仕事に飽きた自分を奮い立たせやる気を取り戻す方法

仕事に飽きた時には、会社に向かうことすら苦痛だと感じる人も多いでしょう。ですが、そんな場合にもやる気を取り戻す方法があるのです。再び仕事へのモチベーションを活性化するために、努力していきましょう。

仕事に飽きた自分を奮い立たせやる気を取り戻す方法

仕事に飽きた時には自分の現状を見つめ直そう

仕事に飽きたと感じた時には、まず自分が置かれている状況を見つめ直す機会だと考えるべきでしょう。どのような仕事でも、上手く付き合っていかなければいずれは飽きてしまいます。ですから、仕事を飽きずに続けていくためには、どうしたら良いのかについて模索していく必要があると言えるのです。自分がなぜ仕事に飽きてしまったのか、どうしたらもう一度仕事に取り組むだけの意欲を取り戻すことができるのか、これからどういった行動をとっていくべきなのかを真剣に考えていきましょう。

仕事に飽きた時にはどうしたら良い?

仕事に飽きたから何とかしなければならないと言っても、どこから手をつければ良いのかわからないという場合もあるでしょう。まずは現状を整理し、自分がどのように仕事と向き合っていくべきなのかを考える必要があると言えます。

なぜ仕事に飽きたのかを考える

仕事に飽きた原因を考えることはとても重要です。自分がどうしてその仕事に飽きてしまったのかがわからなければ、対策は立てられません。今まではやる気があったはずなのに、いつの間にかやる気を失っていた、という場合と、ある出来事をきっかけに、急速に仕事に飽き始めてしまったという場合では、対処は全く変わってくるからです。

仕事に飽きた時に考えられる原因

同じ作業に飽きて頬杖つきながらPCを見つめる女性社員

仕事に飽きたと言っても、色々な原因が考えられます。自分に当てはまる原因を見つけて、なぜ飽きてしまったのかをはっきりとさせるのが大切です。

例えば、いつも繰り返して同じ作業ばかりしていると、当然のことながら飽きてしまうということが考えられます。毎日毎日、今日もまたこの作業か、とうんざりしてしまうこともあるでしょう。代り映えのしない作業の繰り返しでは、飽きてしまっても無理はありません。

また、自分の仕事よりも他の仕事の方が魅力的に感じる時も、仕事に飽きてしまっているサインです。知らず知らずのうちに、自分のやりたい仕事はこれじゃないな、と思ってしまっていたら、それは仕事に飽きているということになります。

自分の仕事を評価されず、見向きもされないという時にも仕事に飽きてしまうでしょう。どれほど頑張っても、相応な評価を得られないということが続いてしまうと、やる気を失ってしまい、結果的に仕事に飽きてしまうということになってしまいます。

違う仕事がしたいのに、いつも同じ仕事ばかり回ってくるというのも飽きてしまう原因のひとつでしょう。次は違うプロジェクトやチームに参加したいのに、また同じ仕事をさせられてしまう、という悩みから、仕事に飽きてしまうということもあり得ます。

主にこういったことなどが原因で、仕事に飽きてしまうといったことが考えられるのです。仕事に飽きた時には、自分がどういった理由で仕事に飽きたのかを考え、そして現状を打破する解決策を練っていきましょう。

仕事に飽きる原因がわかったら仕事への姿勢を改めてみる

チームで働く社員のモチベーション

仕事に飽きた時には、仕事への姿勢を改めてみると良いでしょう。いつも同じ気持ちで仕事に取り組んでいると、仕事は緩慢としたものになってしまいます。ですから、仕事をする意義や、やりがいを強く意識するようにしてみてください

自分がこの仕事をすることによって、どういった成果が得られるのか、全体に与える影響はどのようなものなのか、といったことを改めて考えることによって、なくしていたモチベーションを取り戻ことができます。

気持ちをリセットすることができれば、仕事に飽きることもなくなります。そのためには、仕事への姿勢を見直し、自分の考え方そのものを考え直す必要があります。仕事に飽きたという場合には、まずどのように仕事に取り組んでいるのかを再確認するべきでしょう。

休息をしっかりととる

砂浜を走る女性

休日には休息をしっかりと取って、気持ちをリフレッシュさせるのも大切です。仕事のことをもやもやと引きずっていると、気持ちを切り替えることができません。そうすると、ずっと仕事と共に生活しなければならないことになってしまいますから、仕事に飽きてしまいます。

自分なりのリフレッシュ法があれば、なお良いと言えるでしょう。軽くジョギングをするなど、デスクワークの人には体を動かすことをおすすめします。気持ちも体も軽くなりますし、凝り固まったものもほぐれていくのを感じることができるでしょう。時間があまりない人は、昼休みに昼寝をするだけでもリフレッシュすることができます。

会社で昼寝はリフレッシュ効果あり!15人のシエスタ事情

休息をとることができないと、仕事を続けていくことは難しくなってしまいます。毎日仕事のことだけを考えて生きていくことはできません。ずっと同じことを考えていれば、飽きてしまうのは当然のことですから、きちんと節目を作るようにしましょう。

仕事の中にメリハリをつける

書類の山からいったん離れるビジネスマン

仕事が飽きないようにするために、仕事の中にメリハリをつけることも大事です。繰り返しの作業が続いてしまう時などは、どうしてもだらだらと作業をしてしまい、思考もぼんやりとしてしまいがちですが、そういった時にはメリハリをつけられるように心がけましょう。

ここまでを一区切りとして作業しよう、など、自分の中でルールを決めて作業を進めていくなど、テキパキと進めるための方法を考えてみてください。そうすれば、仕事に飽きたと感じることはなくなります。

仕事に飽きたと感じるのは、刺激がなくなってしまうからです。仕事が無味乾燥なものとなってしまわないように、自分でメリハリをつけていきましょう。

目標を決めて仕事をする

目標の木に水やりをする男性

目標を決めずに仕事をしていると、飽きてしまうことが多々あります。ですから、仕事をする上ではなるべく目標を作るようにしましょう。どんな些細なものでも良いですから、これをするために仕事をしよう、とか、この仕事が終わったら何かをしよう、といったことを決めてみてください

そうすれば、日々の仕事にハリが出てくるので、飽きたと感じることはなくなります。仕事に飽きるのは、夢中になれるだけのやる気がない状態が続いてしまっているからです。なので、これだと思う目標を決めることはとても重要だと言えるでしょう。

この仕事が終わったら大きな買い物をしようとか、休日に旅行をしようとか、仕事に関連したことでなくてももちろん構いません。大切なのは、目の前の仕事に取り組むやる気を上げてくれるような目標を立てることなので、内容は自分にとって一番好ましいものにしましょう。

上司に相談してみる

仕事に飽きて今の業務がつまらないと感じたら、上司に現状を相談してみるというのも良いでしょう。もちろん、今の仕事に飽きてしまったけれどどうすれば良いか、ということをストレートに伝えてしまうと、あまり心証が良くありません。ですから、もっと別の仕事で能力を発揮したいと考えているとか、違う仕事にも携わってみたいとか、言い方を考えてみる必要はあります。

上司が意図を汲んでくれて、今とは違う仕事を振ってくれれば、仕事に飽きることはなくなるでしょう。新しい仕事を与えてもらえれば、それに集中することができますし、飽きるという余裕もなくなるからです。

今は違う仕事を振ることは難しいと判断されても、別の機会に仕事を与えてもらえる可能性はあります。いずれにせよ、何のアクションも起こさないよりも、やる気を持って行動することは非常に重要です。

仕事の割り振りに関しては、自分ひとりの一存ではどうにもならないところがあります。ですから、まずは上司にかけあってみたり、話をしてみたりすることをおすすめします。

資格をとるための勉強をする

分厚い本で勉強するビジネスマン

仕事に役立つ資格を取るための勉強を始めるというのも良いでしょう。仕事に飽きたという時には、何かしらの能動的な行動が必要です。そういった場合には、資格を取ることをおすすめします。特に、技術職など、専門的な知識が求められる職業の人には、何らかの資格の勉強が気持ちにハリを持たせてくれるでしょう。

また、基本的なPCスキルなど、一般職でも役に立つ資格についての勉強も仕事に対してのやる気を与えてくれます。この勉強が仕事に役立つのだという意識を持つことができますし、資格は実際に仕事をする上で役に立ってくれますから、まさに一石二鳥であると言えるでしょう。

働きながらでも資格をとるための勉強に意欲的になると、自分が今取り組んでいる仕事に対しての姿勢も変わってきます。ひとつのことに一生懸命になると、関連したことにも姿勢を正すようになるものですから、ぜひ自分に必要だと思える資格を取るための勉強を始めてみてください。

働きながら資格取得を目指す!勉強時間の捻出方法は?

集中力を高めて一日ごとの仕事を乗り切る

仕事に飽きたと感じているのは、毎日の仕事が連続して続いてしまっているからです。ですから、まずは一日の仕事に集中することを意識しましょう。一日ごとに仕事が終わるというくらいの気持ちで、集中することが大切です。

そうすれば、気を抜くことはなくなりますから、仕事に飽きたという余裕を感じることもなくなります。集中してしまえば、他のことを考えることはなくなりますし、目の前の仕事にのめり込むことができるでしょう。

この時に、一日だけ集中しようと考えるのがコツです。今日だけ頑張ろう、と思えば、気持ちも楽になるものです。明日も明後日も続くのだと考えてしまうと、仕事は飽きてしまいます。ですから、今日だけ頑張れば良いのだ、と考えるようにしてください。

次の日のことは、次の日の自分が考えれば良い、と思ってしまうのが良いでしょう。無責任だと感じるかもしれませんが、仕事に飽きたと思ってしまった以上、とにかく目の前の問題を解決することを最優先とするべきです。

職場のいいところを再発見するようにする

職場の高層ビルの窓から外を見つめるビジネスマン

仕事に飽きた時には、職場について見直してみましょう。自分が置かれている現状が、恵まれているかどうかということを考えてみることも大切です。自分はこんな風に恵まれているところで働くことができているのか、という発見を改めてすることができる可能性もあります。

職場がどのようなところであるかということは、常日頃から意識しているものではありません。もちろん、働きやすいとか、働きにくいといったことを何かの折に感じることはあるでしょうが、毎日何か考えているといった人は稀でしょう。

ですから、仕事に飽きたと感じた時には、自分がどのような状況でいつも働いているのかを再確認してみてください。とても良い環境で働くことができているのであれば、それは巡り合わせに感謝するべきです。それならば、仕事に飽きたとしても、わざわざ環境を変えてまで別の職場に移ったり、転職をしたりする必要があるのだろうか、ともう一度自分に問いかけてみるべきでしょう。

職場の人間関係などに関しては、自分の力ではどうしようもない部分があります。ですから、現在の状況に満足しているのであれば、それを捨ててまで安易に退職したりすることはあまりおすすめできません。

どうしても仕事に飽きてしまった場合には転職を考える

やる気が出ない女性社員が転職を考える

仕事に飽きてしまい、会社に行くことすら苦痛だと感じてしまうほどに悩むようになってしまったのであれば、転職を考えるのもひとつの方法です。自分に適した別の職があるかもしれないと強く感じている場合には、それを探してみるのもいいでしょう。そういった時には、転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントの使い方!登録から内定までの主な流れと活用法

今の職からスキルアップするために転職を決断するということは、前向きでとても良いことだと言えます。新しい職場で、一から仕事を覚え、充実した日々を送ることができれば、それは何よりも望ましいでしょう。飽きてしまった、もうやりたくない、と嘆きながら仕事をするよりも、よほど有意義な日々です。

ただし、軽はずみな気持ちで転職をしてしまうと、転職先でもまた同じことを繰り返してしまう可能性があります。仕事に飽きてしまい、職を転々とすることがないようにするには、一度根本的に仕事への取り組み方を見つめ直す必要があることは確かです。

仕事に飽きた時は自分のやる気を奮い立たせよう

仕事に飽きたといっても、その気持ちを振り払う方法がないわけではありません。ですから、今の自分に何が足りないのかを見極めることが何よりも大切だということを自覚しましょう。仕事に飽きてしまう理由を突きとめて、それに冷静に対処することができれば、今の仕事に集中して取り組むことも難しくはありません。仕事は毎日しなければならないものですから、飽きてしまっては続けていけないでしょう。ですから、なるべくはやく解決策を見つけるべきです。