取ってきて、補充したりしました。

接客は楽しかったですが、コンビニはいろいろなお客様がくるので、時に怖そうなお客様の対応をしたり、無理難題を言ってくるお客様の対応をするのは大変でした。

それでも友達と一緒にレジに並んで仕事をするのは楽しかったし、店長も優しかったので続けることができました。賞味期限2時間前の商品は廃棄になるのですが、あがりの時間に廃棄商品がある場合は店長がくれたりしたので嬉しかったです。

コンビニエンスストアでのアルバイト

ぷちぷち(33歳 主婦)


コンビニの店員

私は短大時代にコンビニエンスストアでアルバイトをしていました。家の近所にコンビニがあり、楽しそうだと思ったのがきっかけでした。週3から週4で3時間くらいの勤務でした。だいたい月3万くらいの給料です。

仕事の内容はレジ打ちや食品、飲料の補充、掃除です。お客さんがたくさん来ている時にソフトクリームや宅急便などの時間のかかる仕事がはいると大変でした。

コンビニのお客さんは仕事の帰りに寄ったり、毎日決まった時間に決まった人が来られることが多かったため、名前を覚えてくれて声をかけてくれたりしたことが嬉しかったです。また、新商品が次々入ってくるのでお菓子好きの私は魅力的でした。

自宅近所で早朝コンビ二バイト

みどり(28歳 事務職)


コンビニでアルバイトを始めたきっかけは、早朝に働きたいと思ったからでした。自宅近くのコンビニで早朝に働けるスタッフを募集していたため応募しました。

勤務は朝6時から9時の週5回です。休みはシフト制で、主に平日です。給料は月85000円ほどでした。

仕事内容は主にレジ打ち、ホットスナックの調理、入荷商品の検品と陳列、賞味期限切れ商品の廃棄、店内と駐車場の清掃、たばこの補充、レジ金の両替などを行います。私の働いていたコンビニでは早朝が一番混雑するため、レジ打ちとホットフードの調理のみで終わる時もありました。

働いて大変だったことは、お店からの急な呼び出しです。欠員が出た時、自宅が近いため私がよく呼び出されていました。あまり近所で働くのもよくないと思いました。

コンビニで働く魅力は、新商品の食べ物をいち早くチェックできることです。中には事前にその商品のサンプルをもらえることもありました。

コンビニバイト体験談

れおにゃ(39歳 サービス業)


コンビニ店内

私がコンビニバイトを始めたきっかけは、昼間の仕事の給与だけでは金銭的に余裕がなく深夜のアルバイトを探していたためです。勤務は曜日固定の週4日で、深夜の23時から朝6時までで月の収入は7万円程でした。

深夜なのでレジ業務はさほど忙しくはなく、飲料の補充や期限が切れる商品を店頭から撤去する作業等をしていました。一番の深夜時間帯のメイン業務は清掃です。ポリッシャーという機械で床を磨くのですが、この作業が重労働で大変でした。

コンビニのバイトで一番苦労したのが、休みたい時は他の従業員とシフトを交代することでのみ休みが認められていたので非常に休みが取りづらかったことです。

良かったことは、期限が切れそうなお弁当や食べ物を持って帰れたことです。食費がかからず助かりました。

食費が浮くコンビニバイト

ともこ(30歳 主婦)


私が学生だった時、時間の融通が利く簡単な仕事がしたくて、近所のコンビニでアルバイトをしました。

コンビニの仕事は見たままの仕事で、主に商品の陳列やレジ対応です。そのほかに冷凍されているから揚げを揚げたり、冬はおでんや肉まんを専用の機械に一定時間入れて温めたあとに販売します。

週3日、学校が終わる4時から10時までの勤務で時給は最低賃金でした。正直給料はいいとは言えませんでしたが、テスト期間は休みをいただきましたし、なによりありがたいのが廃棄食をいただけることでした。ほんの1分前まで並んでいた肉まんやお弁当、また端が欠けてしまったおでんの大根なんかは、特に健康に被害が出るようなものではないので、休憩時間にみんなで分け合って食べていました。

金銭管理や在庫管理は正社員の方がやっていて、アルバイトは本当に簡単で楽しい仕事だけをさせていただいたので、仕事として辛いと思ったこともありませんでした。

短大時代のバイト

サラ(24歳 保育士)


夜のコンビニ外観

バイト先を探していた時にパッと目に留まったのがコンビニでした。難しくないだろうと思い始めました。学校帰りに週3、4時間、時給850円で働いたり、早朝4時間、時給950円で働いたりしました。

仕事内容は店内清掃とトイレ掃除、レジ打ち、品出し、賞味期限切れの商品を下げる廃棄処理、レジ横で売られている揚げ物を作る作業、ゴミ捨てでした。

大変なことは、滑舌の悪いお客さんがいたり、「いつもの」と言うだけでこちらに伝わらなかったりすることがありました。力仕事などはなかったので大変ではありませんでした。

良かったことは、常連のお客さんには顔を覚えてもらえて、「今日もいるんだね、頑張ってね」など声をかけてもらえたことや、「お疲れ様」と顔見知りのお客さんに声をかけてもらえるようになったことです。魅力は単純作業が多いと思っていたけど、ルーティーンがあるだけで毎日違うというところです。