面接のワイシャツ選びポイント4つ色やボタンはどうする?

面接にふさわしい男性のワイシャツ、ふさわしくないワイシャツについて体験談を交えながら紹介します。面接での正しいワイシャツの着用法、ボタンを閉じることやインナーの選び方についても詳しく触れていきます。

面接のワイシャツ選びポイント4つ色やボタンはどうする?

面接で第一印象を決めるのはワイシャツと心得る

面接を受ける時に、特に注意しておきたいのが身だしなみです。面接官に良い第一印象を与えるためには、服装や髪形はきちんと整えておきたいところです。その中でも男性の就活生が意外と見落としがちなのが、ワイシャツです。ワイシャツはあまり見えないところだから何でも良いだろうと思っている人もいるかもしれませんが、実は相手に与える印象に大きく関わってきます。

面接にふさわしい男性のワイシャツの選び方

実際に、男性の面接にふさわしいワイシャツはどういったものなのかについて見ていきましょう。

1.ワイシャツは無地、白一色

ワイシャツは無地、白一色

就活中の面接で着るワイシャツは無地の白一色のものを選びましょう。これはワイシャツに限ったことではありませんが、就職活動中は無難なものを選ぶことが大切であるということを第一に考えておいてください。

無地の白一色のワイシャツは、周囲から浮かないことだけではなく、スーツやネクタイにも合わせやすいところが長所であると言えます。面接官は、就活生が入室してきた瞬間にパッと見てその印象を決めます。その時に全体がちぐはぐな印象を持たれてしまうと、あまり良い結果に繋がりやすいとは言えないでしょう。

2.白いワイシャツはスーツやネクタイに合わせやすい

就活中のスーツは黒を選ぶことが多くなりますから、その反対色である白いワイシャツを使うとメリハリが出てとてもきっちりとした印象を面接官に与えることができます。

ネクタイは青地のものが無難であるとされていますから、これも白いワイシャツと黒いスーツという組み合わせに合わせやすいと言えるでしょう。

白いワイシャツは、スーツとネクタイとのトータルコーディネートを考えた時に最も使いやすく、かつ面接官にさわやかできちんとした就活生であることをアピールできるアイテムであると言えるのです。

面接ネクタイは色と柄選びが肝心!好印象のデザイン選び

3.ワイシャツは襟の形も重要

レギュラーカラーのYシャツ

面接で使うワイシャツは襟の形も重要とされていますから、就活中に着るワイシャツは、レギュラーカラーのワイシャツに統一しておくべきであると言えます。

レギュラーカラーのワイシャツは最も無難であり、どの面接官にも悪印象を与えることはありません。他の襟の形のものでは、なぜそれを選んだのだろう、と思われてしまう可能性があるため、あまりおすすめできません。

4.面接で着るワイシャツは長袖

就活は夏から秋、冬にかけて行われるものです。そのため、半袖のワイシャツを着ても良いのかどうかといったことについて悩むこともあるでしょうが、面接の際に半袖のワイシャツを着て行ってはいけません。

半袖のワイシャツはあくまでも実際に仕事をしている中で暑いと思うから着るものであって、面接のような改まった場で着るものではありません。いくら暑くても、就活中は長袖のワイシャツで統一しておきましょう。

面接にふさわしくないワイシャツ

就活生の面接にふさわしくないワイシャツについても見ていきましょう。

白一色と無地以外

就活生が面接で着るワイシャツの色と柄ですが、これは白地と柄のないもの以外は全てふさわしくないと考えてください。

確かに青地のものやストライプのものなど、比較的地味なワイシャツを着こなすビジネスマンは多くいますが、それは面接とはシチュエーションが違います。いくら地味な部類のワイシャツだからといって、それを面接に着ていって良いということにはなりません。

自分に似合うからといって、薄い黄色や桃色などのものや、チェック柄のワイシャツなどを着ていくのは絶対にやめましょう。それに合わせるためにネクタイも派手なものにしなければいけませんし、そうなると全体的に派手な印象になってしまい、明らかに面接にふさわしくない服装であると捉えられてしまいます。

目立つワイシャツ

面接はおしゃれであることをアピールする場ではないので、自分が悪目立ちしないようにすることを第一に考えましょう。おしゃれをすることは、入社した後のご褒美にしておいてください。企業から特に服装に関する指定がない限りは、可能な限り無難であると考えられる服を着ていくべきです。ワイシャツももちろんそのうちのひとつとして捉えましょう。

ボタンダウンのワイシャツ

ボタンダウンのワイシャツ

面接用のワイシャツにふさわしくない襟の形ですが、ボタンダウンのものは避けるべきであると言えます。ボタンダウンのものは市場に多く出回っていますが、これは、本来、馬に乗りながらボールを打ち合うポロ競技用に作られた物です。これを面接のようなかしこまった場に着ていくのは失礼にあたります。

ボタンダウンのワイシャツにネクタイを締めるといった着方に関しては、面接官に対して更に悪い印象を与えることになりかねないので、絶対に避けましょう。

面接でおすすめのワイシャツ体験談

現在仕事をしている社会人の男性に聞いた、就活の面接に着ていったワイシャツの体験談を紹介していきます。面接にふさわしいワイシャツ選びや着こなしのポイントを考えてみましょう。

無難が一番

トットナム(36歳)


不動産業の事務をしています。就活の面接にふさわしいと思うワイシャツは、白、綿、無地です。いろいろなワイシャツが売っていますが、リクルートスーツを売っている量販店で買えるもので十分です。

ネックボタンがあったりするものもありますが、基本はノーマルで大丈夫です。逆に、色つき、柄付きは他の就活生に比べて非常に目立ちます。目立つということは、悪い印象さえも持たれるということです。

ワイシャツ選びについては、基本のワイシャツしか選ばない、分からなければ、店員さんに聞いてください。ノーマルと思われるもので十分です。

就活中におすすめのワイシャツ

もりっする(26歳)


衛門掛にかけられたYシャツ

メーカーでエンジニアとして働いています。私が就職活動中にふさわしいと思うワイシャツは、ユニクロの白無地のワイシャツです。就職活動は交通費などの出費が多く、学生の方はお金に困る方が多いと思います。

私がユニクロのワイシャツをおすすめする理由は、値段が安く素材が柔らかいので、体の負担が少なく良い気分になれるからです。

就職活動中の面接では、上着を着用していることが多く、皆同じような格好をしているので、個性を出す必要がないと思います。その中で、大手紳士服販売店で販売されているワイシャツは値段が高く、着心地も特別良いわけではないので買う必要がないです。

就職活動では、服装で個性を出すのでなく、マナーやトーク力に個性を出しましょう。ワイシャツツの色や形は皆と同じ無地の白で良いです。私は現在も、スーツを着用して仕事をしていますが、ユニクロのワイシャツを複数枚ローテションして使用しています。

面接に適切な服装

ナタデココ(24歳)


私が現在働いている仕事は卸業、小売です。就活の面接の際にふさわしいと思うワイシャツはまず、形はたぼっとしていなくて細身のものだと綺麗に見え面接官からの印象も良かったと思います。色は白色で清潔感をだしました。素材はポリエステル、柄は何も無い方がスッキリして見えるので良いと思います。

就活の面接でやめた方がいいと思うワイシャツは、アイロンがかかっていなく、だらしなく見えるようなサイズ感のものは、一度着て行きましたが、面接官の反応が悪くおすすめできません。

グレーの色なども爽やかさなどがなくなり、相手からの印象も悪く周りの就活生からも浮いてしまい良くなかったです。私が面接に受かった時のワイシャツはシワがなく、無地の白色でしたので、アドバイスとしては、清潔感を出して真面目な感じがいいと思います。

就活で着たいワイシャツ

たろう(29歳)


私は公務員になるために試験を受け、その一環で面接を受けました。そのときは私も周りも白いワイシャツが多かったです。あとは淡い水色のワイシャツくらいです。

今でこそ職場では濃い色のワイシャツも着ますが、はっきり言って濃い色のワイシャツは就活ではおすすめしません。やはり白ワイシャツ、あるいはピンストライプの青系統のワイシャツがいいでしょう。

ワイシャツも今ではクールビズのせいか、涼しい素材も出てきましたが、一般的な素材が妥当だと思います。あと、しわがあったり汚れが付いていたりするのは言語道断です。しっかりアイロンをかけるなり洗濯で汚れを落とすなりしてください。

ノーアイロンのワイシャツはいいかもしれません。私も3枚ほど持っていました。ビシッと見せるためには、シワなしのワイシャツで決めましょう!

学生らしい白無地で細かいパーツもポイント

Kiff(36歳)


地方公務員です。学生ですから、面接は学生らしくフレッシュな白無地でいきましょう。ワイシャツはインターネットで検索すると色々ありますが、ボタンダウンの小さいボタンもワンポイントです。このパーツの色は透明がベスト、たまに黒の小さいボタンとかありますが、目立つので面接用はスタンダードを選ぶのがよいです。

就活の面接に好ましくないのは、ビジネスマンのような紺色のストライプ、現代の学生さんはデジタルに精通しているので自信をもっているが小生意気に見えます。

面接用には現代風でインターネット購入がありますが、就活用にはデパートなどできちんと確認してから購入してから買うのがよいです。白無地といってもワイシャツの繊維にはポピュラーな細い糸とか、トラディショナル・スタイルのやや太い商品があります。学生らしく正統派でかたすぎず、やや柔らかい雰囲気が企業さんに好まれます。

面接でのワイシャツの正しい着方

面接におけるワイシャツの正しい着方もチェックしておきましょう。

第一ボタンまで閉じる

基本的なところですが、ワイシャツは第一ボタンまでしっかりと閉めるようにしましょう。ボタンが閉まっていないと、面接官にこの人はだらしないな、と思われて悪い印象を与えてしまうことになります。

面接で重要なのは、とにかく面接官に良い印象を持ってもらうということですから、どんなに細かいところでも、見られて困る部分がないようにしておきましょう。

インナーは必ず着る

インナーを着た男性

ワイシャツの下にはインナーを着ておくことを忘れないようにしてください。インナーを着ることによって、汗でワイシャツが肌に張り付くことを防ぐことができます。そうすることで、快適に過ごすことができるようになります。

ワイシャツから直に肌が透けて見えているのは、面接官にあまり良い印象を与えません。夏は汗対策にもなりますし、冬は寒さ対策にもなるため、インナーは必ず用意しておきましょう。

インナーは白い無地のもの

就活の面接でワイシャツを着る時のインナーは、必ず白い無地のものを選ぶようにしてください。色がついているものを着てしまうと、白いワイシャツに透けてしまいます。ワイシャツからインナーが透けているのはパッと見てかなり印象が悪いので、避けるべきだと言えるでしょう。

インナーを選ぶ時には、ワイシャツの襟から万が一にもインナーが見えてしまわないように、インナーはVネックのものが良いでしょう。

面接のワイシャツはサイズが合うものを選ぼう

面接のワイシャツは必ずサイズが合うものを選ぶことが大切です。肩幅が合っていなかったり、ゆとりがありすぎたり、襟回りが大きすぎたりするのは印象が悪くなってしまいます。

面接においてワイシャツのサイズが合っていないと、動きにくくて集中できないといった弊害も生まれてしまいます。就活中は全てのアイテムが自分にぴったりと馴染んでいるものを使うことが理想的であると言えます。ですから、ワイシャツも自分の体にフィットするものを用意しておきましょう。

面接で着るワイシャツで大切なのは清潔感

ネクタイを直す男性

面接でのワイシャツの着こなしで重要なことのひとつに、清潔感を持つということが挙げられます。これは服装だけではなく髪形や靴などにも言えることであり、そこに関しては就活生ならば誰もが気を遣っているところでしょう。ですが、ワイシャツにまで気を配ることができていないという人は意外と多いのです。スーツさえ綺麗でいれば問題がないと考えている人も少なくないのです。

面接官は、ワイシャツにまでしっかりとチェックを入れています。シワができていないか、また、シミがないかといったところを細かく見ています。スーツから見えるワイシャツの面積は、自分が思っているよりも広いということを意識しましょう。

ワイシャツに清潔感がないままに面接に臨むということはマナー違反であるということを知っておいてください。どれだけ完璧なコーディネートをしたとしても、汚れていたり、着崩れていたりしたら全てが台無しになってしまいます。ワイシャツを綺麗に着こなすためにも、面接の前日までにはシミがないことを確認しておいて、必ずアイロンをかけて、シワを伸ばしておきましょう。

面接ではワイシャツが第一印象を左右する

面接での身だしなみ、と聞くとどうしてもスーツを思い浮かべてしまいがちです。スーツは何色がいいか、などということについて気にする人は多いでしょう。

しかし、面接での第一印象はスーツだけで決められるわけではないということもぜひ知っておいてもらいたいのです。ワイシャツも身だしなみのうちに含まれているため、その役割はとても大きいと言えます。

ワイシャツが綺麗な白であるからこそ、スーツが映えるのだと考えるくらいでちょうどいいのです。面接官は清潔感のあるワイシャツを着用していることを就活生に求めています。ですから、面接の場では綺麗なワイシャツをしっかりと着こなしましょう。