Loading

30代のニートが就職するための具体的な方法

30代のニートが就職する具体的な方法を紹介。ニート生活が長くて面接でうまく話せるか心配な方も大丈夫。面接を回避する就職活動もあります。ニートになった原因や理由を再確認する事で自分のやる気も取り戻すこともできるでしょう。仕事の楽しさを知ってニート脱出を狙いましょう。

30代のニートが就職するための具体的な方法

意地やプライドを捨てて就職したい気持ちを優先する

30代のニートの方は就職を諦めていませんか?就職する為に必要なのは自分のやる気です。やる気さえあれば30代のニートでも就職は可能です。自分の行動や考え方、何故ニートになったのか原因を再確認しましょう。生活習慣を改善し、使えるものは使うという気持ちも大切です。意地やプライドは捨てて就職する為に全神経を集中させましょう。就職する為に必要な具体的な方法を紹介します。

サボリ癖や怠け癖を直して就職する

ニートは根本的にサボり癖や怠け癖があります。それを改善するのが就職する為の最低条件となります。このやっかいな癖を改善しなければ就職はおろか、採用試験にたどり着くのも困難だと言えます。改善方法は日々の生活習慣を改める事です。

仕事中にサボって漫画を読む男性

規則正しい生活に切り替える

ニートは夜型の方が多いです。その為太陽を浴びる事がありません。太陽を浴びなければ体のリズムが狂ってしまい、軽い欝の状態が続いてしまいます。このような状態では就職活動を行うのは難しくなるでしょう。一日も早く朝方の規則正しい生活に切り替えましょう。

朝食をしっかり取る

ニートの方は最低限の食事しか摂取しない傾向にあります。人間は食事を取らなければやる気やパワーがでません。特に朝食は重要で、朝食をしっかりとる事によってその日の体調が決まると言っても良いでしょう。何故かやる気がでない、いつも体調がすぐれないと言う方は朝食をしっかりとる事を意識しましょう。

家事をしてやる気をだす

家庭内でも仕事はあります。それは家事をする事です。料理や洗濯や掃除など毎日やる事があります。積極的に家事をすると家族に感謝されます。そうする事により仕事の喜びを味わえるので働く意欲が沸くでしょう。

毎日一度は外出するようにする

家に引きこもっていては気力や活力がなくなり、就職活動どころではないでしょう。毎日外出するように心がける事で外の空気に触れられ、やる気がでます。外出するのが苦手な方は、人通りの少ない夜に近所を散歩するだけでも気分が変わるので試してみましょう。

サボり癖や怠け癖は、心がけや行動次第で改善できます。重要なのは「就職したい」という強い意志。自分自身に再度問いかけ、現状を整理してみましょう。

150507_habitskive2
サボり癖を直したい人の7つ改善克服法

ハローワークの無料相談や職業訓練をうける

ハローワークでは無料で就職について相談を受けてくれる窓口があります。通常、予約は必要ないのですが、確実に相談を受けてもらうには事前に電話で連絡すると良いでしょう。

同僚に相談を持ちかける女性

相談する時は現状を正直に話して相談します。ニートと言うのが恥ずかしい、などとは思わないで下さい。正直に話さなければ相談員も対処に困ってしまいます。

相談内容も事前に用意して当日はスムーズに受け答えすると相談員も親身になって相談を受けてくれるでしょう。

また、就職に強いスキルを獲得できる職業訓練校というのがあります。これは無料で働くためのスキルを教えてくれる制度で、学校や企業などが職業訓練の場を用意してくれています。始まる時期や定員が決まっているので、職業訓練を受けたい方はハローワークで事前に情報を確認しましょう。

選択する職業訓練校により面接や筆記など、訓練を受けるための試験も実施されているので、そのような職業訓練校に通う場合はしっかりした対策が必要になります。

アルバイトやパートから正社員を狙う

アルバイト中の色黒ウェイター

職歴のない30代のニートの方は就職に苦労する可能性があります。そのような方におすすめするのはアルバイトやパートから仕事を始めることです。仕事は、求人誌や求人サイト、店舗に直接張られている場合もあるので確認してみましょう。

アルバイトやパートは勤務時間が少ないため体力的に楽に仕事が出来ます。採用試験も面接だけの場合が殆どなので、採用のハードルは高くないでしょう。その為仕事を始めるには良いスタートになると言えるでしょう。

学生や若い方に混じって仕事をするのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、実際働いてみると、自分も若返るような気持ちになり、気分が良くなります。頭で考えないで行動する事もニートが就職する為には必要でしょう。

しかし最終目的はアルバイトやパートからの正社員登用です。これは上司に気に入られる必要があります。真面目な勤務態度でシフトも融通を利かせるように対応すると一目置かれるでしょう。

150624_parttimejob-motivationletter2
アルバイトの志望動機の考え方と例文

家族や親戚のコネを利用する

土下座してお願いする男性

家族や親戚のコネを利用して就職する方法です。コネを利用するなんて格好悪い、と思う方もいるかもしれませんが、これも立派な就職の方法となります。家族や親戚のコネを利用する就職方法は縁故就職と言われています。

縁故就職を利用できる方は限られているかもしれませんが、家族や親戚に聞いてみるのも悪くはないでしょう。コネがあるので通常の採用試験よりもハードルが低くなる可能性があります。

ニートが就職するための一番の障害は採用試験です。特に面接を苦手とする人が多ので、その点では縁故就職は気持ちが楽になるでしょう。

ニートが30代から就職する為には使えるものは使う、という気持ちも必要です。

友人や先輩を頼って就職先を見つける

就職するにあたり頼れるものはとことん頼っていきましょう。友人や先輩を頼るのも一つの就職の方法です。30代ともなると周りの方もそれなりの地位を持っているはずです。役職がついている方や、独立して自営業を営んでいる方もいるでしょう。

男性を足蹴にする女性

そんな方々に片っ端から連絡して就職出来ないか、お願いしてみましょう。自分のプライドが許さない方も多いと思いますが、背に腹は変えられません。割り切った態度で素直になることが大切です。

見栄を張らずに素直に自分の事を話し、同情を買う事ができればこっちのものです。注意点は就職した後です。不真面目な勤務態度で仕事をしていては友情にもヒビが入ってしまうので、自分なりに精一杯仕事をする事が大切です。

資格を取得してニート期間を埋める

ニート期間を利用して就職に強い資格を取得しましょう。一味違う難関試験を狙うのも良いでしょう。有資格者のみの求人の場合は経験者よりも資格を優先する場合があります。例えば、通称宅建と呼ばれる宅地建物取引主任者の資格は、不動産業を営む際必ず一人は必要になります。このように資格取得者が必要な業種は30代のニートであろう引っ張りだこです。

また、履歴書にニート期間があると面接官に突っ込まれる事があります。そんな場合でも資格を取得していると、その期間を資格取得に充てた、と主張する事ができます。これは面接官も納得する理由なのでニート生活が採用に及ぼす悪い影響はなくなるでしょう。

150324_employment_qualification2
就職に強い取得するべき7つの資格

30代からの就職活動は誰かを頼る事も大切

ニートの方が30代から就職を目指すには相当な努力が必要です。しかし諦めない強い気持ちがニートを脱出して就職の道筋を作ってくれるでしょう。

しかし就職したいという強い気持ちは大きな負担となります。中にはうつ病になってしまう方もいるほどです。自分の力では就職が難しいと感じた場合は迷わず誰かを頼ってください。家族、友人、親戚など身内を頼る事や、どうしても相談しにくい場合はハローワークなどの行政機関に相談に行くと良いでしょう。

自分の努力で就職できれば、今後ニートと呼ばれずに、肩身の狭い思いをする事もありません。仕事をする喜びや働く事への満足感も感じる事ができるので、充実した毎日になるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ