責任転嫁する人の心理と特徴4つ

責任転嫁する人にはいくつか特徴があります。また責任転嫁する時、彼らは内心どんなことを思っているのでしょうか?ここでは心理面に注目して特徴を4つ紹介しますので参考にしてください。

責任転嫁する人の心理と特徴4つ

責任転嫁してしまう人の心の中を徹底解明

あなたの周りに何でも責任転嫁する無責任な人はいませんか?反省せず自分の失敗を認めず、他の人にその責任をなすりつける。責任転嫁するほうは簡単で楽ですが、されたほうはたまったものじゃありませんよね。会社の上司が責任転嫁するタイプだと最悪です。

本来上司の役割というのは責任を取ることが最も重要な役割です。「何かあった時の責任は俺が取るから安心していい」なんて言われたら頼もしいですよね。ここではその真逆の人々、自分の犯したミスもすべて責任転嫁する人たちの心理と特徴について説明します。

「責任転嫁」の意味は自分の罪や責任を他の人になすりつけること

「責任転嫁」の意味を調べると、自分の罪や責任を他の人になすりつけること、とあります。語源は「再度の嫁入り(再嫁)」という意味で、そこから転じて「転嫁」は人に移すという意味を表わすようになりました。「転嫁」のみでも自分の罪や責任を他の人になすりつけるという意味があります。

1.責任転嫁する人は自己愛が強い

責任転嫁する人は自己愛が強い傾向にあります。自己愛が強いと己のかわいさから自分を甘やかし、自分の問題点から目を背け、他人のせいにしたりして、自己の責任から逃れるため無意識に自己防衛が強く働きます。彼らは自分のことしか考えていません。

自己愛が激しい男性

そして「自分はデキる人間だ」と周囲にアピールして認めてもらいたい承認欲求がとても強く、完璧を求めるが故に、己の失敗を認めることが出来ないのです。自分のミスを認めてしまうと「完璧な人間」というイメージが壊れてしまうため、精一杯の見栄を張り、責任を他の人に押し付けてしまうのです。

心が折れるときにやる仕事疲れや就活疲れに効く5つの行動

2.責任転嫁する人は人から怒られるのが怖い

部下には強く当たるのに上司には逆らえない男性

責任転嫁する人は往々にして子供っぽいです。幼い頃から親に甘やかされて育った人が多いため、怒られたり、指摘された経験はあまりありません。そのせいで大人になってもミスを指摘されたり、怒られるのを極端に嫌います。彼らは怒られることが怖いのです。そのため、他の人に責任を押し付けて自分は平然と非難する側に回ります。

3.責任転嫁する人は楽をして世の中を渡りたい

責任転嫁する人は面倒事を嫌います。できることなら楽をして世の中を渡っていきたいと思っています。そのため、自分がミスを犯して失敗しても、その責任を取るなどという面倒なことをするくらいなら他の人になすりつけてしまったほうが楽だと考えるのです。

お昼休みにサイクリングをする男性

怒られるのが怖いタイプの人もそうですが、この楽をしたいタイプの人たちも本当は自分がミスをしたという自覚はきちんとあります。ある上で確信犯的に責任を押し付けているのでタチが悪いです。

4.責任転嫁する人は「自分は悪くない」と無理やり思い込んで虚勢を張っている

責任転嫁する人は「自分は決して悪くないはずだ」と必死に思い込もうとします。彼らは自分と自分のプライドを守るのに必死なのです。自分の非を認めてしまえば高くそびえ立った自身のプライドが音を立てて崩れていくのが分かるから、彼らはそれが怖いのです。

見栄っぱりな男性上司

プライドが高いということは裏を返せば何らかのコンプレックスがあり、自分に自信がない証拠。そういう自分を見透かされないように虚勢を張って責任転嫁してしまいます。

真面目系クズの特徴9つと改善方法

責任転嫁する人とは適度な距離をとったほうが良い

相手が会社の上司の場合はなかなか難しいですが、同僚や友人の場合は、ターゲットにされて責任を押し付けられる前に、適度な距離を保って付き合うのが良いでしょう。