仕事が合わないから辞めたいと思った時の対処の仕方

仕事が合わないから辞めたいと思った時には、何が原因かを考えてみましょう。合わない仕事を続けていくのはストレスが溜まることですが、今の自分にできることを見定めて、どう行動するのかを決めることは非常に大切です。

仕事が合わないから辞めたいと思った時の対処の仕方

仕事が合わないから辞めたいと思ったらできることを考えよう

モニタを覗き込む女性

せっかく就職したとしても、仕事が合わないから辞めたいと感じてしまうことは珍しくはありません。自分にぴったり合った仕事に就くことはなかなか難しいことですし、忙しい日々を送る中で、もしかしたら自分にはこの仕事が合っていないのではないだろうかと考えてしまうのは、無理もないことです。そういった時には、本当にその仕事が自分に合っているのかどうかを見つめ直してみる必要があります。自分に合わない仕事をすることは、苦痛でしかありません。ですから、自分のためにできることを考えてみましょう。

仕事が自分に合わないから辞めたいと思ったらどう対処すれば良いのか?

今の仕事が自分に合わないから辞めたいと思ったら、色々な方面から原因や対策を考えていく必要があります。仕事をしている上で感じることを思い起こしてみたり、どうすれば改善することができるのかなどといったことを考えてみたりしましょう。

まず仕事が自分に合わない理由を詳しく考えてみる

まずは、仕事が合わないと感じているのはなぜなのか、その原因を突きとめておくべきでしょう。理由もなく、何となく合わないから辞めたいと感じている、という人もいるでしょうが、実はそれは錯覚なのです。何となく、というのは原因を自覚できていないだけで、本当はきちんと理由があるのだということを覚えておきましょう。

仕事が合わないと感じられる理由としては、職場の環境が合わないのか、仕事の内容が合わないのか、二つに大別することができます。職場の環境が合わなければ、働くことは苦痛を伴いますし、仕事の内容が自分に見合ったものでなければ、ストレスは溜まっていく一方です。

スーツ姿の男性の背中

仕事が合わないのであれば、何がいけないのかをしっかりと考えておかなければなりません。もしかしたら今の仕事を辞めて転職をしなければならないということになったとしても、自分が考え抜いて出した答えであるならば、それは後悔のない決断になるからです。ただ何となく、仕事が合わないような気がするから転職した方が良い気がする、といった軽い気持ちで職を転々としてしまうと、本当にやりたい仕事を見つけることもできなくなってしまいます。

仕事が合わないから辞めたいと感じた時には、きちんと理由を考えて、自分に非があるのかどうかを見定めるようにしましょう。そうすることによって、必ず正しい行動をとることができるようになります。

人間関係が理由で仕事が合わないと感じるならやり過ごすしかない

職場の環境が合わないと言っても、その状況は様々です。例えば、職場の環境で最も悩まされるものの代表としては人間関係が挙げられるでしょう。上司からの圧迫感が強かったり、同僚との仲が上手くいかなかったりなど、人間関係での悩みは仕事をする上で常に付きまとうものです。

ボッチでランチの女性

ですが、人間関係は上手く乗り切ることでやり過ごすしかありません。苦手な人とは極力関わらないようにする、なるべく周りに合わせて行動することで目立たないようにするなど、薄く広い交友関係を築くように心がけてください。会社は友達を作るための場所ではありませんから、必要最低限のコミュニケーションをそつなくこなしておけば良いのだと割り切ってしまえば少し心が楽になるでしょう。

職場の人間関係が辛い時の6つの対処法

仕事の内容が自分に合わない場合は部署異動を考えてみる

仕事の内容が自分に合わないという場合も考えておかなければならないでしょう。例えば、せっかく苦労して入社したけれど、思っていた仕事と違っていて、好きなことができなかったということが考えられます。

こんな仕事がしたいわけではない、と思いながら毎日やりたくない仕事をしていては、ストレスは溜まる一方です。また、そのような仕事では、やりがいを感じることもできないでしょう。やりがいの感じられない仕事を続けていては、無味乾燥な日々を送ることになってしまいます。

眼鏡の女性

仕事の内容を変えてもらえるように部署異動を掛け合うことができればそれが一番ですが、なかなか難しい場合には、他の仕事が回ってくるのを待つのもひとつの方法です。いつも同じ人が同じ仕事をする会社と、色々な仕事を色々な人がランダムにする会社があるため、自分のところに違う仕事が回ってくる可能性があるのならば、それを待ってみるのも良いでしょう。

ただし、ある程度仕事は固定されているという場合や、他の仕事にもやりがいを見出せず、合わないと感じるといった場合には、早めに転職を考えるべきです。転職は早めの方が有利ですし、選択肢の幅も広がります。年齢制限を設けて採用をしている企業もありますから、合わない仕事を続けているよりも、すぐに切り上げて次のステージに進んだ方が良いでしょう。

上司が自分を評価してくれないことで仕事が合わないと思うならコミュニケーションを増やす

自分の働きを上司が常に正しく評価してくれないということも考えられます。そういったことが重なれば、この仕事は自分には向いていないのではないだろうかと判断することも少なくはありません。そういった時には、まず上司から正当な評価を受けることを目標とするのが良いでしょう。

上司はこちらの仕事ぶりをきちんと見ていないという可能性があります。ですから、まずはコミュニケーションを今までよりも密に取るようにしてください。そうすれば、仕事への取り組みに強い関心を持つようになってくれるでしょう。

コミュニケーションをとっていない部下に対して、関心を持つ上司はいません。大切なのは、常日頃から上司と対話を重ねておくことです。これに関しては、特に高度なコミュニケーションスキルが必要なわけではなく、ただ純粋にふれあう機会を持つことが大事であると言えるでしょう。

上司が仕事を評価してくれない!信頼されるためにできることは

仕事で成果を出せなくて仕事が合わないと思うなら適性を考え直してみる

仕事でなかなか成果を出せないという場合も、自分にはこの仕事は合わないのではないかと考えてしまうケースのひとつでしょう。成果を出せないことは酷くもどかしいことですし、苦しいことです。努力に成果がついてこないということは、自分に合わない仕事だからではないかと考えるのは当然でしょう。

合わない仕事で成果を出すことは難しいことですから、本当に自分に適性があるのかどうかを見定める必要があります。もっと努力すれば成果を出すことができるのか、やり方が間違っているから成果が出ないのかなど、さまざまなことが考えられます。もちろん実際に仕事が合わないのだということも考えられますから、それも視野に入れておきましょう。

腰に手を当てる男性の後ろ姿

成果を出すためには、まず自分が目標とするところを決めなければなりません。業績を伸ばす、作業時間を短縮するなど、職種や業種によって、さまざまな目標を立てることができるでしょう。そして、そこに向かって努力をすることによって、成果を出すことができると言えます。

成果を出すためには、知識も必要となります。自分が働いている分野で役に立つ知識、資格などを持っていると、有利に働くことがありますから、そういった勉強をするのも良いでしょう。努力の方向性は人それぞれ違っていてしかるべきですが、視点をさまざまな方向に向けてみると色々なヒントを得ることができます。

成果を出すための努力の方法を色々と試さなければ、もし転職したとしても、その先で成果を挙げることができるとは限りません。仕事が合わないと早々に決めつけるより、まずは十分に努力をしてみるべきでしょう。

会社の方針が自分にそぐわない場合は初心に戻って考える

会社の方針が自分にそぐわないという場合には、もう一度ここで働きたいと思った理由を初心に戻って見つめ直す必要があります。入社したは良いけれど、会社の方針が自分とは違ったために、働きにくさを感じてしまい、仕事が合わないと感じるということも考えられます。特に会社の長の代替わりなどがあると、方針が転換されることもありますから、会社の方針が自分に合わないということは珍しくはありません。会社の方針は仕事に直に響いてくるものですから、やりにくいと感じたり、合わないと感じたりすることも無理はないでしょう。

職場の雰囲気が合わなくて仕事を辞めたいと感じる場合は見切りをつける覚悟が必要

山の中の舗装道路でジャンプする人の後ろ姿

職場の雰囲気そのものが自分に合わないという場合は、その会社に見切りをつける覚悟をすることも必要です。企業の持つ雰囲気というのは、どうあっても変わらないものです。そこに入社してしまったのは、少し巡りあわせが悪かったとしか言いようがありません。雰囲気が自分の肌に合わない会社で、定年まで何十年も勤め続けるのは容易なことではないですから、なるべく早く転職活動を始めた方が良いでしょう。

残業が多すぎて仕事が合わないなら自分に合った仕事を探すべき

時間外労働が多すぎて仕事が合わないと感じる場合も同様です。時間外労働があまりにも多いと、仕事に対するモチベーションを保つことは難しくなってしまいますし、自分にはこの仕事は合わないと感じてしまうことは無理もありません。時間外労働が少ない仕事は他にたくさんありますから、目の前の仕事だけにとらわれず、自分に合った仕事を探すべきです。

仕事中に倒れた女性

残業代が支払われない時には、上司に掛け合ってみるべきでしょう。残業という労働に見合った対価が支払われないのは、納得するべきではないことです。ですから、自分がそれに不満を抱いているのであれば、決して放置しておいてはいけません。そうしたストレスが積み重なると、やはり自分にはこの仕事は合わないと強く感じるようになってしまいます。

残業100時間が身体にもたらす弊害とは

それでも仕事が合わないと感じる時には自分の態度も見直してみよう

仕事が自分に合わないと感じている時には、仕事そのものに対する自分の態度を見直してみる必要もあります。仕事が合わないと思ったら、もう一度姿勢を正すことも大切なのです。

まずは、目の前の仕事に真剣な気持ちで取り組むようにしましょう。合わない仕事だと思ってだらだらと取り組んでいたり、やりたくないと思いながら適当にやっていたのでは、身につくものもつきません。どんな仕事からでも、必ず学ぶことはありますから、任された仕事は絶対に真剣に取り組んでください。

そういった態度をとっていれば、周りからの見る目も変わってきます。あの人は真剣に仕事をしてくれるから、この仕事も任せてみよう、となり、色々な仕事が回ってくることもあるでしょう。そうなれば、やりがいのある仕事をすることができる可能性も高くなります。

モニタを真剣に覗き込む女性

ですから、全ては自分の姿勢次第なのだということを忘れないようにして、仕事に取り組む時は常に真剣な態度を崩さないようにしましょう。

また、ミスをきちんと認め、反省するということも大切です。当然のことながらミスをすればきつく怒られてしまいますが、それを素直な気持ちで認めるということはとても重要です。どうしてそんなことで怒られなければいけないんだ、と反発するような気持ちを抱いてしまうと、それが相手に伝わってしまいます。

また、逆に、怒られたことを引きずりすぎるのも良くありません。ミスをして怒られたからと言って、怒った相手はいつまでもそのことについて怒っているわけではありません。ですから、必要以上にそれを気にしすぎて、この仕事は合わないのではないか、と思ってしまうのは良くないのです。

肝心なのは怒られたことではなく、指摘された内容です。どういったことを言われたのか、それを次に活かすことが大事なので、ミスをしたことから学んでいきましょう。ミスをしたことは決して無駄にはなりませんから、勉強をしたと思ってください。

社内でできるだけ多くの仕事に触れることができるように、誰かの手伝いをするのも良いでしょう。自分の仕事が終わったら、他の人に手伝えることはないかどうか、聞いてみてください。自分の仕事の適性は、すぐにわかるものではありません。特に、自分に今の仕事は合わないと感じている時には、色々な仕事をしてみるべきです。ですから、他の人がどういった仕事をしているのかを実際に間近で見られる機会があれば、ぜひ活かすべきでしょう。

仕事が合わないから辞めたくなった時には自分が何をするべきかを冷静に考えよう

スーツ姿のイケメンの横顔

仕事が合わないという悩みは、しばしば混乱を招いてしまいがちです。日々のストレスから焦りが生じ、混乱のせいで正しい判断をすることが難しくなってしまうこともあるでしょうが、まずは冷静に考えることが大切です。どのような判断をするにせよ、責任を背負うのは自分自身なのですから、それを強く意識した行動をとらなければなりません。決して軽はずみな行動をしないように注意しましょう。仕事が合わないから辞めたいと思った時には、自分が特に何をつらいと思ったのかをしっかりと考えてみてください。