Loading

就職の志望動機の基本構成と書き方

就職の志望動機の書き方や構成について解説します。履歴書は最終面接の際も用いられる大変重要な書類です。中でも志望動機は「あなたが何故その業界を志したのか」そして「何故その企業に就職したいのか」意欲や熱意を伝えるための項目です。書き出しや締めくくり方など正しい基本構成や書き方を覚えて魅力的な志望動機を書きましょう。

就職の志望動機の基本構成と書き方

就職活動における志望動機の重要性

就活をする時、履歴書には必ず志望動機を書きます。志望動機はあなたがどれほどその会社に入りたいと思っているのか熱意を確かめるために必要なものであり、また、志望動機はあなたがどのような人物か推し量るための材料です。

つまり、魅力的な志望動機を作ることは採用への近道なのです。では、どのようにして書けばいいのでしょうか。ここでは志望動機の書き方について紹介します。

1.その企業に入りたいと思う理由を思いつく限り挙げてみる

理由をあげよと威圧する男性

志望動機を書き始める前に自分の考えをある程度整理する必要があります。「どうしてその企業じゃないといけないのか」に重きを置いて思いつく限り挙げてみましょう。次に学校で学んできたことや努力を続けてきたこと、アピールになりそうなことを挙げていきます。頭だけで考えているとこんがらがってくるので、箇条書きでいいので紙に書くのがいいでしょう。

2.業界研究、企業研究をしっかりする

志望動機を説得力のあるものにしたかったら業界研究、企業研究は絶対に行うべきです。採用されるためにはその会社のことを深く知っていないといけません。またその企業が属する業界についてもしっかり分かっておく必要があります。よく調べている人ほどその業界や企業にマッチした志望動機を書くことができ、本気で働きたいという熱意が伝わります。

150602_careerchange_motivationletter2
転職の志望動機の魅力的な書き方

3.OB・OG訪問をする

実際に働いているOBやOGを訪問して話を聞くことで働く自分もイメージしやすくなりますし、志望動機も固めやすくなるでしょう。履歴書にOB・OG訪問に来たことも書いておけば企業側に本気度も伝わりやすくなります。

150701_jobhunting-motivationletter2
就活の志望動機の重要さと好印象な答え方

4.志望動機の基本構成

志望動機は相手に熱意が伝わるように、且つ、読みやすい文章でなくてはいけません。文章の上手い下手はあまり関係なく、骨組みがしっかりしていれば読みやすい志望動機になります。基本構成は以下になります。

構成を説明する男性

  1. 書き出しは結論から
  2. 志望動機.1(希望する業界について)
  3. 志望動機.2(希望する企業について)
  4. 入社したら取り組みたいこと
  5. アピールしておきたいこと、決意表明

この順番を押さえて書いていけば採用担当者に伝わりやすい志望動機が出来上がります。まず初めに自分がどうしたいのかを述べて、その業界を志望した理由と何故この会社でないといけないのかを語ることで動機に説得力を持たせます。

そして意欲を示すために入社したら具体的にどんなことに取り組みたいのか述べ、そして決意表明で締めくくります。きちんと筋道が整っている話は相手に好印象を与えます。加えて頑張りたいという意欲が伝わればフレッシュさもアピールできるでしょう。書き方としては、

  1. 「志望動機は○○だからです」「私は○○なのでこの会社を志望しました」(結論)
  2. 「というのもこの業界の○○は~なので興味を持ち志望しました」(希望する業界についての志望動機)
  3. 「その中でも貴社の○○な面に魅力を感じ、貴社を志望しました」(希望する会社についての志望動機)
  4. 「もし入社することができたなら、私は○○に取り組みたいです」(入社したら取り組みたいこと)
  5. 「必ずや貴社のお役に立てるよう努力いたしますので、よろしくお願い致します」(自己アピール・決意表明)

このようなテンプレートを参考にあなたの言葉で書いていきましょう。新卒では提出した履歴書とエントリーシートは最終面接まで用いられます。面接中の質問についても履歴書に書かれた内容をもとにされることが多いのでそこに書かれた志望動機がいかに熱意や意欲を感じるかがとても重要になってきます。

例文で確認する

基本構成やテンプレを説明されてもまだ書きにくい人は多いと思います。実際に例文を紹介しますので参考にしてください。

例文を見て悩む男性

志望動機(塾講師)

志望動機は心理学を生かした仕事をしたいと思ったからです。大学時代は児童心理学を専攻していました。

実家の両親が塾経営をしており、教育については以前から興味を持っていました。近年、いじめなどによる子供の自殺者数も増加傾向にあります。これから必要になるのは学習面のサポートだけでなく生徒の心のケアも含めたトータルサポートシステムだと思います。

そこで貴社の「家、学校だけじゃない第三の子供の居場所になる子供の心に寄り添う指導」という姿勢に魅力を感じ、貴社を志望いたしました。塾は成績を伸ばすためだけの場所ではないという貴社の考えこそが顧客からの満足度が業界内でもトップである理由に繋がっているのだなと実感しております。

OB訪問では先輩と生徒たちとの授業の様子を拝見し、生徒たちの生き生きとした笑顔に驚かされました。また生徒一人一人のつまずきにしっかりと寄り添い、丁寧に指導される姿に胸を打たれました。

もし入社することができたなら、生徒の些細な変化にも気を配り、生徒たちに「安心」と「学ぶことの楽しさ」を伝えられるように尽力して参りたいです。一日でも早く仕事に慣れ、生徒たちをサポートできる存在になれるよう努力致しますのでよろしくお願い致します。

150617_motivationletter-example2
志望動機の例文を参考にした企業にアピールする書き方

「この人と仕事がしたい」と思われる志望動機を書こう

紹介した志望動機はあくまで例文です。ポイントは参考にしつつ、オリジナルのものを作りましょう。「この人と共に仕事がしたい・面接で会って話を聞いてみたい」と企業に思わせることができたらベストです。あなたが本気で「この会社で働きたい!」という意欲を持って取り組めば、きっと相手にも伝わるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ