Loading

パート面接の服装男女別着こなしポイント

これからパートの面接を控えている皆さん、面接に合った服装で良い印象を与えたいですよね。今回はパート面接時の服装について具体的にお伝えします。女性だけでなく男性の着こなし方もご紹介。ぜひ参考になさってくださいね。

パート面接の服装男女別着こなしポイント

パートの面接はどんな服装で行ったらいいの?

「子育てが一段落したので仕事に出たい」「ダブルワークで休日に短時間の仕事をしたい」などでパートを探す方もいるかと思います。正社員とは違うので面接の時どのような服装で行ったら良いのか悩みますよね。ここではパートの面接にどんな服装で行ったらよいのかをお伝えします。これから面接という方はぜひ参考になさってください。

男女に共通する服装の基本とマナー

学生のバイト面接ですと普段着で構わないですが、大人になってからのパート面接では服装のチョイスも重要となってきます。ここでは男女に共通する面接時の基本スタイルについてご紹介します。

パートでもスーツが無難

もし持っていればスーツで面接に行った方が無難です。面接にふさわしい服装でスーツにかなうものはないでしょう。普段の服装に自信がない人でもスーツを着ていけば、第一印象でしっかりしたイメージを与えることができます。

やる気漲るパート従業員

また、パート面接に普段着で行く人もいるのですが、スーツ着用ですと他の人との差別化もはかることができます。

会社側も短時間勤務とはいえ常識と責任感のある人を取りたいと思うでしょう。面接に普段着で来た方よりもスーツ着用している方がきちんと仕事をしてくれそうに見える、というメリットがあるのです。

スーツを持っていなければキレイ目のスタイルで

久しぶりに仕事を始める方や、サイズが変わって昔のスーツが合わなくなったなどの理由でスーツを持っていない方もいるかと思います。「お財布事情もあって、パート面接にしか着ないスーツを買うのは厳しい」という場合は、お出かけ用のキレイ目スタイルでもOKです。

綺麗目スタイルのOL

手持ちの服がジーンズばかりでちゃんとした服がないときでも、面接に向けて購入した方がいいでしょう。会社側も時間を取って面接してくれるわけですから、こちらもそれなりの服装をするのが礼儀というものです。採用されるための先行投資と思いましょう。

なんといっても清潔感が大事

スーツでもキレイ目スタイルでも、大事なのは清潔感です。いくらブランド物のスーツを着ていても、しわが寄っていてくたびれたような服ではマイナスイメージを与えてしまいます。

特に衛生面重視の職場では清潔感が求められます。だらしない服装は面接会場に入った時点で不採用になる可能性もあるのです。

職場の雰囲気に合わせた服装でもOK

希望する職種に合った服装で面接に行くのもよい方法です。例えば事務職であればスーツ、力仕事であれば少しラフな格好でも許されるでしょう。職場を見学できるのであれば、従業員の服装をチェックして職場の雰囲気に合った服装をするのがおすすめです。

職場の雰囲気が分からず判断に迷う場合はスーツやキレイ目スタイルで行った方が無難でしょう。

150623_parttimejob-insurance2
アルバイトが社会保険に加入するための条件

面接時の洋服着こなしポイント男性編

男性だと普段着にジーンズを愛用している方も多いでしょうが、面接にジーンズでは大人としてどうかと思われます。どんな服装が良いのか、ここでは男性がパート面接を受ける際の具体的な着こなしについてご紹介します。

スーツのシャツを白以外にしてみる

正社員面接の場合ですと背広の下に着るシャツは白が基本ですが「王道のリクルートスタイルだと浮くかも」と思う時はシャツを変えてみましょう。

シャツの色にこだわりがある男性

薄い色つきや薄くストライプの入った柄物などのシャツを着ると、清潔感を保ちつつ少しおしゃれな感じに仕上がります。個性を出そうと派手な色のシャツを選ぶ必要はありません。面接で目立つのはかえって逆効果なので、清潔感のある薄い色や柄のシャツを選ぶのがポイントです。

夏場はクールビススタイルでも

夏場の暑いときはスーツの上着を着たくないですよね。そんな時は上着を脱いで、シャツとスーツのズボンを合わせた服装でも構わないです。汗をかいてシャツがべったりということにならないよう、タオルとハンカチを携帯してこまめにふき取ると良いでしょう。

シャツとチノパンでキレイ目スタイル

男性の場合スーツをベースに変化をつけるのがベターですが、スーツ以外の服を着る場合は襟のついたシャツとチノパンで清潔感のある服装にしてみてはいかがでしょうか。スーツよりはソフトなイメージの面接に合ったコーディネイトが完成します。

150601_jobhunting_shirt2
【就活シャツの選び方】スーツに合うおすすめシャツ

女性編面接時の洋服着こなしポイント

女性の場合、面接に向けて手持ちの服を活用できる場合が多いです。どんな服装が良いのか、具体的なコーディネイトの例をご紹介します。

パートの服装を考えている女性

スーツのトップスを変えてみる

スーツを活用するならトップスを変えた着こなしがおすすめです。スーツほど堅苦しくなくきちんとした印象を与えることができます。

手持ちのカーディガンとブラウスにスーツのスカートやパンツを合わせてもいいですね。ニットなどのアンサンブルもおすすめです。事務職希望の場合は黒や灰色にするなど、色合いは希望する職種に合わせて選んでみましょう。

ワンピースを活用するのも手

眼鏡が似合う主婦

派手すぎないワンピースに、羽織物を合わせて面接に臨む主婦の方が多いです。ワンピースの上にジャケットやカーディガンを羽織ればキレイ目面接スタイルの完成です。これなら入学式などで買ったワンピースを活用できますし、経済的にも助かりますね。

希望する職種でボトムスを変えてみる

面接ではスカートの方が多いですがパンツスタイルも良いですね。 スカートよりも活発な印象を与えるので、動きの多い仕事を希望する場合はパンツスタイルの方が好印象を与えます。

150527_partjob_difference2
働き方でみるパートとアルバイトの違いとは

とにかく「清潔感」を重視した服装を

いかがでしたか?様々な着こなしをご紹介しましたが一番大事なのは清潔感です。どんな服装でも身だしなみを整えて、面接のときに良い印象を与えるように心がけましょう。

スポンサーリンク