働きながら転職活動するなら知るべきメリットとデメリット

働きながら転職活動を行うと、安定した収入があるためなかなか就職先が決定しなくとも安心ですが、実際には大変なことも多いもの。とはいえ、すぐに仕事を辞めてしまうというのも早計でしょう。働きながら転職活動をするか否かお悩みの方に向けてメリットとデメリットをご紹介します。

働きながら転職活動するなら知るべきメリットとデメリット

働きながら転職先を探す?それとも仕事を辞めてから?

「給料が少ないから」「雇用契約の満了日を迎えたから」など、転職する理由は人それぞれですが、今まさに自分の新たな活躍の場を求めて転職を検討している社会人は多いでしょう。

転職活動を行う場合に悩みどころのひとつとなるのが、働きながら転職するか、あるいは仕事を辞めてから転職活動を開始するかということです。

働きながら転職活動をするメリット

もし働きながら転職活動を行う場合、仕事を辞めてから転職先を探すケースと比べどういったメリットがあるのでしょうか。

1 無職の期間が発生しない

電話応対しながらメモをとるビジネスマン

「次の勤務先なんてどうせすぐに決まる」と考えている方もいるでしょう。しかし、予想に反して退職後の転職活動の期間が延びた場合、企業側からの評価がブランクの有無により左右される可能性も高くなります。

仕事をしていない空白の期間があると、採用担当者には必ず「この期間は何をしていたのですか?」と聞かれるものです。例えその質問に対する回答が至極真っ当な内容であったとしても、ブランク期間はない、あるいは短いに越したことはないでしょう。

2 安定した収入がある

働きながら転職先を探す上で大きなメリットとなるのが、安定した収入があるという点です。

仕事を辞めてから就職活動を行い、なかなか採用が決まらなかったとします。収入がないため、月日が経つほど「早く転職先を探さないと」という焦りが生まれます。その焦りが「どこでもいいから入社しよう」という気持ちに変わってしまえば、転職活動が失敗する恐れも十分にあり得ます。

収入が途絶えてしまうということは、特に家族を養わなければならない方であれば大きなネックとなるでしょう。働きながら転職活動を行うのであれば、こういった経済的な面での不安がなく、冷静に転職先を見極めることにもつながるのです。

働きながら転職活動をするデメリット

基本的には働きながらの転職活動が安心ですが、一方でデメリットもしっかり理解しておく必要があります。

1 とにかくスケジュール調整が大変

スケジュールを立てるのに悩むサラリーマン

働きながら転職活動を進めていく場合、やはりスケジュール調整に苦労する方が少なくありません。普段の仕事の融通が利かないと、なかなか気になる企業の面接の予定を入れられないというケースも多いものです。

また、平日休みの会社で働いていて、土日休みの会社への転職を希望する場合、有給休暇を上手く使って選考を進めていく必要があります。比較的自由に休みを取れる職場であれば楽なのですが、半休ですら取るのが難しいような職場なら、上司に伝える休む理由にも考慮しなければなりません。

2 転職の意思を伏せて動く場合はバレたときが厄介

転職の意思を自社に伝えておけば休みなども取りやすくなるでしょうが、そもそも転職することを職場の人に伝えずに動くか否かで悩む方も多いもの。

実際に転職の意思を伝えた状態で働くとなれば、やはり周りともギクシャクしてしまうでしょう。内定が決まるまでに居心地の悪い日々を過ごさなければならない可能性を懸念し、何も伝えず転職活動を進める人は少なくありません。

仮に転職活動していることを伏せていても、何かの拍子にバレてしまった場合は非常に厄介です。「早く転職先で働きたい」という方も、引き継ぎ期間に余裕を持つなど、できるだけ現職の同僚や上司に迷惑をかけないよう心がけたいものです。

働きながらの転職活動を成功させるには?

働きながら転職活動を行う際、成功させるためにはどういった点に注意すべきなのでしょうか。

1 現職をおろそかにしない

後輩に仕事の引継ぎを行うビジネスマン

働きながらの転職活動となると、時間に追われて余裕がなくなることでつい現職をおろそかにしてしまいがちです。あるいは「こんなところもう辞めてやる!」と、現職に嫌気がさして転職を考えている方もいることでしょう。気持ちは理解できますが、その会社に在職している以上、できるだけ会社には迷惑をかけないよう配慮することが社会人としての最低限のマナーです。

「立つ鳥跡を濁さず」をモットーに、後任への引き継ぎ内容もしっかりとまとめておきましょう。また、転職先から「いつから入社可能か」と聞かれた際には、引き継ぎに必要な期間もしっかり提示しておくと安心です。

2 転職活動の期間を決めておく

転職を視野にいれるのであれば、必ずいつまでに転職先を決めるのか目標を立てておくことが大切です。

在職している状態での転職活動では「退職してもう後がないから早く決めないと…」という焦りが生まれません。そのため、「3ヶ月以内に転職するぞ!」といった明確な目標がないと、「ダメだったら今の会社で働き続ければいいか」とつい自分を甘やかしてしまうことがあります。こうなるといたずらにダラダラと時間だけが過ぎていくことになるため、くれぐれも注意が必要です。

3 転職エージェントを上手く活用する

転職を希望するのであれば、転職エージェントの活用は欠かせません。

転職エージェントでは転職希望者ひとりひとりに対し専任のキャリアコンサルタントがつきます。一対一での面談の中で、今の仕事についてや転職先の希望条件、転職希望者のスキルをチェックし、それらを踏まえて転職の手助けを行ってくれます。

応募書類の添削はもちろんのこと、企業との面接の日程調整なども行ってくれるため、働きながら転職活動を行う方にとっては非常に心強いサポーターとなってくれることでしょう。

170822_tensyoku-agent-use-icatch
転職エージェントの使い方!登録~内定の主な流れと活用法

4 何がしたいのかを明確にする

空を見上げるビジネスマン

働きながら転職先を探すにしろ退職してから転職活動を始めるにしろ、まずは次の転職先で自分がどんな仕事をしたいのかを明確にすべきです。

転職先での働き方について漠然とした希望やイメージしか持っていないと、いつまで経っても企業を絞り込むことができません。あるいは「今の会社より給料もいいし、ここでいいか」「今の職場から離れられれば何でもいい」などと安易に転職先を決めてしまい、結果として転職に失敗してしまうケースも考えられます。

給料などの条件はもちろん、そもそも仕事内容に納得がいかないのであれば必ず後悔し、すぐに辞めることになりかねません。後々「こんなはずではなかった」といった事態にならないよう、転職前には必ず自分のやりたいことをハッキリさせておきましょう。

働きながらの転職活動経験に関するエピソード15

働きながら転職活動を行ったことのある方から、当時大変だったことや気を付けていたことについて詳しく聞いてみました。

20代の転職経験者の声

医療業界から航空業界

りり(27歳 航空会社勤務)


大学を卒業後、2年間歯科医院で勤務をしていたのですが、昔から憧れていた客室乗務員になりたいと思い航空業界への転職を決意しました。

航空業界は面接が独特で、また容姿はもちろん色々と面接に向けて学ばなければならないことがあったのですが、倍率が高いため現職を退職して、転職活動だけに専念してしまうと生活ができなくなると思い、働きながらの転職をしました。

転職活動中に大変だったことは、面接日に平日が多く、また何時何分と細かく時間が決まっていたため、日程の調整がとにかく大変でした。

面接の前後で他の受験者と話す機会があったのですが、中には面接に力を入れたいために仕事を退職してアルバイトをしていたり親から援助してもらっている人もいましたが、あまりにも倍率が高すぎるため退職しながらの転職はとてもリスキーだと知りました。

私は運よく2社目のチャレンジで成功しました。日頃からしっかりとした勤務態度をしていたので、仮病やちょっとした言い訳をして仕事を休み面接へ参加することができました。つい転職活動にばかり目がいってしまいがちですが、今の仕事にも手を抜かないことも大切だと思います。

働きながらの転職活動は大変でした

ちゃんゆい(28歳 事務職)


新卒で入社した会社で営業職に就いていましたが、入社して5年ほどで転職し、今の事務職に就いています。

働きながらの転職はかなりハードだったのですが、仕事のない期間をつくるのが怖かったのと、受からなければ転職せずにいようという甘い考えもあり、働きながらの転職を続けました。

大変だったことはやはり先方との面接等のスケジュールの調整です。また、そのとき働いていた会社にも転職活動をしていることは黙っていたので隠すのも大変でした。私はうまく転職先が決まったので、空白期間を作ることもなかったので働きながらの転職活動を選んでよかったと結果的には思っています。

前職より給料も上がり、残業時間も減って休みをとりやすくなったので満足しています。転職して成功でした。

前職にかなり不満があったというわけではなかったので、会社との関係が良好であれば、転職活動をしていること、辞めようと考えていることは周囲には伝えておいたほうが楽だったかなと振り返って思います。

屋上で会話をする会社員達

遠慮せずに周りに相談

ましこ(25歳 営業職)


以前は店舗の接客をしていましたが、シフトによっては夜中まで業務があることも多く体調を崩したのをきっかけに、職場環境が整っている会社に営業として転職をしました。その時はまだ転職の意思が固まっていなかったので、今いる職場はやめずに転職活動が始まりました。

実際転職活動を始めてみると、不規則なシフトであることや、面接を受けるために地方から都内へ移動する必要があることで、体力的にかなり大変でした。

しかし、今いる職場と求人の会社との職場環境や条件の違いを比較することができ、転職をすることを決心できたことは良かったと思っています。

結果的に、職場環境や条件などそれまでよりも良い会社に転職が決まりました。働きながらの転職活動では、エージェントの方とのコミュニケーションがとても大切だと感じました。私の場合は、シフトが出た時点でエージェントの方に伝え、その上で無理のない面接日程を組んでもらっていたのでとても助かりました。

働きながらではとても大変ですが、転職エージェントの力を借りながら、気持ちに余裕をもって活動できるようにすることが必要です。

スケジュール調整が一番のポイント

はな(25歳 営業職)


当時銀行で事務職として働いていました。転職を決めたきっかけは、職場の人間関係がかなりひどかったことです。女性同士で悪口を言い合い、仕事の足を引っ張られることも何度もありました。
また、もともと営業職になりたくて銀行に入社していたので、その希望を叶えたいと思っていました。

最も大変だったのは、面接のための時間を作ることです。事務職とはいえかなり労働時間が長く、早く帰れても20時という状況だったため、それを調整するのに一番苦労しました。

しかし金銭的な焦りなどは感じないので、やはり働きながら転職活動をしてよかったと思っています。結果的に希望の職場に内定を頂くことができました。働きながら転職をする場合、「あれもこれも」とたくさんの企業を受けることは難しいと思います。きちんと自分の希望条件を絞って効率よく活動を行うことが必要だと思いました。

休みを生かしながらの転職活動

みゆ(26歳 事務職)


転職活動はだいたい平日にメインで行わなければならないことは活動をしながら一番感じました。

私は前職ではシフト制の不規則な勤務形態でした。もともと事務職でしたが、二十代後半にさしかかる前に、土日に休みの企業に転職したいと考え、就職活動をするようになりました。しかし、希望するのは土日お休みのため、当然面接も平日にいくしかありません。

そこで、私はもともと平日が休みであったため、休みの日はフルに転職活動に専念していました。仕事をしながらの転職活動はハードでなかなか気持ちが休まることはありませんでしたが、収入が途絶えることなく希望通りの企業に就職することができました。転職を希望する方はスケジュール管理と根気が本当に求められるので、時にはリフレッシュすることも大事です。

効率のいい転職活動方法

ムー子(27歳 医療職)


当時、病院で医療技術職として働いていましたが、転職を決意し検診センターの方へ働くことになりました。前職を辞めてから就活すると決まらなかった時が怖いので、働きながらすることにしました。職場の人に就活していることがばれないようにすることに必死でした。

また、仕事しながらだと面接日が休めない日に当たらないかということも心配していました。ですが、有休が結構残っていたため効率よくできたと思います。新しい職場に変わるのもドキドキとともに楽しみでもありました。

自分の理想の条件に合った職場を比較的早い段階で見つけることができ、見事内定をもらうことができました。残った有休休暇の使い方で職場の人にバレてしまわないようにうまく駆使して就活を行っていくとよいと思います。

転職活動を通して

きらら(27歳 事務職)


当初していた仕事は製造業で、その後転職した仕事は事務員です。

働きながら転職活動しようと思った理由は、仕事がしんどかったからです。ずっと立ちっぱなしで作業をする仕事で、体調が悪い時会社で倒れかけた時もありました。このまま仕事を続けているといつか本当に倒れそうだなと思い、転職活動を始めました。

しかし、働きながらの転職活動はスムーズにはいきませんでした。平日は仕事のため、なかなか平日に休むことができなかったからです。有給で休めた時を利用して、面接に行ったりしていました。

いくつか面接に行き、受かったところに転職しました。今の仕事は前の仕事よりもしんどくないので、転職活動をして良かったです。

転職活動をするならば、しっかり転職先を見極めて続けられそうな仕事を探す方がいいです。

忙しくも充実した転職活動!

souso(29歳 兼業主婦)


当時はサービス業の仕事をしていました。将来のことを考え、土日が休みの仕事がしたいこと・福利厚生がしっかりしている企業を選びたいことで転職を決意。転職後は医薬品を取り扱っている事務員として働いていました。

仕事を退職してから転職活動に取り組もうと思ったのですが、同じ時期に数人退職してしまい人手が足りなくなってしまったことで退職期間がズレてしまいました。全く収入がない月があるのも不安だったので、働きながら転職活動をすることにしたのです。休みの日に転職活動をしたので、きちんと体を休める日が少なく大変でした。

しかし、収入がない月がなかったので、金銭面では余裕を持って転職活動に取り組むことができました。結果は嬉しくも成功!働きながら転職活動を考えている方は、思ったよりも忙しい日々になるので覚悟が必要です。

30代の転職経験者の声

働きながらでも転職活動はできます。

ともみ(37歳 専業主婦)


スポーツクラブで受付事務として勤務していたとき、異動を機に転職を考えるようになりました。退職の意向を伝えたあと、次の職がすぐに見つからないかもしれないという不安から働きながら転職活動を始めました。

働きながらの転職活動はなかなか時間の融通が利かず、最初は思うように動けませんでした。そこで転職サイトを利用し効率的に次の職場を探し、またスカウト制度も活用して転職活動に励みました。

転職を考える前は後ろ向きな気持ちで仕事をすることが多かったですが、転職活動を始めると転職後の自分を思い浮かべたり、環境が変わることへの期待などとても前向きな気持ちで前職にも取り組めるようになりました。働きながらの転職活動を続けること約5か月、無事に進学塾の受付事務として転職先を見つけることができました。

転職活動中に書類選考を突破し、いざ面接というときに前職の都合がつかないということがありました。働きながらの転職活動では、前職場との日程調整を上手に行い面接などの機会を逃さないよう気をつけることができれば転職活動は成功するでしょう。

日程調整が大変でした

るる(32歳 経理)


26歳当時、営業のサポート業務を主にする事務職をしていましたが、経理の仕事へ転職しました。給料などの面で空白の期間を作りたくなかったので働きながら転職活動をしました。

働きながらの転職活動だったので、とにかく面接の日程調整が大変でした。なるべく在籍中の仕事が落ち着いている時期を選んで転職活動をしたつもりでしたが、急なミーティングと面接がかぶってしまったり、面接が入っている日の残業を上手く避ける必要がありました。

しかし、逆に短期集中で頑張ろうと意識を高く持てたのでよかったと思います。その甲斐あり転職活動をして1ヶ月半で新しい仕事が決まりました。

仕事をしながらの転職活動は職場への配慮や仕事を厳かにしないように細心の注意を払うことが必要だなと転職活動が終わって感じました。

スマホを見ながら手帳にスケジュールをつけるサラリーマン

転職から現在

スーパーカブくん(35歳 運転手兼作業員)


私は今の会社に勤めて十年になります。そのため十年前の話になりますが、当時私は建築関係の仕事に就いていました。その当時から景気が悪くいつ会社がなくなるか不安な日々を送っていました。

私には家庭があり収入がなくなる事が怖くて次の仕事が決まってからやめたいと思い、働きながらの転職活動を決意。当然当時の会社にも転職することを伝えてなかったため、コソコソと面接などをこなしました。そしてようやく決まったのが今の会社で産業廃棄物処理の会社です。

働きながらの転職活動は当時の会社にもかなり迷惑をかけたと思います。転職活動を始めるとなぜか自分中心な思考に変わってしまうので、転職を考えている旨を信用できる上司にだけでも伝えておけばよかったです。

転職したときに感じたこと

ゆき(37歳、介護職)


食品工場で働いていたのですが、その後障害者施設で介護職に就きました。辞めてから職を探す事も考えたのですが、今のご時世、すぐに職を見つけられる自信も正直なかったので、働きながら仕事を探そうと思いました。

働きながらの職探しは職業安定所の時間と合わないですし、何より体力的にキツかったです。その反面、やはり収入が途切れなかった事は本当に良かったです。職探しだけに集中して働いていなければ生活が厳しくなっていたと思います。

実際に働きながら職探しを行ったのですがスムーズに行えましたし、介護職に転職して本当に良かったです。

職探しをしている最中に当時働いていた会社の上司にバッタリ会ったことがあり、それから多少仕事に行きづらくなったので、会社の人に会わないように気を付けた方が良いと感じます。

40代の転職経験者の声

働きながら転職活動をした思い出

りぐみ(40歳 フリーランス)


私は以前働きながら、転職活動をしていました。当時していた仕事は営業事務で、転職した先では貿易事務をしていました。働きながら転職活動をしようと思った理由は、当時一人暮らしをしていてお金がなく、無職になってしまうと生活できなかったからです。

働きながら転職活動をして大変だったことは、とにかく面接や就職試験が突然入ることが多々あり、働いている職場にお休みを申告しなければならないのが苦痛でした。

働きながら転職活動をしてみて良かった点は、やはり常に気持ちに張りがあり、緊張感が途切れなかったことです。結果働きながらの転職活動は成功しました。

この経験を通して、働きながら転職活動をする場合は、短時間ながら常に集中力を切らさずに面接や試験に挑めるようにするに努力することが大切だと感じました。

慎重に行動しました

さまはん(43歳 事務職)


転職前も今も事務職です。ずっと事務一本でやってきましたので…。

自己都合で辞めるので失業保険が入ってくるにも時間がかかるのが確実だったため、在職中になんとか次を見つけなければと思っていました。

面接などのための時間調整が大変でしたが、残っている有給などを上手く使いながら活動したのがよかったのでしょう、仕事を続けながら次の職場を探すことに成功。周りにもバレずに済みました。

転職先の担当の方も連絡の時間などに気を遣ってくださり、非常に助かりました。自分の中で明確なイメージを描きながら、周囲の人に迷惑をかけないように、また、不快感を持たせないようにしながら動くことが在職中の転職活動を成功させるポイントではないかと感じています。

50代の転職経験者の声

じっちゃんの就職体験記

もも(57歳 事務職)


大学を出てからずっと経理畑で働いております。職場の雰囲気はよく特に不満なく働いてきましたが、子どもが独立し孫ができますと、家内ともっとゆっくりできるところで過ごしたいと思うようになりました。そこで、転職しのんびり田舎暮らしがしたいと思い就職活動を始めました。

一番苦労したのはこれまでお世話になっていた職場への迷惑を最小限にすることです。後任の経理ができる人の募集、面接、採用、引き継ぎ指導には1年以上の期間が必要でした。

また、私の次の職場を見つけることも、いろいろな知人に声をかけさせて頂いたのですが、あちらこちらから是非にとのお言葉を頂き嬉しい悲鳴をあげました。結局、後任の経理マンの目処がついた時期まで辛抱強く待って下さった今の職場に転職できました。

今振り返ると在職当時からもっと仕事を後輩に頼んでおけば良かったです。転職のタイミングはいつ起こるかわからないので、いつでも代役が勤まる人を常日頃から準備しておかねばならないと感じました。

働きながらの転職活動は大変だけどやっぱり安心できる

在職中に転職活動を行うのは口で言うほど簡単なことではありません。しかし、それでも楽な道を選びたいからと、安易に退職を検討するのは決しておすすめできません。無職の空白期間が発生しないというのは、希望する企業からの内定を決めるためにも大きなポイントとなります。

働きながら転職活動を進める際は、とにかく時間の余裕がないため、転職エージェントなどの手を借りながら上手くスケジュールの調整を行い、希望通りの転職を叶えましょう。

150520_careerchange_preparation2
転職準備で再就職を成功させる5つのコツ
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ