グループディスカッションを突破する3つのコツ

就職活動の採用試験の一つであるグループディスカッションのコツを紹介。企業が学生を採用する際の採用基準や意図を考えながらやり方やポイントを説明します。苦手な方も多いグループディスカッションですがしっかり理解して突破しましょう。

グループディスカッションを突破する3つのコツ

企業が学生に求めている意図を理解する

グループディスカッションとは就職活動の採用試験の一つで4人から8人ほどで出題されるテーマについて学生間で話し合いをする事を言います。時間は30分前後、長くても1時間ほどで終わります。近年、グループディスカッションを採用試験に取り入れている企業が増えている傾向があります。企業の求める意図を正しく理解する事で対策や突破方法が見えてくるでしょう。

グループディスカッションで企業がチェックしているポイント

それでは企業がグループディスカッションをして学生の何を見て何を求めているのか、6つのポイントを紹介します。

書類をチェックされている男性

しっかりコミュニケーションが取れているか

グループディスカッションは集団の話合いなので学生間でしっかりコミュニケーションを取る必要があります。会話のやり取りは全て企業が見ているので、自分の意見を発言し、他の学生の意見もしっかり聞く事が重要になります。

採用に値する人間性を持っているか

短い時間ですがテーマに沿って話し合いをする事でその人の人間性が見えてきます。言葉遣いや仕草などさりげない行動にも注目され、この人はどのような人なのかを判断されるでしょう。グループディスカッションの最中はしっかり気を引き締めましょう。

視点を変えた発想が出来ているか

発想力のある人材は企業にとって貴重な存在です。そのような人を採用する為にグループディスカッションを採用していると言っても過言ではありません。違った視点から物事を見つめる事で企業に注目されるでしょう。

論理的で説得力のある話し合いが出来ているか

論理的思考力を持って話し合いのできる学生も企業からは好評価が貰えるでしょう。理由をもって話し合いができる学生は少ないので、意見を述べた後にその理由を付け加える事で企業の意図を達成する事ができます。

協調性を持って議論を進められるか

グループディスカッションは個人プレーでは上手くいきません。周りの空気を感じ取り、時には他の学生のフォローをして協調性のある事をアピールしましょう。協調性は採用後も必ず必要な資質になるので重要視する企業が多いです。

柔軟で的確な思考力はあるか

テーマの問題を解決へと導く柔軟な思考も企業が注目する要素です。発言しその理由を説明する、ではどのように実行するか。そこを考えて発言する事で企業の注目が得られるでしょう。

このように企業がグループディスカッションをする意図を感じ取る事で対策をしっかり練る事ができるでしょう。

グループディスカッションを成功させるコツ

企業が学生に求める意図がわかった事で、次はグループディスカッションを成功させるコツを紹介します。企業の求めるポイントを頭にいれ臨む事でグループディスカッションを突破する事ができるでしょう。

役割をしっかり理解して議論を進める

グループディスカッションでは協調性やチームワークを想定しています。その為始める前に役割を決める事があり、その役割をしっかりこなす事で企業にアピールする事ができます。

整列して会議をするあひる達

議論には必ずリーダー役が必要ですが、役を取り合う必要はありません。リーダーだからといって評価が上がるとは限らないからです。当然サポート役だからといって評価されないということもないでしょう。

その為決まった役割をしっかり理解して議論をまわす事が重要なのです。

場の空気を読んだ発言をする

グループディスカッションで喋りすぎるのは良くありません。これは話すのが苦手な方や、過度に緊張した学生にみられるケースです。また自分のアピールを意識しすぎて周りが見えなくなった学生もそのような傾向があります。

空気を読まない発言をされ機嫌が悪くなった男性

グループディスカッションはチームプレーが試されるので前に前にでる学生よりも、核心を突いた発言をする学生の方が好印象を与えられます。

話すのが苦手な方もムリに喋る必要はありません。しかしその場合でも他の人の発言には相槌などリアクションを大きめに取る事で参加している意思をアピールしてみて下さい。

後は場の空気を読んだ発言をする事や、ある意見に対して的確に返答する事ができればそれだけで評価は高くなるでしょう。

議論に正解を出してはいけない

議論に正解はありません。ムリに正解を導こうとする方がたまにいますが企業はそれを求めてはいません。正解を求めると求めるほど喧嘩腰の議論に発展する可能性もあるため注意が必要です。

言ってはいけない事を知っている男性

正解がないものを何故企業が採用試験で取り入れているのかというと、あくまで学生の議論を通じて採用基準に達しているかを計るための試験だからです。

結論を出すのではなく企業の求めるものを意識し、意見の交換をして、発言する事で評価を上げる事ができるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ