Loading

転職を失敗した人のケース別アドバイス

より良い仕事がしたくて転職したのになぜかうまくいかなかった皆さん。失敗の原因を考えて再就職に生かしてみませんか?転職にありがちな失敗例とケース別アドバイスをご紹介します。これを読んで次回の就活に生かしましょう!

転職を失敗した人のケース別アドバイス

転職に失敗してしまった…再就職したいとお悩みの皆さんへ

夢を抱いて転職したはずが、様々な理由でうまく行かずお悩みの皆さん。「こんなはずではなかったのに」と後悔しているのではないでしょうか。再就職するときには絶対失敗したくないですよね。今回は失敗から学ぶ転職の成功術をご紹介します。

よくある転職失敗例とケース別アドバイス

あなたは転職でどのような点が失敗だったと思いますか?うまくいかなかった原因を探り、再就職に生かしましょう。転職のありがちな失敗例と再就職に生かせる改善策をご紹介します。

Case1.憧れだけを優先して転職したが仕事の忙しさについていけなかった場合

「事務の仕事をしていたが地味な毎日で、華やかなイメージのある職業に憧れていた。そこで好きなブランドを扱うアパレル系への転職をしたが、イメージとは違って体力勝負の仕事が多いことにびっくり。体力がないため毎日ヘトヘトになって寝るだけの日々。この先仕事を続けられるか不安な毎日を送っている。」

憧れの女性とデート中の男性

アドバイス

華やかな仕事に憧れを持つのは誰にでもあることです。ただし憧れの職業が自分に向いているかは別の話。見た目だけにつられて下調べが足りなかったかもしれません

優雅に泳ぐ白鳥が水面下では必死に足を動かしているように、どんな仕事にも大変な面があります。再就職の際には、希望する職種の体験談などを聞いて職務内容をしっかり調べましょう。

Case2.条件の良さに魅かれて入社したがとんでもないブラック企業だった場合

「遠い勤務地に転勤を言い渡されどうしても行きたくなかったので転職活動を開始した。条件面をクリアする企業が近所にあったので応募し採用。引っ越さずに働けると思ったが、上司は威圧的、休日出勤は当たり前のブラック企業だった。この転職は失敗だったと後悔している」

ブラック企業に勤務している男性

アドバイス

転勤したくないからと、安易な気持ちで転職して失敗したケースです。転勤先で成果を上げて希望する勤務地で働けるよう頑張ってみてもよかったのかもしれません。このように慌てて転職してしまうと予想外のことが起きる可能性があります。

仕事一つでこれからの生活もかなり変わってきます。条件面で魅力的な企業があっても、すぐに飛びつかずにじっくり考えることも必要ではないでしょうか。次回はもっと慎重になって企業選びをして失敗しないようにしましょう。

Case3.下調べを十分にしたつもりが転職してみると違っていた場合

「希望する業種について働いている人の話を聞いたり、実際に見学したりして十分に調べてから入社した。でも実際に転職してみると考えていたのと違う気がする。自分のスキルを生かせていない感じがするし、転職して良かったのだろうかと悩む日々を送っている」

思っていたのと違う上司

アドバイス

入念に調べて転職したつもりが、実際に働いてみるとイメージと違っていたケースです。 百聞は一見にしかずと言うように思っていたのと違う場合は多いもの。それでも目をつぶって仕事を続ける人もいますし、その違いが許せなくて「転職失敗した」と考える人もいます。

このケースに当てはまる方におすすめなのが「イメージと違うのは当たり前」と考えて、あらかじめ許容範囲を決めておくことです。そうすれば多少の違いが許せるようになり、無駄な転職をせずに済むのではないでしょうか。

150602_careerchange_motivationletter2
転職の志望動機の魅力的な書き方

Case4.転職後の会社に不満を感じ前の会社に戻りたいと思っている場合

「前職よりも給料が高く待遇も良い会社に転職した。良い条件の元で自分のスキルを生かして働けると思っていたが、前の職場の方が自分に合っていたように感じる。できれば以前の会社に戻って仕事をしたいのだが…」

前の会社に戻りたいと後悔している男性

アドバイス

一度辞めた会社に出戻りするのは簡単なことではありません。 たとえ両者が納得した上で退職したとしても、一度辞めた人間を再び迎え入れてくれるかは微妙なところでしょう。無事に戻ることができたとしても同僚と以前のように付き合うことが難しいかもしれません。出戻りするときは人間関係のデメリットも覚悟しておきましょう

Case5.希望していた業務以外の仕事もやることになりつらい場合

「技術職に応募して採用されたはずなのに、採用後しばらくしたら営業に回されてしまった。どちらかというと営業は苦手な分野なのでストレスを感じる。専門知識を生かした仕事がやりたくて就職したはずなのにどうしてこのようなことになってしまったのだろう」

仕事が辛いと顔に出ている男性

アドバイス

失敗の原因は面接でのアピール不足かもしれません。採用されたくて「何でもやります」というような態度では希望する部署につけない可能性もあります。自分のスキルや希望する部署をしっかり伝えたか思い出してみてください。

「ちょっと控え目だったかも」と思ったあなたは、次の転職活動では自分の専門性や希望する業務内容などをしっかりアピールしましょう。「持っている資格を生かして働きたい」「この業務なら成果を上げる自信がある」としっかり伝えることで希望の職種で長く働ける可能性が高まります。

150602_rirekisho_careerchange2
転職を成功させる履歴書の書き方と郵送方法

Case6.転職に失敗してうつになってしまった場合

「転職して気分も新たに頑張ろうと思っていたのに、慣れない職場環境からうつになってしまった。転職して早々病休も取れないし結局辞めて現在は無職の身。就職活動したくても気分が乗らないし体もだるい。何のために転職したのだろうと悶々とする日々を過ごしている」

うつになりかけている男性

アドバイス

転職によって環境が変わり、職場の人間関係や仕事での悩みを抱えてうつ病になってしまったケースです。無職になると収入がなくなり早く就職したいと思ってしまいますが、ここで無理をすると心の病が悪化してしまいます。

まずは体と心をしっかり休めましょう。仕事はいきなりフルタイムではなく、短時間のアルバイトから始めることをおすすめします。そこで働ける自信がついたら正社員としての就職を目指すとうつ病の再発を防げます。

150520_careerchange_preparation2
転職準備で再就職を成功させる5つのコツ

再就職を成功させるコツは焦らずじっくり探すこと!

いかがでしたか?転職が失敗したのは残念ですけれど、今回の経験から学ぶこともあるはずです。後悔ではなくしっかり反省して再就職に生かしましょう。次は良い仕事にめぐりあえますように!

スポンサーリンク