職務経歴書の自己PRの書き方ヒントと構成例

就活の第一歩となるのは、最初に提出する職務経歴書です。会社側の目にとまるかどうかは自己PRの書き方次第かもしれません。今回はあなたを上手に売り込む自己PRの書き方についてご紹介します。書き方で悩んでいる方はぜひ参考になさってください。

職務経歴書の自己PRの書き方ヒントと構成例

個性の光る職務経歴書の自己PRの書き方とは

正社員でもアルバイトでも働いてみたい職種が決まったら、いよいよ職務経歴書の作成です。しっかり自分をアピールして採用につなげたいですよね。そのためには自己PR欄にはどのようなことを書いたらいいのでしょうか?

今回は企業側にアピールするための自己PRの書き方についてお伝えします。何を書いたらいいか迷っている方は参考になさってみてくださいね。

【まずは自己分析】アピールポイントを探る方法とは

自己分析で真っ白になった男性

何を書いたらいいか分からない場合は、自分の長所や今までの経験を書き出すことから始めましょう。その中から希望する職種につながるものをピックアップしてみると書きやすくなります。この作業は面接対策にも役立ちますのでぜひ取り組んでみてくださいね。

アピールしたい長所について考える

自分の長所で仕事に役立つ面があると、企業側への良いアピールができます。まずは思いつくまま書き出してみて、その中から希望する職種にプラスになるような長所をピックアップしましょう。

自分の長所がピンとこない場合は以下の方法で探してみてください。

  • 友達や家族に聞いてみる
  • 誰かに感謝された経験を思い出す
  • 短所から書き出してみる

周りの人に聞いてみると自分でも気づかなかった長所を知ることがあります。また、長所が思いつかない場合は短所から探ってみる方法もあります。短所と思っていたことでも逆から見ると長所になる場合もあるためです。

今までの社会人経験をまとめてみる

今までの社会人経験についてのエピソードを盛り込むと自己アピールになります。前職での経験で生かせそうな部分があればどんどん書いてみてください。

以下のような内容から探ってみるといいでしょう。

  • どのような職種に就いていたか
  • 担当していた業務の内容
  • 成果を出すためにどのような努力をしたか
  • 目標を達成して得られたことは何か

どのようにして目標を達成したのか、成功までのプロセスを説明することが大切です。「仕事でこんな成果が出た」と書くよりは目標を達成するために努力したことや工夫したことを重点的に書くと良い印象を与えることができます。

150603_syokureki_parttimejob2
職務経歴書を書く時にアルバイト経験しかない場合の書き方

仕事の経験が少ない場合はプライベート面から探ってみる

社会人としての経験が少ない場合は次のことも自己PRの材料になります。

  • 持っている資格について
  • 資格を取るに至った背景
  • 自分を高めるために勉強していること
  • どのような人脈があるか
  • 今まで行ってきた趣味やサークル活動

ここでも努力や工夫をして改善した点があればアピールポイントになります。ただ「こんな資格があります」と書くよりは「このような経緯があって資格取得を目指した」と書けるといいですね。

就きたい仕事に関係する資格の取得した場合や、現在勉強中の場合は強力なアピールポイントになります。自己PRにぜひ盛り込みましょう。

【基本中の基本】自己PRを書くときの書式について

自己分析が終わったら自己PRの作成に取り掛かりましょう。その前に基本的な書き方のルールについて確認しておきます。

必ず守ってほしいことは以下の通りです。

  • 誤字・脱字は厳禁!手書きなら読みやすい字で書くこと
  • 文体は「です・ます」で統一すること
  • 指定された文字数を全部埋めるよう努力すること
  • 短い文章で言いたいことが伝わるよう、アピールポイントは一つに絞ること

100字から400字程度の文字数指定をする会社が多いようです。中には文字数の指定がない場合もありますが、だらだらと書いてしまって言いたいことが伝わらない文章ではかえってマイナスです。その場合も300字から400字程度でまとめたほうが読みやすいかもしれません。

【書きたいことが決まったら】自己PRのパターン別構成例

自分の性格や職歴を整理したら、自己PRに書くエピソードを選びます。書き方は正社員でもアルバイトでも同じです。就きたい職種に合ったアピールができるよう考えてみましょう。ここではパターン別の構成例をご紹介します。

文章の構成を考えている社員達

前職での経験を絡めて書く場合

前に就いていた仕事の詳しいエピソードを盛り込んで即戦力になる人材であることをアピールしましょう。

構成例

  • 前職で行っていた業務内容
  • 改善した点や成果を上げた点などの具体的なエピソード
  • 希望する職種ではどんな努力をして成果を上げたいか

エピソードを書くときに具体的な数字を入れるのがおすすめです。

例えば

  • 「クレームが10件あったが、このように改善した結果2件に減った」

  • 「このような営業努力で売り上げが10%上がった」

このように工夫した点と具体的な数字を書くことで説得力がぐっと増します。

自分の長所を前面に出して書く場合

長所を絡めて書く人は多いと思われます。そのためありきたりの文章では採用担当者の心に残りません。オリジナルのエピソードを交えて書くことと、その長所がなぜ仕事に役立つのかをはっきり書くことが大事です。

自分の長所をパソコン入力している女性

構成例

  • 初めに自分の長所を書く
    「私のモットーは○○です」「○○を大事にしています」

  • 長所にまつわる具体的なエピソードを書く

  • その長所が仕事でどのように役立つのかアピールする

未経験の職種に就く場合

接客業からIT関係への転職など未経験の職種を希望する場合は、なぜこの仕事をしたいのかというアピールが大事です。前職の経験で希望している仕事につながる体験があれば、そのエピソードを交えると説得力が増します。

構成例

  • 職種に興味を持った経緯を書く
    例文:「友達の仕事に興味を持った」

  • その仕事に就くために努力していることを書く
    例文:「資格取得の勉強をしている」

  • 未経験でもやる気があるところをアピールする

接客業の就職を希望する場合

接客で必要なのはコミュニケーションスキルです。前職での経験、日々の生活でのエピソードを交えてコミュニケーション能力が高いことをアピールしましょう。

ファミレスで仕事中の女性

構成例

  • コミュニケーションに関する長所を書く
    例文:「聞き上手」「コミュニケーションには自信がある」

  • 人の役に立ち喜ばれた、または接客で成果を上げたエピソードを書く

  • どのような接客をしたいか明確にする
    例文:「会話を通してお客様の希望に合った商品を提供したい」
150602_syokureki_handwriting2
職務経歴書は手書き?パソコン?正しい書き方

簡潔で読みやすい自己PRを心がけて

いかかでしたか?自分をうまくアピールすることで持っているスキルや仕事への熱意が伝わるはずです。読む人の立場に立った分かりやすい文章で勝負しましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ