【履歴書の基本情報の書き方】まずここから確実に!

履歴書の基本的な項目の書き方を解説します。名前や住所、連絡先などは大変重要な項目ですが、書く側にとっては特に事項を記載するだけなので、アピールポイントが無いようにも思えます。但し、気を抜いてはいけません。また、電話番号やメールアドレスなどの欄は、少し悩んでしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。書くにあたっての気をつけるべきポイントなどをご紹介していきます。

【履歴書の基本情報の書き方】まずここから確実に!

氏名・名前

名前の欄は、自信を持って大きめに書きましょう。自分の名前を通して、前に出る気持ち、受かりたいという意欲を表すとよいかと思います。といっても、やりすぎは禁物ですが。また、他の項目と比べても文字数が少なくて誤魔化しが利かなく、初めに目が行くところなので、一文字一文字をバランスよくとりわけ丁寧に書くように努めましょう。

履歴書の基本画面

振り仮名も忘れずに記載しましょう。すぐに読める漢字だったとしても省いてはいけません。フォーマットに「ふりがな」と書いてあれば平仮名で、「フリガナ」となっていれば片仮名で振るのが一般的です。どちらかというと履歴書にはひらがなの方が多いかと思います。

生年月日・性別

生年月日の記載は一般的には「1、2、3」などのアラビア数字で、多くの場合「昭和、平成」などの元号が選択式になっているかと思います。特に気をつけることはありませんが、正直に丁寧に書きましょう。「満○歳」というのは、「数え年」という年齢の数え方と区別したものなので、普段使っている誕生日を基準とした年齢を記載すれば問題ありません。正確には1歳分が加えられるのは誕生日の前日からということが言われています。
性別欄もほとんどは丸をつけるもので、嘘が無ければ特に気をつける必要は無いかと思います。但し、丸をあまりにも乱暴に書かないように注意しましょう。それほどでなければ、形や大きさで差が出ると言うことも無いかと思います。

電話番号

電話連絡を受ける男性

連絡のつく電話番号を記載します。以前は携帯電話番号ではなく固定電話の番号を記載しなければならないということも言われていましたが、昨今では固定電話をもたずに携帯電話のみという人も増えてきています。お家に固定電話がある場合はもちろん記載した方がよろしいですが、無いのであれば正直に携帯電話のみでも構わないと思います。固定電話にこだわって離れて暮らす実家の番号を記載しても、あなたに連絡がつかないのであれば意味がありません。

また、「電話番号」と「携帯電話」と分かれたふたつの項目がある様式の履歴書もあります。両方あるならもちろん両方書くのがよいのですが、片方だけであれば、無い旨を断って「携帯電話にお願いします」など連絡先を指定してもよいですし、欄が離れていれば同じ番号を書いてもよいかと思います。また、自分にあわない履歴書であれば、悩むくらいでしたらフォーマットを別のものに選び直しましょう。

メールアドレス

パソコンでメールをチェックする男性

毎日チェックできるメールアドレスを記載しましょう。

パソコンか携帯電話のものかというところに特に決まりはありませんが、相手方はPCで送ることが多いので、パソコンで確認できるアドレスの方が後々によいかと思います。

パソコンは毎日チェックできないという方でも、パソコンのアドレスを記載して、そのアドレスにケータイのメールアドレス宛の転送設定をしておくというのも方法ではないでしょうか。

150423_rirekisho_email2
履歴書をメールで送る時に忘れてはいけない重要な5つの事

現住所

住所を書くときに注意すべきポイントは簡略化をしないということです。同じ地域であっても必ず都道府県から書き始め、「○‐○‐○」といった省略した形ではなく、「○丁目○番○号」や「○丁目○番地」など、正式なものを記載しましょう。

正しい住所の書き方

マンションやアパートなどの集合住宅などでは名称と部屋番号も記載します。「○丁目○番○号 □□マンション △△△号室」といった形で記載します。マンションの場合、「○丁目○番○-△△△号」という記載が役所などで正式とされる場合もありますが、その場合でもマンション名と部屋番号は記載して「○丁目○番○-△△△号 □□マンション △△△号室」としておいた方が間違いは少ないかと思います。

連絡先欄

現住所の他に、連絡先という住所・電話番号を記載する欄がありますが、ここにはご実家の住所を記載するのが一般的なようです。但し、上記の連絡先に連絡がつかなかった場合に緊急時の連絡先として使用される可能性があります。ここは多くのフォーマットの中で断り書きがされているように、得に記載する必要はありませんので、書かずに空欄のままでも問題ありません。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ