会社の飲み会の場所の決め方みんなが喜ぶお店選びのコツ

会社の飲み会の場所にふさわしい場所の選び方についてご紹介します。幹事を任された新入社員に向けて、飲み会の場所の決め方のポイントや、場所を決める時にしておくべきこともご紹介します。また、二次会の場所も決めておくと良いことについてもご説明します。

会社の飲み会の場所の決め方みんなが喜ぶお店選びのコツ

会社の飲み会の場所の上手い決め方

会社での飲み会の幹事を任されることになった場合に、まず悩むことになるのが飲み会を行う場所です。どういった料理を出してくれる、どういった雰囲気のお店を選ぶべきなのか、新入社員にとってはわからないことも多いでしょう。

しかし、飲み会にふさわしい場所を選ぶことができれば、この人は社会人として仕事ができる人間だ、と思われることは間違いありません。ですから、飲み会での場所選びはきちんとできるようにしておきたいところです。

新入社員のうちに飲み会の場所を選ぶ時のコツをしっかりと押さえて、いつ幹事を任されても困らないようにしておきましょう。

会社の飲み会の場所を決める時は下見をしよう

居酒屋と店員

飲み会の場所を決める時には、必ず下見をしておきましょう。下見をしておくことで、そのお店がどのような料理を提供するのか、どういった雰囲気なのか、店員さんの接客態度はどうなのかなど、必要な情報を一度に手に入れることができます。

飲み会の場所は実際に行かなければわからないから

飲み会の場所の下見をするのは、会社から歩いてみると意外と遠かったりするといった思わぬ欠点があったりする、といったことを発見するためでもあります。また、口コミとは違って料理が明らかに美味しくなさそうとか、店員さんの接客態度があまり良くないとか、店内が騒がしすぎるとか、色々と不都合な点がある可能性もあります。飲み会の場所を決めるにあたって、下見は絶対に必要な行為だと考えておいてください。

お店の人との直接の打ち合わせが大切だから

飲み会の場所を決めたら、お店の人と打ち合わせをしておきましょう。当日の流れや参加人数などはもちろん、料理や座席の移動などについても詳しく話し合っておく必要があります。実際に下見に行ったとしたら、その時にしておくのが一番良いでしょう。もしかしたら、1品増やしてもらえるなどちょっとしたおまけをつけてもらえるかもしれません。どうしても下見に行けなかった場合には、電話口で構わないので打ち合わせをしておいてください。

会社の飲み会の場所の決め方ポイント

飲み会の乾杯シーン

会社の飲み会の場所を決める時には、意識したいコツがあります。飲み会は参加者が皆で楽しむためのものですから、できるだけ希望は取り入れていきたいところです。場所を決めるにあたっても、まずはそれを第一に考えていくべきだと考えてください。飲み会の場所選びを進める中で、この会をどういったものにするかということを意識するのが大切です。

会社の飲み会の場所は目的に合わせて決める

会社の飲み会の場所は、飲み会の目的やコンセプトによって決めるべきです。会社の飲み会と言っても、歓送迎会なのか、お疲れ様という気持ちを込めた飲み会なのか、昇進祝いの飲み会なのか、など、色々な意味合いを持っているでしょう。

そういったことを考えた上で、飲み会の場所を考えていきましょう。大人数で盛り上がりたい場合はお店を貸し切った方が良い場合もありますし、個室で静かに行った方が良い場合もあります。どういった飲み会にするべきなのかを考えるのは、幹事の大事な仕事のひとつです。

会社の飲み会の場所は参加者に希望を聞く

会社の飲み会の場所は、一人で決めてしまうよりも周りの人たちの意見を取り入れる方が良いでしょう。その方が結果的に飲み会は成功しやすくなります。どういった場所で、どういった料理を食べたりお酒を飲んだりしたいかといったことを聞くことによって、具体的なビジョンを持てるようになるのです。飲み会は参加者の意見を大事にすることが成功のカギです。できるだけ詳しくヒアリングしていってください。

会社の飲み会にふさわしい場所は?

掘りごたつのある居酒屋の席

予約したい飲み会の場所のイメージが固まったら、実際にお店選びを行います。会社の飲み会の場所として選ばれるのは特別なところではありません。あまり気負わずに、基本を押さえた上で皆に喜ばれる場所を選びましょう。

飲み会の場所の定番は居酒屋

大人数でわいわいと盛り上がることが目的であれば、飲み会の場所で定番なのは居酒屋です。ですが、ここで注意しておきたいのが、どういった居酒屋にするかということです。居酒屋と一口に言っても、その種類は様々で、シーン別にふさわしい使い方をする必要があります。

喫煙ができる場所

会社の飲み会の場所を決める時に、必ず確認しておかなければいけないのが、喫煙がOKなお店であるかどうかということです。飲み会の参加者の中に喫煙者がいる場合に、喫煙を無理に止めるのはストレスを与えることになってしまいます。最近は分煙が基本ですが、飲み会の場合は喫煙が許されるお店も多くあります。必ずお店に確認を取るようにしましょう。

女性が好む場所

会社の飲み会の参加者の中に女性が含まれている場合には、女性に好まれるような場所を選ぶようにすると良いでしょう。例えば、なるべく女性が好みそうな料理がコースに含まれているお店や、内装が綺麗なお店などがおすすめです。

また、女性はブーツやパンプスなどを履いていることがあります。それらを脱ぐ手間を考慮すると、なるべく座敷のお店は避けたほうがいいかもしれません。

会社と遠くない場所

飲み会の場所と会社が遠いと、どうしてこんなに歩かなければいけないんだ、と飲み会が始まるまでに参加者それぞれの中で不満が溜まってしまいます。そうなると、飲み会の席は白けたものになってしまうだけでなく、最悪の場合険悪なムードにもなりかねません。

飲み会を皆が楽しむためにも、飲み会の場所と会社は近い方が良いと言えるでしょう。できるだけ参加者のストレスはゼロに近い状態で飲み会を始めたいところです。

会費が高すぎない場所

せっかくの飲み会も、会費が高すぎると意味がありません。飲みながら、でもこれはいくらするんだったかな、と考えてしまっては全く楽しめないからです。そういったことを考慮して、会費はできるだけ抑えた場所で飲み会を開くようにしましょう。

参加者がお金のことを気にしないで済むように、あまりにも高い会費を徴収しなければならないような場所を選ぶことは避けてください。

飲み会の会費はいくら?上手な金額の決め方と徴収タイミング

口コミサイトで評価が高い場所

口コミサイトを参考に飲み会の場所を選ぶのも一つの方法です。口コミサイトには様々な情報が掲載されていますから、参考にすると良いでしょう。ただし、評価を全て鵜呑みにして過信することはしないようにしましょう。

口コミサイトで評価の高いお店は、予約が取れないことも多くあります。飲み会の場所として使おうと決めたら、なるべく早く予約を取るようにしましょう。

飲み会の場所が決まったら予約を入れよう

タブレットを操作する居酒屋の店員の女性

決め方ポイントに沿って飲み会の場所が決まったら、実際に場所の予約をすることになりますが、ここでも必ず確認しておかなければいけない点があります。中でも参加者は何名いるか、お店のキャンセル料の有無の確認が重要です。

キャンセル料については、何日前、あるいは当日になってからでは何割程度の負担がかかるのかについて詳しく聞いておくべきです。万が一に備えて、最初の電話予約の段階で聞いておくことをおすすめします。

飲み会の予約で積極的に動きたい3つのポイント

二次会の場所も決めておくと良い

会社の飲み会の場所を決めた後には、二次会の場所も決めておくと良いでしょう。飲み会(一次会)の場所から近い所にあるカラオケ店や居酒屋などで、二次会を開くといったこともよくあるパターンです。そういったことにも対応できるように、飲み会の後にも幹事として身動きが取れるようにしておきましょう。

飲み会の場所は一次会だけではなく二次会に関しても下調べをしておくと、一次会から二次会にスムーズに移行することができるため、そういった働きができれば幹事として一目置かれます。ぜひとも一次会の場所の近くに二次会を行える場所を見つけておきましょう。

また、二次会の場合は何人が参加するかその時にならないとわからないことが多いため、事前にお店の予約ができません。ですから、予約をしないと入店できないようなお店を選ばないように気をつけましょう。

既に酔っている人もいることを考えると、静かで格調高いお店を選ぶよりも、多少騒いでも問題ないカラオケ店や居酒屋が選ばれることが多いということを覚えておくといいです。

二次会のカラオケで盛り上げるスーツ姿の男性2名と女性1名

会社の飲み会の場所をスマートに決められるようになろう

せっかく飲み会の幹事を任されたからには、成功させて皆に楽しかったと言ってほしいものです。そのためにも飲み会の場所選びには慎重になりたいところですが、慣れてきたらスマートに決められるようになるのが理想的だと言えるでしょう。

新入社員のうちは、今までの飲み会の予算の相場や、これまで使われてきた会場などを参考にして場所を決めるのもおすすめの方法です。自分が今できる精一杯のやり方で、参加者を満足させられる飲み会を開きましょう。