500円玉貯金の貯め方のコツと使い道

500円玉貯金ってなに?どういうものなの?という人におすすめ!今からでも始められて楽しく簡単にできる貯金を教えます。500円玉貯金についての方法・疑問・使い道について詳しく説明します!両替などの換金方法も紹介するので今から500円玉貯金を始める方も参考にしてください。

500円玉貯金の貯め方のコツと使い道

500円玉貯金のコツを知って、上手に貯めよう

500円玉だけを貯めていく500円玉貯金をやってみたいなと思っている人もいるのではないでしょうか。興味はあるけれど、やり方が分からない・・・そんな人向けに、500円玉貯金の方法について説明します。途中で挫折することなく、上手に貯めていくコツを覚えましょう。

500円玉貯金で500円玉を貯める方法

500円玉貯金は、500円玉がなければ始まらない貯金です。そして、貯金箱と少しのコツとテクニックが必要となります。でも、本当に500円玉が貯まるのかな?と思う人もいるでしょう。そこで、どういう風に貯めていけばよいか具体例を混ぜながら述べていきます。

いろいろ教えてくれる素朴な女性

500円玉貯金は地道にコツコツとやらなければなりません。継続は力なり、という言葉のように続けないと意味はないのです。ただ、500円玉貯金ってなかなか貯まらない・・・そんな人におすすめなのが、「日本一周旅行すると10万貯まる本」という書籍です。これは500円玉貯金をゲーム感覚で貯金できる、遊び心が満載の書籍となっています。もし、500円玉貯金を始めたい、始めたけどなかなか貯まらない、という人はこの本を購入してぜひ、500円玉貯金をしてみてください!1つの趣味として楽しめます。

500円玉貯金に使う貯金箱を用意する

まずは、500円玉貯金をするための貯金箱を用意しましょう。貯金箱にも様々な種類があります。中身が見えるもの、ふた付きのもの、簡単には開けられないものなど、自分に合った貯金箱を選んでください。500円玉貯金を習慣化するためには、いつもバッグを置くテーブルの上など貯金箱を目につきやすい場所に置くと良いです。

500円玉を絶対に使わない

500円玉貯金をするうえで注意点が一つあります。それは絶対に500円玉を使わないこと!お買い物をしたときに、おつりで500円玉が出たとしても、その500円玉は使わずに500円玉貯金にまわしましょう。500円玉を使ってしまったら、せっかく500玉貯金をしていたのに意味がなくなり、また、継続力も途切れてしまいます。どんなことがあっても500円玉を使ってはいけないのです。

財布の中の500円玉はすぐに貯金箱に入れる

500円玉を使わないようにするために、財布に入っている500円玉は全部貯金箱に入れましょう。他の効果と混ざってしまわないよう、財布の中での500円玉だけを入れる場所を決めておくことをおすすめします。

貯金の平均から見る世代別の貯金方法

500円玉貯金で貯めた500円玉は郵便局や銀行窓口、ATMで入金・両替しよう

500円玉貯金箱の中身がいっぱいになって、入金や両替をするときがついにやってきた!そんなとき、ふと500円玉貯金の入金や両替は、銀行や郵便局でできるのかという疑問が頭をよぎる人もいるはずです。その疑問について説明しましょう。

様々な疑問を解決してくれるアンドロイド

銀行の両替機で500円玉を両替する場合

2014年4月の消費税増税までは50枚までは無料、それ以降は有料となっています。また、大手3大銀行の三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行は500枚を手数料なしで両替してくれます。

ATMで500円玉を入金・両替する場合

実質的な両替は可能です。それはATMでいったん500円玉を「入金」してしまうことです。500円玉をいったん口座に貯金して、再度口座からお札として引き出すとできます。この引き出しが無料の時間であれば手数料は発生しません。ただ、一度に入金できる硬貨枚数が決まっているATMもあるので、その点は注意してください。

郵便局で500円玉を入金・両替する場合

郵便局は両替商ではありませんので、仮にATMでいくらでも自分の口座に入金することはできますが、郵便局の硬貨投入口は1枚しか入りませんので、時間の無駄と他人に迷惑をかけてしまいますので止めましょう。

賢く貯金する方法!大学生やカップルが実践すべき節約術

500円玉貯金で貯まったお金の使い道

500円玉貯金で貯めたお金を何に使うかは、個人の自由です。旅行に行くなど最初から目的を決めて、その目的を達成するために500円玉貯金を始める人もいれば、貯まった金額次第で何に使うか考える人もいるでしょう。

食費がかかり貯金ができない男性

10万貯まった人ならちょっとした旅行にも行けますし、1ヶ月で大体15,000円分貯まりますから、お子さんがいる方は誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントを買ってあげるのもいいでしょう。そういった小さな楽しみから大きな喜びへと変わる500円玉貯金をやってみてください。

意外と知らない儲かる仕事ランキング

500円玉貯金をしてコツコツ貯めよう

500円玉貯金のやり方は難しいものではなく、子供から大人まで簡単にできるのも魅力です。趣味で始めたらほとんどの方がハマってしまうでしょう。500円玉貯金の魅力をわかっていただけたら嬉しいです。ぜひ、500円玉貯金、この機会に始めてみてはいかがでしょうか?