面接の自己PRで長所をアピール!ライバルと差をつける6つの方法

自己PRは企業が応募者を面接し採用する際の合否に関わる重要なので、時間をかけてしっかり練り上げる必要があります。内容はオリジナリティのある自己紹介など自分の長所をアピールできる形に仕上げると採用担当者にも存分にアピールできるでしょう。

面接の自己PRで長所をアピール!ライバルと差をつける6つの方法

面接では自己PRで自分の長所をしっかり面接官に伝える事が重要

自己PRタイムは自分を売り込む絶好のチャンスです。どのようにすれば上手く面接官に伝わるのか、よく考え対策をする事が面接を成功させる必須条件となります。短い時間を有効に使った自己PRや説得力のある自己PRを用意して内定をゲットしましょう。

1.面接では説得力のある自己PRを用意する

オリジナリティのある自己PRを用意すると説得力も上がり面接官にも好印象を与える事ができます。

説得力を見せ付ける男性

インターネットで自己PRと検索すると多くの自己PRの例文がでてきますが、どれも既存の文章でどこか味気ない自己PRがほとんどなので、あまり参考にしないほうが良いでしょう。 面接官は軽い言葉やありきたりな言葉はすぐに見抜いてしまうので暗記した自己PRは逆に印象を悪くしてしまいます。

大事なのはより具体的に自信の経験、自己紹介や長所を自分の言葉で話す事ができるかどうかです。 自己PRを考えるのが苦手な人も多いですが、そんな方でも一生懸命考えた自己PRはオリジナリティがあり好印象を与えます。

自分の経験や長所が考え付かない場合は、応募する企業の良い点や入社したい意思を自己PRに盛り込む事で説得力のある自己PRを完成させることができます。

第一志望を狙い撃ち!就職活動で失敗しない必勝面接術

2.面接の自己PRは気を抜いて伝えるのも一つの手

自己PRの練習を自宅でさんざんしたのに、いざ本番になると頭が真っ白になってうまく答える事ができない人も多くいます。

では上手く自己PRを話す方法はあるのでしょうか、それは緊張しないでいつもの自分を出すという事です。 そんな事いってもムリだと思うかもしれませんが、緊張を緩和する方法はいくつかあります。

気を抜きすぎた男性

面接ではお腹に力を入れて普段より少し大きめの声で対応してみてください。そしてハキハキ話すようにするとやがて緊張がほぐれてきます。 深呼吸や軽いストレッチなどもリラックス効果があるので面接までに時間がある場合は試してみるのも良いでしょう。 緊張がほぐれてくると表情も明るくなるので朗らか印象になります。 リラックスして面接官と応答する事で会話のテンポも良くなるので非常に良いイメージを与えることができます。

面接ではある程度の緊張感は必要ですが、普段の自分を出せなくなるまで緊張するのは逆にマイナスイメージなので、自己PRをしっかり相手に伝える為にも緊張をほぐす事が重要になってきます。

3.面接の自己PRは盛るのが正解!

自己PRは盛大に盛っても良いです。

面接は自分をアピールする絶好の機会です。 しかし、この盛り方も重要で「サークルのリーダーをやっていました!」や「ボランティアに参加した経験があります!」などのありきたりな事では面接官は冷たい表情をするかも知れません。

スマホでアピールする男性

ここでも大事なのは具体的に話す事です。その為には盛ったエピソードでもしっかりストーリーを作り上げ自分が経験した事があるかのように話すと具体性がより増します。 こうする事により、海外でボランティアをした経験や大学でサークル立ち上げた事を自己PRで話す事ができるでしょう。

特に大きな企業に応募する場合インパクトのある自己PRは重要な要素で、毎年多くの応募者を面接している企業では、ありきたりな自己PRをする応募者は印象に残らないのが普通です。自己PRでライバルに差つける為にはエピソードを盛大に盛る事も良いでしょう。

4.面接での自己PRのNGワードに注意する

面接の自己PRには明確なNGワードが存在します。 それは感覚的な言葉や抽象的な言葉の事で、ネガティブな言葉もあまり良い印象を与えません。

悩みが多い男性

例えば、いろいろ、○○的などの言葉。

これらの言葉を使うと自己PRが上手く伝わりにくく、具体性が欠けて説得力がなくなります。 例え話も意図を読むのが難しいケースが多いので自己PRには不向きな表現となります。 話し言葉に多い表現なので気づかない応募者も多い為、これらのワードをしっかり修正する事で面接官へのアピールに繋がっていきます。

伝えたい事が伝わらなければ自己PRにはならないので注意してください。

5.自己PRのシーンでは言葉遣いに惑わされるな!

普段使わない丁寧な言葉を使い変な日本語になると元も子もないですし、意識してしまうと用意した自己PRまで忘れてしまう事もあります。 また暗記した文章をぺらぺら話すのもあまり良い印象を与える事はできません。

惑わされない男性

インターネットのニュースサイトなどを声に出して音読すると丁寧な言葉が入ってきます。これを繰り返すと自然と言葉遣いが丁寧なってくるでしょう。

面接まで時間がない時でもこの方法を使うとそれらしく聞こえるので、頭の隅っこにでも入れておくと良いでしょう。

6.面接の自己PRは1分で勝負する

面接の自己PRは長ければ長いほど良いというものではありません。 1分で要点をまとめて簡潔に自己PRを話す事も企業にとっては良い印象を与える事ができます。

面接時間を刻む時計

1分で自己PRをする事の優れている点は

  • 内容が濃い自己PRになる事
  • 作るのが比較的簡単なので自己PRが苦手な方にも有効な事
  • 面接官に意図が伝わりやすい事

などが挙げられます。

集団面接などでも1分で綺麗に纏まった自己PRを発表すると一目置かれる事は間違いないです。 1分という時間は長いようで短いので上手くまとめるのは工夫がいるが使いこなせると様々な応用が利く自己PRを作る事ができるでしょう。

面接の自己PRは長所を最大限にアピールしよう

面接の自己PRでライバルに差をつけたいのなら、自分の長所を1分にまとめてアピールしてみましょう。多少の盛りはご愛嬌、話す前にふぅーっと深呼吸をすることで緊張がほぐれます。自己PRに素敵な笑顔があれば、もっと面接官にいい印象を与えることができるでしょう。

正社員での就職を目指す方へ

履歴書Doは、既卒・第二新卒で就職先を探している方、フリーターやニートで仕事を探している方を応援するコラムを日々提供しています。

こういったコラムをお読みになって、

  • 自分に合った「いい仕事」にめぐり逢いたい
  • 自分の能力や価値を最大限に活かせる職場で働きたい
  • 自分や家族の将来のために、もっと年収を増やしたい

そうお考えのあなたはぜひこちらに登録し、ご相談ください

最短1週間で入社可能!DYM就職