飛び込み営業で初対面の相手の心を掴む成功の極意

飛び込み営業で苦労していませんか?アポなしの飛び込み営業はほとんど効果がないと考えている方もいることでしょう。しかし時間帯や挨拶やトーク次第でも効果的な営業方法と言えます。成功に結び付き難いと言われる飛び込み営業のコツを抑えて初対面の相手の心を掴む営業方法を紹介します。

飛び込み営業で初対面の相手の心を掴む成功の極意

飛び込み営業で成果を上げるコツを知ろう

営業方法のひとつに、飛び込み営業があります。飛び込み営業はアポなしでお客様宅や企業を直接訪問する営業方法ですが、会社によっては度胸をつけるために行われることもあるようです。

「飛び込み営業なんて成功率が悪い」と思っている方も多いと思いますが、成功させるためにはコツがあります。ここでは、飛び込み営業がどんなものかを含め、どうすれば飛び込み営業が成功するのか、そのコツを紹介します。

飛び込み営業とはアポイントを取らない営業のこと

飛び込み営業の説明

飛び込み営業という言葉は聞いたことがあると思いますが、どのようなものが飛び込み営業になるのかお分かりでしょうか。「普通の営業と違うの?」という方のために、飛び込み営業について解説します。

飛び込み営業とは、アポイント(先方との会う約束)を取らずに営業をすることを言います。普通の営業の場合はあらかじめアポイントを取るのが基本ですが、飛び込み営業はその言葉通り、飛び込みで営業活動をします。いきなり営業に行くわけですから、ほとんどの場合は相手にしてもらえません

しかし、飛び込み営業のコツを掴んで効果的なやり方をすれば、商品を買ってもらえたり、契約成立に繋げられたりするなどの成果を上げることができるでしょう。飛び込み営業成功のコツについては後述しますが、飛び込み営業をするタイミングを見極めることも大事です。

飛び込み営業は既存の顧客訪問の合間にする

飛び込み営業は効率が悪いし、成功率も低いというのは確かですが、そもそも外回りの際に飛び込み営業だけをするというのが間違いです。既存の顧客を訪問した際の空き時間に、飛び込み営業をするようにしましょう。そうすることで、営業効率が良くなるはずです。

また、飛び込み営業は急に営業先に行ってしまうわけですから、訪問先の企業の担当者も無下に門前払いすることはできません。パンフレットだけでも確実に渡そうと、それくらいの気持ちで飛び込み営業を行うと良いかもしれません。

飛び込み営業に向いている人

飛び込み営業が成功し握手するビジネスマン

飛び込み営業は誰でもできるわけではありません。飛び込み営業に向いている人というのは、どんな性格の持ち主なのかを見てみることにしましょう。

積極的な人

営業に向いているのは、積極的に相手に話しかけることが出来る人です。営業先に行っても、黙っていては仕事にはなりません。さらに、勇気を持って営業先に飛び込んでいける、そんな性格の人が飛び込み営業には適しています。

ただ勘違いしてはいけないのは、積極性と強引な営業は違うということです。積極的に話しかける必要はありますが、強引に商品を勧める営業は成功しません。よく営業の極意は物を売らないことだと言いますが、まさにそうした考えを持たなければいけません。

営業職の志望動機に使えるアピールポイント

外に出て人と会うのが好きな人

外に出ることが苦にならず、人と会うのが好きな人は営業に向いています。営業職で人に会わないといけないのに、人と会うのが苦手では困ります。

営業の仕事は、付き合いも重要です。先方と外で一緒にお酒を飲んだり、食事をしたりすることも時には必要になります。こうしたことも楽しくできる人は、営業に向いていると言えるでしょう。

相手のことを考えられる人

営業は基本的に物を売るのが仕事ですが、実際には物を売ろうとすればするほど相手に敬遠されます。特に飛び込み営業の場合、まだ信頼関係が出来ていないうちから、いきなり物を売ろうとしたら商品購入や契約成立は望めなくなってしまうでしょう。

その観点から、相手のことを考えられる人は飛び込み営業に向いていると言えます。そういう性格の人は、相手の話をよく聞いたうえで何を望んでいるかを理解しようとします。そうしたやり取りを通して信頼関係を得て、最終的に契約を得ることができるのです。相手のことを考えられるというのは、飛び込み営業をやるうえでとても重要な資質なのです。

仕事のやりがいとは?前向きになるやりがいの見つけ方

飛び込み営業はどう進めるの?

これから営業へ向かう男性

いざ飛び込み営業をするとなった時に、どのようにすれば良いのでしょうか。どんな時間帯に行けばいいのか、挨拶はどうすればいいのかなど、心配は尽きないことでしょう。ここで、営業の基本である時間帯や挨拶、次回のアポイント取り方を紹介します。ちょっとしたコツを掴むことで、飛び込み営業に対する不安も和らぐはずです。

飛び込み営業は忙しくない時間を狙う

飛び込み営業だからといって、時間帯を考えずに訪問するのはよくありません。営業は訪問することが目的ではなく、次に繋がらなければ意味がないのです。アポイントを取らない飛び込み営業ですが、できるだけ先方が話を聞いてくれる可能性が高い時間帯を狙って訪問しなければいけません。会社によって忙しい時間帯はそれぞれですが、だいたい就業1時間後が狙い目です。

午前中で言えば10時ごろ、午後で言えば14時ごろでしょう。仕事が始まり、少し落ち着いた時間帯であれば、話を聞いてくれる可能性はグッと増します。ただし、これはあくまでも目安です。職種によっても空いている時間が違う場合があります。忙しそうな時間帯に行ってしまった場合は、また別の機会に訪れるようにしましょう。

第一印象が決まる挨拶はしっかりする

飛び込み営業の訪問先では、元気よくしっかり挨拶するように心がけましょう。いくら挨拶の言葉が丁寧であっても、喋っているその人の態度に自信が見られなければ、先方は話を聞いてくれないかもしれません。また、逆に態度が大きすぎても問題です。

相手に好印象を与えるように、しっかりと相手に伝わるような挨拶が出来るように練習しましょう。挨拶は練習すれば上手になります。

アポイントを取る時は日時を指定する

飛び込み営業の場合、1回の訪問で契約が成立することはほとんどありません。つまり、次のアポイントを必ず取る必要があります。「もし興味がありましたらご連絡ください」と伝えても、連絡が来ることはおそらくないでしょう。

次のアポイントを取る際は、こちらから日時を指定する必要があります。もし商品に興味があるのに日程があわない場合は、相手から別日程を提示してくれるでしょう。興味がなければ、「その日は無理です」と言われて終わりなので、こういう言い方をされた場合は潔く諦めましょう。

資料を必ず持参する

飛び込み営業をする時は、忘れずに資料を持って行ってください。売りたい商品を買いたくなるようにさせるには、商品のことを詳しく記したパンフレットを見せながら説明をすると分かってもらいやすいでしょう。

「こんなものが欲しいんだけどある?」と言われた時に「ございます」と素早く見せたり、無かった時には「こんな○○はいかがでしょう」と提案ができるように準備しておくと、ビジネスチャンスを逃さずに済みます。

飛び込み営業を成功させるために覚えたいコツ

飛び込み営業先の相手と交渉するビジネスマン

飛び込み営業の成功率は低いというのは何回か言及しましたが、飛び込み営業のコツを掴むと、商品を購入してもらったり、契約成立に繋がったりと成果を上げることができます。

ここで、飛び込み営業を成功させるコツについて紹介するので、飛び込み営業で思うように成果を上げられていない・・・そんな人は、ぜひ参考にしてみてください。

相手のことを理解する

飛び込み営業を成功させるコツとしては、まず相手のことを理解するすることが大切です。どうしても営業となると、商品を相手に勧めることが重要だと考えてしまいますが、相手が必要のないものをいくら勧めても売れるわけがありません。

飛び込み営業に限らず、営業の仕事では相手が何を必要としているのかを把握する必要があります。今困っていることはないか、また、相手がとても気を使っていることはないか相手と話す中で探ってみましょう。相手の話を聞くことで、あなたが営業している商品がその人の困りごと解決の糸口になることもあります。

自分のことを信用してもらう

飛び込み営業は面識のない相手にアポイントもなく営業するわけなので、まずは自分を信用してもらうことが重要です。どうしたら相手に信用してもらえるのか考えると、いきなり商品を売り込もうとしても無理なことです。つまり、最初に売るのは商品ではなく自分です。まずはあなたのことを理解してもらう努力をしましょう。

1回の訪問で商品購入や契約成立させようとしない

飛び込み営業では、自分を信用してもらうことが重要だと述べました。つまり、1回の訪問で営業が終わるということはありません。1回の訪問だけで営業を成功させようとしないで、次を見越して話をしましょう。最初は自社製品の話などをするのではなく、世間話をするだけでも良いでしょう。先方に、もう一回会って話を聞いてみようと思わせることが大切です。

強引な商談をしては次のアポイントを取れなくなるどころか、会社の評判も下がります。現代は、ネット社会なのでちょっとした噂もあっという間に世間の人々に知れ渡ってしまいます。しかも、ネット社会の噂はなかなか無くなりません。こうした社会状況も踏まえ、強引な飛び込み営業はやめましょう。

親しみやすい笑顔を忘れない

どんなに上手に商品を勧めても、営業マンの表情に親しみやすさがないと商品の魅力が半減してしまいます。飛び込み営業で大事なことは、第一印象が9割と肝に銘じましょう。

こぼれ落ちるぐらいの笑顔で、一生懸命商品を売り込みましょう。相手が笑顔を返してくれたら、「商談をしてもいいよ」の合図です。このチャンスを逃さずに、契約条件の話を始めてください。

飛び込み営業は相手を理解しようとする気持ちが大切

何度も述べているように、飛び込み営業で大切なことは相手を理解することです。今どんなことに困っていて、どんなものを欲しいと思っているのか、営業に行った先のお客様が置かれている状況を知ることが営業の成果を上げるためには欠かせません。たとえ、全てを理解できなくても分かろうとする気持ちを持つことが重要です。そうした飛び込み営業が新規顧客の開拓にも繋がっていくでしょう。

今回紹介した飛び込み営業を成功させるコツを参考にして、積極的に商品を売るのではなく、自分を信頼してもらうことを目的にして、飛び込み営業にチャレンジしましょう。