派遣登録会での服装の選び方ポイント・男性と女性別に解説

派遣会社の登録会は特に服装選びに迷うことが多いです。人の第一印象の約50%は見た目で決まります。特に採用試験では、第一印象でほぼ全てが決まるといっても過言ではないでしょう。派遣登録しに行く前にその日の服装の選び方を押さえましょう。

派遣登録会での服装の選び方ポイント・男性と女性別に解説

派遣登録会での服装は何を着ていくべき?

通常、就職活動をする場合は、Web上にある就職・転職サイトに個人で登録をすることが多い傾向にあります。自分自身の個人情報を登録し、自分に合った求人を見つけ、それぞれ各自で採用試験に出向きます。

しかし、実際に派遣社員として働くには、Web上の登録だけではなく、用意された登録センターで行われる登録会へ直接足を運ぶ必要があります。

採用試験ではありませんが、ビジネスシーンでもある登録会。もし、派遣会社が実施する登録会へ参加する場合、どのような服装で行くのが良いのでしょうか。

派遣登録の服装ではスーツ?それとも私服?

派遣登録の服装はスーツと私服どちらがいいのか悩んでいる女性

これから先、自分自身が働いていく上でお世話になる機会が増えるのが派遣会社です。そのため、派遣会社が安心をして企業に紹介できる人だと思ってもらえるように、「登録会だから」と気を抜くことなく、ビジネスシーンにふさわしいスタイルを心掛けることが大切です。

しかし、派遣登録しに行く際に「スーツがよいのか私服がよいのかわからない…」という方も多いことでしょう。
ここでは、派遣登録会にはどんな服装で参加すべきか、男性と女性に分けてそれぞれのポイントを詳しく解説します。

男性の場合

派遣登録会にスーツを着て参加する就活生

男性が登録会に参加する場合、スーツでの参加も可能ですが、私服でももちろん問題ありません。ただし、カジュアルなデニム素材や、胸元が大きく開いているような露出の多い服装は避けましょう。

男性の場合のオフィスカジュアルは、チノパンもしくは黒・紺などの無地のパンツに、柄が一切入っていない落ち着いた色のシャツがおすすめです。靴はブーツやスリッポン、スニーカーなどのカジュアルアイテムではなく、革靴を選ぶようにしましょう。

派遣会社の中には、スーツでの来社を指定してくるところもあるため、その際はサイズ感や色・シワの有無を確認しましょう。もしスーツを持っていない場合は派遣会社に伝え、指示を仰いでください。

女性の場合

黒のリクルートスーツを着た女性

女性が派遣登録会に参加する時に最もベターな服装は、オフィスカジュアルやスーツです。派遣会社への登録になるので、実際に派遣先へ行くわけではありませんが、服装に不安のある方はスーツで行くのがおすすめです。

しかし、登録会では面接等の試験は行われないため、リクルートスーツのようなスタイルで行く必要もありません。カットソーやブラウス、冬であればニットの上にジャケットなど、「そのまま出社できそう」と思われるようなオフィスカジュアルで行くとよいでしょう。

足元についてはスニーカーなどのカジュアルな靴は避け、プレーンなパンプスにするのがベストです。ヒールは5cm以内のローヒールのものを選びましょう。

女性はメイクにも要注意

メイクで特に注意すべきポイントは「ナチュラルさ」です。濃いアイメイクやリップはビジネスシーンにはふさわしいとは言えませんので、ナチュラルメイクを目指しましょう。

香水に関してもできる限り避けるようにし、もしつける場合は微香料タイプのものや石鹸などの優しい香りを選ぶようにします。相手が不快に思わないように、つける量にも配慮しましょう。

派遣登録時の服装選びで気を付けるポイント

服装を選ぶときにどうしても迷ってしまうという方は、アイテムごとに登録会に好ましいかどうかを判断してコーディネートを組むと良いでしょう。
下記の服装一覧を参照し、当日の服装選びに役立ててください。

トップス・アウター編

ノースリーブ

登録会に着ていくには問題ありませんが、上に羽織るものが必要となります。ビジネスシーンになるので、露出の多い服装は避けるようにしましょう。

Tシャツ

白いTシャツを着た女性

ほとんどの派遣会社では問題なしと判断されることが多いです。しかし、なかには厳しい会社もあるので、もしTシャツを着ていくのならば、無地で胸元が深く開いていないもの、黒や白などの落ち着いた色にしましょう。

シャツ

シワと汚れがない綺麗なシャツを着た女性

男女ともにシャツは大活躍するアイテムなので、服装選びが不安な方はシャツを選ぶと良いでしょう。派手な色や柄は避けるようにし、シワや汚れのない綺麗なものを着てください。

シャツはだらしがなく見えないよう、裾はボトムスの中に入れるか、もしくは丈の短いものを選ぶと好印象に見えます。

ジャケット

シャツ同様に、男女とも大活躍するアイテムになります。華美な装飾やダメージ加工、革などの素材、柄物といったカジュアル要素が強いものは避け、黒や紺などのビジネスシーンで定番と言われている色を選ぶようにしましょう。

クールビズ期間でもジャケットは着用必須?

夏は様々な企業でクールビズが行われるため、登録会の時もあえてジャケットなどの羽織を着る必要はありません。カットソーやワイシャツ、ブラウスのみでも構いませんが、企業側にきちんとした印象を与えられるような服装を心掛けましょう。
また、実際に着用する場面はない可能性が高いですが、クールビズといえども、マナーとしてジャケットは持っていくようにしましょう。

ボトムス・ワンピース編

ジーパン

ジーパンを履いて歩く男性

ジーパンはもともと屋外で仕事をする人のために作られた作業着です。そのため、屋内での仕事をメインとする営業や事務にとっては、ビジネスシーンにおいて全く関係のないアイテムです。また、非常にカジュアル要素が強いものになるので、ビジネスシーンには不向きとなるため着用は控えましょう。

スカート

スカートはジーパンとは異なり、ビジネスシーンでも多く着用されるので、デニム以外のパンツを持っていない女性はスカートを履いていくのがおすすめです。スカートを選ぶ時は形と丈の長さに注意。流行りのマキシ丈のスカートやシフォン素材のもの、ミニスカート、バルーンタイプのスカートなどは避けるようにし、ひざ丈くらいの長さで、Aラインやタイトなものを選ぶとよいでしょう。

ワンピース

ワンピースの場合、スカートと同様に形と丈の長さに気を付ける必要があります。胸元の開き具合も気に掛けてください。お辞儀をする際に胸元が見えてしまいそうなもの、太ももが見えるような丈の短いものもやめましょう。
また、ノースリーブなどの腕や肩が露出するタイプも避け、肩がしっかりと隠れるものを選ぶとよいでしょう。

派遣登録時の髪型は黒髪じゃないとダメ?長さは?

派遣会社に登録をする際には、ほとんどの会社で社内での確認用として写真を撮られることがあります。これから仕事を紹介していただく・紹介して頂いた会社で働かせていただく上で、服装はもちろん髪型の印象も非常に重要となります。

派遣の登録会には、社会人としての常識をしっかりと弁えた、一般常識の範囲内とされる髪型で参加するのがベストです。男女共通で大切なポイントは「清潔感」です。

男性の場合

黒髪・短髪で派遣登録会に参加している就活生の男性

男性の場合は、黒髪・短髪が最も好印象に見えます。爽やかで快活なイメージを与えることができるのでおすすめです。女性の場合と同様に金髪やブリーチなどといった奇抜な色は避け、染める場合でも暗めのブラウンにしておきましょう。

また、長髪もなるべく避けるようにしましょう。もし切るのが難しく、長髪でなければならない場合は、後ろでひとつにまとめておきましょう。長くてもひとつにまとめることで、顔回りや首回りがスッキリするので、明るい印象に見えます。

女性の場合

ロングヘアをひとつにまとめた就活生の女性

女性の場合は、ロングヘアの場合はひとつにまとめたりするなど、だらしのない印象を与えないように注意しましょう。色は黒やブラウンなど明るすぎない色がおすすめです。金髪やブリーチ、奇抜な色は絶対に避け、清潔感が感じられるような色にしましょう。

また、パーマをかけている場合はボサボサとした印象にならないようにまとめておき、オイルやワックスなどを使って髪の毛にツヤを出すように心掛けると良いでしょう。

ビジネスシーンでは「清潔感」が全て

派遣会社の登録会は、企業の採用活動とは全く関係がないので、あまり神経質に考える必要はありません。ただし、これから仕事を紹介して頂き、就業中もお世話になる会社ですから、ビジネスシーンに不適切と思われるような服装は避けましょう。男女ともに「清潔感」を心掛けるのがポイントです。

人の第一印象は見た目が多くを占めています。相手を不快にさせると思われるものは全て控えるようにし、明るく爽やかで清潔感のあるスタイルを目指しましょう。

150917_dispatch-rirekisyo2
派遣に登録するときの履歴書作成のポイント
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ