再就職できる人に共通する積極的な求職活動4つのコツ

なかなか難しい再就職、しかし少ないながらも仕事を手にする人がいるのです。では彼らは一体どのようなスキルがあったのでしょうか。ここでは再就職をするために必要な「攻める求職活動」をご紹介します。

再就職できる人に共通する積極的な求職活動4つのコツ

再就職成功者に見られる「攻めの求職活動」をするコツを覚えよう

再就職を求める人に必要なスキル、それは「攻めの求職活動」です。不況が続く中、あらゆる立場の人たちが仕事を求めて就職活動を行っています。

その中でも一番状況が厳しいと言われているのが再就職を求める人たちです。過去に一度仕事を辞めていると、再就職先を見つける際にマイナス要素として捉えられることが原因となっているのかもしれません。

しかし実際には、このような厳しい状況の中でも再就職を成功させている人もいるのです。そんな彼らに共通しているのが「攻めの求職活動」です。ここでは、再就職を望む人が知っておきたい成功する求職活動の4つのコツをご紹介します。

1.実務経験がある「できる仕事」を選ぶこと

大事なプロジェクトを動かす男性

再就職を成功させるためには、多くの企業が欲しいと思う人材でなくてはいけません。再就職で企業にアピールできるポイントといえば、過去の実務経験です。

再就職を希望される人の中には、「せっかく新しい仕事に就くのであれば、自分がスキルアップできるようなことにチャレンジしたい」という方も多いのではないでしょうか。しかし企業が求める人材は、「実務経験があって確実に仕事をこなせる保証がある人」を求めているのです。

したがって、再就職希望者の「やる気」や「可能性」よりも、「実務経験」という確かなスキルを必要としているのです。そのため再就職先を選ぶ際には、自分の可能性に賭けた企業選びではなく、実務経験があり自信のある「確実にできる仕事」を選びましょう。

2.求職活動は退職してからすぐに開始すること

対応が早い仕事の出来る男性

再就職が厳しいと言われる理由のひとつに、「退職してから求職活動を始めるまでに空白の期間がある」ということが挙げられます。仕事を辞める理由は人によって様々ですが、再就職をする際には退職してから求職活動を行うまでの期間を「仕事のブランク」と捉えられてしまいます。

確かに企業側からすると仕事のブランクが長い人よりも、まだブランクが短い人を採用したいと思うのは当然のことかもしれません。

退職後にしばらくの休暇を取ったり、自分のスキルアップのために留学をしたりと自由な時間を過ごす人もいますが、退職をする時点で再就職を希望するのであれば1カ月以内に求職活動を始めることが再就職を成功させるポイントです。

なぜなら仕事をしていない期間はどんなに有意義で実りある生活を送っていたとしても、企業側からすると「失業期間」ということになります。特に年齢が上がるごとに再就職率が厳しくなるので、なるべく退職後にすぐ求職活動を行いましょう。

転職しやすい時期はいつ?4つのベストタイミング

3.再就職に有利な資格を取得すること

本当に必要かを熱弁する男性

再就職を成功させるために、求職活動を行いながら資格取得に必死になる人も多いのではないでしょうか。しかし実際、採用時に企業が考慮する点は実務経験であり、様々な資格を持っていてもそれを採用の決定打にすることは無いと言います。

なぜならどのような資格を持っていても、実際に実務的なスキルや経験があるとは限らないからです。

資格は実務経験と資格がセットになり、仕事に役立つことが期待できてこそ企業側を説得させることができる武器になるのです。

その資格が必要な職種や、今までの実務経験を証明できる資格であれば再就職に有利になるかもしれません。しかしすぐに取得できるという理由だけであらゆる資格に手を出しても、それが採用に繋がるわけではないのです。

確かに資格は持っていると自分のスキルとしてアピールすることができますが、あくまでも再就職ではどちらかというと実務経験やキャリアが重視されます。資格を取って再就職に活かしたいと思っている人は、それが再就職のために本当に必要な資格かどうかを見極めてから、資格取得の勉強を始めるようにしましょう

就職に強い取得するべき7つの資格

4.今まで培ってきた人脈を活かすこと

土下座して就職をお願いする男性

再就職を成功させるためには、ただいくつもの転職サイトをチェックすると同時に、人に助けを求めることも大切です。昔働いていた職場の上司やお得意先のお客さん、営業で知り合った会社などに出向き再就職先を探しているということを伝えましょう。

確かに「仕事をください!」と挨拶まわりをするのは決してスマートな求職活動ではありません。しかし再就職を望むのであれば知り合いにSOSを発信するくらい攻めの姿勢で求職活動をしなければ、このご時世仕事を得ることはできないのです。

特に前職の仕事仲間になら、顔見知りなのでこちらも再就職先の紹介をお願いしやすいですし、実務経験を共にしているためお願いされた側も希望に沿った仕事を紹介しやすいかもしれません。どこでどんなチャンスが転がっているか分かりません。今まで培ってきた人脈を活かすことで、再就職のチャンスをつかめることもあるでしょう。

再就職を成功に導くには4つのコツをおさえた攻めの求職活動が大事

厳しい再就職ですが「攻めの求職活動」で、成功の可能性は広がります。再就職をしたいと考える人が、求職活動の際に知っておきたい4つの攻めのポイントがこちらです。

  1. 実務経験とキャリアに基づいた「できる仕事」を選ぶ
  2. 退職してからすぐに求職活動をスタートさせる
  3. 再就職に有利な資格を見極める
  4. 人脈を生かして職を紹介してもらう

ぜひ「攻めの求職活動」で再就職を成功させましょう!