Loading

外資系企業の就活開始時期・内定獲得を有利に進めるために

外資系企業の就活開始時期はいつから?内定獲得に向け就職活動を有利に進めるコツを解説!外資系企業は日本企業とはどう違うのか、どんな人が向いているのか、外資系企業の一長一短を含めてその特徴から切り込み、外資系企業への就活を進めるに当たって大まかな流れと対策のポイントを見ていきましょう。

外資系企業の就活開始時期・内定獲得を有利に進めるために

外資系企業への就活をする前に事前に調べておくべきこと

一般的に高収入と言われている外資系企業ですが、就職が難しいと言われているのも外資系企業です。
実際に外資系企業へ就職をするためには事前にどのようなことを準備すれば良いのでしょうか?また、その準備はいつから始めたらいいでしょうか―――?
実際に就活を始めるまでは漠然と考えている人も少なくありませんが、それでは外資系企業の就活に乗り遅れてしまうでしょう。

外資系企業への就活をスムーズにスタートすることが出来る様に事前に準備しておきたいことや疑問解決を詳しく紹介していきます。

外資企業とはどんな企業なのか。向いている人はどんな人?

都会に立ち並ぶ外資系企業

まずはどんな企業のことを「外資企業」というのか、日本企業とはどんなところが違うのか、外資系企業で働くためにはどんな人が適正なのか、実際に働くことでのメリットやデメリットも併せて見ていきましょう。

161202_popular-occupation2
人気の職業は?安定志向急増の年代男女別職業ランキング

外資系企業と日本企業の違い

将来的に就職を意識し始めると耳にすることが多い外資企業という言葉ですが、『外資企業』とは日本の企業とは違い外国の企業を資本に運営される企業を指します。

仕事は完全実力主義

仕事のやり方も完全に実力主義の仕事内容になるため、性別や年齢に関係なく結果を出すことが大切でその仕事に対する結果やその人の能力に合わせた待遇が正当に評価されるところも、年功序列が基本として受け入れられている日本企業とは大きく違うポイントとなります。
つまり、入社したばかりの新人でも能力や実力さえあれば結果を出すことが出来、認められステップアップがしやすい環境ではあります。

外資系企業に合う人物像

この外資系企業への就職は、自分の将来やりたいことが明確になっている人やビジネスにおいてぶら下がり(甘え)の考え方を持たず、責任を持って自主的に行動できる人に向いている企業と言えます。

こういうと日本企業に勤めるひとは自主性を持たない甘い考えを持つ人?と思うかも知れませんが、そういうことではありません。
外資系企業では、トップダウン(経営方針を急に変えたりなど)の波に乗れる柔軟性や、臨機応変に対応していく中でポジティブかつアグレッシブに自分を伸ばしていけるタフさも必要になります。あくまでも、どちらの企業にも一長一短があり、それぞれ合う合わないがありますよということ。
日頃から勉強や仕事などの自己投資に対してモチベーションを高く保つことが出来る人には適職となる場合が多いかもしれませんね。

ちなみに日系企業には、社風にスムーズに順応できる人や人付き合いが上手い人、指示やルールを尊重しながら取り組んでいける人が向いています。

150730_workthatsuitable-foryourself2
向いてる仕事が見つかる自分探しの方法7つ

高学歴じゃないと外資系企業への就職内定は狙えない?

高学歴な人が内定を貰っているイメージのある外資系企業の就活ですが、高学歴じゃないから内定が絶対貰えないと言ったことはなく、学歴ありきの就活ではありません。
ただ、やはり実力重視の世界であるため、新卒就活生であってもそれなりの能力や経験を携えていないと内定を獲得するのは難しいでしょう。

ですが、例えば、エントリーシートに記入すると一目置かれるような国家資格を取得していたり、就活時期より前から企業のインターンシップを何度も経験しているなど、ビジネスの即戦力となりうる目に見える意気込みや成果があれば、この限りではありません。

学歴に頼らず、事前の下準備でどんな資格や経験があると高ポイントとなるのか調べておきましょう。
外資企業への就活を考えているのであれば、周りより早めに行動を起こすことが内定獲得への鍵となります。

外資企業の良し悪し

社内で打ち合わせをする会社員

仕事の成果が得やすくやりがいが得やすい

数多くの場数を踏んで経験を得ていく傾向の多い日本企業に比べ、外資企業は採用の時点から特定の分野でキャリアを積んでいく傾向があることから、得意分野でキャリアを築き成果を磨きたいと考えている人にとっては良い選択となるでしょう。
また、ひとり一人に課せられる役割などが明確にされているため、今やるべきことを把握し目標を立てやすいことも良い点ですね!

実力主義の世界!プレッシャーに押しつぶされてしまう人も?

その反面で、実力主義の傾向が強いため、『仕事に対してある程度割り切って挑む姿勢』が求められます。つまり、仕事とプライベートをどのように切り替えて自身を管理していくかが問われるところ。人によっては仕事に対してのプレッシャーをあまりに強く感じすぎてしまいます。
また、外資企業で働く上司たちは、仕事の基本的なことは教えても部下を育てるという概念は持ち合わせていないことがほとんどのため、例えすべてが手探り状態でも自分の力でどんどん新たな道を切り開いていく必要があり、ときにはそれがハイリスクハイリターンとなることもあるでしょう。

161205_popularity-profession2
モテる職業が知りたい!異性から人気がある仕事BEST5

インセンティブ制度や福利厚生の有無

外資系企業ではインセンティブ制を取り入れている企業が多く、個人の成果に応じて賞与が変動します。つまり、結果が出せなければ収入面に影響するため、ときには給与にむらが出てくることもありますし、日本企業の様に福利厚生や退職金制度がない企業もあるので、それらに将来的な安定性を求めている人にはデメリットと言えるかもしれません。

収入面と労働時間から見る外資系企業

効率的に仕事をこなす外資系社員

収入が良い業種は?

外資系企業に問わず、就活を始めるにあたって希望する業種の収入面や労働時間はどれくらいのものなのかが気になる人は多いですよね。年収という要素で見たとき、金融関係の業種の年収は、外資系企業の中でもNo.1高年収と言われています。外資コンサル系の企業は、昇進スピードが速く人気の業種です。

150807_profitable-business2
意外と知らない儲かる仕事ランキング

外資系企業の労働時間

年収も気になるけど自分の時間も大事にしたいと考える人にとっては、労働時間も気になる要因の一つ。外資系企業の『残業』に対する価値観は日本とは全く違います。日本では当たり前のような残業ですが、外資系企業では残業は仕事を時間内に終わることのできない『無能』の証として捉えられる傾向にあるのはもはや有名な話ですが、実際は外資系企業の中でも労働時間はそれぞれ。

ですが、残業に関してシビアな外資系企業の中でも、労働時間が長いイメージのあった金融関係の企業も、改善が進み残業時間が減少しています。労働時間は比較的長いが休暇が取りやすいのはコンサルタント系の企業やIT業界となります。

自分が進みたい業種であることも最優先ですが、こういった面からも自分がどの様に働きたいのかなど、入社後をイメージし自分のライフスタイルに合った企業を事前にしっかり把握研究しておきましょう。

外資系企業への就活!開始時期と流れ

外資系企業の就職活動が始まる時期は、一般的に日本企業より早いのが特徴です。

外資系企業の就職活動開始時期&就活スケジュールの大まかな流れ

英字新聞で英語力を高める社員

外資系企業では8月のサマーインターンとしてインターンシップを開始する企業が多く、そのインターンシップのエントリーは6~7月に始まります。
その後10月に企業説明会を行い、翌月の11月には筆記試験が行われ、12月に面接試験となり面接試験が終了次第、順に企業側が結果を出し内定に繋がる流れになります。

150914_internship-motivationletter2
インターンシップの志望動機の考え方と具体例

希望の会社を絞っていくには

企業を絞っていくには、会社説明会では自分が希望する業界でも複数社の説明会に参加してみましょう。判断に迷ったときには希望以外の業界の説明会にも参加してみると良いですよ。より自分がどこで働きたいのか、どんな内容の仕事をしていきたいのかを明確にすることが出来たなら、後の面接試験でも有利となってきます。

英語は必須!読み書きできなければ仕事になりません!

外資系企業に就職したいと考えている人なら、学歴や理系文系に問わずまず英語力をしっかり学ぶことが大前提です!これは、外資系を目指した時点か、できればそれ以前から取り組むべき課題となります。
ちなみに、仕事をする上で必須となってくる英語はただ話せるというレベルではなく、得意と言えるぐらいのレベルにしておくことが絶対的必須項目ですよ!。

英語のレベルとしてはTOEICで750点以上が目安。
「自分は外資系企業でも技術者希望だから、少しできれば大丈夫」と安心するなかれ、ビジネスに対して手を抜くような姿勢を持っていると、そこでシャットアウトとなりかねません。
企業やポストによっては900点以上を求められることもあるため、ネイティブな発音でもわかる、対応できるくらいの実力が求められます。

また、英語の他にも第二外国語を話すことができたり、1年以上の海外留学経験があるなども内定に有利となります!

外資系企業の就活で抑えるべきポイントは3つ!

外資系企業に内定をもらった大学生

ひとつは早めの就活開始!

全てのスケジュールが日本企業に比べて早い時期に始まる分、外資系企業への就活を考えている人は、自己分析や企業研究は早い段階からしっかり行っておく必要があります。

2つ目はサマーインターン!

また、外資系企業の特徴としてサマーインターンの中で内定を出す企業が多い傾向ために、この対策も必要となります。

サマーインターンの期間中はただ仕事の流れを覚える、社風を確認するなど一般的なインターンの流れにならないように!インターン期間中から「自分はここで働いている社員の一員なんだ」という気持ちを持ち、実際に働いている将来上司や先輩になるであろう人たちとともに積極的に仕事に取り組み、発言や行動をしていく姿勢で内定獲得に繋いでいきましょう。

3つ目は12月の面接試験!

外資系企業では特にこの最後の面接試験が難関と言われており、企業によって様々ですが面接の回数も多い所では10回以上行う企業もあります。
面接の内容もかなり突っ込んだ質問をされることもあり、面接対策は考えている以上の内容を想定し事前準備が必要となってきます。

その他、外資系企業ではグループディスカッションを行う企業も。まだ、実施している所は少ないと言われていますが、グループワークの目的やディスカッションでテーマになりやすいものなどを押さえておくと対策になりますよ!

170119_group-work2
グループワークのコツを押さえる!GW面接での企業の評価

外資系企業への就活成功の道は早めの行動がキーポイント

就活をするにあたって日本企業より就活時期のスタートが早く、より難関と思われている外資系企業への就活。しっかり事前準備をしておくことで、いざ就活時期になったときも焦らず効率的に行動を進めていきましょう。

事前準備では、自分に合った企業を選択するためにも自己分析や企業研究はしっかり行うこと、必須となる英語力を身に付けておくことが大前提となりますが、この3つ、特に英語への取り組みはより早い段階で行動を開始していく必要があります。

外資系企業ではインターンシップ期間内の行動や仕事結果、仕事に対する積極性などから内定を多く取る企業が多い傾向にあります。このインターンシップも企業によってはサマーインターンの時期より早い段階から参加できる場合もあるため、積極的な姿勢を見せていくためにも可能なかぎり参加をすることをお勧めします

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ