仕事で緊張する時の心のほぐし方どうすれば落ち着ける?

仕事で緊張する場面は多々あるでしょう。そういった時に我慢をしているだけでは、ストレスを溜め込んでしまいます。ですから、緊張を和らげるための対処法を実践してみてください。仕事をスムーズに進めることができるようになるでしょう。

仕事で緊張する時の心のほぐし方どうすれば落ち着ける?

「仕事で緊張してしまう」とはうまく付き合っていくことが大切

緊張のピークに達しつつある男性の顔

仕事をしている中で、どうしても緊張してしまうという場面はあるでしょう。ですが、そういった時には冷静になることを意識するべきです。緊張をほぐすためには、自分の感情のたかぶりを鎮める必要があると言えます。緊張してしまうと、仕事をスムーズに進めることは難しくなってしまいますし、効率が悪くなるだけではなく、毎日ストレスを抱えることになってしまいます。そういった事態を避けるためにも、仕事における緊張とは上手く付き合っていかなければいけません。

まず、なぜ仕事をする時に緊張してしまうのかを考える

考えに考えている男性

緊張してしまう場面として挙げられるのが、誰かに何かを質問する時だったり、上司に報告をする時だったりする場合、または電話をかける時などであるなら、それはコミュニケーションに不安を抱えていることが原因のひとつであると考えられます。

もしも今話しかけて迷惑になってしまったらどうしよう、この話が正しくなかったらどうしよう、などと考えてしまえば、緊張や不安が胸に広がってしまうのは当然のことです。きちんと相手に自分の言葉が届くかどうかということについて、緊張感が抜けないというのが問題であると言えるでしょう。

確かに、話しかけるタイミングは間違えてしまえば嫌な顔をされてしまうでしょう。しかし、それならばタイミングを間違えないようにすれば良いという対処法をとることができます。報告をする時に緊張するのであれば、その内容について確認を怠らなければ不安を軽くすることは可能でしょう。

緊張は、何もしなければ拭い去ることはできません。どうして自分が今緊張しているのかを冷静に分析して、その原因を潰していくことが求められるのです。

シーン別!仕事で緊張してしまう時の対処法

仕事で緊張すると言っても、色々なシーンが想定されます。誰かに何かを聞く時、上司に報告をする時など、緊張する場面によって、対処法も変えていかなくてはいけなくてはならないでしょう。また、緊張してしまうことそのものに対して深く考えておかなければ対策を練ることもできません。

緊張してしまうことは決して悪いことではありませんが、対策を考えておかなければ仕事に支障をきたしてしまうこともあり得ます。何よりも、緊張することによるストレスは発散することが難しいのです。まずは、緊張してしまうことについて考えていきましょう。自分がなぜ、何に対して緊張するのかを知ることによって、解決するための方法を探っていくことができるのです。

誰かに何かを聞く時に緊張してしまう場合の対処

誰かに何かを聞く時に緊張してしまうという場合には、まず「今お時間よろしいでしょうか?」と聞くことを忘れないようにしましょう。このワンクッションがあることによって、相手が自分との会話を受け入れてくれたという安心感を得ることができるからです。

背中合わせのビジネスマン

この伺いを立てるタイミングは、相手が少し手を休めている時でも、そうでない時でも構いません。少し待っていてほしいのであれば、相手はそう言ってくれるでしょうから、明らかに忙しそうにしている場合でない限りは話しかけてしまって問題ないと考えてください。

そして、質問は簡潔にまとめておきましょう。要点がわからない、ごちゃごちゃとした質問をしてしまうと、相手は混乱してしまいますし、どういうことなのかと逆に質問されてしまいます。そういったやり取りをしていると、ますます緊張感は高まり、聞きたいことがわからなくなっていってしまいます。

あらかじめどういったことを聞くのかを整理しておくことによって、緊張を抑えることができますから、メモに書いておくのも良いでしょう。また、何度も同じ質問をしないためにも、相手の話もメモに取っておくべきだと言えます。緊張して会話にばかり意識がいってしまうと、質問の答えを覚えて頭の中で処理することができなくなってしまう可能性があるからです。

誰かに何かを聞く時には、相手に何を聞きたいのかを落ち着いて伝えることが大切であると言えます。そして、緊張するあまり、このことは聞かない方が良いだろうか、などと遠慮をしてしまうのは良くありません。結局後で聞かなければならないようなことになってしまったら、二度手間になってしまいますし、どうしてさっきまとめて聞いてくれなかったのか、と思われてしまう可能性もあるからです。

相手に聞きたいことがきちんと定まっていれば、会話の中で緊張する必要はありません。落ち着いて、自分が必要としている情報を得るためのコミュニケーションを取れば良いのです。

上司に報告をする時に緊張してしまう場合の対処

上司に報告をする時に緊張してしまう場合は、自分がどういった報告をするのかを何度も確認しておきましょう。上司に報告をする時の緊張感は、報告の内容をしっかりと組み立てておくことによって和らげることができると言えます。

何をどう言えば良いのかということが全く整理できていないままに報告しようとしてしまうと、上司に伝えたいことが伝わらないため、報告は意味を成しません。そうなれば、どういうことなのかと詰問されてしまいますから、緊張は煽られてしまうでしょう。

自分が緊張していることを自覚しているのであれば、報告する内容についてはあらかじめ何度も確認し、シミュレーションを行っておくべきです。どうすれば無駄なく上司に報告することができるかを考えましょう。

考えまくっている男性の様子

報告は早く、正確に行えば叱責されるようなことにはなりません。ですから、緊張する必要はないのです。また、タイミングをはかるあまりに、どんどん先延ばしになってしまうことだけは避けましょう。報告すべきことができたら、素早くまとめ、なるべく早く報告するようにすることが望ましいと言えます。

取引先に会う時に緊張してしまう場合の対処

取引先の人に会う時に緊張してしまうという場合には、自分がなぜその人と会う必要があるのかということを意識するようにしてください。自分が取引先に会うことで、必ず仕事は先に進んでいくのですから、前向きにとらえるようにしましょう。

緊張してしまうのは、もし失敗して失礼なことをしてしまったらどうしよう、などといった心配をすることが原因のひとつであると考えられます。ですから、もし多少トラブルがあったとしても、それはのちにフォローすることができると考えてください。

会わなければならない理由のあるクライアント

あまり思いつめすぎると、それが実際に失敗に繋がってしまいます。ですから、緊張するよりも、取引先に会うことによって得られるメリットのことを強く意識するようにしてください。この機会によって仕事はどうなるか、といったところに意識を向けていきましょう。

自分個人の問題ではなく、仕事そのものの進捗を考えることによって、緊張や不安から気を逸らすことができるようになりますから、まずは取引先と会うことの意味をきちんと見つめ直してみてください。

電話をかける時に緊張してしまう場合の対処

電話をかける時に緊張してしまうという場合も多くあるでしょう。そういった場合には、何の用件で電話をかけるのかを必ずメモに書いておき、まとめておくべきです。実際に電話での会話が始まってしまうと、緊張のあまり何を話せば良いかわからなくなってしまうということは多々あることですから、メモを見て落ち着いて用件を話せるようにしておく必要があります。

どういう順番で、何を伝えるのか、または何を聞くのか、といったことをできるだけ細かくメモに書いておきましょう。そうすることが、電話をかける前の緊張をほぐし、リラックスする効果に繋がります。電話をかける際の緊張は、相手にどのように話せば良いのかわからない、といったことが原因のひとつであるでしょう。ですから、その不安を潰すためには、あらかじめ準備しておく必要があるのです。

携帯電話とメモ

電話をかける時には、どのように話を展開させていこうか、といったことを考えておくことも大切でしょう。相手の話のペースに巻き込まれて、自分のしたい話が全くできずに電話を切られそうになってしまうということがないようにしなければなりません。緊張していると、頭の中が混乱しがちですから、電話をかける前に自分がどのように話すようにするのかを漠然とでも構いませんからイメージしておきましょう。

また、聞きたいことや話したいことを書いたメモに、電話中にチェックをつけていくようにすることもおすすめです。緊張しながら電話をしていると、どの質問をしたのか、どういったことを話したのかがわからなくなってしまう時もあります。できれば話したことはメモに取りましょう。そうして相手との会話に集中していくうちに、自然と緊張していることを忘れられるのです。

一番いけないのが、緊張しすぎて自分の話をできないことですから、必ず自分が話したいことは伝えるようにしてください。

電話を受ける時に緊張してしまう場合の対処

電話を受ける時にも、緊張してしまうという場合が考えられます。そういった場合には、コールが鳴ったら素早くメモとペンを用意しましょう。受話器を上げる前に、自分が電話を受ける態勢を整えておくことによって、緊張を和らげることができます。

電話を受ける時の緊張は、相手が誰であるか、どんな用件でかけてきているのかがわからないところが原因であるでしょう。ですから、それに対応できるようにメモとペンを用意し、誰からのどんな用件であるかをきちんと把握することが大切なのです。

電話しながらメモを書きまくる男性

もし相手の名前や企業名が聞き取れなかった場合は、焦らずにもう一度聞き返しましょう。そして、用件に関しては、電話を受けている最中に綺麗にメモにまとめる必要はありません。電話を切った後に内容をまとめれば良いので、まずは緊張を抑えるために、電話相手が自分に伝えていることをかいつまんでメモしておきましょう。

電話を受けている時に、どれだけ緊張していても、相手の名前の確認や、電話番号や約束した場合は日付の復唱などは必ず行うようにしましょう。こういったところが抜けていると、後々にトラブルを招きかねません。

大勢の前で発表しなければならない時に緊張してしまう場合の対処

大勢の前で、自分の案を発表しなければならないという場面も、仕事をしている上では多くあることでしょう。そういった時に緊張していると、最善のパフォーマンスができない可能性があります。ですから、こういう事態にも対処を考えておかなければなりません。

まずは、どれだけ緊張してしまっても声だけは大きく出そうということを意識しましょう。もごもごと小さくこもった声で話していると、聞いている側は聞き取ることができず、何を伝えたいのかわからなくなってしまいます。そうなると周囲の目は訝し気になっていくため、ますます緊張感は高まってしまうでしょう。

拡声器でプレゼンする男性

声を大きく出すことは、緊張を振り払うためにもとても効果的な方法であると言えます。小さい声は気持ちを萎ませてしまいますから、その場にいる人全員にもれなく声を届かせることを意識して話すようにしましょう。

もちろん、事前に何をどのように発表するのかを確認しておくことを怠ってはいけません。万全な準備をしておくことによって、これだけ用意してきたのだから大丈夫、と落ち着くことができるようになるからです。

何かを発表する時には、焦ることだけは避けましょう。どれだけ緊張していても、必ずひとつひとつの行動は丁寧に行うべきです。そうしないと、伝えたいことを伝えることは難しくなってしまいますし、自分の緊張は膨れ上がっていくばかりになってしまいます。

仕事での緊張は日々の意識によってほぐしていこう

平常心を保とうと瞑想にふけるビジネスマン

仕事には緊張感を持って臨むことも大切ですが、それがあまりにも強いと、自分を苦しめるだけの悪影響を及ぼすものになってしまいます。そうならないためには、きちんと自分で不安をコントロールしていかなければなりません。もちろん感情のコントロールは簡単なことではありませんが、日々意識していくことによって、少しずつ緊張をほぐす方法を身につけることができるようになるでしょう。まずは焦らずに、毎日落ち着いて自分の気持ちと向き合うように心がけてください。

正社員での就職を目指す方へ

履歴書Doは、既卒・第二新卒で就職先を探している方、フリーターやニートで仕事を探している方を応援するコラムを日々提供しています。

こういったコラムをお読みになって、

  • 自分に合った「いい仕事」にめぐり逢いたい
  • 自分の能力や価値を最大限に活かせる職場で働きたい
  • 自分や家族の将来のために、もっと年収を増やしたい

そうお考えのあなたはぜひこちらに登録し、ご相談ください

最短1週間で入社可能!DYM就職