一度落ちた会社に再応募は可能?採用を勝ち取るポイント

一度落ちた会社への再応募を考える人は多くいます。一度不採用になったからといって二度と応募できないかというとそうではありませんが、再チャレンジするのであれば受かるためのポイントを理解する必要があります。一度落ちた会社への再応募で内定を勝ち取るコツをご紹介します。

一度落ちた会社に再応募は可能?採用を勝ち取るポイント

一度落ちた会社への再応募はできる?採用を勝ち取るポイント

「一度落ちた会社に再応募したい」と考える方は少なくありませんが、再チャレンジするとなると勇気がいりますし、そもそも「一度不採用になったら二度とその企業には応募できないのでは?」と考える方も多いものです。

もし一度落ちた会社への再応募を検討するのであれば、再挑戦する前に受かるためのポイントをしっかりと押さえておく必要があります。

一度落ちた会社に再応募することは可能?

「一度落ちた会社には再応募できない」と考える方は多いのですが、そのようなことはありません。実際、「2回3回とトライして念願かなって採用に至った」という例もあります。これは、各年度によって採用の条件が変化し、それに伴って募集する人員に望まれるスキルも変化するためです。

幾つものドアの前でガッツポーズする男性

また、労働人口の減少が確実視される現在、企業にとっては人材確保も急務となっています。一度不採用にしたからといって、二度と採用しないというほどの余裕もありません。
最近ではインターネットを通じた募集や就職エージェント会社などを活用する企業も増えてきており、再応募に対する敷居もかなり低くなってきているのが現状です。一度目は面接前の書類選考で落とされていたというのであれば、さらに敷居は低いと言えます。相手に印象がないことを逆手に取るというわけです。

面接担当者が感じた不採用の理由を改善し、会社の望む人材に近づいていた場合は、再応募の情熱も相まって、良い印象を持たれ採用に至ることも十分ありえます。

ただし、中には再応募の条件として「不採用の通知から1年以上経過している」などと、再応募までの期間を指定している企業もあります。再応募を検討する際は、こういった諸々の条件もしっかり確認した上でチャレンジしてください。

同じ会社への再応募前に検討すべきポイント

同じ会社に再応募するにあたって、選考前に確認しておかなくてはならないことがあります。

1 その会社に対する本気度

自分の働きたい会社を思う青年

もし、落とされたことが不本意で見返すための再応募であれば、それは本末転倒というものですし、再応募にかける時間と手間を他の企業への応募のために割いた方が賢明です。今更だとは思わずに、まずは「本当に自分はその会社で働きたいのか」ということを再確認しておきましょう。

また、他の会社から内定をもらっているにもかかわらず、再応募を理由に留年や就職浪人をするというのは早計です。例えば、他の企業で経験を積んでから中途採用枠でチャレンジするという道もあります。落ちた会社への再応募は様々な選択肢を考慮した上で検討しましょう。

2 前回不採用となった原因の究明

前回なぜ自分が不採用になったのか、担当面接官からその原因を聞けるケースはよいのですが、そういったケースは非常にまれです。
また、エントリーシートや履歴書など書類審査の段階で落とされた場合は、その書き方や作成方法に問題があったことが考えられますし、面接の段階で落とされた場合は、自分の面接時の服装や立ち振る舞い・質問への回答内容に問題があることになります。

落とされた原因を自己分析しておくことは、再応募の際にその点を改善しておく上で非常に重要なポイントになります。

再応募で不採用になる3パターン

一度不採用になった会社に再応募した場合、再度不採用になることも考えられますが、その場合不採用になるケースで共通するパターンをチェックしてみましょう。

1 落とされた理由が改善されていない

欠伸しながら落とされた理由を考える男性

一度不採用になったということは、そこには何かしらの理由が存在していることは明らかです。その理由を考えず、また考えたとしても改善する工夫や努力をせず再応募したとすれば、採用する側の条件などによほどの変化がなければまた不採用になります。

2 しつこく応募してしまう

いくら自分の応募に対する情熱を示そうとしても、募集期間ではないのに頻繁に採用についての問い合わせをしたり、エントリーシートを送りつけたりすれば、情熱が伝わるというよりは悪い印象を与えてしまいかねません。相手にも都合というものがありますので、企業に熱意を伝えるにしても、常識的なタイミング、行動を心掛けましょう。

3 採用する側の状況を理解できていない

会社ごとに採用枠があり、その中でも必要とされる資格を持っている必要がある場合、その資格を持っていなければそもそも採用になることは考えられません。また、企業側で採用者の学歴を絞っているケースも考えられます。そういった採用する側の条件を把握していないことは問題外となります。

また、非常に採用枠が少ない場合、ある一定以上の能力を示す裏付けができなければ再応募してもまた落とされてしまいます。

採用する側にもそれなりの条件があります。会社の情報をしっかりリサーチして再応募を検討しなければ、何度再応募しても結果的には不採用を繰り返してしまうでしょう。

再応募でも採用になる3パターン

中には再応募によって採用を勝ち取る人も少なくはなく、その人たちには共通点があります。

1 落ちた理由が改善されている

提出したエントリーシートが原因だと反省する女性

採用試験に落ちたということはそれなりの理由があったわけですので、その理由をしっかり分析することは非常に重要です。

例えばエントリーシートの段階で落とされた場合、エントリーシートの書き方そのものに不慣れで、自己アピールがしっかりできていなかったことなどが考えられます。

最近では、エントリーシートの書き方をまとめた記事がインターネット上に公開されていたり、就活対策セミナーなども開催されています。面接にまで行くことができれば、自分の個性も発揮しやすくなり、採用になるというケースも十分考えられます。まずは書類選考を通過することを目標に対策を行いましょう。

また、面接時における自己PRがうまくいかなかったり、マナーや服装・立ち振る舞いなどが一般常識に欠けていたことから不採用になるケースも多いもの。再度一から自分を見直し、就職面接の予行などを行い、面接に望むというような工夫も必要です。

2 資格取得や知識の向上が見られた

本を持ち上げるビジネスマン

同じような応募者がいた場合、その持っているスキルや資格によって差別化されてしまうことはよくあることです。逆に言えば、今まで持っていなかったスキルや資格を取得することは、他の応募者との差別化ができ、合格の可能性が高まります。その際、再応募する会社のことをさらに研究し、求められるスキルや資格を選ぶことを忘れてはいけません。

また、その会社が置かれている業界や政治経済などの知識を向上させておくことも大切です。いくら面接における受け答えを訓練しても、表面上のものは通用しないことのほうが多くあります。そういった意味からも、さまざまな知識を向上させる努力は必要不可欠です。また、得た知識をきちんと自分のものにできていれば、面接における予想しなかったような質問にも落ち着いて回答できるというケースもあります。

3 熱意が伝わった

自分がなぜこの会社で働きたいのかを、しっかり自己分析した上で訴えることも採用につなげる重要なポイントです。それだけの熱意を持って再応募してくれたことに対して、悪い感情を持つ人はいません。例えば、エントリーシートや履歴書などの応募書類を送る際に、再応募した理由などを書いた添え状を同封するといった工夫も効果的でしょう。

一度落ちた会社に採用されるためにできること

自分と会社の分析をすること

一度落ちた会社に再応募した際、採用されるためにすべきことは「分析と対策」です。

この分析にはまず「なぜ落とされたのか?」「自分に足りなかったものは何なのか?」「再応募して受かるためにはどんな改善や新しいスキルが必要なのか?」といった自己分析があります。次には「採用側が求める人材はどのような人材なのか?」「再募集は行っているのか?」「どのように採用側とコンタクトを取るべきなのか?」といった、採用する側の分析です。これらの分析がある程度できてしまえば、あとは採用されるような人材になるために対策を打つことになります。

対策については「採用側とコンタクトを取るために、就職エージェント会社などを利用する」「再募集があるようであれば、履歴書やエントリーシートの書き方の工夫や学習・面接の技術向上のためのロールプレイングを行う」「その会社が求める資格やスキルを取得する」など、さまざまな工夫を自分なりに考えながら早めに行動に移していくことが重要です。

一度落ちた会社への再応募で採用を勝ち取ろう

一度落ちた会社であってもやはりその会社で働きたいという情熱を持っている場合、再応募という挑戦をしてみるという方法は悪いことではありません。ただし、そこにはなぜ落ちたかという「自己分析」と、再応募し採用を勝ち取るための「対策」が必須となります。

自己分析と対策は、再応募の面だけでなく、様々な面での成長にもつながることは間違いありません。一度落ちた会社への再応募を、自分を成長させるひとつの目標としてみましょう。