面接の志望動機5つのNGパターンと考え方

面接で「御社に就職したい!」という気持ちをアピールするには志望動機が重要です。面接官の印象に残るような答え方をしたいものですね。今回は志望動機のNGパターンと答え方を考えるときの構成例をご紹介します。

面接の志望動機5つのNGパターンと考え方

どう答える?面接で必ず聞かれる志望動機

就活の面接時に必ず聞かれるのは「どうしてうちの会社を選んだのですか?」という志望動機です。あなたの希望と企業が求める人材かどうかを確認するための質問ですが、どのように答えたら採用につながるのでしょうか?今回は志望動機の答え方について、例を交えてご紹介します。

これはマズイ!答え方のNGパターンと言い換え例

まずは面接官に「これはないな」と思われる答え方と言い換え例をまとめました。今考えているものがNGパターンに当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

どうみてもNGな体系の男性

1.愚痴や文句「前職ではこんなにひどい思いをしました」

あなたの印象が悪くなるので以前勤めていた職場の文句や愚痴はやめましょう。面接が雰囲気良く進んでくると、気が緩んでつい前の職場の不満がポロッと出てしまうことがあります。

志望動機を聞きたかったのに愚痴を聞かされたのでは面接官もたまったものではありません。それに「入社したあとも愚痴ばかり言いそう」と思われてしまいます。

NGパターンの言い換え例

「以前の会社では達成できなかったことを、スキルアップして御社で実現したい」と伝えれば前職での経験を生かした志望動機になります。

2.ありがちすぎる「御社の将来性に魅かれて」

「将来性」という言葉はNGワードです。

耳ざわりが就活っぽくてよく聞くフレーズですが、表現があいまいすぎて面接官の心に響きません。あなたが我が社の何に魅かれたのか具体的な内容を知りたいのです。詳しく話すように聞かれたときに答えられなければ「何のために面接に来たのだ」と思われます。

NGパターンの言い換え例

あいまいな表現を使わず「御社の手がけている○○のプロジェクトに魅力を感じた」など具体的に答えられるようにしましょう。

3.頼りない感じのする「仕事についてこれから勉強したいと思います」

未経験の場合にありがちなNGパターンです。初めての仕事で自信がなくても、これからスキルを磨くなど素直に言わないほうがいいです。

ポーズを決めるお気楽な男性

企業側は即戦力になる人材を採用したいと思うものです。それなのにこれからの研修で勉強すると言ってしまっては「採用前に自分で努力しようとする気はないのか」と思われてしまいます。

NGパターンの言い換え例

「初めての職種ですが、資格の勉強をしてスキルを磨いている」などと努力していることをアピールするのがよいでしょう。

4.情熱は分かるけど…「バリバリ働きます!よろしくお願いします!」

学生アルバイトであれば元気があっていい答え方ですが、転職時に「頑張ります!」を連呼するのはタブーと言えます。

根性論では具体性に欠け、面接官が一番知りたい「どうしてこの会社を志望したのか」がさっぱり伝わりません。社会人経験があるのに、あまりスキルを積んでこなかったのではと思われてしまいます。

NGパターンの言い換え例

どうしても情熱を伝えたいなら具体的なエピソードを語ったあとでやる気をアピールする程度にしましょう。

150521_motivationletter_interview2
志望動機を面接で話すときのポイント&NGワード

5.お金だけ?「他に比べて給料が高いので魅かれました」

面接で給与のことについて触れるのは控えた方が無難です。

仕事を選ぶうえで給与面は非常に重要なことです。実際に給与面に魅かれて志望したというのが本音の場合も多いでしょう。しかし面接でお金のことを言うのは好まれません。自分の会社より給与面が良いところがあれば、さっさと転職してしまうのではないかと思われてしまうためです。

NGパターンの言い換え例

アルバイトやパートであれば「家族のために収入を増やしたい」「資格取得のために貯金したい」など言い換えるといいでしょう。

説得力のある志望動機の考え方とは

あなたの考えが良く伝わるような志望動機を答えられたら完璧ですよね。そのためには説得力のある文章を考える必要があります。

真っ直ぐこっちを見つめる女性

履歴書作成の際にも志望動機は書いたはずですので、そこに具体的なエピソードを肉付けして考えてみましょう。

志望動機を考える際には以下の構成を参考にすると簡潔にまとめることができます。

  1. この業界を志望した理由を簡潔にまとめる
  2. この会社で働きたい理由を具体的なエピソードを交えて説明する
  3. 自分が取り組みたいことについてまとめる

飲食店経営の会社を希望すると仮定して、この構成例に当てはめて考えてみます。

  1. 実家が農家なこともあり、食品について興味を持っていました。
  2. 御社で経営している飲食店で食事をしたとき、野菜がとてもおいしく実家のとれたて野菜を思い出しました。このお店では有機栽培の野菜を提供していることを知り、安全でおいしいものを提供したいという企業理念に非常に共感しました。
  3. 私も安全でおいしい食品を提供する側になり、お客様に喜んでもらえる仕事をしたいと思っております。

同業種の中でこの会社に決めた理由を盛り込みましょう。自分の体験や考えを入れることであなただけの志望理由が出来上がります。

転職の場合は前職で上げた成果や、前職でできなかったが御社で挑戦したいことなどを盛り込むと即戦力としてアピールすることができます。

アルバイトやパートの場合はお店で働くことが多いと思います。店舗がある会社を希望する場合は、実際にお店に行って感じたことを入れるのがおすすめです。

150602_careerchange_motivationletter2
転職の志望動機の魅力的な書き方

自分の体験を交えてオリジナリティあふれる答えを

志望動機を考える時、例文をそのまま使ってはありきたりの印象しか与えません。就職したいと思うに至るまでの様々な体験を語ることで、あなたの人柄や考えが伝わりやすくなるのです。オリジナリティあふれる志望動機で採用を勝ち取ってくださいね!

未経験業界への転職を考えているなら、業界未経験転職支援実績が約60,000人以上、
転職内定率80.4%以上の就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか?

>>>関東で未経験業界へ転職するならハタラクティブ

「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています!3stepで簡単登録。まずは一歩踏み出してみませんか?

おすすめコンテンツ