履歴書をパソコンで作るメリット・作成時のポイント

履歴書はパソコン?それとも手書き?就活でのファーストステップである履歴書の作成は、手書きとパソコンどちらが企業に良い印象を与えることができるのでしょうか。ここでは、パソコンで履歴書を作成することのメリットに注目して、作成する際のポイントや企業からの印象をご紹介します。

履歴書をパソコンで作るメリット・作成時のポイント

就職希望先によって違う!就活の履歴書はパソコン?それとも手書き?

いよいよ就職活動スタート!まずは就活のお供である履歴書の作成をしなければいけませんが、手書きで書くべきかパソコンを使うべきか…悩んでいる就活生も少なくありません。どんな会社や企業も第一関門となるのが履歴書の提出、そして書類審査に通ったら面接が待っています。したがって、履歴書の作成でつまずいてしまうと就活自体がその時点で困難を迎えてしまうのです。

やはり就職を希望する会社や企業には、最初から好印象を持ってもらいたいのは皆同じ。顔が見えない履歴書でも、工夫次第で自分の人となりや魅力を伝えることができます。ここでは、絶対に失敗できない履歴書作成を、手書きかパソコン作成かで悩んでいる就活生に両方のメリットとデメリット、選択方法をご紹介します。

150223_basic-information-thumb
【履歴書の基本情報の書き方】まずここから確実に!

履歴書は手書きが主流?パソコン作成における企業からの印象とは

履歴書をパソコン作成する就活生

就職活動をするにあたって「就活バイブル」などを購入したりネットで勉強している人なら「履歴書作成は手書きが望ましい」なんて一文を目にしたことがあるかもしれません。しかし、これだけインターネットやパソコンが普及している今のご時世、本当に手書きでなければいけないのでしょうか。

正解は応募企業によって手書きとパソコンを使い分ける!

履歴書作成で手書きかパソコンかで迷ったら、「就職を希望する企業によって決める」というのが正解です。では、どの企業が手書き向きで、逆にどのような企業がパソコンでの履歴書作成が望ましいのかをチェックしていきましょう。

手書きの履歴書が好印象な企業

・多くの日本企業(※パソコン作成の指定がない場合)
・郵送での履歴書提出を指定している企業

グローバルな働き方が浸透してきた近年であっても、日本国内での就職活動では手書きの履歴書の印象が良いとされる強い風潮が残っています。こちらは大企業・老舗企業・個人経営などに関わらず、パソコンでの履歴書作成を指定されていないのであれば、熱意や気持ちが伝わりやすい手書きで履歴書を作成する方が好印象とされています。また、郵送での履歴書指定がある場合にも、封筒のパソコン作成の履歴書を入れて送るよりも手書きの方が好印象を与えられると言われています。

パソコンの履歴書が好印象な企業

・海外・外資系の企業
・ITやベンチャー企業
・パソコンでの履歴書作成を指定している企業
・就活サイトから応募できる会社や企業

日本の多くの企業が手書きの履歴書に好印象なのとは逆に、外資系の企業ではパソコンで作成して提出する方法が主流です。例え郵送で履歴書を提出する場合であっても、パソコンで作成したものを送ります。また、パソコンスキルが問われるITやベンチャー企業などは、パソコンで履歴書を作成する方がこれらの企業への就職に適性であるという印象があるので、手書きの履歴書を送ってしまうと返って仕事のできなさをアピールしてしまう危険性があります。

パソコンでの履歴書を望んでいる企業は、ホームページ上の応募要項に記載があったり指定のフォーマットをダウンロードできるようになっていることもあるので要チェックです。また就活サイトを通じて応募できる会社や企業も、いちいち手書きで書いた履歴書をスキャンしてメールや応募フォーマットに添付するよりも、パソコン作成してファイルを添付する方がスマートでしょう。

就活の履歴書をパソコンで作成・メリット&デメリット

履歴書作りの準備中

今でも手書きの履歴書作成を好印象と捉える企業が多い中、やはりパソコンでの履歴書作成もジワリジワリと浸透してきています。手書きとパソコンの指定がない場合、もちろん自分でパソコンを使って作成するのも可能です。しかし、どうしても「もしかしたら手書きの方が好印象かも?!」「パソコン作成で提出するのは自分だけかも?!」なんて不安になってしまいます。

ここでは、パソコンで履歴書を作成することのメリットとデメリットをご紹介します。自分が希望する就職希望の会社・企業などを考慮しながら、履歴書を手書きにするかパソコンにするか決めましょう。

履歴書をパソコンで作成するメリット

・多くの企業に応募する際、効率が良い
・読みやすいので手書きに自信がない人も安心
・細かい変更・付け足しなどもPC上で簡単に行える
・PCスキルをアピールできる

履歴書をパソコンで作成する際の最大のメリット、それは時間も労力も節約できてとても効率的である点です。いくつかの企業に応募する際にも、ひとつの履歴書を他に転用して応募企業ごとに内容を変えることができてしまいます。手書きであれば文字を間違えたりすると何枚も履歴書用紙を無駄にしてしまいますが、パソコン作成ならそんなもどかしい苛立ちも皆無です。

また、手書きにありがちな「読みづらい…」ということがないので、履歴書を受け取る企業側も多くの候補者に目を通しやすいという利点があります。

履歴書をパソコンで作成するデメリット

・手書きを好印象とする企業からは不評な可能性あり
・やる気や意気込み・熱意を伝えづらい

パソコンで履歴書を作成すると「少しガッカリされてしまうのではないか…」と思われる人もいるかと思います。確かに「履歴書は手書きが基本!」とする企業からは評価され難くなるかもしれません。しかし、それはあくまでも第一印象のことであり、問題なのは履歴書の中身です。手書きであっても内容が薄かったりすると、企業が興味を持つ人材であることをアピールできなくなってしまいます。したがって、パソコンで履歴書を作成したとしても、言葉選びを工夫したり自分の熱意ができるだけ伝わるように気持ちを込めて作成することが重要なのであります。

ここに注意!パソコンで履歴書を作成する際の5つのポイント

履歴書作りのコツを教える大学の先輩

パソコンで作成すると効率が良く見やすい履歴書ですが、便利さにあぐらをかいてしまってはいけません。手書きで書く履歴書と同じように、見る側を意識した履歴書をパソコンでも作ることができるのです。ここでは、その際に気を付けておきたい5つのポイントをご紹介します。

1.履歴書用のフォーマットを使用する

履歴書をパソコンで作成する際には、ぜひすでに履歴書として完成しているフォーマットやテンプレートを利用しましょう。もちろんワード・エクセルどちらでもOKではありますが、フォーマットなどを利用しないでワープロ式に箇条書きするだけでは、履歴書というよりはメモ書きのような印象になってしまいます。応募企業によってはフォーマットを指定していたりダウンロードしてPCで書き込むタイプのものを用意している企業もあります。そうでない場合には、ネット上にある無料のテンプレートを利用してみましょう

150227_rirekisyo-download-thumb
【履歴書ダウンロード】手書き・Word両対応テンプレ&記入例

2.パソコンでの作成でも読みやすさを追求しよう

履歴書に抜けがないか確認する女子大生

パソコンで履歴書を作成すれば無条件で読みやすいものに仕上がる…というのは間違いです。文字を入力するフォーマットにすでに記載されている文字の大きさや、文字を入力した時の余白の分量など、履歴書を一目見た時に読みやすいバランスを探求しましょう。文字入力をする際には以下のことに注意して、履歴書を受け取った人が読みたくなるようなビジュアルバランスを心がけます。

  • 文字の大きさ
  • フォーマットに記載済みの文字とのバランス
  • 文字入力後の余白とのバランス
  • 文字の種類(フォント)
  • 改行を入れる

3.証明写真は履歴書提出方法によって使い分けよう

パソコンで履歴書を作成する際に、証明写真を貼る方法で一瞬悩んでしまう方もいるかもしれません。すでに手元にある証明写真を印刷した履歴書フォーマットに貼りつけて、再度それをスキャンしてWeb上で提出するのはかなりの二度手間になってしまいます。郵送提出ではないWeb上で履歴書を提出する場合には、あらかじめ証明写真の画像データをパソコンに取り込んでおいて、履歴書フォーマットに添付するのがスマートな方法であります。

  • 履歴書郵送の場合:証明写真を履歴書に貼りつける
  • 履歴書をWeb上で提出:画像データを履歴書フォーマットに添付
150610_jobhunting-photo2
就活で好印象な証明写真の撮り方4つ

4.印刷する際は「履歴書専用用紙」を使用しよう

パソコンで作成した履歴書を郵送するに当たって、適当な用紙を選んでしまっている人をたまに見かけます。自分を最大限にアピールする履歴書は、しっかりとした紙質のものを選びたいもの。必ず印刷用の「履歴書専用用紙」を利用するようにしましょう。

5.応募先企業ごとにファイルを分けて保存し混乱を防ごう

パソコンで企業に応募する女子大生

パソコンで履歴書を作成すると、ベースとなる内容をそのままに応募企業に合わせて内容を少々変えるだけで効率の良い就活をすることができます。しかし、気を付けていないと似たような履歴書をどこの企業にどれを送ったのか…なんて混乱が起こり、間違った履歴書を他の企業に送りつけてしまうミスをやりかねません。したがって、一件ずつ履歴書を作成したら送る企業ごとにフォルダ・ファイルを作成して、他の履歴書とまざらないように管理を徹底しましょう。

読みやすくて好印象!パソコンでの履歴書メリットを活用しよう!

就活での第一関門・履歴書をパソコンで作成することは、作る側にも受け取る側にもメリットがあります。使い慣れたパソコンで効率の良さだけを追求するだけでなく、自分の魅力やスキルなどが履歴書を受け取る側にも伝わるような工夫も盛り込んで作成しましょう。「企業に自分の人となりをアピールするには手書きが一番!」と言う意見もありますが、作成の仕方次第ではパソコンでも十分手書きに通用する履歴書を作成することができますよ!

未経験業界への転職を考えているなら、業界未経験転職支援実績が約60,000人以上、
転職内定率80.4%以上の就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか?

>>>関東で未経験業界へ転職するならハタラクティブ

「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています!3stepで簡単登録。まずは一歩踏み出してみませんか?

おすすめコンテンツ