【就活の履歴書】初めての就活のための履歴書の書き方

就活で作成する履歴書は言わばあなたの分身。「ぜひ面接してみたい」と思われるような履歴書を作成したいですね。今回は基本的な履歴書のマナーと項目別の書き方をご紹介します。これから履歴書を書く皆さん、ぜひ参考になさってください。

【就活の履歴書】初めての就活のための履歴書の書き方

履歴書は一番初めのアピールポイント!

就活において面接の前に提出する履歴書は、企業とあなたのファーストコンタクトになります。書かれた内容によって「ぜひ会ってみたい」と思われるか「これは期待できないな」思われるか、運命の分かれ目です。

ここはしっかりとした履歴書を提出して企業側に良い印象を与えたいものですね。今回は採用を目指す方必見!履歴書の書き方をご紹介します。

履歴書を書く前に!基本事項のチェック

注目ポイントを指す女性

まず始めに、履歴書を書くときの基本事項をチェックしましょう。おすすめの下書き方法や記入の順番もご紹介します。

履歴書の用紙サイズはA4?B5?

市販されている履歴書のサイズはB5が主流です。 指定がない場合は市販の履歴書を使用する志望者がほとんどでしょう。その場合A4サイズを使うと書類整理するときに飛び出てしまいますし、B5サイズと比べて開いたときに場所を取ります。そのためパソコンで自作するときもサイズはB4二つ折りで作る方が無難でしょう。

150422_rirekisho-size2
履歴書のサイズと種類の選び方3つのポイント

履歴書は手書き?パソコン?

「字が下手だからパソコンで作成したいなあ」という方もいらっしゃいますが、指定がない場合履歴書は手書きがおすすめです。温かみのある手書きの字には人柄が表れます。

書類の作成に戸惑っている男性

字が下手でも丁寧に書いていれば「仕事をきちんとやってくれそうだ」とよい印象を与えるでしょう。なんでもパソコンで済ませてしまう時代ですが、あえて手書きで作成することで就職への熱意も伝わりやすいのです。

また、パソコンで作成すると他の会社への使いまわしもできますが「何度でもやり直しができるから」と思わぬ入力ミスをすることがあります。その点手書きですと間違えたら書き直しですからかなり慎重に取り組むことになるので、ミスが少なくなるのです。

印鑑は最初に押すとミスが少ない

一般的な履歴書には名前の横に印鑑を押す欄があります。履歴書を書く前に印鑑だけ押しましょう

履歴書を全部書いてから印鑑を押す方法だと、失敗した場合はまた一から書き直すことになってしまいます。その点最初に押すと、万が一失敗した時でもやり直せるので致命傷にはなりません。最初に押すことで押し忘れを防ぐこともできます。

下書きは欄の上に小さく書く

手書きの履歴書の下書きは、行の上部に小さく書くと消すときに楽です。

鉛筆書きの上からペンでなぞるやり方だと、消しゴムでインクがこすれたり消し忘れたりする可能性があります。企業側は消しゴムのかけ方もチェックしています。消し方が甘いと「仕事のツメも甘そう」という悪い印象をあたえてしまうのです。

その点、記入欄の上部に小さく書く方法はインクのこすれや消し忘れを防ぐことができます。ぜひ試してみてください。

証明写真はスタジオで撮ってもらった方が確実

履歴書で使う証明写真、機械で撮ることもできますがスタジオで撮ったほうが確実です。

撮影に熱が入るプロカメラマン

街角のスピード写真機はいつでも簡単に撮影できますが、サイズに合わせて自分で切るのが意外と面倒です。切り方が曲がっていたり、サイズが合っていなかったりする場合は履歴書に使えません。せっかく撮ったのに無駄になってしまうこともあるのです。

スタジオで撮影してもらえばきれいに撮れますし、指定のサイズに切ってもらうことができるので不器用な方には特におすすめです。

履歴書ってどう書いたらいいの?項目別の書き方

履歴書には学歴や職歴など、様々な項目を記入する欄があります。それぞれの欄についての書き方をまとめました。

履歴書の日付は提出日または郵送日を記入

履歴書の上部にある日付の記入欄は、直接持参する場合は提出日、郵送する場合は投函した日を書きます。前もって記入したとしても、提出日より古い日付では履歴書を使い回ししたのではと思われる可能性があるからです。

150602_rirekisho_mailing2
履歴書を郵送するときの書き方と必須マナー5つ

住所や氏名のふりがなの書き方

「ふりがな」と書いてある場合はひらがな、「フリガナ」と書いてある場合はカタカナで書きましょう。住所のふりがなは漢字の部分だけでOKです。

写真の裏には名前を記入する

履歴書に写真を張り付ける前に、裏に氏名を記入しましょう。万が一写真がはがれた時でも誰のものかが分かるので安心です。

学歴・職歴を書くときの注意事項

学歴や職歴の書き方を大まかに説明します。

甘い青春時代を過ごしている女性

  1. 初めの欄に「学歴」と書く
  2. 学校名を記入する
  3. 一行あけて「職歴」と書く
  4. 時系列に沿って、会社名と業種、職務内容を記入する
  5. 最後の行の右はじに「以上」と書く

学校名や会社名は省略せずに書きましょう。例えば高校は「○○高等学校」と書くのが基本です。小学校や中学校の学歴は卒業だけを書きます。 欄が足りない場合は小中学校を省略して最終学歴のひとつ前から書いてもかまいません。その場合、高卒だったら中学校卒業から、大卒だったら高校卒業から書きます。

書き忘れやすいのが最後の「以上」です。最後の締めの言葉ですから忘れないようにしましょう。

志望動機の書き方

この会社を志望した理由を具体的なエピソードを交えて書きます。どのような流れで書くかを考えましょう。 色んな書き方のパターンがありますが、比較的書きやすい構成例をご紹介します。

  1. 志望理由を一文でまとめる
    例 看護師として人の役に立ちたい
  2. 理由に関係するエピソードや、前職で成功させた事例などを書く
    例 母が看護師で人を助ける素晴らしい仕事だと感じ同じ道を選んだ
  3. 就職後に取り組みたい仕事を書く
    例 伝統と実績のある貴院で経験を積み患者様に喜ばれる看護をしたい

文章がまとまったら清書に移ります。志望動機欄に記入するときのポイントです。

  • 御社ではなく「貴社」と書く(病院なら「貴院」学校なら「貴校」など)
  • 罫線がない場合は鉛筆で薄く線を引くと書きやすい
  • 最後の行まで埋まるように字のバランスを考えて書くと好印象

趣味・特技欄の書き方

「特技と言っても思いつかない」と何を書いたらいいか悩む方もいるかと思います。ですが「特になし」と書いてはせっかくの自己PRの場なのにもったいないです。自分の生活を見直してかけそうな特技や趣味がないかを考えてみましょう。

趣味は寝る事と食べる事です

特技としてベストなものは仕事に関係する特技です。それ以外だと語学関係はアピール力が高いので、英語が得意・語学教室で勉強中などの場合はぜひ書いてみてください。

また趣味に近いものでも実績があったり人に負けないほどの知識量が合ったりする場合は特技として書くことができます。例えばスポーツでの大会入賞経験があるなら特技として書いてもいいでしょう。

趣味を書くときはできるだけ詳しく書くことをおすすめします。例えば読書が趣味なら「三国志関係の本を読むこと」のように具体的に書くと相手も質問しやすいです。

150526_rirekisho_specialskill2
履歴書の特技欄のおすすめ記入例7選

読む人の気持ちになって丁寧に書こう

企業の採用担当者はたくさんの履歴書をチェックしているので、粗末に書かれた履歴書よりは丁寧に書かれた履歴書を読みたいはずです。相手の立場に立って読みやすい履歴書を作成し、書類選考の通過を目指してくださいね!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ