嫌いな人との上手な接し方8つ!気持ちよく働くコツは?

接し方次第で嫌いな人への対処ができます。上手く対処すると嫌いな人へ克服できるので自分の過ごしやすい職場環境を実現することも可能です。自分から挨拶をする、積極的に話しかける、嫌いな人の良い所を探すなど対処法も様々です。上手く対処して理想の職場環境を実現しましょう。

嫌いな人との上手な接し方8つ!気持ちよく働くコツは?

嫌いな人との接し方を学び、円滑な職場環境をつくろう

職場に嫌いな人がいたら、どのような態度をとりますか?無視する、会わないようにする、無関心を貫くなど様々な対処法があります。しかし、そのような態度を続けていると、仕事に支障が出る可能性があります。

ここでは、職場にいる嫌いな人との接し方に悩んでいる人に、上手な接し方を紹介します。上手な接し方を身につけることで、精神的なストレスも減り、仕事に対する意欲も増します。嫌いな人と接し方を実践して、円滑な職場環境を目指しましょう。

1.嫌いな人にも積極的に挨拶をする

嫌いな人に対しては、つい態度が悪くなってしまいます。そっけない返事を返してしまう、無表情で話をするなど一度嫌いになってしまうと、克服するのが難しい場合が多いです。しかし、職場で頻繁にこのような態度をとっていると、仕事に支障が出てミスを誘発する可能性があります。

敬礼するイケメン男性

そこで、まずは嫌いな人に積極的に挨拶することから始めてみましょう。出社時と退社時に必ず目を見て挨拶することで、苦手意識を取り除きます。そうすると、嫌いな感情も和らぎます。

同じ職場で働く人に対する苦手意識を無くすことで、過ごしやすい快適な職場環境を構築できます。自分から積極的に挨拶をして、嫌いな人と少しでも上手に接しストレス減らそうとする努力が大切です。

2.嫌いな人の悪口を言わない

嫌いな人には、つい強く当たってしまうことがあります。陰口を言ったり、他の人に悪口を吹聴する方もいるでしょう。しかし、そういうことは絶対に止めましょう。このようなことをしていると、いつか必ず自分にも返ってきます。

悪い噂を聞いて悪い顔をする男性

嫌いな人に対する悪口を言っていることが漏れた場合、とんでもないことになります。今以上に溝は広がって仲違いが明確になり、職場で顔を合わせるのが辛くなります。そうなれば、円滑な職場環境は夢のまた夢となるでしょう。また、他人の悪口を吹聴する人は嫌われます。自分が逆の立場にならないように注意しましょう。

劣等感を克服する9つの方法

3.嫌いな人の長所を探す

嫌いな人にも必ず長所があります。その長所を見つけることが、嫌いな人を好きになる対処法の一つです。何故その人のことが嫌いなのか、まずは原因を見つけましょう。例えば、その人の話し方が嫌いだとします。

探し物を必死に探す男性

その場合は、話し方以外のところに目を向けてみましょう。周囲に気を使うことができる、部下の面倒見が良い、仕事ができて頼りがいがあるなど長所を探します。長所のどれか一つでも好きになれれば、嫌いな人を克服できます。

どう考えても長所が見当たらない人は、勝手な想像をします。あの人は家庭的で週末に家族サービスを欠かさない、動物に優しい、ボランティア活動に積極的など良い印象を与えます。そうすると嫌いな人も可愛く見えてきます。自分の中で嫌いな人を好きな人に変換する想像力も、良い所を探す手助けをしてくれます。

4.嫌いな人にも自分から話しかける

嫌いな人とは話したくないので、避けたり無視したりすることがあります。しかしこのままでは、いつまで経っても関係を修復することは難しいです。そんなときこそ、自分から話しかけてみましょう。嫌いという感情は相手にも伝わりますから、相手もあなたを苦手だなと思っているかもしれません。

苦手な人に話しかけようとしている女性

そこで、あなたのほうから話しかけることで、嫌いな人に先制攻撃を仕掛けます。「暖かくなってきましたね!?」「今日のあのニュース見ましたか?」このような会話をすると、相手は驚くでしょう。ポイントは疑問系で話しかけることです。そうすると、無理やり会話をしなくてはならない状況を作り上げることができます。

これを継続すれば、相手は「私のこと嫌いではなかったの?」と疑問を持ちます。ここまでくると、嫌いな人と上手に接することができたも同然となります。何故なら、嫌いな人に好かれ始めたからです。

5.仲良しの雰囲気を醸し出して嫌いな人と接する

あえて仲良しの雰囲気を出して接するのも良いでしょう。嫌いな人にはどうしても対応が冷たくなってしまいますが、円滑に仕事を進めるためにも態度が極端に冷たくならないよう気をつけなければいけません。

仲の良さを演じる小悪魔系女子

嫌いな人には少しテンションを上げて話しかける、ゆっくり相手の話を聞いてあげるなど、普段友人と接するよりも気を使って話しかけましょう。そうすることで「この人は自分に好意的に接してくれている」と、嫌いな人を勘違いさせることができます。

仲良くするフリをしている中で、嫌いな人の見えない部分を発見することができます。その部分を認めてあげると、嫌いな人との関係改善につながっていくかもしれません。

気分転換でストレス解消する方法7選

6.嫌いな人を反面教師にする

自分なりに様々な方法で嫌いな人との関係改善を試みても、苦手意識が消えない場合は「そういう人なんだな」と思って割り切りましょう。人を変えることは難しいから自分が変わろうと思っても、相手がそれに応えてくれない場合があります。そんなときはあまり深く考えず、嫌いな人のことを反面教師として捉え、少し遠めに見るようにしてください。

7.嫌いな人と二人きりにならない

嫌いな人と二人きりになるシチュエーションは、できるだけ作らないようにするのが良いでしょう。周りに何人かいる状況なら挨拶をしたりちょっとした声かけをすることも苦ではないかもしれませんが、嫌いな人と一対一でいるのは苦痛が伴い、嫌いな感情が心を支配しがちです。少しでも嫌いな人となんとかうまくやりたいと考えているなら、できるだけ二人きりにならないようにしたほうが嫌いな感情を感じずに済むでしょう。

8.嫌いな人とは距離を置いて関わらない

「嫌いな人とは関わらない」と割り切ることも、嫌いな人との接し方の一つです。一度嫌いになった人は見るのも嫌、話すのも嫌、同じ空気を吸うのも嫌など徹底的に嫌う人もいます。そのような人と無理に仲良くしようとしても、結局は失敗に終わってしまいます。

完全に距離を置かれた哀れな男性

それならば嫌いな人とは最初から距離を置いて、出来るだけ関わらないのが得策です。どうしても関わる必要のある場合は、仕事に支障をきたさない程度に最低限の会話をするようにしましょう。

嫌いな人への接し方として関わらないというのはあまりおすすめできるものではありませんが、お互いに人間関係のストレスを感じないようにするためという意味では、実はこれが嫌いな人との最良の接し方であるとも言えます。

仕事のストレスを感じやすい人の特徴と解消法

嫌いな人を避けるばかりでなく、歩み寄ってみることも大事

嫌いな人が会社にいると、仕事にまで影響が出ることもあります。人間なので好き嫌いがあるのは当然なのですが、それを態度や顔に出さないのが社会人として当然のことです。避けるばかりではなく、時には歩み寄ることも仕事を円滑に進めていくためには必要なことです。

今回紹介した嫌いな人との接し方を身につけることで、自分にとっての快適な職場を作り上げることができます。会社勤めをしていると、一日の大半は会社で過ごすことになります。ストレスのない職場環境で素敵な一日を過ごすために、職場に嫌いな人がいる方は、色んな接し方を少しずつでいいので試してみましょう。