リファレンスチェックとは?企業が行う採用前の信用調査

リファレンスチェックについて何も知らずに転職活動に臨む人は多いですが、採用に関わる以上、対策を行っておくのが賢明です。リファレンスチェックとは何か、概要説明からその目的、受ける際の注意点まで解説します。転職活動をしている方もしくは検討している社会人はぜひ参考にしてください。

リファレンスチェックとは?企業が行う採用前の信用調査

転職希望者ならリファレンスチェックについて知っておこう

採用活動において、内定を出す前に企業の人事部が候補者の上司や同僚に対し、経歴などの信用調査を行うことをリファレンスチェックといいます。

リファレンスチェックはもともと外資系の企業への転職活動の際、頻繁に行われていましたが、今日では日本の企業においても取り入れられつつあります。

外資系の企業への転職活動を考えているのならもちろん、日本の企業への転職を考えている人にとっても他人事ではなくなってきているのです。

リファレンスチェックとは?

虫眼鏡で調べられる男性

リファレンスチェックとは、企業が採用を決める前段階において、転職者のキャリアや人間性についての評価を候補者の前職の上司・同僚などに対し調査することです。チェックする人については上司や同僚だけではなく取引先となるケースもあります。

企業の採用活動には莫大な資金と時間が投入されており、それに見合う人材を確保できなければ企業にとって大きな痛手となってしまいますが、限られた面接時間の中で候補者について把握し切ることは不可能に近いことです。

そこで、採用しようか迷っている候補者についてより詳しく知るために、人事部の社員が現職の職場の上司や同僚など、第三者にコンタクトを取り、候補者についての質問を行います。第三者からの目線でその候補者の人間性や仕事に取り組む姿勢などの評価を知り、それらの意見を参考に最終的に合否の判断を行うのです。

リファレンスチェックを行う3つの理由

企業がリファレンスチェックを行う目的は、大きく分けて3つ挙げられます。これらについてしっかりと理解した上で面接、リファレンスチェックに臨まなければ、思わぬ減点を受けてしまう恐れがありますので、事前に対策を行っておくようにしましょう。

1 公正な選考を行うため

同じスタートラインにつく応募者達

リファレンスチェックの目的のひとつは公正な選考を行うためです。

企業へのエントリーを行う際、または面接での発言において、まれに虚偽の事実を述べる候補者がいます。実際、学歴や職歴について履歴書に虚偽の記載を行う事例は多少なりとも存在しているのです。企業は自社で活躍してくれる人材を確保するために採用活動において、候補者をさまざまな角度から観察し、吟味しています。

虚偽の情報を述べられてしまっては、公正な判断を行うことが出来なくなってしまうのです。そのようなことのないよう、リファレンスチェックの際、学歴や職歴などの正誤確認に関する質問が行われることが多いです。公正な選考により本当に優れた人材を企業は見つけたいと考えているのです。

2 多くの視点から応募者を吟味するため

2つ目の理由は、さまざまな視点で応募者の吟味がしたいと考えているためです。企業は莫大な資金と時間を採用活動に費やしています。それだけのコストを払ってでも採用活動を行う理由は企業の発展を支える人材を獲得するためです。

多くのコストを払ってまで採用活動を行っている以上、企業は合否の判断を慎重に行ってきます。リファレンスチェックを行うことで、エントリーシート、面接では見ることの出来ない候補者の一面を知ることができるようになるのです。

出来るだけ多くの角度から候補者を吟味したいと考える企業にとって、リファレンスチェックは効果的な選考材料となります。リファレンスチェックによって、より慎重に合否の判断を行うことが可能になるのです。

3 ミスマッチの防止

転職先で失望する男性

採用活動を行う企業にとって最も手痛いことは、せっかく獲得した貴重な人材が早期に流出してしまうことです。リファレンスチェックを行う目的のひとつとして挙げられるのが、ミスマッチを防止するためです。

入社後3年以内の退職の最も多い原因は、企業と候補者とのミスマッチングです。候補者が企業について十分な理解をすることなく入社を決めてしまったことで、入社後「思っていた仕事と違う」と違和感を覚え、早期退職につながってしまっているのです。

リファレンスチェックを行うことで、その候補者が本当に自社にマッチした人材かどうかをチェックすることが可能になります。そのため企業にとって採用前にリファレンスチェックを行っておきたいのです。

リファレンスチェックの主な流れ

リファレンスチェックが行われる際、主に候補者が選んだリファレンス先に企業の人事部や転職エージェントが連絡して調査を行う場合と、企業側が自主的にリファレンス先を探して調査するケースがあります。

信頼できる人物に依頼し、引き受けてくれたのであればリファレンス先の氏名、連絡先を企業や転職エージェントに伝えます。その際、情報を共有しながら頻出の質問事項の回答準備について相談しておいたほうが良いでしょう。

リファレンスチェックの質問事項としては、応募者との関係、履歴書・職務経歴書の正誤確認に関する質問、当時の勤務態度、応募者の人物像、仕事への取り組み方などが高い頻度で聞かれる傾向にあります。

リファレンスチェックを受ける際の注意点

リファレンスチェックが行われるタイミングはその候補者の採用がほぼ決定している段階がほとんどですが、企業に提出した内容が虚偽の情報だったりと、リファレンスチェックの結果によってはそこで不採用となってしまう可能性も否定できません。

また、応募した企業でリファレンスチェックが行われる場合、余程のことがない限り避けて通ることはできません。転職活動を企業に内緒で行っている場合、事前に段取りを組んでおかなければリファレンスチェックがトラブルの種となってしまう恐れもあるので注意が必要です。

1 嘘の経歴は書かない

口を手で塞ぐ女性

応募企業でリファレンスチェックが行われている場合、書類選考、面接で嘘は絶対に述べないことが注意点としてまず挙げられます。もちろんリファレンスチェックの有無に関わらず、選考で嘘をつくべきではありません。人事部の社員は毎年多くの候補者と面接を行っており、人を見る目が非常に長けています。嘘をついても、それがバレてしまう可能性は高いのです。

リファレンスチェックでは学歴や職歴の正誤確認や、疑わしい発言についての正誤確認が行われます。ここで嘘がバレてしまうと、基本的に不採用が確定してしまいます。面接という特別な場で嘘をつくような人材を欲しいと思う企業などないのです

2 誰に頼むか吟味する

手を組み合わせる二人の男性

リファレンスについて最も悩ましい点が「誰に依頼するか」という点です。

リファレンスチェックをお願いする人選の大前提として、信頼のおける人物に依頼する必要があります。現職に情報を漏らさないように転職活動を行っているのであればなおさらです。

また、あなたの仕事ぶりを近くで見ていて良く理解している人が望ましいです。直属の上司であれば、管理者という目線であなたの活動について把握しているため、可能であればあなたとの距離感の近い上司に依頼することが良いでしょう。

リファレンスをお願いする人を誰にするかで無事にリファレンスチェックを乗り切れるかどうかが変わってきます。誰に依頼するかは慎重に吟味してください。

3 リファレンス先への情報共有を徹底する

リファレンスチェックに関して、行われる前に依頼した人物と情報共有を入念に行っておくことが重要なポイントになります。あなたが現職においてどのような課題を感じており、転職によりどのようなことを成し遂げたいと思っているのかなど、あなたの状況に関して依頼した人物にしっかりと伝えておく必要があります。

リファレンスチェックで聞かれるであろう質問への対策を相談しながら行っておくことで、リファレンスチェックを無事に通過できる可能性は高まります。時間が空いてしまっている前職の上司などにお願いする場合には特に大事です。情報を共有し、できる準備はしっかりと行ってリファレンスチェックに臨むようにしましょう。

4 普段から同僚と良好な関係を築いておく

同僚と信頼関係を築いておく

リファレンスチェックでは依頼する人物を誰にするかという人選が大きなカギとなります。そのため普段から職場の同僚とは良好な関係を築いておき、いざというときに依頼することができる関係性を築いておくことが重要なのです。

前職の同僚や退職した先輩社員とは疎遠になりがちですが、良好な関係を維持しておくことで、リファレンスチェックだけでなく社会人人生におけるあなたの大きな味方とすることができます。自身のネットワークを広げておくことは自身の仕事、そして人生の可能性を広げることにもつながりますので、普段から同僚との良好な関係を築き、維持する意識を持ちましょう。

5 現職にバレたくない場合は事前に相談する

現職に内緒で転職活動を行っている場合、特に注意が必要です。リファレンス先は基本的に応募者側で選定し、企業にその人物の情報を提供することになります。しかし現職の同僚や上司に依頼することが自分にとってリスクが高く、かつ他に依頼できそうな人物がいない場合も十分に有り得ます。

そのような際には無理にリファレンス先を確保しようとせず、一旦企業に相談してみるようにしましょう。同様にリファレンス先の確保が難しい状況にある候補者は存在しており、そのことに対して理解を示してくれる可能性は十分にあり得ます。内定後、入社までの期間にリファレンスチェックを行うことで代用するといった措置を取ってくれる可能性もあるのです。現職に情報を漏らさずに転職活動を進めたい場合は、無理せず事前に相談してみるようにしましょう。

リファレンスチェックの重要性を認識

リファレンスチェックは採用を検討している応募者に対して行われるものです。リファレンスチェックまで辿り着けば内定まであと一歩となりますが、ここで不採用となってしまうとそれだけ心理的なダメージも大きなものとなってしまいます。
無事内定を獲得できるよう、最後まで気を抜かずに準備を行いましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ