上司の態度が冷たい!避けられているかもと感じた時の改善策

上司に冷たい態度をとられていると感じたら、まず落ち着いて対処法を考えましょう。同じ職場で働く人に冷たくされるのはショックですが、できることは必ずあります。落ち込む気持ちを堪えて、具体的にどんなことができるのかを考えて、実行していくべきでしょう。

上司の態度が冷たい!避けられているかもと感じた時の改善策

上司が自分に対して冷たい態度をとっていると感じる時には慌てず対策を練ろう

上司の自分に対する態度が周りに比べて冷たいと感じることがあり、それが悩みの種となっている人も多いことでしょう。上司も人間ですから、全ての部下に対して平等に接することができるわけではありません。とはいえ、あからさまに冷たい態度をとられると、傷ついてしまい会社で働くことが難しくなってしまうのも当然の気持ちです。

人間関係は仕事をしていく上で最も重要であると言っても良いほどのものですが、上司から一方的に冷たくされるのでは自分からはどうしようもないと諦めるほかないと考えてしまう人も少なくないでしょう。

ですが、諦めるにはまだ早いのです。上司に冷たい態度を取られている、避けられているのではと感じても、まだできることはあると言えます。どうしようもないことなのだ、と決めつけてしまう前に、解決策を探っていきましょう。

上司が自分に冷たいと感じたら原因を考えてみよう

腕組をする男性のバストショットと金網越しの男性の背中

上司が自分に冷たい態度をとっている、避けているかもしれないと感じたら、まず冷静になることを心がけましょう。焦ってしまったり、極度に落ち込んでしまっては周りが見えなくなってしまいます。そうなると、わかることもわからなくなってしまうので、状況を判断することから始めていくということを意識してください。

上司が冷たい態度をとるようになった原因を考えてみる

何と言っても、上司が冷たい態度をとるようになったのであれば、そこには理由があります。上司の気に障るようなことを言ってしまったとか、小さなミスを頻発してしまって迷惑をかけてしまったとか、上司にとってマイナスな行動をしてしまったという可能性を探ってみましょう。

もしそういったことに心当たりがあるとすれば、話は早いと言えます。そのことについてさりげなく話題をもちかけ、謝罪をすることによって和解へと話を持っていくことができれば、上司の冷たい態度は軟化することになるでしょう。

上司が冷たい態度を取る原因がわからなければ最近の自分の行動を顧みてみる

上司に対しての直接的な言動に関して、冷たい態度をとられるような原因がわからなければ、最近の自分自身の行動を見直してみましょう。遅刻が多いとか、休憩時間からの戻りが遅いとか、そういっただらしがない行動が多いといったことがあったりすると、それを見ていた上司の態度が冷たくなった、という可能性も考えられます。

仕事ができる人は時間を厳守しますし、仕事に取り組む姿勢そのものが真面目であると言えます。ですから、少しでも緩んだ態度をとっていると、それ自体が許せないという人も多くいます。もしその上司がそういったタイプの人であるならば、冷たい態度をとられてしまうのは当然のことだと言えるでしょう。

上司の態度が冷たい原因が全くないという場合も考えられるため要注意

最初から、あるいは途中から、何となく上司の態度が冷たいと感じられる場合、単に馬が合わないという可能性もあります。それを上司が包み隠さず表に出してしまっているというだけのことなのですが、冷たくされてしまっているこちらとしては、どうしていいかわからないというのが本音でしょう。

そういった場合には、アプローチの仕方に工夫をする必要があります。真正面からぶつかっていくばかりでは、相手の苦手意識に邪魔をされてこちらの気持ちが上司に届きません。

上司が仲良くしている同僚と仲良くなるところから始めてみたり、いつも以上に仕事で成果をあげて認めてもらうことを試みたりするなど、最初から一筋縄ではいかないことを覚悟しておきましょう。

上司が自分に冷たかったら具体的にどうしたら良い?

上司に冷たい態度をとられたら、具体的にどのような改善策を講じれば良いのでしょうか。冷たい態度をとられたまま働くのは、職場での居心地が悪くなってしまい、大変息苦しいと言えるでしょう。できることなら、上司との関係は良好なものにしておきたいところです。

上司を恐れずにコミュニケーションをとるように試みよう

男性の背に向けて気合を入れる男性の背

自分に冷たい態度をとる人と話したいと考える人はまずいないでしょう。ですが、上司との親睦を深めるためにはまずコミュニケーションをとるしかないのです。積極的に話しかけて、距離感を縮めていく必要があります。

もちろん休み時間にまで一緒にいる必要はありません。大切なのは、仕事中の距離感です。今までよりもこまめに連絡を取り、逐一報告を入れ、些細なことでもすぐに相談するようにするのです。すると、冷たくしていた上司も、いつの間にか話しやすい存在になっていることでしょう。

冷たい態度をとっている上司は、こちらとのコミュニケーション不足に陥っていることが多々あります。ですから、一度きちんと向き合ってみることをおすすめします。まずは勇気を持って一歩踏み出してみてください。

上司とのコミュニケーションが楽になる15の手本

自分が思いつく「上司のためにできること」をやってみよう

上司がなぜ自分に対して冷たいのかについて、心当たりがあるのであれば、それを改善することによって問題は解決するでしょう。ですが、全く心当たりがないとなると、冷たい態度をとられる理由がわからなくなってしまいます。

そういった時には、とにかく自分が思いつく限りの「上司のためにできること」を実行してみましょう。コーヒーを淹れることでも良いですし、コピーをとることでも構いません。もちろん望ましいのはもっと程度の高い仕事の補佐としての行動ですが、それは踏み入って良いのかどうかの判断が難しいため一言断りを入れるべきでしょう。

上司が日常において困っている時や、手助けを必要としている時に、すぐにサポートをできるようにしておくというのが大切です。自分に親切にしてくれる人に冷たくするという人はそうそういません。少なくとも、今までよりは冷たい態度が軟化することは間違いないでしょう。

上司から冷たくされる部下の特徴とは?

男性の冷たい瞳のアップと背後にぼんやり写る無表情な男性と男性に絡む幼女

どうしても自分は上司から冷たくされがちだな、という自覚がある人もいるのではないでしょうか。上司から冷たい態度をとられてしまう人には、共通する特徴があるのです。

上司とあまり関わろうという態度をとらない

上司と関わろうという態度をとらず、ほとんど会話もせず、自分のことを話そうともしないといった人は当然ながら上司と打ち解けることはできません。そうなると、上司からの心証は良くありません。何となく感じの悪い奴だな、と思われてしまうのは避けられず、結果的に冷たい態度をとられてしまうのです。

袋をかぶってお手上げのスーツ姿の男性と前景でサムズダウンする男性

上司の求めるものを察することができない

上司が求めているものは、その場の空気であったり、発言や、仕事における結果であったりなど、多岐に渡ります。もちろんそれら全てに応えることなどできるわけもありませんし、する必要はないのですが、上司に好かれる人というのは、少なからずその中のどれかを汲み取ることに長けているのです。

一方で、冷たい態度をとられてしまいがちな人は、上司が今何を最も求めているのかといったことを察することがあまり得意ではありません。そのため、上司に失望されてしまったりすることもあるのです。

上司から冷たくされた時の心構え

上司からの冷たい視線を受ける男性の回避機動

上司から冷たい態度をとられた時には、なるべく落ち込まないように心がけましょう。とはいえ、それはなかなか難しいことです。誰かに冷たくされるというのは、それだけでだいぶダメージを負うことになるものです。

もし本当に上司からの冷たい態度が悪化し、避けられたり、あからさまに無視をされたり、理不尽なまでに仕事を押し付けられたりなど、業務に支障が及ぶほどにまでにエスカレートしてしまったら、然るべきところに相談するべきでしょう。

それはもういじめやパワハラの域ですから、冷たいなどという甘い言葉で終わらせて良いものではありません。会社にそういったことを相談できる部署があればそこに相談するのも手ですし、外部のカウンセラーや労基署などに相談するのも良い方法でしょう。

パワハラに遭った時の相談方法と対策

冷たい態度をとられているのは自分のせいだ、と思い込まないことが大切です。自分にだけ落ち度があるわけではないのに、明らかに避けられたりなぜか冷たい態度をとられてしまったり、あまりにも行き過ぎた冷たい態度をとられてしまったりするのは、異常なのだとしっかり理解しておきましょう。

上司に冷たい態度をとられてもそれを全てだと思わないようにしよう

Don 't think twice,It's all right(くよくよするなよ)と青空に向き合う男性

毎日働く職場で顔を合わせる上司に冷たくされると、どんどん気が滅入っていくことでしょう。ですが、職場だけが人生の全てではありません。上司の存在となれば、尚更ちっぽけなものでしかないのです。

ですから、どうか思いつめないでください。上司の冷たい態度は一時的なものかもしれませんし、自分の勘違いであることすら考えられるのです。

人間関係はストレスの元になりやすいことですし、実際にそれが原因で離職したり転職したりするという人も少なくありません。上司からの冷たい態度に対しては、自分が一番適切だと思う方法で解決を試みましょう。