自動車業界の志望動機を書く上で絶対に語るべきこと

自動車業界を志望する人は、志望動機の書き方に工夫が必要です。自動車業界は他の業界と違いがあり、特に志望動機から見える人間性を大事にしています。例文を交えながら相手に響く志望動機にするポイントを整理してお伝えします。

自動車業界の志望動機を書く上で絶対に語るべきこと

大人気の自動車業界で勝ち残る志望動機を作りたい

自動車業界と言えば、日本の中でも特に大きな業界であり、学生たちからの人気も例年トップクラスです。当然、志望する学生も多くいるため、競争は激しくなります。

自動車業界ではより良い人材を確保するために様々な選考を行っていますが、その中でもやはり志望動機は重要な位置を占めています。多くの応募者がいる中で、重複した内容も多く見られ、その中で自分をアピールすることに難しさを感じている就活生も多いようです。

大人気の自動車業界で勝ち残る志望動機を作るためのポイントを紹介します。

自動車業界が志望動機をとても重視する理由

最新の自動車工場

自動車産業は日本の基幹産業のひとつでもあり、世界的にもトップレベルの技術と品質、そしてマーケットシェアを誇っています。それゆえ、経営的にも安定しており、また社会的な評価や従業員満足度も高く、待遇も良好であるため、多くの人が志望しています。

他の業界では雇用のミスマッチを防ぐことが志望動機を大切にする主な理由となりますが、自動車業界においては、志望動機を確認するのは「その人材の特性を見極めること」が主な理由となります。単純に「車が好き」だったり「労働条件が良い」などの理由で来る人材を避けると共に、最も大事なこととして「常に最先端を行くためのマインドを持っているか」を見ています。

自動車の開発を進めるだけでなく、部品の生産や各部門における効率化、また経営の安定やクルマを起点とした様々なビジネスの開発など、役割は違えどどの部門でも常にチャレンジングな取り組みをしているのが自動車業界の特徴です。

そのため、志望動機では、クルマに関わる仕事を通して何を成し遂げていきたいのかというビジョンやチャレンジ精神が見られていることを忘れてはいけません。

自動車業界の志望動機の例文

志望動機を伝える男性

では、自動車業界の志望動機の例を見てみましょう。

自動車メーカーへの志望動機(NG例文)

私が御社を志望したのは、昔からクルマが好きで、クルマに携わる仕事がしたかったからです。

御社は世界でも有数の自動車メーカーであり、最新の特許技術も多く持っていて、まさに自動車メーカーのパイオニアとして様々に活躍していらっしゃいます。御社の優れた技術を世界に広め、世界的にクルマを通した豊かな生活を広めていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

簡潔にまとまっているという点ではこの志望動機は悪くないのですが、自動車業界で働きたい理由が「車が好きである」こと以外には特に見当たらない点で印象が弱くなります。また、企業に入って行っていきたい仕事がやや具体性にかける部分があります。その「優れた技術を世界に広め、世界的にクルマを通した豊かな生活を広めていく」ために自分がどのように関わっていくのか、もう一歩踏み込んだビジョンが欲しい所です。

自動車メーカーへの志望動機(良い例文)

私が御社を志望するのは、御社でなら「クルマを通して豊かな未来を創造することができる」と考えたからです。

日本の自動車業界は世界的に優れた技術を持つだけでなく、GPSやIoTなど多くの技術を取り入れながらクルマに留まらない展開を見せています。クルマはもはやただの移動手段ではなく、より多くの価値を消費者に提供しています。

御社はその中でも、特にライフスタイルに対する提案が多く、クルマと人間の新しい関係を生み出している企業であることから魅力的に感じています。

私はクルマの可能性を広げるようなコンセプトを作り、設計や開発に密接に関わってクルマを通したより良い生活を作っていきたく思っています。どうぞよろしくお願いします。

この例では、結論で自分がやりたいことを一言で表していて、それができるのが志望企業であると強く言い切っています。その後に続く内容で、自動車の持つ可能性に触れ、そしてライフスタイルへの提案力のある企業に魅力を感じていることを伝えています。

最後に、自分が将来的に関わりたいのは商品のコンセプト作りであることや、設計や開発の部門と一緒に頑張りたいという旨もアピールしており、入社後の活躍イメージもわかりやすくなっています。

「自動車」「車」よりも「クルマ」と表現した方が、工業製品という枠を超えたものという広がりを見せることができます。自分がどのように自動車を表現したいかによって、表記の方法も工夫してみると良いでしょう。

自動車ディーラーへの志望動機(良い例文)

私が御社を志望するのは、「お客様に直に製品の良さを伝えることができる」かです。

私は親が中古車販売店をしていることもあり、小さい頃から車が大好きで、将来は車関係の仕事につきたいとずっと思っていました。父の仕事の手伝いなどを通し、多くのメーカーの車を見てきて、様々な車の良し悪しを学びました。

御社の製品は非常に品質が高いことや、メリハリをつけた商品が多く、ラインナップにも工夫が感じられます。しかし、お店に来るお客様の多くは知識がなく、最適な商品がある中で選ぶことができない様子を何度も見て、勿体なく思いました。

このような中で、私はもっと御社の良質な製品を、多くの人が望む形で提案して販売していきたいと思うようになり、御社を志望しました。自分に合う車を購入できれば、本当に毎日が楽しくなります。私は生活を楽しくするような車を、その車の良さを、仕事を通して多くのお客様に伝えていきたいです。よろしくお願いします。

自動車業界は様々な分野がありますので、その行う仕事によって感じる魅力や志望動機も様々となります。どのような部門だとしても、その中で自分のやりたい仕事のビジョンが明確な人は、意欲を持って仕事に取り組むことが期待できるので評価されます。

ここでは、ディーラーとしての自動車販売の仕事を通し、顧客にしっかり車の価値を伝えたいという明解なビジョンがあり、経験談や自分の価値観からそのビジョンへの熱意を感じさせる内容となっています。血の通った熱意のあるビジョンは、文章はもちろん、面接などではより強い印象を与えることができますので、ぜひ考え抜いて絶対にやり遂げたいと思えるようなビジョンを作ってみてください。

自動車業界の志望動機のポイント

自動車業界の志望動機のポイント

自動車業界の志望動機のポイントについて確認しましょう。

自動車業界の志望動機は結論から伝える

ビジネス文書では結論から伝えることが基本となっています。結論を先に伝え、後から内容を補足していくことによって効率の良いコミュニケーションができるからです。特に自動車業界においては、多くの応募者がいるため、書類選考で結論がすぐにわからない文章を書くとそれだけですぐに足切りされることもありますので注意しましょう。

どうして自動車業界を志望しているのかを伝える

様々な魅力がある自動車業界ですが、多くの業界の中でどうして自動車業界を選んだのかをしっかり伝えるようにしましょう。あまり難しく考えず、自分が自動車業界に対して魅力的に感じている点を簡潔にアピールしましょう。

なぜ自動車業界の中のその企業なのかを伝える

自動車業界には多くの企業が属していますが、その中でどうしてその企業であるのかを明解に答える必要があります。「他の企業ではダメな理由」や、「その企業でしかできないこと」、「志望企業と自分とのか関わり」などの観点から考えてみると、その企業でないといけない理由が見つかってくるはずです。

入社したらやりたいこと、自分のビジョンを伝える

自動車業界の志望動機において最も大事なことが「自分のビジョンを伝えること」です。入社して何をしていきたいのか、自分の仕事を通して何を実現したいのか、自分にできる範囲で調べたり考えたりしたことを総動員して、ビジョンを作って志望動機を伝えていきましょう。できる、できないが問題ではなく、明解にビジョンを持っており、それに対しての道筋や取り組みを考えているかが問われています。

「入社後やりたいこと」をカッコよくアピールする方法

自動車業界の志望動機はビジョンをいかに伝えるかが大事

自動車業界志望動機のビジョンを語る男性

自動車業界における就職活動では、志望動機をはじめとして、基本的な設問が多いです。奇をてらったことをせずとも、多くの応募者を比較して選考できるのは、それだけ見ているポイントがハッキリしているからです。業界研究や企業研究、そして志望の強さは、仕事についてのビジョンを聞けばわかるという明解な方針がありますので、しっかりとビジョンを伝えるようにしていきましょう。

ただし、ビジョンに業界研究や企業研究の努力が見えなければそれもやはり失敗に終わります。ポイントをしっかり詰め込んで、熱意あるビジョンで企業側に好印象を与えましょう。