グループ面接でよく聞かれる質問と対策

一次面接はグループ面接という会社も多いです。初めてのグループ面接に戸惑っている就活生の皆さん、事前の準備をしっかりすれば恐れることはありません。グループ面接について知っておきたいポイントや、よく聞かれる質問と対策法についてご紹介します。自己紹介や自己PRの具体的な例や身だしなみや面接のマナーも解説します。

グループ面接でよく聞かれる質問と対策

グループ面接で上手にアピールするには

就活をしているとグループ面接を受ける機会も多いと思います。ライバル達の中で自分の良さをどうアピールしたらよいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分をアピールするといっても、ただ目立てばよいというものでもありません。

会社側がどんなところを見ているのかを知り上手にアピールする必要があるのです。就活中の皆さんに向けて、グループ面接の行われ方やよく聞かれる質問、対策法などをご紹介します。

グループ面接の基礎知識を確認しよう

初めてグループ面接を受ける時、どのようなことをするのか不安に思いますよね。最初に大まかな流れを確認するところから始めましょう。ここではグループ面接について知っておきたい知識をまとめました。

勉強の基礎を教えてくれる熱血教師

グループ面接を行う理由

会社側にとっては、個人面接より短時間で選ぶことができるというメリットがあります。志望者が多い会社ですと初めから個人面接を行ったのでは時間と手間がかかりすぎます。そのため一次面接をグループで行い人数を絞ってから個人面接を行う会社が多いのです。

応募人数が多い大企業の場合は、パターンを変えて数回グループ面接が行われることもあります。

グループ面接での人数や時間

グループ面接は、面接官2人に対し就活生5人ほどで行われることが多いです。
入室してから終わるまでは大体30分程度で、一人当たりで考えると5分ほどになります。

グループ面接の大まかな流れ

一次面接で行われるグループ面接の一般的な流れは以下の通りです。

一般的な流れ

  • 入室して着席
  • 自己紹介や自己PR、志望動機を話す
  • 面接官からの質問に答える
  • 担当者に質問があるか聞かれる
  • 退室

面接官から質問される場合、全員に同じことを聞く場合もあれば別々の質問をされる場合もあります。

150528_groupinterview_knack2
集団面接の自己アピールで好印象を与えるコツ4つ

グループ面接で会社側が見ている部分

受ける側としては短時間で自分のことをうまくアピールしなければならず、どうしたらよいか悩ましいところですよね。グループ面接で会社側がチェックする部分を知れば、しっかり対策することができます。ここでは、グループ面接時に会社側がチェックする主なポイントについてご紹介します。

細かいところまで気がつく視野の広い面接官

面接のマナーが身についているか

まずは入室の仕方など、面接のマナーができているかをチェックされます。就職後、取引先に失礼な態度を取るような人物では話になりませんよね。面接マナーは一般的なビジネスマナーにも通じる部分があります。

社会人として恥ずかしくない行動ができる人物か確認するため、入退室の仕方、挨拶ができるか、座っているときの態度などがチェックされます。面接を受ける前に一般的なビジネスマナーを確認して失礼のないようにしましょう。

面接の場に合った服装や身だしなみができているか

清潔感のある服装や髪形といった、身だしなみについても確認されます。ビジネスシーンでは身だしなみも大事に考えられていて、特に清潔感のある服装が重視されます。せっかくのスーツがしわだらけでは「だらしない人」という印象を与えてしまうかもしれません。

特に中に着るシャツは襟やそで口なども汚れがちです。汚れたらクリーニングに出せるよう3、4枚用意しておくことをおすすめします。スーツもしわになりにくいものを用意したり、就活の合間を見てクリーニングに出したりするときれいな状態を保てます。

社会人としてふさわしい話し方ができるかどうか

敬語の使い方や声の大きさ、態度などもチェックされます。グループ面接で話す時間は短時間ですが、百戦錬磨の面接官はちゃんとした話し方ができる人物なのかすぐに見分けることができます。「面接の時だけすましていればいいや」とあまり準備してこなかった人のことは簡単に見抜いてしまうでしょう。

普段使い慣れない敬語は事前に確認し、自信をもって話せるよう面接練習をすることをおすすめします。

150407_groupdiscussion_knack2
グループディスカッションを突破する3つのコツ

グループ面接でよく聞かれる質問と対策法

グループ面接は他の学生も質問に答えます。限られた時間の中で簡潔に答える必要があるため、一つの質問につき大体30秒から50秒程度でまとめるのが良いでしょう。ここではグループ面接で聞かれることの多い質問と対策法についてご紹介します。

対策を練っているやり手の営業マン

自己紹介と自己PRの違いに注意

グループ面接では自己紹介や自己PRを聞かれる場合が多いと思います。ここで注意したいのは自己紹介と自己PRの違いです。自己紹介は今までの経歴を大まかにまとめて話し、自己PRは一つの長所や特技について具体的なエピソードを交えて話します。緊張して両者を混同してしまう場合もあるので気を付けましょう。

自己紹介の例

○○大学△△学部の××と申します。大学では昔から興味があった○○について研究していました。学業以外では吹奏楽部に所属しトランペットを担当しており、△△コンクールでは金賞を受賞した経験があります。本日はよろしくお願いいたします。

自己PRの例

私は好奇心旺盛なところがあります。外国のことを知りたいという気持ちから英会話を学び、大学時代は1年間アメリカ留学も経験しました。違う文化に身を置くことで初対面の人とでも臆せず話せるようになりました。自分のコミュニケーション力と英語能力を生かし、御社の営業活動で良い成績を残したいと思っております。

良く聞かれる質問の例と対策法

自己紹介や自己PRの他には次のような質問もよく聞かれます。前もって考えておくとあわてなくて済むので、自分なりの答えを用意しておきましょう。

  • 志望動機について
  • 学生時代に頑張ったことは?
  • 自分の長所や短所は?
  • 今気になっているニュースは?
  • 5年後にはどんな自分になっていると思うか?

その他、志望する会社についてどのくらい知っているか問う質問や「1億円あったら何をしたいか?」というユニークな質問まで様々あります。志望動機や長所、短所などはエントリーシートに書いたことを答えれば大丈夫です。あとは企業研究をしっかりして仕事についての質問にも答えられるようにしましょう。

150612_interview-etiquette2
面接のマナー知っておきたい3つのポイント

他の就活生の話を聞く態度も大事

グループ面接では周りの人と歩調を合わせることも大事です。自分の番が終わっても気を抜かず、話している人に視線を向けきちんと話を聞きましょう。そうすれば協調性のある人という印象を面接官に与えることができるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ