アルバイトに落ちる理由は?選考が通らない人の特徴6つ

アルバイトに落ちる人には特徴があります。それぞれに課題があるものの大きく分けて6つの特徴から分類されます。今回は6つの特徴から成るアルバイトで落ちる理由を踏まえて解説します。いつもアルバイトで落ちる人は、合格につながるように落ちる理由を考えてみましょう。

アルバイトに落ちる理由は?選考が通らない人の特徴6つ

アルバイトで落ちるのはなぜか

就職難がささやかれて久しいですが、就職できないというのは正社員になれないということとイコールではありません。大学生や高校生の内では珍しいことではなく、アルバイトの採用に落ちるということが頻発しています。今や就職難というは、収入源を得られないこととイコールなのかもしれません。

そもそもアルバイトに落ちてしまうのはなぜかと言えば、店側、企業側が人材を欲していないからです。当たり前かもしれませんが、アルバイトに志願する側があれば志願させる、募集する側もあります。志願する側に要望があるということは、募集側にも要望があることを指します。募集する側の要求を知り、募集側と志望側の要求をうまくマッチさせましょう。

アルバイトに落ちる人の特徴1.コンセプトに合わない

女性面接官に遠まわしに断られる男性

多くのアルバイトでは、面接の際に店舗のコンセプトと従業員があっているのか、もしくは合わせることが可能かをチェックします。オシャレなアパレルに就きたいと思えばそれなりのルックスが必要になってきます。それも一様ではなく、種々のジャンルに適した人材を求めます。簡単に言えばレディースに男性従業員を多く雇うことはあり得ないということです。

しかし、従業員は人間ですので自分を変えることができます。女性の方であればメイクの仕方一つでガラリと印象が変わりますし、男性の方でも服装と髪型を変えることでジャンルに適応させることができます。つまり、雇う側は、店舗にコンセプトを合わせてくれる素質があるのかを見ます。

店舗のコンセプトを見分けるコツ

店舗にはそれぞれのクセがあります。クセはコンセプトに直結しているところがあり、面接官としてもその点に共感できるということは重要視します。ただし、問題は志望する側がクセに気づくことができるのかという点です。

多くの求人誌には似たり寄ったりの文章が書いてありますが、参考にできるのは就業条件程度であり、基本的にはお店に一度足を運ぶことが重要でしょう。実際にはアルバイトをしたいお店に行き、従業員の方の接客や動きを観察することが挙げられますが、さらに重要なのは、店舗の内装と外装を比較することです。どのようなことを基準に置いているのかを見ます。

店舗のコンセプトはまず物に反映されます。内装と外装から受けるコンセプトが曖昧と感じるのであれば、面接時にあえてコンセプトについて聞いてみるのも良いでしょう。重要なのはアルバイトをしたい店舗のコンセプトが読み取れるのかというよりも、賛同できるのかということですので、深く悩まないようにしてください。

アルバイトに落ちる人の特徴2.コミュニケーション力が足りない

コミュニケーション力が足りない応募女性

アルバイトに限らず、どんな職場においても絶対視されることはコミュニケーションです。雇用主だけでなく、従業員と共にコミュニケーションが取れないということは大きな問題になります。アルバイト業務に必要な業務連絡が行えない、会話ができないというだけで全体的な影響が出てしまうからです。

面接官としては口下手や寡黙、陰気なところを見ているだけではありません。口下手や陰気というのは改善の余地がありますし、何よりも面接で緊張してしまい、それが表れている事ともとらえられます。面接官は改善の余地がどの程度あり、具体的な改善策を提示できるかという点を見ます。

アルバイト仲間や上司とコミュニケーションが取れるようにできるか、あるいはコミュニケーションを取るように努力してもらえるのかという点を考えます。

コミュニケーション能力を向上させる方法【会話が苦手な人必見】

コミュニケーションと意思疎通

面接において正社員とアルバイトの区別なく尋ねられることは、コミュニケーション能力の有無です。意思疎通というのは互いに考えていることを共有できるかということですが、意思疎通の能力を鍛えるのにはコツが必要ですし、まだ働いてもいない方に要望することは筋違いでしょう。

コミュニケーション能力で求められることは、挨拶を返してくれる、自発的に意思を示してもらえることを基本としています。業務連絡においては、メモを残し、会話をスムーズにしようと心がける能力でもあります。意思疎通とコミュニケーションは別物と考えましょう。ただし、意思疎通はコミュニケーションとつながっている部分がありますので注意してください。

アルバイトに落ちる人の特徴3.必要な能力が不足している

「運転免許なしか」とデータを見て嘆く店長

アルバイトをしたいのに落ちる場合で多いのはスキル不足です。スキルの中にはキャリアが含まれることもありますが、多くは単純な技術や学識という面です。

例えば、英会話スクールに応募した志望理由に英語能力を鍛えていきたいと書いてあったとしましょう。多くの人はすでに英会話にある程度の経験があり、留学などを見据えて力をつけたいと考えているように思うでしょう。

しかし、実際は全く英会話が全くできない方がいます。採用で落ちる原因の一つは、英検もなければ渡航歴もない方が応募している場合が多いと言えます。アルバイトであっても教える側に立つということを忘れており、仕事を全うできるように思うことができません。

アルバイトの応募ではこのようなことがあります。仕事を行う上で必要なスキルはなんであるのかを調べておくことも重要です。

アルバイトに落ちる人の特徴4.勤務シフトが合わせられない

朝は苦手ですと申告する応募女性

アルバイトをするうえでは働きたい理由も重要ですが、実際に働ける時間の調整ができないということは、雇う側に大きなリスクをもたせることになります。いざ採用してみたものの働けるのは週1であり、しまいには思うように稼げないと急に辞められてしまったとき、もう一度広告費を支払い面接するとなれば、金銭的にも時間的にも大きな制限が加えられることになります。

アルバイト先の勤務シフトが難しい場合は、その理由についても明言しておくと、雇用主としても妥協点を探す手がかりができますので伝えておくとよいでしょう。フリーターの方には掛け持ちをしている方も少なくありません。掛け持ちのことを受け入れてもらえる店舗も増えています。

勤務シフトは予め決められていない

シフト制とはいえ、予定されていた通りに働くことは難しいです。お休みが多くなったり、辞められる方が増えてしまえばヘルプを頼まれることがあるからです。反面、雇った人が予想以上に多くなってしまえば、決まっていたシフトで働けません。面接時に伝えている勤務シフトが、思い通りに作成されるとは思わないでください。

勤務シフトは途中で変えることが許されています。どのくらい働くというのは、個人の希望によるところであり、雇用主の意思で決められることではありません。アルバイトで何度も落ちるのは、雇う側が希望するシフトに合わせられないことが原因の一つかも知れません。

アルバイトに落ちる人の特徴5.履歴書に不備がある

写真のない履歴書に迷う店長

アルバイトで落ちる人の中には、「数打てば当たる」と思っている人が少なくありません。実際に履歴書に記入しなければならないポイントが抜けていたり、写真が貼られていないことも珍しくありません。履歴書で合格点をもらうためには、最低限のマナーを守ることにあります。

履歴書は、ボールペンで丁寧に書くことが基本です。鉛筆で書いたり、手を抜いて記入することはご法度です。字の上手い下手ではなく、時間をかけて丁寧に書いてくれているかということが重要なのです。つなげ字や誤字・脱字が無いかをしっかりとチェックしているかを見ているという点も欠かせません。

履歴書は簡潔に書く

履歴書に書く内容には、連絡先や住所、経歴、資格、志望動機、特記事項が基本です。特記事項に関しては記入の自由が認められていますが、その他の事項は記入しなければなりません。資格の欄については、あまり知られていないような資格でも記入したほうがいいでしょう。

履歴書にはどこまで書かなければならないのかという疑問がありますが、基本的にはアルバイト希望者が書いても良いと判断できた部分のみを書きます。ただし、住所や経歴に関しては正確に記入しなければなりません。一方、志望動機などは、できるだけ簡潔に書いておくことで質問の幅を広げることができます。

アルバイトの志望動機の考え方と例文

アルバイトに落ちる人の特徴6.面接時の対応が良くない

面接待ちでだらける男性

面接のときに落ち着かなかったり、上着や帽子を脱がなかった程度でアルバイトに落ちるとは考えにくいですが、確実にマイナスとなります。面接では相手への配慮ができているかという点も見ないわけにいきませんので、一挙手一投足が見られていると思いましょう。

特にアルバイトしたい志望動機への質問に対してはっきりと答えられない場合は、手を抜いて書いているか虚偽を述べていることが考えられますので、しっかり準備してから面接に臨んでください。

面接官の中には明らかに失礼な態度で接する方もいますが、接客業においてそのような態度は許されるものではありません。万が一そんな面接官にあたってしまった時は、早々に立ち去りたい雰囲気を醸し出すことをお勧めします。しかし、誤って店舗が多忙な時間帯に面接予約をしてしまったときはその限りではありません。面接への対応は、店舗に行く前から始まっていることを念頭に置いておきましょう。

アルバイトで落ちることは不思議ではない

アルバイトに落ちてしまってしょげている方がいらっしゃいますが、絶対に落ち込まないでください。あなたを落とした店舗や企業は偶然にもあなたに合った職場ではなかったというだけであり、あなたがいらない人材というわけではありません。

アルバイトに何度も落とされているのであれば、今回ご紹介した点の内いくつかが抜けているのかもしれません。何が抜けているのかを確認してみてください。