就活中のひげは内定を大きく左右する体験談15

就活生はひげを剃りましょう。ひげが濃かったり、剃り忘れたひげを蓄えたりしたままで就活に臨んでも内定を勝ち取ることは難しいです。ひげを剃ることは最低限の身だしなみと心得て、毎日ひげの手入れをするようにしてください。

就活中のひげは内定を大きく左右する体験談15

就活中のひげはいつ剃るといいの?

ひげを剃るタイミングは、就活に出かける前の朝がいいでしょう。必ず鏡の前に立ち、剃り残しや剃り忘れがないように丁寧に剃ってください。カミソリ負けを防ぐひげ剃り用のクリームを塗って、比較的柔らかいひげが生えている頬のあたりから剃り始めるといいです。

ひげを剃り終わったら、顔を上下左右に動かしながら、剃り残しがないかちゃんと確かめることを忘れないようにしてください。ひげがきちんと剃れていることを確認したら、ひげ剃りで傷ついた肌を守るローションやクリームを塗ります。

朝にひげを丁寧に整えている時間なんてないし、ひげ剃りで出血してしまい絆創膏を貼った顔で就活に臨みたくないと思う人は、就活に出かける前の日の夜に剃るのもOKです。きちんとひげが剃れていれば、それでかまいません。

就活生は電気シェーバーがあると便利

電気シェーバーで髭を剃る

ひげの手入れをするのに時間をかけたくない、ひげが濃いけれどT字カミソリを上手に使えない、肌が弱いのでカミソリは使いたくない就活生は、電気シェーバーでひげを剃りましょう。電気シェーバーは誰でも簡単に使えます。携帯することができるので、万が一就活先でひげの剃り残しを発見しても、すぐに対処することができます。「ちょっと伸びてきたかも」と思ったときにさっと剃れるので、1本持っておくと便利です。

就活にひげは必要ない

就活生はひげを剃らなければならないのか問題は、剃った方がいいというよりたとえ髭が濃くなくても剃ってくださいと言いたいです。ひげが周りの人に与える印象は、想像以上によくありません。自分を売り込む場である面接で、かっこいいひげが生えている自分をアピールすることは、自己満足でしかないのです。

就活生の見た目が、就活の内定を大きく左右するのは事実です。身だしなみに気を使えない人は、仕事で大成することはないと考える面接官が大勢です。就活生に求められる清潔感と仕事へのやる気を、口の周りに蓄えたひげに見出す面接官はいないと思いましょう。

150526_interview-through2
面接に通らない人の4つの特徴

就活生のひげの手入れ体験談

カミソリで顎の髭を剃る男性

ここからは、寄せられた就活生のひげの手入れ体験談をご紹介していきます。ひげがかっこいいビジネスマンも、就活時代からかっこよかったわけではないでしょう。様々な経験とキャリアを積んでこそひげが似合うビジネスマンになれたはずです。ひげにあこがれを抱いている就活生は、そんなビジネスマンになれるように、身だしなみを整えることから始めるようにしてください。

清潔感に気を配りました

ken(25歳)


教育業界の営業職をしています。就活前まではあご髭を伸ばしていましたが、就活が始まるタイミングで剃りました。

営業職という職種柄、初対面のお客様にお会いする機会も多く、万人受けしない髭を面接時に伸ばしていたら協調性がないと判断されてもおかしくないと思ったため剃りました。

電動髭剃りを使うと青くなってしまうため、T字のカミソリを使っていました。業界や職種、会社の社風にもよるとは思うのですが、教育や金融などかっちりとした人を求められる会社の選考の際には、清潔感があり無難な格好をしていった方が結果的に正解だと思います。

外資系のIT系企業の営業職も応募したのですが、そこは同じ営業職でも比較的ラフな感じでした。

髭を剃ることは社会人の基本

らきたま(26歳)


カミソリで髭を剃る男性

鉄鋼関係のメーカーで営業として働いています。私は就職活動中、ひげは特に注意して剃っていました。理由は人と接する際の身だしなみの最低限のビジネスマナーだと考えていた為です。

気をつけていたことは、当たり前でありますが、誤って皮膚を切らないようにすることです。やはり面接に絆創膏をつけていくのもまた非常識と感じます。

就活生にアドバイスとしては、就活生に求められているものは、元気、明るさ、清潔感だと思います。いくら整えているとは言え、就活にマイナスになることは控えることをお勧めします。

営業等、人と接する職業を希望する方は、相手によっては不快に思う人もいるかもしれません。近年ではおしゃれ髭等のサラリーマンもちらほら見かけますが、やはりビジネスマンの基本として髭は剃ることが無難です。

髭は朝剃る

あべタクト(26歳)


私は現在営業職として働いています。就活中、営業マンは清潔感が命だと思っていましたので、ヒゲはしっかり剃っていました。やはりしっかりと深剃りした後は気分も良いですし、リフレッシュした気分になります。

ヒゲは朝の時間によく伸びると聞きますので、夜にお風呂で剃るスタイルだと朝起きて面接時間には薄っすら青くなってしまうなんて事にもなりかねません。

面接での第一印象はもの凄く重要になりますので、就活生のヒゲ剃りは是非朝にやってほしいです。そして剃った後にはアフターシェーブローションを付けると肌のコンディションが良くなります。

人は見た目である程度判断される事を理解して、綺麗な肌でしっかり髪の毛を上げ、明るい印象を面接官にアピールしましょう。

どのように見られるかを意識する

strike(38歳)


姿見で身だしなみをチェックする男性

医療関係の仕事についています。以前は営業職のサラリーマンをしていたこともあります。職種に関わらず、就職活動中は必ず髭を剃っていました。髭が生えていると、「不潔そうにみえる」「生意気そうにみえる」と考えていたからです。

いま現在の年齢の自分が髭を蓄えている若者をみたら、「自分を主張したいのかな」「組織の中でうまくやっていけるかな」に感じてしまうと思います。

就職活動では、第一印象がとても大事だと思います。就活中の方は、常に人事担当者からどのように見られるかを意識して、面接等に臨んだ方がよいかと思います。

髭の剃り残しも無いように、不潔に見られないよう、だらしない人間だと思われないよう、最低限の身だしなみを整えて行くべきだと思います。

身だしなみは大切

カズ(42歳)


配達員として働いています。就活中は、きちんと髭を剃っていました。正直、一番意識する場所だと思います。髭を剃った理由は、面接の時、第一印象は、身だしなみが大切だと思ったからです。

面接の時は、顔を見て会話をするので、不潔な印象を相手に与えないようにしていました。髭があると、だらしない人間に見られてしまいます。

就活中の髭の手入れでこれだけは気をつけていたポイントは、朝昼夕と髭が青く目立たないようにきちんと電気ヒゲソリで剃ることです。

これからの就活生に髭の手入れに関してのアドバイスは、「髭はきちんと剃る」です。髭を剃らずに就活しているのは、第一印象が悪いです。

面接になって最初に見られるのは身だしなみです。採用側の人から、この人、大丈夫かなと思われてしまいます。髭はしっかり剃りましょう。

髭は前日に剃る

とよみん(22歳)


現在、貸し切りバスの営業をしています。就活中の髭についてですが、面接前や履歴書の写真をとる前には必ず綺麗に剃るようにしていました。

髭を綺麗に剃った理由ですが、髭はどんな仕事についても伸ばしている人は少ないですし、面接で伸ばしっぱなしでいくと清潔でなく、いい印象を持っていただけないからです。

就活中の髭の手入れで気をつけたことは、必ず前日に剃るということです。当日に剃ったら、よりきれいな状態で面接にいどめると思います。しかし、朝は早めに出ないといけませんし、カミソリで剃った時、もしかしたら切ってしまい血が出るかもしれません。

だから、朝に剃るのはやめておいた方がいいと私は思います。髭で印象が変わるので、これから就活をする人は気をつけてほしいです。

剃っていれば大丈夫

こうじーこうなー(28歳)


美容室で扱う商材の卸売販売をしています。就活中の私はヒゲを剃っていました。しかし特に予定もない日は気にせず剃っていませんでした。

面接など、志望する会社に赴く際は剃ります。清潔感が大事だと思うので、私はほとんど無意識でしたが剃っていました。

逆にヒゲの手入れもせずに就活する心理は理解できません。相手にとってはしっかりと手入れしているという認識ができれば良いのだと思うので、剃るなり綺麗に整えるなり、できれば良いのだと思います。

ヒゲを整えるという基準もわかりませんでしたので、剃れば間違いない、との判断でした。業種によっては綺麗にしているヒゲなんかも良いのでしょうが、私の場合は営業職だったのでダメです。

髭があると仕事ができるように見えない

xxxyyyzzz(29歳)


無精ひげが伸びた男性の顔

私が働いているのは、化粧品の研究開発職です。面接へ行く際は、もちろん髭は剃ってのぞみました。今いる会社に限らず、就活中は髭を剃ることを意識していたのは、間違いありません。

その理由は、清潔感です。特殊な職業を除いて、通常のサラリーマンで髭を伸ばしていると、やはり周りや取引先様からのイメージは全然良くありません。これは何も女性からだけでなく、男性からも同様です。

自分の顔の周りも綺麗にできない人が、仕事ができるという風には見えないからです。見た目で全てが分かるわけではありませんが、就活中や初対面の人と合う際に、髭面の人と、髭を剃った清潔感溢れる人と、どっちが印象が良いでしょうか。

言うまでもないと思います。面接や説明会に行かれる際は、必ず髭を剃って、清潔感ある姿で臨んで下さい。

手入れしないと印象が良くない

TKTK(25歳)


現在自動車関連の会社で開発職として働いています。就活中は特にひげは意識していません。もともと普段からひげは剃っておらず、毛抜きでひたすらに抜いています。肌が弱く、ひげを剃ると剃刀負けして口周りが赤くなるためです。

就活中も普段通りでいいだろうと思い、面接の前日は念入りにひげ抜きをして、当日朝に再度確認していました。普段からもそうですが、抜き忘れがあると目立ってしまうため、就活中は特に念入りに確認してひげ抜きを行っていました。

普段からひげを剃っているわけではないため説得力はありませんが、剃り残しのないように意識してひげ剃りを行えばいいと思います。

明らかに手入れしないと思う見た目は就活中だけでなく、普段の生活でも良い印象は受けないので気を付けましょう。

無精ひげは良くない

たいき(23歳)


私が今働いている業界は、IT業界で職種としてはマーケッターとして働いております。私は昨年に新卒として大手の会社に入社させていただいたのですが、就活中のヒゲに関しては特に気にはしていませんでした。

これには数点理由があります。1つめとして「ヒゲは私の個性で、それを無くしてまで内定がほしくなかったから」です。やはりヒゲは私の顔の一部でこれがなくなってしまうと自分ではなくなってしまう気がしたのでそうしました。

2つめの理由としては「業界、職種が特に硬いところではなかった」ということです。例えば不動産とかの営業の募集とかであれば相手にするのは大人で、ヒゲは社会人としてよくない物と捉えられて内定はいただけないと思います。

ただ無精髭はよくないと思いますので、適度にカットするなど就活生は清潔感を出すことが大切だと思います。

剃り残しがないように剃りましょう

ユウ(33歳)


剃り残しをチェックする男性

現在、サービス業に勤務しています。就職活動中はやはり髭は剃っていました。サービス業への就職という事もあり、お客様とも接する仕事をする事から、髭が無くて嫌だという方はいないと思い剃っていました。

私自身、もともと髭が濃いので、面接に行く際はその日の朝に剃る事を心がけました。その時に剃りすぎて肌を傷つけないようにもしました。せっかく剃るにしても傷ができてしまったらもともこもないと思ったからです。

剃るからには剃り残しがないよう丁寧に行うと良いでしょう。剃り残しがあると、かえって目立ってしまって注意された事があります。

就職活動においての第一印象というのは、とても大切な事だと思います。髭を剃った方が良いか迷われているのなら、余計な心配事を減らす意味でも剃る事をおすすめします。

もみあげの下からあごにかけてのラインは念入りに

なかす(24歳)


教育関係の企業に就職し働いています。私から現在就活中の学生さん達へ送るアドバイスとしては、髭はしっかり剃れ、ということです。

私自身、就活中は毎朝10分髭剃りの時間をとるほど髭はしっかりと剃っていました。なぜそんなことをしたのかというと、やはり、就活は見た目が評価基準の多くを占めている企業が多いからというのが最も大きな理由です。

第一印象はとても重要で、見た目だけで採用不採用を決められてしまうこともよくあるようです。見た目の印象によって、同じ話でも受け取り方が違うということも多々あるでしょう。そのようなことから、髭はしっかり剃ったほうが、少しでも採用の可能性は上がると思います。

髭剃りの中でも、特にもみあげの下からあごにかけてのラインは念入りに剃っていました。見落としがちなポイントだからです。就活生の方も、そこに特に注意して、髭剃りをしてみてください。

就活は自分を売り込む場

lattecaffe(33歳)


面接する就活学生

大手生命保険の営業部長として働いていますが、就活時代も今もそうですが、ひげの手入れは毎日しています。営業も就活も自分を売り込まないといけません。そのときの最低限のビジネスマナーとして、ひげを剃ることは最低限のマナーだと思います。

少なくともひげをしっかり剃ることは、プラスにならなくてもマイナスになることはありません。面接や会社説明会に行くときは、必ずひげを剃って行くべきです。

普段からカミソリを使っていれば良いですが、不馴れな剃カミソリを使用して面接前に怪我をしたらカッコ悪いので、電気シェーバーをしっかり購入することをおすすめします。

カミソリで怪我をしていけば、普段から身だしなみに気をつけていないんだなと思われるだけです。就活生は社会人以上にひげをしっかり剃るべきだと思います。

自分の人生を左右する場で「ひげ」で落とされたら、たまったもんじゃありません。ひげも含めしっかり身だしなみを整えて就活に臨みましょう。

髭は剃ってください

クシャトリア(35歳)


医療関係のサービス業に勤めています。縁あって今は医療関係ですが、大学時代に就活していた際には、メーカーや商社を希望していて、貿易関係の仕事に内定をいただきました。

就活中は、髭は剃っていました。髭は気にする人が多いです。特に接客業を目指す人は、髭は厳禁だと思います。

髭を剃るのは、社会人の基本と大学の就活支援キャリアの方に言われました。ですので、毎日T字カミソリで剃っていました。毎日剃ると、髭の生え際とか結構目立ちます。ですので、毎日剃ったほうがいいです。

面倒くさいと思いますが、就活生も毎日髭を剃ることをお勧めします。髭が伸びていると、だらしなく見えますので面接では非常に印象が悪いです。

採用不採用に直結する

MA(38歳)


医療機関で従事していて、同じ業種への転職を志して就職活動をしました。医療従事者のため、日頃より身だしなみはチェックがあるため気を付けていました。就職活動では面接があり、当然医療機関ですから髭はきちんと沿って行きました。

私は髭が濃い方なので、毎日剃るとカミソリ負けしてしまい、肌が荒れたり剃った部分が青くなったりしてしまい、面接で印象が悪くなると思い、面倒でしたが毛抜きで抜いて青々しくならないよう工夫しました。

医療職で髭を生やしている医師もいますが、それ以外の職種では医療機関は感染対策などがあり、髭は伸ばさない規定があります。社会通念上、面接は就職の採用不採用に直結しますので、きちんと剃って臨んだほうが面接者への印象が良いと思います。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ