プレミアムフライデーの過ごし方どうする?おすすめ10選

プレミアムフライデーの過ごし方はどうしてる?プレミアムフライデーに行われるセールやサービス、クーポンはプレミアムフライデーではない一般の社会人も使用可能です。家でゆっくりするのも一考ですが、買い物や外食をする予定の方は積極的に活用することをおすすめします。

プレミアムフライデーの過ごし方どうする?おすすめ10選

プレミアムフライデーの過ごし方どうしてる?

2017年2月24日に始まったプレミアムフライデー。実際に実施された企業もあれば実施されていない企業もありますが、平成30年1月時点で8,100企業が導入しています(注1)。

プレミアムフライデーを評価する上ではまだまだ実例不足ではありますが、導入するにもプレミアムフライデーをより有意義に過ごす上でも、どのような過ごし方があるのかは実際の話を聞いてみないとわからないところがあります。

ちょっと様子見と思っていた会社も、実例がわかれば導入に動くこともあるでしょう。プレミアムフライデーのおすすめの過ごし方についてご紹介します。

せっかくなのでプレミアムフライデー狙いに乗っかろう

ワインを飲んで笑顔の女性

プレミアムフライデーが行われるようになり、プレミアムフライデーを狙い撃ちしたようなお店もたくさんあります。「18:00までの注文分は生ビール100円」のような破格のサービスはけっこう多いもので、それを上手く利用してお得に楽しんでみるのがおすすめです。

旅行者やホテルなどでもプレミアムフライデー限定プランも多く出ていますし、割引を受けることができる飲食店も多くなっています。お店によってはプレミアムフライデー限定商品があったり、エンタメ施設では駐車場無料などのサービスが行われている場合もあります。

ネットショップでもプレミアムフライデーを楽しむための商品やサービスが特別価格で販売されていたりと、探してみるといろんなところで商機とばかりに盛り上がっています。プレミアムフライデー狙いの商品やサービスは、プレミアムフライデーがない人も使えます。気後れすることなく利用できるものは上手に活用しましょう。

プレミアムフライデーは寝て過ごす人も多い

ソファーに寝転ぶ女性

プレミアムフライデーは元気に遊ぶというイメージがあることは事実ですが、中には「家でのんびりと過ごしたい」という人も多く、レンタルのDVDなどが盛況になったり、オンラインゲームの参加者が増えたり、ネット動画が混み合うという話もあります。

プレミアムフライデーだからと騒がず、家でゆっくり眠って日頃の疲れを癒す、自分だけのリラックスした時間を過ごすというのも、プレミアムな時間の使い方であることは間違いありません。最近は休日になると熱が出るという人も多いようですが、平日に心身を酷使していることが原因となっていることが多く、金曜の夕方以降を犠牲にすることで週末が元気に過ごせるなら、それも何よりです。

政府の意図とはちょっと違うかもしれませんが、こうしたゆとりある時間こそ現代の贅沢でしょう。

プレミアムフライデーのおすすめの過ごし方10

月に一度訪れるプレミアムフライデーの過ごし方について、おすすめの過ごし方を10通り挙げていきます。

1 小旅行に行く

夜行列車が走るレール

プレミアムフライデーでは月末の金曜夕方早くから退社してプライベートの時間となりますが、前日までに準備を済ませておけば、帰宅してすぐに小旅行を始めることができます。夜行列車や夜行バス、最終便でのフライトを使えば、交通費も安くできますし、それでいて土曜日の朝から旅行先を回ることができます。

日曜の夕方に帰ってくるので少々慌ただしいですが、海外も近場なら行って十分に楽しむことができます。プレミアムフライデー専用プランなども多く登場しているので、有効活用するとコスト面でもメリットがあります。

2 本気で料理をする

色々な種類のスパイスを並べる

一人暮らしでも家庭がある人でも、なかなか本腰入れて普段は料理ができないものです。外食するのも良いですが、たまにはその資金で良い食材を買ってきて、家で本気で料理を作ってみるというのも楽しいものです。最初はイベントとして考えていたのに、出来映えに満足してハマってしまい、趣味になって、高級な調味料などを買い揃えたという人もいます。

家庭がある人なら、普段なかなかできない家族サービスにもなって喜ばれますし、子供から「プレミアムフライデーはパパが料理してくれるので大好き」なんて言われたら最高でしょう。

3 自分のメンテナンスタイムにする

ボルダリングジムで壁を上る女性

普段はなかなかできない自分のメンテナンスをプレミアムフライデーにやってみるという人も多いです。具体的にはのんびり美容室に行ってみたり、男性でも女性でもエステやマッサージに行ってみる、スポーツジムに行く、サウナで汗を流すなど様々です。

普段仕事で自分のことを顧みることがなかなかできないという人も、プレミアムフライデーならゆっくり時間を取れます。こうした時間の使い方ができれば名前負けしないプレミアムフライデーになるのではないでしょうか。

4 ショッピングに出かける

プレミアムフライデーのひとつの目的は消費拡大だそうですが、そこに賛同してもしなくても、やははりショッピングは楽しいものです。休日にお店に行くよりも、金曜の夕方や夜の方がお店もずっと空いているもので、ゆっくりとお店や商品を見ることができます。一ヶ月頑張った自分にご褒美を買ってあげるとルールを決めておくと、次の月のお仕事も精が出るでしょう。

プレミアムフライデーに合わせてセールをしているお店も多く、早い時間帯に入店すると「もしかしてプレミアムフライデーですか?」と聞かれることもあり、ちょっといい気分になれます。

5 病院に行く

病院で診察を受けるメタボの男性

あまり楽しい使い道ではないかもしれませんが、普段忙しく働いている人ほどなかなか病院には行けないもの。休日は病院が閉まっていたり、午前で外来受診が終わることも多く、行きたくても行けない社会人も多いでしょう。

持病の治療や検査のために病院に足を運んだり、歯科で歯のクリーニングを行うのも自分への大事な投資です。人生100年時代ですから、しっかりと自己管理をしておくというのもビジネスパーソンとしての在り方です。

6 自己啓発に当てる

読書する男性

せっかくのプレミアムフライデーですが、何となく頭はまだまだ仕事モード、という人なら、自己啓発の時間として使いましょう。資格の勉強をしたり、英会話教室などの習い事をしてもいいですし、美術館や博物館に足を運んだり、カフェなどで読書や勉強をするのも良いでしょう。

異業種交流会や様々なビジネスセミナーなどのイベントも、プレミアムフライデーを狙って行われていることも多く、探してみるといろんな機会があります。

7 副業する

プレミアムフライデーに副業をするという人も多いです。許可されている会社、許可されていない会社ありますが、副業はまとまった時間がないとなかなかうまく進められないものです。

短い時間だとしても、日頃考えていたことをアウトプットする時間にしていけばかなり効率的に仕事が進みます。月に1回では収入を得る時間としては心もとないですが、積み重ねが力になります。

8 定番の「飲み会」

プレミアムフライデーが始まったとはいえ、実際に導入されているのはごく一部。そのため、その時間に一緒に過ごせる相手は職場の同僚ばかり、ということも残念ながらあります。

しかし、同僚と一緒に飲みに行ったり食事に行くというのも良いものです。普段はなかなかゆっくり話せない人とも話す機会になりますし、家が遠いなどの理由でアフターファイブはなかなか時間を出さなかった人も誘いに乗ってきてくれることもあります。

職場の飲み会の話題でおすすめのネタと避けたいテーマ

9 市民活動に参加する

今は様々な規模での市民活動が行われていますが、市民活動にスタッフとして参加し、地域のために活動するという人も多いです。アメリカでは多くの人が本業以外にも何かしらのボランティアなどの活動に参加しており、コミュニティの形成や、地域に欠かせない多くのサービスを提供しています。

賃金やノルマに縛られず、成したかった良いことを行うことは、心のリフレッシュ効果が非常に高く、時間の使い方に大きな満足を得られます。

10 家族サービスをする

親と一緒にテラスで食事する若夫婦

家庭を持っていても、仕事が忙しいと家族サービスはなかなかする機会がありません。今は子供たちも忙しく、習い事や部活動などで休日も家で顔を合わせる機会が少なくなっています。

プレミアムフライデーに皆で時間を作って、家で団らんの時間をゆっくり過ごしたり、外に遊びに出かけたりと家族サービスの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。きっと家族からも喜ばれるはずです。プレミアムフライデー限定のサービスやプラン、クーポンなどもたくさんありますのでうまく活用しましょう。

プレミアムフライデーは自由に過ごそう

プレミアムフライデーはまだまだ行われている企業は多いとは言えませんが、中には楽しそうにしている人も多く見られ、その様子をサービス提供側として見ている人々の中からは、サービス業や販売業も他の曜日にそういう日が欲しいという声もあがっています。今後、より普及し広がっていくでしょう。

おすすめを挙げはしましたが、プレミアムフライデーは使い方が決まっていない時間です。自分の発想の赴くまま、自由な時間の使い方をして個性的に楽しんでください。

プレミアムフライデーとは?個人消費を促す経済対策の狙い