就活に向いていない人はできることから始める

就活に向いていないと感じたらどうすればいいかについてご説明します。就活以外にも道はあることや、どのような道があるかをご紹介します。また、就活に向いていない人が会社勤めにも向いていないことなどについても触れていきます。

就活に向いていない人はできることから始める

就活に向いていないのは悪いことではない

就活をしていく中で、もしかしたら自分は就活に向いていないのではないかと感じることがある人もいるでしょう。そういった人は、自分が何かおかしいのではないかと考えてしまうこともあるでしょうが、就活に向いていないという人は決して少なくはないのです。

就活に向いていないのは悪いことではありません。特別な欠点があるからというわけでもありませんし、それを原因に自分を責めたり悩んだりする必要は全くないのです。むしろ、就活に向いていないからといって何も行動を起こせないことの方が問題なのです。

まずは自分が本当に就活に向いていないのかどうかをしっかりと見極め、この先どうやって進んでいくのかを考えていくことが重要です。

就活に向いていないと思ったら他の道を探してみよう

自分が就活に向いていないと思ったら、早い段階で他の道を探すことが大切です。就活に向いていないことについて、きちんと向き合うようにしましょう。就活に向いていないことを自覚することはとても大切だと言えます。

就活を続けていく上で、周りはどんどん内定をもらっていき、進む道を決めていくでしょう。その中で自分は気が進まないまま行動しなくてはならないわけですから、選考もうまくいかなくなってしまいます。もちろん面接を受けても内定も多くはもらえないでしょう。

そのような状態で就活を続けていくのは自分のメンタルにとってとても大きな負荷がかかってしまいます。就活に向いていないということに気づかずに、ずるずると続けていてもただ苦しみが引き延ばされていくだけになってしまいます。

歩道の縁石に座り込んで考える学生

就活に向いていないかもしれない、と感じたら一度自分の就活に関する考え方をリセットしてみましょう。自分が本当にやりたいことは何なのか、働くことに関してどのような考えを持っているのかなど、就活の根本となることになることに関して改めて考え直す必要があります。

就活に向いていないことに対して、きちんと逃げずに向き合うことで必ず解決法が見つかります。ですから、どうにもできないのだと諦めたりすることがないようにしてください。就活に向いていないとからといって、全てが終わってしまったわけではありません。

まずは自分がなぜ就活に向いていないのかを考えて、次にどのような行動を起こすべきなのかを決めることが重要です。これは早い段階で決めるべきことで、だらだらと時間を浪費することだけは絶対に避けるべきです。嫌々就活を続けていて、気づいたら時間だけが経っていたということにならないようにしましょう。

就活に向いていなくても道はある

就活に向いていないと感じたら、まずは就活サイトなどに頼ることをやめましょう。就活サイトは、企業に就職をする人のためのものです。企業に就職をすることをやめるのであれば、就活サイトは不要であると判断してください。就活に向いていなくても、悲観的になる必要はありません。就活以外にも働く道はあるからです。

フリーランスとして働く

フリーランスとして働く

就活に向いていない人は、例えば、フリーランスとして働くという道があります。フリーランスは最近増えてきた働き方のひとつで、どこにも所属せずに仕事をするというものです。ライターやイラストレーター、プログラマーなどはフリーランスである場合が多く、依頼を受けて仕事をすることになります。

自分が得意とすることを仕事にするという、一点特化型の働き方ができるので、会社勤めのようにあれもこれも、と色々な仕事を振られることがありません。一気にたくさんの仕事を振られることが苦手だという人や、ひとつのことに集中して働きたいという人にとっては、フリーランスで働くことはとても向いているでしょう。

会社勤めとは違い、完全に実力主義の世界であるため、一切の妥協は許されません。もちろん自分で契約を勝ち取るのは大変であるとも言えます。しかし、やりがいがある働き方であるのは間違いありません。ですから、就活に向いていないと感じたらフリーランスで働くという道を視野に入れてみてください。

起業する道もある

起業の道を考える若者

就活に向いていない人には起業するという道もあります。就活に向いていないのであれば、自分で会社を立ち上げるのも良いでしょう。自分が思うように経営できる会社を作り上げて、働きやすい環境を整えれば働くことは苦ではなくなります

起業する場合は、初めは小さな規模で構いません。きちんと足場を固めて、そこから徐々に手を広げていくようにしましょう。

無理に就活を続けてもいいことはない

就活に向いていないかどうか自分で判断しかねた時は、就活サイトなどの自己診断テストなどを利用してみましょう。その結果をもとに、やはり自分は就活に向いていないのだと確信したら、そこでスパッと就活をやめる勇気が必要です。

就活は精神的にも体力的にも非常に消耗が激しい行動です。それを無理に長い間続けても、ただ苦痛が長引くだけです。向いていないと感じたら、早めに切り上げて自分に向いている違う道を見つけて、そちらに対する準備を始めた方が得策であると言えます。

電車の座席で眠る就活学生

みんながやっているから自分もやらなくては、という理由で就活を続けても何の意味もありません。自分の人生は自分のものです。周りに合わせていても、結局大事なことを決めるのはあなた自身でしかないのです。

就活に向いていないのであれば、無理に続ける必要はありません。そこから得られるものがない以上、徒労に終わることになってしまいます。貴重な時間と労力を浪費するのはあまりにももったいないと言えるでしょう。

就活に向いていない人は会社勤めにも向いていない

歯車の山の中に引かれた一筋の道を歩く人

就活に向いていないという人は、会社勤めに向いていない場合が多くあります。会社で働くということは、枠の中で複雑な人間関係に組み込まれて行動しなければいけないということです。就活の時点で何となくそういった雰囲気に苦手意識を感じている場合、仮に採用されたとしても会社勤めが苦痛になってしまう可能性があります。

会社勤めの中では就活で感じていた嫌なことが頻繁に起こります。周りに合わせたり、逆に要領良く立ち回って周りよりも秀でなくてはならなかったりと、就活で自分が何となく違うな、と感じていたことを強いられることになります。

そういった場合、就活に向いていない人は会社勤めに大きなストレスを感じることになってしまいます。就活に向いていない人は、会社勤めの中でかなり無理をする必要がある可能性があるのだということも、考慮しておくべきでしょう。

せっかく内定をもらっても、いざ働き始めたらストレスでリタイアしなければならなくなる、ということもありえます。就活に向いていないと感じたら、内定の先にある会社勤めが自分にできるのかどうかを考えることも必要だと言えます。

就活に向いていない人は自分にできることを考える

就活に向いていない人は自分にできることを考える

就活に向いていない人たちを、社会不適合者であるとする向きがあります。社会不適合者の特徴として、コミュニケーションをとることが苦手であるということが挙げられます。コミュニケーションをとることが苦手であるために、職場になじめないことが予想され、就活にも向いていないのです。

また、ストレスに弱いということも挙げられます。会社勤めの中では様々なストレスにさらされなければなりません。そういった時に、社会不適合者である人たちは非常に大きな苦痛を感じてしまいます。

自分で社会不適合者であるという自覚がある人は、そういった理由などから就活に向いていないと感じてしまいます。就活をしても自分は会社でやっていけるのだろうか、という不安があり、就活をすることに後ろ向きになってしまうことが多くあるのです。

しかし、社会不適合者だからといって、働く道がないわけではありません。前述の通り、フリーランスで働くこともできますし、起業して働くこともできます。働き方を見つけることはできますから、悲観的になる必要はないのです。

社会に馴染めないという後ろ向きな考え方よりも、就活に向いていないのであれば自分にできることは何だろう、と生産的な考え方をするべきでしょう。

150707_incompatibility-person2
社会不適合者の仕事と特徴から見つける6つの生き方

就活に向いていない人はできることから始めよう

就活に向いていないというのは、認めたくない事実だという人も少なくはないでしょう。しかし、そこで立ち止まっていては何も始まりません。就活をすることだけが全てではないのだということを忘れないでください。

就活をしなければ働けないというわけではないのですから、まずは自分が得意としていることや、これなら仕事にできそうだと思えることを探してみてください。必ず向いていることがあるでしょうから、それを活かした仕事をできる環境を整える準備をするべきです。

就活にこだわらずとも、働いていくことはできます。就活に向いていないからといって、落ち込んだり、ネガティブになったりしないでください。社会には、色々な働き方をしている人がたくさんいるということを意識して、自分の進む道を改めて考えてみてください。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ