リテンションマネジメントで優秀な人材をつなぎとめよう

リテンションマネジメントについて詳しくご説明します。リテンションマネジメントを行う目的や、具体的な方法をご紹介したあと、その考え方のポイントを解説します。また、リテンションマネジメントをしなかった場合どうなるかについても触れていきます。

リテンションマネジメントで優秀な人材をつなぎとめよう

リテンションマネジメントについて知ろう

優秀な人材が転職をしてスキルアップをし、自分にベストな働き方を見つけることが珍しくなくなってきた今日において、企業はそういった人材の流出を防がなければなりません。

この動きのために一役買って出たのが、リテンションマネジメントという制度です。企業はリテンションマネジメントをするという努力によって、自分たちの精度を保とうとしているのです。

このようにリテンションマネジメントを行う企業が増えてきたため、もはやそれは他人事ではなくなってきました。身近なものとなってきたリテンションマネジメントについて、知識を深めておく必要があります。

こういった新しい制度は、時代の流れに沿ったものであると言えます。ですから、それに取り残されないように常に情報を取り入れておくことをおすすめします。そうしなければ、いつしか次々に取り入れられた制度に押しやられてしまうでしょう。

リテンションマネジメントとは

図解:リテンションマネジメント

実際に、リテンションマネジメントとはどういったものなのでしょうか。

リテンションマネジメントとは、企業と社員との間で良い関係を築き、社員たちが長く働けるように維持することを指します。

これは、顧客や従業員の維持や引き留めを意味する「リテンション」と、人事管理に使われる「マネジメント」という言葉を組み合わせて作られた言葉であり、制度です。この言葉からわかるように、リテンションマネジメントは、ある人材がひとつの企業で長く働くことができるように引き留めるためのものであると言えます。

人材を失うということは、採用にかけた努力を全てなくしてしまうということです。これは企業にとって、大きな損失となってしまいます。そのため、企業としては全力でそれを阻止したいと考えています。リテンションマネジメントはそういった観点からも今注目を集めています。

また、採用にかけた努力を失うだけではなく、新しい人材を確保するために動かなくてはならないのが企業にとっては痛手となります。資金を用意しなければなりませんし、そのためにまた人手が必要となります。そういったことにまた時間を割かなければならなくなるのもダメージのひとつです。

リテンションマネジメントは、こういったことに対するけん制として十分に働いてくれます。

リテンションマネジメントの目的

リテンションマネジメントは、優秀な人材が企業に定着することを目的としています。

人材の流出が企業にとっての痛手であることは前述の通りですが、リテンションマネジメントをすることによって更に優秀な人材が他の企業に移ってしまうことを企業は何よりも恐れています。キャリアを積んだ人材が離れていってしまうことは、企業の中枢に大きな穴が開いてしまうことと同じです。そうなってしまうと、そこを埋められる人が見つかるかどうかわからないからです。

また、企業を離れて行った人とともに顧客が流れていってしまう可能性なども考えられますし、まさに労働環境の悪さは百害あって一利なしなのです。ですから、リテンションマネジメントによって一刻も早く改善すべきであると言えます。

会社という組織において、どんどん人が離れていくのは魅力がないか、あるいはよほど労働環境が悪いかのどちらかが考えられます。ですから、リテンションマネジメントによってそれを改善していく必要があるのです。

リテンションマネジメントを行うことによって、企業に留まって、働きたいと思わせることができるようにすることができれば、社員にとっても企業にとってもとても良い関係が築けていると言えます。そういった気持ちのいい関係で働くことができるようにするためにも、リテンションマネジメントは役に立ってくれます。

実際にリテンションマネジメントをする具体的な方法

笑顔を絶やさない会社員二人

給与制度を見直す

リテンションマネジメントの方法としては、給与制度を見直すのが一番わかりやすく、目に見えて確かな方法だと言えます。やはり給与の額がどのように定められているのかについてしっかり社員にとってわかるようにすることは大事です。そういったことをはっきりしておくことは、先々の信頼関係に大きく影響を及ぼします。

給与制度が細かく定められていることを説明することによって社員は安心することができますし、自分の働きがどのように反映されているのかをしっかり理解し、納得することができます。それは企業との相互理解に繋がりますから、リテンションマネジメントの方法のひとつとしてはメジャーなものだと言えるでしょう。

働きぶりを評価する

社員の働きぶりを評価することも忘れてはいけません。リテンションマネジメントにおいては、人材の定着を目的としているため、仕事に対する適切な評価をすることで社員のモチベーションを保つことは欠かせないのです。

社員がどのようにその仕事に関係してきたのかについて詳しく知り、適切な評価を下し、新しく権限を与えます。そうすることによって社員は次の仕事への意欲を上げ、よりいっそうクオリティーの高い働きを見せることができるのです。

異動やスキルアップに柔軟になる

社員の部署異動やスキルアップに対して柔軟な姿勢をとることもリテンションマネジメントにおいては効果的です。社員が、ここではない場所でキャリアを積みたいと考えていたり、もっと見識を深めたいと感じていたりしているのであれば、企業はそれに応えるべきです。

そうすることで、社員は企業に対して高い満足感を得ることができます。また、社員からの需要がありそうな説明会や研修などは積極的に行っていくと良いでしょう。

リテンションマネジメントを考える際のポイント

図解:リテンションマネジメントを考える際のポイント

リテンションマネジメントを実行するにあたって忘れてはいけないのは、あくまでも長期的な姿勢を忘れないということです。その場しのぎではなく、会社の人材管理の基盤、人事全てにおいて「人材は長く引き留めておくこと」という考え方を徹底させることが重要です。

また、リテンションマネジメントというと給与を改善して人材を引き留めるということが頭に浮かびやすいかもしれませんが、それだけでは優秀な人材を繋ぎとめておくことは難しいと言えます。確かに給与制度の見直しは魅力的かもしれませんが、高給でなくても働きたいと思わせる企業は数多くあるのです。

リテンションマネジメントを考える際には、まず何よりもその職場で社員が働きやすいかということを考えましょう。福利厚生がしっかりしているか、職場環境が良いか、向上心を持って働くことができるかどうかなど、気を配るべきところは色々あります。

仕事にやりがいを持って取り組むことができれば、人材の流出を止めることは難しくありません。リテンションマネジメントによって、働きやすい環境を整えて、理想的な人材の受け皿を作りましょう。

リテンションマネジメントをしなかった場合どうなるか

リテンションマネジメントをせずに、社内を放置しておいた場合、どのような結果が待っているでしょうか。

まず、優秀な人材は離れていくでしょう。スキルアップが見込めず、同じところに留まり続けなくてはない上に、自分の働きを評価されないような企業にしがみついている必要はないからです。転職をして、より自分を正当に評価してくれる企業を選ぶに違いありません。

企業に留まっている社員は、不満を抱えながら仕事をしなければならなくなってしまいます。モチベーションを保つことが難しく、頑張った結果が給与にも地位にも反映されないことに対して常にもやもやとした気持ちを抱いたまま日々を過ごすことになります。

そうなると、企業にとっては優秀な人材をみすみす逃してしまう上に、社内の空気を澱ませてしまうという最も避けるべき事態に陥ってしまいます。こうならないためにも、リテンションマネジメントをする必要があると言えます。

仕事のモチベーションを上げる8つの方法

リテンションマネジメントはこれからの時代に不可欠

パソコンで仕事をする男性会社員

リテンションマネジメントの必要性はこの先の多様化する企業のあり方にとって更に高まっていくでしょう。この制度を利用して、それぞれの企業は必死に自社に人材を定着させようと努力しています。こういった動きは、この先も激化していくことが予想されます。

新しい採用の形が増えていくとはいえ、そこにかかる手間はやはり膨大なものです。むしろ、これから試行錯誤していく時代に入っていくのですから、より一層大変になっていくと言ってもいいでしょう。

そういった中で、せっかく確保した人材を簡単に手放すわけにはいかないというのが企業の本音といったところでしょう。リテンションマネジメントは、今後どんどん必要とされていく制度になると言えます。