Loading

中退した時の履歴書の学歴はどう書くの?前向きな中退理由の書き方

学校を中退した時、履歴書の学歴はどうなるのでしょうか。正しい学歴の書き方と、採用に影響がでない前向きな理由の書き方を紹介します。マイナスイメージになる中退理由もあるのでしっかり覚えて参考にしてください。

中退した時の履歴書の学歴はどう書くの?前向きな中退理由の書き方

学歴は正直に履歴書に書きましょう

履歴書を書く時に学校を中退した場合の学歴の書き方を解説します。大学や高校を中退した方は履歴書に書くとマイナス評価になると思っている方がほとんどだと思いますが、空白期間を作るよりも正直に書くほうが面接官には好印象です。理由があると面接官も納得するのでしっかりと書く事が重要です。

学校を中退した場合も学歴として記載

大学や高校や専門学校などを中退した場合の履歴書の書き方ですが、インターネットなどの情報では、中退と書くとイメージが良くない為採用に響いてしまう、などと書かれている事があります。

アンケートを書いている最中の人

しかしそれは間違いと言えます。履歴書の学歴に中退と書かなければ空白期間が出来てしまい面接時に上手く説明する事ができません。また適当な理由を当てはめても、多くの応募者を見てきた面接官を納得させる事はできないと言えます。

履歴書の学歴には正直に学校を中退したことを記載しましょう。

学校を中退した場合の学歴の書き方

平成○○年 ○月 △△大学××学部□□学科 中途退学

前向きな理由で中退理由を書く事がポイント

学歴に中退と書いたときの注意点があります。学歴に中退と書いただけでは面接官は何故中退したのだろうと疑問に思います。面接官によってはマイナスイメージを持たれてしまうかも可能性もあります。

自信があり強気な女性

しかし、履歴書にあらかじめ退学理由を付け加える事で採用に影響がなくなるでしょう。退学にも、家庭の事情など様々な理由があります。その理由を、学歴を書く時に記載します。

簡単な理由を追記した学歴の書き方

平成○○年 ○月 △△大学××学部□□学科 ○○により中途退学

このように簡単な理由を付け加える事で面接官も応募者の事を理解できるでしょう。また具体的に書くと、より伝わり易くなります。

より具体的な理由を追記した学歴の書き方

平成○○年 ○月 △△大学××学部□□学科 家庭の事情により中途退学
大学在学中に親の介護が必要になった為

具体的な理由もあると面接官に伝わり易いです。また履歴書にあらかじめ理由を書いておくと面接の時に答えやすくなるでしょう。

ポイントは前向きな退職理由を書く事。どんな中退理由であろうと、とらえ方によっては前向きな理由になります。なぜ学校を中退したのかもう一度考えて理由を確認しましょう。

面接官が納得できるプラスになる理由を考える

学校を中退する事は、一般的にあまり良い印象はありません。面接官も同様に感じている方が多いのは間違いないでしょう。

後光がさし自信ありげな男性

しかし履歴書の書き方一つでイメージは払拭できます。それは面接官が中退した事を納得できる、理由を書く事です。その理由一つで応募者を採用したい、というプラスのイメージに変える事ができます。

プラスイメージの中退理由で面接官の心象を良くする

中退を前向きにする理由を紹介します。重要なのは自分の中退した理由をプラスのイメージで解釈する事です。一つの例だと思って参考にしてください。

家庭の事情で学校を中退した場合

家庭の事情は中退の理由として大部分を占めるでしょう。

・金銭問題 ・親類の介護

このような理由でやむを得ず中退したという事を書きましょう。この間に資格を取得したなど、何かプラスになった事があれば忘れずに記載すると面接官に努力した事をアピールできるでしょう。

自分で学校を中退した場合

自分自身が望んで中退した場合は、上手く前向きな理由に変える必要があります。

・早く社会に出て勉強したかった ・今の学業とは別にやりたい事が見つかった ・海外留学に挑戦したかった

理由に付け加え、その結果自分がどのようにスキルアップ出来たのかを書くと印象が良くなるでしょう。応募した企業にあわせ即席で勉強する事で、新たに理由を作る事もできるので、特に理由がない方も必ず理由を書く事をお勧めします。

このような前向きな理由を説明できると面接官の心象も良くなるでしょう。

ネガティブな中退理由は面接官を心配にさせる

理由を書く時に注意が必要なのはネガティブな理由です。理由次第では採用に響いてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

踏まれてネガティブになった男性

  • 大学の単位を落とした。
  • 学校に馴染めなかった。
  • なんとなく中退した。

このような理由は応募者のやる気や、採用後に会社に馴染めないのではないかと面接官に不安を与えてしまいます。その為、採用を見送られる可能性が高くなるのです。

ネガティブな中退理由も視点を変えると見方も変わってきます。中退理由を自分に有利になるように解釈する事も、採用を貰う為には必要なので臨機応変に対応しましょう。

学歴は正直に、納得できる理由をつけて履歴書に書きましょう

履歴書の学歴を正直に書かないと入社後に大変な事になります。学歴詐称になってしまうと会社を解雇される可能性もあるので気をつけましょう。

学校を中退したからといっても履歴書をしっかり書く事で不利にはならないので、自信をもって学歴を記載する事が重要です。

忘れずに抑えるポイントは

  • 中退した事を正直に書く。
  • プラスなイメージを与える理由を書く。

これらの事さえしっかり覚えておくと面接官も納得するでしょう。後は面接で基本的なマナーを守り自分をアピールする事で採用を貰う事ができるでしょう。

150428_jobhunting_interview2
第一志望を狙い撃ち!就職活動で失敗しない必勝面接術
スポンサーリンク