Loading

ニートの原因や特徴を理解して脱出する方法

現在ニート生活をしている殆どの方は将来に不安を持っているでしょう。このままニートを続けて良いのだろうか、正社員で就職できるのだろうか、このような複雑な気持ちを払拭するニート脱出の手がかりを紹介します。原因を知ることで新しい道が見えてくるでしょう。

ニートの原因や特徴を理解して脱出する方法

ニートの原因を確認して脱出の手がかりにする

近年日本ではニートが増加傾向ですが高齢化社会を迎える今、それに伴いニートの年齢が高齢化してきている状況です。このような状況に対する効果的な施策は今のところ無いのが現状です。ニート増加に歯止めをかけるのは自分自身がニートになった原因を把握して、考え方を改めることが必要になります。

誰かを頼っていては、いつまでたってもニートを脱出する事は難しいでしょう。年齢が高くなればなるほどハードルは上がるので今のうちに将来を考える必要があります。今一度ニートになる原因を確認して脱出の手がかりにしましょう。

自分の性格を理解してくれる職場を探す

ニートの方の特徴として真面目な性格が多い、と言われています。真面目なら働くべき、と考える方もいますが、そのような短絡的なことではないのでニートを脱出する事が難しいのです。

寛容的な上司の男性

最近インターネットの言葉で「真面目系クズ」という言葉が使われています。真面目系クズとは何かというと、仕事や学業に真面目に取り組むのですが、成果が付いてこない方を指します。真面目なのに効率が悪いので周囲からの評価は低いのです。

ニートはこの真面目系クズに該当する方が多いのですが、このような性格の方に寛容にならない社会がニートを増加させていると言えるでしょう。

仕事や学業を一生懸命真面目に取り組んでいるのに周が理解してくれない、そんな気持ちが本人のやる気を削いでしまい結果ニートになってしまうのです。

脱出の手がかり

理解のある職場を探すこと。公務員など公的な職場につくのもおすすめです。また非営利団体などの求人を見つけて、面接試験で自分の事を正直に話し職場に理解を求めるのも重要です。

高難易度の資格に挑戦することが脱出のカギ

ニートには高学歴な方が多くいます。何故高学歴なのにニートになってしまったのか、疑問に思う方も多いでしょう。しかし理由は至極全うで就職に失敗した、という事が原因となっています。

どういう事かと言うと、高学歴でニートをしている方は良い大学に通っていました。卒業後就職をするのですが、そこで就職に失敗するのです。高学歴の方はプライドや自尊心が高い傾向にあるので就職に失敗したのは自分が悪いと思い込んでしまい、プレッシャーに押しつぶされてしまうのです。

150430_workingpoor_welleducated2
高学歴ワーキングプアに見る5つの特徴

一度挫折すると、そのことがトラウマとなり気持ちの切り替えが上手く行きません。現在の日本では新卒で就職に失敗すると、大手企業に就職する事はほぼ不可能です。その事も知っているのでさらにやる気がなくなってしまいニートの道を進んでしまいます。

脱出の手がかり

取得難易度が高い需要のある資格をとりましょう。就職に有利な資格として「宅地建物取引主任者」や「社会保険労務士」などがあります。難しい資格ですが取得すると就職に有利なのは間違いないお勧めできる資格です。

アルバイト先でそのまま正社員として働くのも脱出の手がかりとして有効

学校を卒業したあと就職をせずにフリーターになった方もニートに多いです。若いうちは良いのですが、ずっと続けていくうちに働き口がなくなり、結果ニートになってしまいます。

仕事のデキるベテランウェイター

フリーターはアルバイトやパートを生業にしています。アルバイトの場合は責任を持つ事があまりない為、正社員で働いている方と比較して社会経験が少なくスキルも乏しいのが特徴です。ある年齢になり、就職活動をしても社会経験やスキルが少ないと採用してもらえる可能性も期待できないのです。

就職するのが難しいと感じてしまうと、就職活動をする気も起きなくなるので、家に引きこもりがちになるのが原因となりニートになってしまいます。

脱出の手がかり

就職が難しいのであればアルバイト先で就職するのも有効な手段となります。アルバイトより責任は増えますが、社員となることで新しい仕事に携わることができ、アルバイトをしている時よりも充実して仕事に取り組むことができるでしょう。

実家住まいから一人暮らしに変える事が脱出には大切なこと

実家にいるので自分は働く必要がない、と思いニートになる方もいます。そのような方は引きこもりの傾向も強い為、普段の外出も少なめです。食事も実家で賄える為、お金もかかりません。

初めての独り暮らしを満喫する男性

将来を考えると、このままニート生活を続けるのは不可能です。親もいつまで働けるか解らないでしょう。そのような安定しない状況は、本人が一番自覚しているのでニート生活をしつつ不安に思っている方が殆どです。

しかし、就職するにも職歴がないので正社員を目指すのは難しい可能性が高いです。引きこもりした期間が長ければ長いほど、人と接するのも怖くなります。

親がいるから今は働かなくても大丈夫だけどでも将来が心配、働くにしても職歴がないから採用してもらえるかわからないし人と話すのも怖い、このような葛藤がありずるずるとニート生活を続けてしまいます。

脱出の手がかり

一人暮らしをして自分を追い込みましょう。親の力を頼らずに全て自分の力で生活するとは無理にでも働く必要がでてきます。働き方は正社員を狙わずに倉庫作業など単純労働のアルバイトを選択するのがお勧めです。

親と話し合い自分の意見を言うことも必要

親が甘やかし過ぎてニートなった方もいます。テレビやインターネットや雑誌などでニートの特集がある時に、インタビューで「ニートになったのは親のせい」と答える方がいます。

これは完全に責任転嫁と言えますが、あながち間違ってもいないのです。それは何故かと言うと、親の甘やかしは引きこもりに繋がると言われているからです。引きこもりからニートになる方は非常に多いので、親の甘やかしとニートの関連性は少なからずあると言えるでしょう。

150326_neet_escape2
ニートを脱出する方法9選

しかし親の甘えに対して何も言わない自分自身にも問題はあります。親が、学校に行かなくても良い、仕事をしなくても良い、このような言葉には反論するべきでしょう。

確かに親に甘えるのは楽ですが、それではニート生活は抜け出せません。親が甘やかす、それを自分自身が受け入れる、どちらも甘い考えというのがニート生活の原因となっています。

脱出の手がかり

子供が可愛くない親はいません。しかし甘やかされていることに自分は納得しているのでしょうか。時には親と話し合い自分の意見を言いましょう。ニート生活を脱出するために親の協力を仰ぐのは間違っていないので、自分の考えをしっかり持つ事が重要です。

ニートの原因を理解して脱出のきっかけをつくるのが重要

このようにニートになるには様々な原因があります。高齢になってからでは脱出するのが難しくなる傾向があるので今のうちに自分自身のことを考えるのも良いのではないでしょうか。

ニートの原因を探ることで何故ニートになったのか、このような状況で良いのか、再確認する事ができます。ニートを脱出するにはきっかけ作りが重要なので、その為の手がかりとなれば幸いです。

スポンサーリンク