インターンに行くときの髪型はどうしたらいいの?

インターンでは髪型の話題がつきません。行く方も受け入れる方もです。インターンとはいえ会社の仲間に加わることになるのでふさわしい髪型で臨んでください。インターンに相応しい髪型とは何でしょう。今回はインターンにふさわしい髪型について解説します。

インターンに行くときの髪型はどうしたらいいの?

インターンは髪型でイメージをアップしよう

インターンでの髪型は第一印象を決めるために大きな働きをします。インターンの多くは面接という過程が無く、インターン初日にがっかりされることも多いです。インターン期間に入る際には髪型を適切なものにしておき好印象を獲得しておけば質問もしやすくなりますし、採用へつながることも考えられます。

女性だけでなく、男性にとっても髪型は個性の一部です。インターンだからと言ってオシャレをないがしろにすることを好ましく思う方は少ないでしょう。インターンにおける髪型はどの程度まで許され、逆にインターンでは好ましくない髪型の基準について解説します。

就活を行う上では、好印象をどれだけ獲得できるかが大部分の採用理由へとつながります。単純な学歴や技術だけでなく、好印象を獲得するというのは社会人にとって不可欠な要素であるからです。髪型を好ましいものにしておくだけで第一印象は随分と変わります。

インターンでの髪型の注意点

清潔感のある髪型の女性

就職活動の際に最低限のマナーがあるように、インターンにも最低限注意しておかなければならない髪型のルールが暗黙の内に決められています。明言している企業も多くなってきましたが、ほとんどは曖昧にしているか全く公言していないです。

私企業と公企業の区別なく、インターンにおける髪型のルールは曖昧なルールにはなっていますが、両方にとって髪型のルールはほぼ共通しています。ルールを知るということは、その場所での振る舞い方の基準となり、行動の起こし方を決めるために重要な要素となります。

企業研究をして行く上で、企業のルールがどのようなものになっているかを十分に調べておくことは面接や採用に関してばかりでなく、入社した後の身の振り方につながります。

ここではとりわけインターンにおける基本的な髪型のマナーだけに焦点を合わせますが、実際にインターンに参加する際は、注意してみておくことをお勧めします。

インターンで許される髪色

茶系の自分の髪を触る女性

インターンでは就職活動と同様に清潔感が優先されます。髪色に関しては業界によってどの程度の明るさかが変わってきますが、基本的には黒髪にしておきましょう。カラーリングを髪に施してしまっている方は、自然色にするように心がけてください。

カラーリングに関しては自分で施すことも可能ですが、不自然な髪色になりやすいため、美容院でやってもらう方が無難でしょう。無理にカラーリングしてしまったりパーマをかけてしまうと、髪が傷んでしまい元の色に戻すことが困難になってしまうので注意してください。

前髪の基準

前髪を切る女性

前髪は、長すぎてしまうと陰気な印象を与えることになります。清潔感と同じくらい表情や性格の明るさはプラス効果を持つため、前髪を整えてインターンで好印象を獲得できる髪型にしておきましょう。

前髪はどのくらいの長さであればいいのかと言えば、眉毛にかからないくらいと考えておきましょう。眉が隠せなくて大変と考える方もいますが、隠す必要は全くありません。女性はメイクが不得意と感じている方もいらっしゃるため、就活やインターンで失敗しないためのメイク講座に参加しておくとよいでしょう。

インターンでは、前髪を眉にかからないようにしておくことは絶対条件です。明るく快活な性格であることを髪型からもうかがえるように、インターン参加前に準備しておきましょう。

アクセサリーは最小限にする

ヘアピンやヘアゴムの類となるヘアアクセサリーは、最低限必要なものだけにしておきましょう。やたら可愛いヘアアクセサリーや大振りのヘアアクセサリーはスーツには合いませんし、何よりも真剣みが感じられないととらえられてしまいます。

インターンとはいえ業務の一部に入るわけですから、極力社員の方々の集中が途切れないように振る舞うことが望ましいです。自分をアピールすることばかりに専念するのではなく、社員の方へ負担をかけないようにする思いやりも欠かさないようにしましょう。

レディースのおススメ髪型

「女性にとって髪は命」という言葉は、古くから伝わっています。インターンにおいてはこの言葉をないがしろにするわけではありませんが、節度をもった髪型にするように要求されます。この要求にはいくつかのポイントがあり、流動的なポイントもあればほぼ変わることのない固定的なポイントもあります。

いくつかのポイントを考慮した理想の髪型というものが各業界にあり、それぞれに合わせて面接に向かうことが望ましいというは言うまでもありません。しかし、インターンにおいては無難な髪型にしておいて、業界の常識を探るということを優先するべきでしょう。

ロングはまとめることで上品さをアップ

ポニーテール

ロングの方にとって、インターンや面接というのは厄介なイベントになるでしょう。なぜなら風が吹けばすぐに乱れてしまいますし、少し動くだけでも横髪や前髪が顔にかかってしまい、何度も整えなければならないからです。それらの動作は基本的にふさわしい動作とは思われず、苦労することになります。

ロングの方は髪が乱れず、整えることが少なくなるようにまとめ、できるだけアップスタイルにしておくとよいでしょう。例えばポニーテールにしておくと、真面目な印象を与え、清潔感を持った髪型に仕上げることができます。インターン時だけでなく面接時にも人気なスタイルです。耳の高さで結ぶことで自然な仕上がりになります。

もう一つ、ハーフアップも万人受けするスタールとしてあげることができます。ハーフアップは女性的でおしとやかな印象を与えてくれます。インターン時には人事だけでなく、多くの部署の方と対面することになり、時にはお客様と対面することもあるでしょう。老若男女それぞれに悪い印象を持たれないハーフアップスタイルは、インターンの髪型として重宝されています。

ミディアムは整える程度でOK

髪の長さが肩にかかる程度の方であれば結んでもよし、流してもよしです。どちらのスタイルを使っても清潔感を感じるようにセットすることができます。セットと言っても流すのであれば横髪を耳にかける、結ぶのであればハーフアップかポニーテールにするだけです。

女性らしさを活かしながら明るい印象を与え、汎用性もあることからミディアムスタイルは女性の中でも人気です。

ショートは顔の輪郭を重視

ショートスタイルの場合のポイント

ショートスタイルの中にはボブにしている方も多いですが、インターンでは暗い印象を与えがちなため、おススメの髪型とは言えません。ショートスタイルの場合は、顔の輪郭を強調する様に意識しましょう。前髪が重いままにしてしまうと幼稚な印象を与えてしまうため、前髪を分けておくことも重要です。

ショートスタイルであれば、健康的なイメージを感じさせる髪型が多いです。インターンや面接時に快活さを伝えたい場合には、うってつけのスタイルとなるでしょう。

メンズのおススメ髪型

メンズのおススメ髪型

男性にとっても、インターンを行う際に髪型の清潔感は重要です。清潔感を出すためには、髪を短く切りそろえておくことが好印象になりやすいです。特に横髪や首筋にかかっている髪を短くしておくことで、雑味のない清涼感を全体に与えることができます。

基本的には黒髪にしておき、茶髪でもダークブラウンを意識した色にしておきましょう。女性とは異なり明るめの髪色が目立ちます。カラーリングには大きなリスクが伴うことに注意してください。

男性の場合は、濃い色のスーツにフケがついてしまっていることがしばしばあります。インターン時には、通常の面接よりも近い距離で見られることになりますので、十分に髪のケアをしておいてください。

OKラインは業界によってさまざま

業界によってどのような髪型が良いのかは変わってきます。アパレル系の企業であれば、黒髪よりも若干明るめの髪色が好ましいこともあります。一方、銀行や官公庁などでは、黒髪で清潔感と統一感のある髪型が好まれることになるでしょう。

業界には暗黙のルールというものがあり、ビジネスの種類や特性によって相応しい、好ましい髪型が存在します。TPOをわきまえた格好を要求されることが多いので、インターンや面接では出向くことになっている企業でもTPOの要素として組み込まれていることを意識しておきましょう。

インターンでの髪型におけるよくある質問

ロングヘアーを触る女性

インターンに出向くまでに髪型を整えた方がいいことはお分かりいただけたかと思います。最後に髪型に関してよくある質問に回答しておきます。次に紹介する髪型に関する質問は、あなただけでなく他の方も大勢悩まれていることとして捉えておいてください。

もともと茶髪ならどうすれば良いか

地毛が茶髪であれば、無理矢理に黒染めする必要はありません。ただし長期にわたって働くことを考えれば、黒髪にする必要も出てくるでしょう。結果として黒髪が必要になるのであれば、黒染めしておきましょう。

企業によっては黒髪を絶対条件としていたり、髪色の明るさを落とすように指摘されることがありますが、これらについては質問すれば答えてもらえますので、事前に尋ねておくことをお勧めします。

blackhaircolor-jobhunting-icatch
就活の黒染めはいつからがベスト?黒髪に染める際の注意点

パーマはかけても良いか

男女ともにパーマは基本的にかけないようにしましょう。パーマをかけてしまうと、どうしてもファッション性が加わってしまい、清潔感に見劣りが生じてしまいます。天然のパーマであれば仕方がありませんが、基本的にはパーマはかけないとしておきましょう。

171107_job-hunting-perm-icatch
就活にパーマはアリ?企業側の印象とかける場合の注意点

いつまでに髪型を直せばよいか

厳密にいつまでという規定はありませんが、企業と接触する日までに直しておけばおとがめはありません。黒髪に直してから何日目などとは聞かれることもなく、聞いたところで何らとがめる必要もないからです。黒髪に直してからすぐでは違和感を持ってしまうこともあるため、1週間前ぐらいに直しておくとよいかもしれません。

インターンでの髪型は「清潔感」と「快活さ」

インターンでは髪型が印象を大きく左右します。きれいごとを並べても人間は第一印象に重きを置く傾向があります。そのため、髪型に関しても十分な注意を払うことが要求されます。

インターンでは無難な髪型を意識し、清涼感あるいは清潔感をもってセットしておきましょう。さらに積極性や元気よさを踏まえて、快活さのあるセットであるかを見直してから臨むと効果的です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ