Loading

警察官になるための志望動機の書き方や例文

警察官の採用試験に使う志望動機の書き方と例文を紹介します。正義感や憧れ、父親が警察官というだけでは試験を突破するのは難しいでしょう。熱意や責任感なども警察官に必要な資質です。男性女性問わず使える志望動機を紹介します。警察官は公務員なので年齢制限があります。警察官になりたい方は早めに準備するのを忘れないでください。

警察官になるための志望動機の書き方や例文

警察官になるための志望動機は体力や熱意や武術の経験をアピール

警察官は街や人々の安全を守るために働く職業です。警察官は公務員なので各自治体の警察官採用試験を受ける必要があります。合格後、大学卒業相当の方で6ヶ月間、短期大学、高等学校卒業程度で10ヶ月間の期間を警察学校で過ごすことになります。警察官は体力が勝負なので体を動かす経験が少ない方は苦労するでしょう。また職務上、犯罪を取り締まる必要があるため柔道や空手、剣道などの武術を心得ていると採用試験でアピールすることができます。

警察官になるための志望動機の例文

警察官は社会の秩序を守る仕事です。犯罪や悪を取り締まり、街の安全を守る正義の味方のような存在です。そのため志望動機にも正義感や責任感や熱意などを強調したエピソードや志望動機を考える必要があります。また家族や親戚に影響された、という志望動機も印象が良くなります。男性でも女性でも共通して使える志望動機の例文です。

鎖で繋がれる重犯罪者

小さい頃、実家の近くにあった交番の警察官の凛々しい姿に憧れていました。大学生のときに実家に帰省する際その警察官の方と話す機会があり、警察官になりたい気持ちが強く芽生えてきました。人や街を守る仕事を一生の仕事にしたい思い警察官の仕事を志望しました。

警察官の仕事に初めて触れたのは小学生のときに交通事故に遭ったのがきっかけでした。その時に担当して頂いた警察官の方がとても丁寧で頼もしかったのを覚えています。これをきっかけに警察官になるため、柔道を始め県大会に出場することができました。小さい頃から憧れていた警察官になり柔道で培った体力と精神力を仕事で活かし、街の安全を守るために貢献したいです。

150914_civilservice-motivationletter2
公務員試験の志望動機に書くべき事と例文

前職はカウンセラーをしていました。そのときに女性への犯罪率が高く、とても悩んでいる方が多い現状を知り憤りの気持ちを覚えました。警察官になり女性への犯罪を少しでも抑えることができたらどんなに幸せなことか、と考える時間が多くなり自分の年齢を考慮して警察官の採用試験を受けることを決意しました。少しでも多くの人を犯罪から守れるよう尽力いたします。

両親が警察官で幼少の頃から制服姿や凛々しい立ち姿を見てきました。両親からは正義の心や責任感を学び、いつしか「人のため、街のためになる仕事に就きたい」「何か喜んでもらえる仕事はないだろうか」と考えるようになりました。家族や友人、学校の先生に相談し警察官しかないと思い採用試験を受験することにしました。

リゾート地を守る地元警察官

以前はIT系企業のシステムエンジニアでした。そこでインターネット犯罪の高さを知り自分にも何か出来ないか考えた結果、警察官を志望することにしました。IT系の資格以外にもセキュリティの資格も取得しているので犯罪抑制に役立てることができると考えています。近年のネット犯罪率の高さを減少させ、犯罪から人々を守るために活躍できたら幸いに思います。

姉が痴漢被害にあったときに相談を受け、女性犯罪の卑劣な行為を知りました。警察官になり1人でも多くの被害者を救うことが出来たらどんなに幸せなことかと思い警察官の採用試験を受けることにしました。また、柔道経験があるので体力には自信があります。

150828_employment-motivationletter2
就職の志望動機の基本構成と書き方

小学校から剣道を習っていて、高校の時には県大会で優勝しました。このときの先生から警察官を勧められたのが、どのような仕事なのかを知るきっかけとなりました。警察官の仕事を知った時は、犯罪を抑制し街や人々の安全を守る素晴らしい仕事だと感銘を受けたのを覚えています。私の剣道経験で安全で平和な暮らしを守れることができたらと思い警察官の採用試験を受けることにしました。

高校卒業後の進路について考えたとき最初に頭に浮かんだのが警察官でした。小学生の頃から正義感が強かったのを覚えています。男子と喧嘩をしてはよく泣いていました。負けるのが悔しかったのが空手を習ったきっかけでもあります。正義感や責任感を強く持ち、尊敬される警察官を目指します。

150612aspiring-motive2
面接の志望動機5つのNGパターンと考え方

警察官に必要なのは正義感や責任感の他にも優しさも必要

警察官になるには正義感が強くなければいけません。またこれから警察官を目指す方は柔道や剣道などの武術を習うのをおすすめします。警察官は犯罪者に負けてはいけません。そのためには武術の心得は必須と言えるからです。

また警察官に向かない方もいます。それは警察官としての自覚がなく責任感がない人、ストレス耐性がない人です。このような方は犯罪者から逃げ職務放棄をしてしまいます。職務放棄は警察官全体の問題となるので、採用されるのは難しいと言えます。

しかし警察官の仕事は犯罪抑制だけではありません。地域の平和を守るための優しい心も必要です。体力も精神力も必要な仕事ですが、その分やりがいもある素敵な職業です。警察官は中途採用もあるのですが、公務員なので年齢制限があります。そのため警察官になりたい方は早めの準備が必要です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ