Loading

就活で自己分析をする目的と診断方法

自己分析は必要ないという方もいますが本当にそうでしょうか。自己分析は就職活動を始める際に必ず必要になってきます。自己分析を正しく行うことで自分の長所や短所を再発見する事ができます。自己分析をする意味や理由、正しい診断方法を紹介します。

就活で自己分析をする目的と診断方法

自己分析で本当の自分を見つける

自己分析は過去の自分や、今の自分、さらには将来に自分がどうなりたいか、自分を成長させる為に必要不可欠な分析です。 本当の自分を見つける事や、本当にやりたい事はどのような事なのか、就職活動や転職活動を始める上でも、自分の為に非常に重要な事なのです。

自分を理解するのが自己分析の目的

そもそも自己分析は何のためにやるのでしょうか、社会人の方は会社や仕事の為、大学生の方は就職活動の為、と思うかもしれませんがそれは違います。

自分が誰なのかわからない猫

本来の目的は自分の為に自己分析をします。自分で自分の事を理解している人は少ないでしょう。その為、自己分析という形をとって改めて自己分析をするのです。

自己分析をする事によって就職活動や転職活動でも、自分がやりたい仕事や業務が見えてくるでしょう。

自分自身を再発見しよう

しかし自己分析が不要だと考えている方も少なくありません。就職する為には必須だとか就活マニュアルに書かれていたからとりあえずやってみた、と言う方も多いと思います。

大きい目で見つめる猫

もちろんそれでも良いのですが、自ら進んで自分を見つめ直すという気持ちが重要になります。 そうする事で素直な気持ちで自己分析に望める事でしょう。

就活中の方には避けては通れない自己分析ですが新たな気持ちで自分を再発見してみるのも良いのではないでしょうか。

心を鍛える意味もある自己分析

自己分析は自分と向き合う作業です。過去の自分のトラウマなど良くない記憶を思い出す可能性もあるので自己分析はしたくない方もいるかと思いますが、自分と向きあうことでこれから社会人になる学生の方や、社会人でさらなるキャリアアップを目指す方の心を鍛える意味でも必要な通過点と言う事を覚えておきましょう。

しかし完璧を求めすぎて心に負担をかけ過ぎるのは本末転倒になってしまうのでムリはせず自分のペースで自己分析をするようにしましょう。

インターネットの自己分析で行き詰まりを解消

両手でタイピングする猫

インターネットでも自己分析ができるサイトがいくつかあります。なかでもエニアグラムと言われる自己分析のテストは的中率も高くインターネットでも人気がある自己分析方法です。

エニアグラムとはテストした人を9つの性格に分類して基本的な自己分析を可能にする診断方法です。ビジネスやカウンセリング、就職試験にも採用されているほど信頼度は高いので一度活用してみるのをおすすめします。

自己分析になれない時や、行き詰った時などはインターネットを活用すると息抜きにもなり良い結果がでるかもしれません。

過去、現在、未来の自分を見つめる

自己分析は大変な作業で、苦手な人は体力的にもキツイでしょう。 しかし自分の為と思って、しっかり考えてみましょう。就職活動をする上で自分の事を知ることは何よりも強みになります。 就職活動を成功させ、なりたい自分になる為に自己分析は重要なポイントになるでしょう。過去の自分、現在の自分、未来の自分に分けて考える事ではっきりしたビジョンが見えてくるでしょう。

過去の自分の夢や希望を再確認

過去をみつめて、自分はどのように生きてきたのかエピソードを連想しながら考えて行きます。 小さい自分は何をして遊んでいたのか、学校ではどのような人物だったのか、自分のクラスや担任の顔などを思い出すと多くの情報があると思います。

過去の自分を思い出している猫

その中には自分の夢や抱いていた希望もある事でしょう。そのような部分をピックアップする事で過去の自分を探す事ができるでしょう。

自分は今どのような状況なのか

今の自分はどのような事をしているのか、どのような趣味なのか、何かに熱中している事はあるのか、大学生の方であれば何を学んで、何に興味があるのか、社会人の方であればどのような業務でどのような責任があるのか。

現在の自分を辿って行く事で、改めて自分を見つめ直すことができるでしょう。そしてそれを元にすると現在の不満点や改善したい事が見えてくるでしょう。

150415_suitable-job2
自分に合った仕事を見つける3つのポイント

自分の未来設計からやりたい仕事を見つける

未来の自分を考える事は自己分析で一番重要な事だと言えます。それは何故かというとこの部分が就職活動で強みになるからです。

どのような仕事について、どのようなキャリア設計を考えているのか、1年後の自分、3年後の自分、10年後の自分など、短期的な期間から長期的な期間で考えてみましょう。

それから過去の自分と現在の自分を自己分析した結果を将来の自分に当てはめ、未来のビジョンを見つけます。過去、現在、未来をリンクする事で自分がこれからやりたい仕事や業務などのキャリア設計ができるでしょう。

150515_no_work2
やりたい仕事がない人の適職の探し方

自己分析で就職活動や転職活動が見えてくる

これらの自己分析で自分が見えてくると、自分の長所や短所だけでなく自己PRも難なく書く事ができるでしょう。

転職を考えている猫

自分のやりたい業務や業界が見えてくると就職活動や転職活動の際、企業選びで迷うこともなくなります。就職試験の面接でも質問に対してスムーズに答える事ができるでしょう。

自分の狙った企業に就職する事で就職後のミスマッチをなくす事ができるので短期間の退職を防ぐ事にもなります。 このように自己分析は就職活動や転職活動をする上で非常に重要な事なのです。

スポンサーリンク