転職しやすい時期はいつ?4つのベストタイミング

仕事を始めてみないと分からない自分の適性。今の環境から抜け出して新しい仕事に就きたいと思っている人も多いはず。ここではあなたのタイプに合わせた転職をするベストな時期をご紹介します。ボーナス後の転職や中途採用の転職など自分に合わせた時期を確認しましょう。

転職しやすい時期はいつ?4つのベストタイミング

転職に適した時期を知ることが成功を掴むコツ

すぐにでも仕事を変わりたいからといって、勢いに任せて転職をを始めようとしている人はいませんか?確かに今の環境から抜け出て新しい挑戦に立ち向かっていくためには、思い切った行動力が必要です。しかしせっかく転職するなら、より良い結果を求めて転職に適した時期を選ぶ必要があります。

転職に適した時期は、その人の経験やキャリアによって違ってきます。自分に適したベストな時期を選んで、人生の新たな第一歩である転職を成功させましょう。ここでは、いつ転職すればいいのか4つの時期を紹介します。

1.求人数が多い7~8月

転職の求人数が増える時期として、7~8月の夏が挙げられます。新しい仕事を見つけようと4月入社を目指して転職活動をしても、企業側は新卒の就職希望者への企業説明会や新入社員の研修に力を入れるので、中途採用にまでチャンスが回ってくる可能性は非常に少ないということです。ですから、転職の時期として4月は適していないということになります。

転職前にバカンスしている男性

転職を考えている人の中には未経験の業界や職種にチャレンジしようと思っている人もいるでしょう。そんな未経験者が転職をするタイミングにおすすめなのが、転職の求人が多い夏7~8月の時期だというわけです。多くの企業では経営環境の変化が激しく、中途採用をしながら必要な人材や夏前に出てしまった急な退職の欠員を埋めなくてはいけません。そのため、未経験者でも採用枠を見つけられる確率が高まります。

2.ボーナス受け取り後の1月

次に転職しやすい時期としては、1月です。今の仕事に不満を抱えて「こんな仕事辞めてやる!」と転職を考えている人は、感情に任せて急に今働いている会社を辞めてしまってはいけません。ボーナスなど受け取れるものはしっかりと受け取ってから、次のステップに進みたいものです。

ボーナス後でウハウハな男性

1月に転職することは、新しい1年を迎えると共に新しい自分への挑戦を始めることができるケジメのタイミングでもあります。4月からの入社を目指して転職への行動を移す人が多いのも年明けです。年末にかけてしっかりと求人情報をチェックしておき、ボーナス受け取ってから手堅く転職活動を始めましょう

また、年に2回のボーナスをもらってから今の会社を辞めて転職をする場合は、1月以外に夏のボーナスを受け取った後の6月~7月も転職者が増える時期でもあります。

新入社員はボーナスが貰えるの?気になる給料事情

3.即戦力が必要な9~10月

転職に適している3つ目の時期は、9~10月です。仕事の幅を広げたいと思って転職を考えている方は、自分のスキルや経験を企業が欲する下半期の9月~10月が転職にベストな時期だと言えます。

経験豊富なやり手のリーマン

上半期はどこの企業も新入社員を迎えて新しいスタートを切りますが、上半期が終わる頃には下半期に向けて人事異動や必要な人材の確保・上半期の業績の挽回策などの軌道修正が必要となってきます。

そこで企業側も下半期からの即戦力として、経験に裏付けられたスキルのある中途採用をしなければいけません。このような理由で、上半期に比べて下半期は企業側が提示する希望人材に当てはまることができれば、自分のスキルを活かした転職を実現することができるのです。

そして下半期を迎える9月~10月という時期は、1月からの業務スタートに向けて第二新卒者や中途転職者を迎える企業も多いのも特徴的です。特に9月はどこの企業も退職者を送りだしたり人事異動が多くなるので、人手不足が必ず出てきます。

下半期からの転職を考えている方は、企業の業務拡大などの情報をしっかりとチェックしておき、自分に合った転職先のリサーチを欠かさないようにしましょう。

4.欠員が出るかもしれない5月

4月に希望していた企業への転職を目指していて結局叶わなかった人でも、もう少し待つと5月にもしかしたらチャンスが再度巡ってくるかもしれません。なぜなら4月入社で採用された人が1カ月ほどで辞めてしまう例がたまにあるのです。

入社したい企業に欠員がでて喜んでいる求職者

これは増加している若者の忍耐力の無さとは別に、入社したものの自分には適性が無いと判断して早い段階で見切り退社をしてしまうということです。数は少ないですが、万が一の欠員募集がかかることもあるので、4月入社後の5月もリクルート情報のリサーチは欠かさないようにしましょう。

転職しやすい時期を選ぶことが採用につながりやすい

転職を成功させるには、転職しやすい時期を選ぶことが大切です。転職しやすい時期を選べば、絶対に転職できるというわけではありませんが、だいたいの時期を決めておくことで、転職の準備もしやすくなりますし、もしうまくいって今の会社を辞めてから次の転職先がすんなり決まれば、仕事のブランクも短く済むでしょう。

今回紹介した転職にベストな時期は、以下の4つのタイプに分けられます。

1.7月~8月の転職は「未経験の方に最適」

求人の数が一番増える時期なので、採用される可能性が一番高いと言えます。

2.1月と6月の転職は「ボーナス後に転職を目指している方に最適」

4月入社を目指すなら1月、頂くものはしっかりと頂戴してから転職活動を始めましょう。

3.9月~10月の転職は「スキルや経験がある方に最適」

中途採用の人材に即戦力を求める企業のニーズに合えば、満足のいく転職をすることが期待できます。

4.5月の転職は「欠員待機の方に最適」

狙っていたあの企業に万が一の欠員が出るかも!4月入社の転職に失敗しても、早々に辞めてしまう人の穴埋め募集を見逃さないで!

転職に失敗した人のケース別アドバイス