エステへの志望動機がグッとよくなる書き方ポイント

エステへの志望動機は、多くの応募者の中で差をつける重要ポイントです。女性を中心に人気のある業界だからこそ、志望動機でもしっかり差別化しましょう。内容を上手く整理し、かつ印象にも残る志望動機を作成するためのポイントを紹介します。

エステへの志望動機がグッとよくなる書き方ポイント

女性を中心に人気のエステ業界の志望動機はきちんと考えて書こう

エステといえば昔は女性のものでしたが、最近は男性用のエステも増えてきており、美容に関心の高い人には憧れの職業となっています。高品質なサービスを提供するエステでは、従業員への給与などの待遇面が良いこともあり、就職を希望する学生も少なくありません。

面接やエントリーシートでは志望動機を問われることになりますが、きちんと考えていないと自己本位な内容で答えてしまい、チャンスをフイにしてしまうことになります。エステ就職に効果的な志望動機の書き方について考えてみましょう。

エステ業界へのよくある誤解

エステ業界へ就職するにあたり、よくある誤解があります。誤解を抱えたままで志望動機を作成すると、失敗の原因になりますのでまずは誤解を無くしておきましょう。

女性中心の職場である

男性のエステ相談を受ける美容師

エステは美に関心のある女性にとってはまたとない職場ではあるのですが、女性ばかりが働いているわけではありません。営業や企画、またバックオフィスのスタッフや機器のメンテナンスなどに関わる従業員は男性も多くいますし、最近は男性向けのエステも多くなっています。他業界に比べると女性の参与率は高いですが、女性中心の価値観を強調したアピールは勉強不足な印象を与え、印象を悪くしかねません。

エステで勤務するとキレイになれる

美容機器とベッドに横たわる女性客

エステは多くの美容に関する機器があり、また知識も入ってきますので、美容に意識の高い人にとっては働き甲斐がある職場です。しかし、それはエステで勤務することでキレイになれることを約束するものではありません。エステは高級サービスであり、そのスタッフには高い接客技術や専門知識、サービス精神などが求められます。それゆえに高給でもありますが、激務でもあります。意識が高まることはあっても、必ずしもキレイになるとは限らず、むしろ心身の調子を崩し美容にも悪影響が出る場合もあることに注意しましょう。

エステ業界は学歴は気にしない

エステ業界は、資格はあれば有利ですが、資格が無くとも働くことができます。そのため、学歴は不問としている企業も多いですが、学歴は全く意味が無いということでもありません。特に独立を考えたり、経営にタッチする配置も考えられる総合職では、様々な知識を身につける必要があるため、素養として学歴も見られています。「学歴を気にせずに働けるので志望しました」のような志望動機は消去法で選んだような感じも与えますので避けるようにしましょう。

エステ業界の志望動機では体験エピソードが大切

自分の体験を思い出す女性

エステ業界の志望動機では、体験をエピソードとして伝えることが大切です。志望動機は様々なものがありますが、エステのサービスの価値を理解している、実感していることを示すことはどんなケースにおいても必要不可欠だからです。

自分がエステを体験したエピソードでもいいですし、またエステのサービスや商品に触れた経験でも構いません。実感をもって、エステっていいなと思えた話を取り入れるようにしてください。ありきたりな情報ばかりのエピソードは、いかにも取ってつけたような真実味のないものになりがちです。

エステへの志望動機の例文

例文を見ながら、エステへの志望動機を細かく検討してみましょう。

エステへの志望動機の例文1

私が貴社を志望したのは、美容に関心があり、また労働条件も魅力的だったからです。

私は高校生の時から美容に関心があり、卒業して大学に入る前に全身脱毛をエステで行いました。しっかり処理をしたことで、自分に自信が持てるようになりましたし、もっと美しくなりたいという欲が出るようになりました。高校の友人たちに「大学デビュー」と言われたのは心外でしたが、それだけ自分の変化に周囲が驚いたのだと思っています。また、新卒求人の中でも待遇が非常に良く、好きな美容の仕事をしながら、良い収入が得られるのも魅力的だと感じました。

オイルマッサージやアロマテラピーなども学生時代に独学で勉強し、エステにも何度も通っていたので業務への理解はできている方だと思っています。できるだけ早く戦力になるよう努力したいです。よろしくお願いします。

一つ目のエステへの志望動機の例文ですが、この例を見てどのような印象を抱くでしょうか。

おそらく、意欲はわかるものの、採用に関しての判断は慎重になると思います。その理由は「ごちゃごちゃしている」ということに尽きます。志望動機も「美容に関心がある」ことと「待遇」に分かれていますし、最後のアピールも「独学での勉強」「エステには何度も通った」「業務への理解ができている」とそれまでのアピールとは方向が違うものになっています。

志望動機の失敗例

本気だからこそ、様々なアピールをしたくなるものですが、アピールするべき動機はひとつに絞り込み、深めた方が印象に残りやすくなります。手当たり次第にアピールする人は意外と多いので注意してください。また、待遇面に関することはアピールとしては不適切ですので、できれば避けたほうが無難です。

エステへの志望動機の例文2

私が貴社を志望するのは、美しくなりたい人をサポートしたいという気持ちが強くあるからです。

私は大学に入学した頃、新しい人間関係になかなか馴染めず、ストレスから肌がすごく荒れ、また急激に太ってしまった時期がありました。見た目が悪い自分に幻滅し、すっかり自信を無くしてしまいました。そんな時、姉の薦めで貴社のお店に通うようになったのですが、お姫様のように接してもらい、とてもいい気分でマッサージなどのメニューを受けているうちに、肌や体型の問題が少しずつ改善されていきました。心理的にも前向きになり、学校でも自分から人の輪の中に入っていけるようになって、友達もでき、学校生活も楽しくなりました。美しくなるということは、外見上の変化以上の価値があり、それをサポートするエステの仕事は素晴らしいと思いました。

貴社は私にとって思い出深い企業であり、また地域でもトップクラスの知名度のある企業でもあります。貴社で働く中で、美しくなりたいお客様を助け、お客様の人生がより良いものになるようサポートしていきたいです。よろしくお願いします。

このふたつ目の志望動機の例文では、体験談を元に「エステの価値」について考えた内容となっています。

エステに自分が通った経緯や、その後の変化を通してエステの仕事の価値について語っています。これは業界や業種を選んだ理由と見ることもできます。また、企業を選んだ動機としても納得感がありますし、この企業で働きたいと本気で考えていることが伺えます。

アピール内容もわかりやすく、真実味の持てる内容で評価されるのではないでしょうか。

エステへの志望動機の例文3

私が貴社を志望するのは、私のコメント力が活かせる職場だと思ったからです。

私は大学時代、落語研究会に入っており、部長を務めておりました。部長という役職柄、サークルの外部向けの催しで大喜利の司会を担当する機会が多くありました。周囲の部員からは「厳しいツッコミからお褒めの言葉まで、部長にコメントされると嬉しい」と良く言われました。外見が重視される世界ではありませんが、私も女ですし、人に見られる立場でしたので、外見には常に気を配り、エステにも時折通っておりました。エステでは、スタッフの方々のお声がけが非常に優しく丁寧で、当意即妙と言うか、よく観察し、よく言葉を選んでいると感じます。美容の技術はもちろんですが、コメントの技術の高さに私は驚かされ、こうした場で働いてみたいと思いました。

貴社は業界最大手であり、様々な顧客層を持っています。私は貴社で様々な店舗を経験しながら、美容とコメントの技術を身に着け、顧客の体は美しく、心は前向きで明るく変えていきたいと思います。よろしくお願いします。

この三つ目の志望動機例文はちょっと変わり種になりますが、この例のように一見無縁と思われる中からエステに応募する人は意外と多いものです。自分は縁が無いかもと考えて遠慮する必要はありません。

この例では、志望動機の中心が「自分を活かせる」という点にあり、「エステで働きたい」が中心になる他の例とは違っています。また、そのバックグラウンドが特徴的であり、担当者の印象には残りやすいでしょう。

しかし、評価されるかどうかは意見が分かれるでしょう。「キャラクターが面白い」ということで採用される可能性もありますが、「ウチには合わない」と思われたり、「エステへの考えが浅い」と思われる可能性もあります。店舗や企業の雰囲気をよほど良く把握していないと、こうしたキャラクター重視のアピールは上手くいかない可能性が高いです。

エステの志望動機では「独立」ってアピールしていいの?

エステの志望動機では「独立」ってアピールしていいの?

エステの志望動機では時折「独立」という言葉も見られます。「技術がつけば、身一つで独立できる」と言われるエステ業界ですから、将来の独立を目指して入ってくる人も実際多いものです。

他の業界では「独立」という言葉は、志望動機でタブー視されがちですが、エステ業界では比較的寛容な雰囲気があり、内部で奨励する企業もあります。企業としてもある程度人員の新陳代謝があった方がお店の雰囲気を保つ上でも良く、また体力仕事でもあるため社員の平均年齢が上がってくるとシフトが上手く回らないなどの事情もあるようです。

そのため、独立を見据えた志望動機の作成がNGになるということはありません。明確な志望動機やビジョンがある人だと評価されることがむしろ多いでしょう。

脱サラとは?独立起業を成功に導くための3つの心得
会社設立に必要なことと作り方を簡単に説明します

エステの志望動機で外せない要素とは?

エステの志望動機で外せない要素

自己本位な内容で答えてしまい、チャンスをフイにしてしまわないために、エステの志望動機で、外せない大事な要素を確認しておきましょう。

なぜ美容業界・エステ業を選んだのか

就職活動ではたくさんの業界・業種がありますが、その中でどうして美容業界やエステ業を選んだのかという理由を明確に示しましょう。エステも離職率が高い仕事ですので、しっかりした動機の下で応募してくる人は採用する側に安心を与えます。業界研究をしっかり行うことで、選んだ理由はしっかりしたものになっていきます。

どうしてその企業を選んだのか

事業としてエステ業を行っている企業は個人の小さな企業から全国規模の大企業まで実に様々で、その提供するサービスも様々になります。どうしてその企業を選んだのかという理由をしっかりアピールしましょう。企業研究をしっかり行うことが大事です。

自分がその企業で働くのが良いと思った理由

どんなにその企業が良いと思っても、それは自分の一方的な好みでしかない場合もあります。自分の特性が企業に合っているということや、自分が企業に提供できる価値をアピールし、その企業で働くことが良いと思った理由を伝えましょう。

エステ業界の志望動機の書き方にはポイントがある

志望動機の書き方にはポイントがあります。エステ業界に限りませんので、大事なポイントを確認しておきましょう。

志望動機を問うのは、一緒に働きたい人を探すため

談笑する女性社員

まず、企業が志望動機を問う理由は、応募者の人間性を知るために他なりません。しっかりした志望動機がある人は、それだけ就職についてしっかり考え、働く意欲がある印象を与えます。また、志望動機の中のエピソードや語り方などから、その人の人間性が垣間見えます。これらの情報をもとに、企業は最終的に「一緒の職場で働きたい人か」を判断します。ですから、志望動機を自分で読み直した後に、一緒に働きたいと思える人柄が出ているかをチェックしてみましょう。

志望動機は「序論-本論-結論」の順番で書く

志望動機の書き方は、「序論-本論-結論」の順番で書くのが基本です。

序論-本論-結論で書く志望動機

ここで注意したいのが、「序論」の書き方です。ビジネスシーンでは、序論は質問に対する回答を伝えます。物語の出だしのように期待を膨らませる役割ではなく、何を伝えようとしているのか、その内容を伝えるようにします。

「本論」は序論で伝えた内容が真実味を持つように捕捉する役割です。ここでは体験談などのエピソードを伝えて、深みをもたせるようにします。

結論では、序論と本論を受けて内容をまとめ、就職後のビジョンや意気込みなどを伝えてアピールします。

こうした流れで書かれた志望動機は読みやすく、また内容も把握しやすいので人事担当者や面接官に好まれるのです。

新卒は志望動機で能力や資格をアピールするべきではない

学生は自分が他の応募者と比較して有能であることをアピールする傾向がありますが、企業から見れば大差はありませんし、能力は現場で身につけていけば良いものなのでアピールとしてさほど評価されません。より大事なのは、「一緒に働きたい人か」ということです。また、エステティシャンとして接客する職種の場合は、コミュニケーション能力や与える印象なども重視されます。こうした力は、美容に関する仕事経験の有無や資格の有無とは直結しないことに注意が必要です。

コミュニケーション能力が高い人の特徴から学ぶ能力を向上させる方法

エステへの志望動機は地に足をつけて考えよう

エステ業界は華やかなイメージがある分、想像だけで浮足立った内容の志望動機になりがちです。しかし、実際には体力的にも精神的にもハードな職場ですので、しっかりと地に足をつけて志望することが大切で、良い印象を与えます。

エステの仕事や企業の特徴などをしっかり調べる業界研究・企業研究は、地に足をつけた志望動機を作成するために重要です。周囲と差をつけ、効果的なアピールをするためにも、イメージに頼らずに調べるべきことは調べ、ポイントを踏まえた志望動機を作成していきましょう。