Loading

女性が転職するときに知っておくべき6つのこと

女性の転職で重要視するのは家庭と仕事の両立でしょう。自分が今後目指す道をしっかり見定めて転職活動する事が重要です。結婚や出産や育児など、女性が継続して働くには企業の理解が必要です。資格などを取得して転職の準備を始めるのも良いでしょう。

女性が転職するときに知っておくべき6つのこと

自分にベストな働き方を見つける!

女性の転職は男性より難しい傾向にあります。 それは何故かと言うと女性は結婚や出産や育児などで退職のリスクがあるからです。

企業は人材を雇うのに多くのお金が必要になります。やっと会社の中核として活躍し始めた時期に退職されると企業側も大きな損失になるのです。 しかし近年女性の役職者が増加傾向で、女性の価値が高まっています。 転職でキャリアアップを狙う方や自分に合った働き方をお探しの方必見の転職活動の方法を紹介します。

Point1 自分自身を見つめなおす事で転職活動をスムーズに!

転職活動を始める前に何故転職するのかを考えましょう。現状の不満や、自分が何を目指して、何をしたいのか、自分の思ったままを紙に書いて再確認しましょう。

書類を持ってカメラ目線の女性

不満点や現状満足していない点を全て書き出しテーマ毎に整理します。

例えば

  • 仕事内容の不満点
  • 人間関係の不満点
  • 賃金や労働環境の不満点

など、できる限り書き出しましょう。

そうする事で自分の本音が見えてきて、自分がこの先どうしたいかがわかってきます。転職先の企業を選択する基準もここで解ってくるのでスムーズに転職活動に取り組む事ができるでしょう。

Point2 転職やキャリアアップの計画を相談しよう!

最近インターネットでは女性専門の求人サイトや転職サイトが増えてきたので仕事を探しやすい環境になったと言えるでしょう。

悩みを相談する女性

しかし、自分のやりたい事や、今後のキャリアアップの計画がまだわからない方も多いでしょう。 そのような時はキャリアアップのカウンセリングや女性向けのセミナー、合同説明会などに参加して自分探しをしてみるのも良いでしょう。特にカウンセリングの相談員は転職のプロなので親身になって的確なアドバイスをしてくれます。

このような転職に関するセミナーや説明会はインターネットの転職サイトに日程が掲載されています。各地域のハローワーク開催の情報がある可能性があるので転職やキャリアアップに不安がある方は参加してみては如何でしょうか。

Point3 自分に最適な資格を選択!

書類を見つめる女性

自分の転職の目的やキャリアアップが見えてきたら、その仕事に向けた資格を取得すると更に転職がしやすくなるでしょう。

例えばキャリアアップが目的であれば、需要の高い難関資格に挑戦するのも良いでしょう。 育児や介護などで時間を有効に使う働き方を希望するのであれば、ある程度融通が利きやすい医療系などの事務系の資格を取得すると転職活動も有利に働きます。

また、カラーコーディネーターやインテリアコーディネーター、ネイリストなど独立を目指せる資格をとって活躍の場を広げるのも一つの方法です。

資格は取得すれば取得するほど転職には有利になるので転職活動の強い味方となるでしょう。

Point4 女性が強い業界を目指す!

現在フリーターや派遣社員の方で、正社員を目指す為に転職したいと考えている方は女性が強い業界に転職するのをオススメします。

男性を注意する女性

たとえば女性誌などの出版業界や小売業界などは、女性のほうが活躍の場があり重用される傾向があります。そのような職場は結婚、出産、育児など理解のある企業も多いので手当てや休暇もしっかりしています。

職場環境も境遇が同じ方が多いのでプライベートでも相談しあえる方に出会えるかもしれません。

また、休職後の職場復帰もしやすい為、家庭との両立を考えている女性は転職先の候補として考えてみても良いのではないでしょうか。

Point5 不採用でも諦めない事が転職を成功させる!

婚約や結婚準備を機に転職をする女性も多いでしょう。 その場合の転職活動はどのようにすれば良いのでしょうか。

気持ちを切り替えた女性

企業は出産や育児などで仕事を辞めてられてしまうのを懸念しているので、面接で正直に話してしまうとどうしてもネガティブな印象になってしまいます。 結婚後も仕事を続けたい、キャリアアップしたいという事を前面に押し出し、前向きなイメージで面接に臨む事が重要です。

家庭について理解のある企業であれば問題ないのですが、残念ながらこのような環境をあまり好まない企業もあります。 採用されなくてもタイミングが合わなかったと思い、気持ちを切り替えて転職活動をする事が大事でしょう。

Point6 育児に理解のある企業を探すこと!

シングルマザーの方の転職は企業にとってマイナスイメージを持つと考える方がいますがそれは間違いです。

赤ちゃんにかけられたサングラス

今までの面接となんら変わりなく自分をアピールする事で転職活動ができます。 企業にとっては辞められるのが一番の問題なので、そのリスクが少ない場合しっかりと理解してくれます。また、面接では育児中という事を伝える事が大事ですが、シングルマザーとまで伝える必要はありません。

子供の病気や授業参観など学校行事の時も企業に伝えれば理解してもらえるでしょう。逆に育児の理解に乏しい企業だった場合はまた転職すれば良いだけの話です。

家庭と仕事を両立できる優良企業が必ずあるはずなので諦めない事が重要でしょう。

スポンサーリンク