OAオペレーターってどんな職業?その実態をご紹介!

OAオペレーターは事務職の中でも人気のある職業です。OAオペレーターの業務内容、OA事務との違い、OAオペレーターになるための方法、求人状況など、OAオペレーターに関することをまとめました。一般事務を考えている人も、資格を取ってOAオペレーターにキャリアアップしてみてはいかがでしょうか?

OAオペレーターってどんな職業?その実態をご紹介!

OAオペレーターは今後も必要な人材である

IT革命以来、コンピューターやコピー機といったOA機器による情報整理・発信は年々発達し、便利さから多くの人が使いさらに発展、結果として大幅な経費削減と事業の効率化に繋がりました。そのため、今後もOA機器の必要性・重要度は大きくなり続けるでしょう。

一方でOA機器、特にOAソフトの扱いが上手く出来ずに四苦八苦する方もいます。上手く扱える人とそうじゃない人との差は、機械との相性の問題ではなく、機器やアプリケーションを扱う知識や経験の差によるものです。OAオペレーターは、パソコンを使ううえで必要なアプリケーションのエキスパートです。今回はそのOAオペレーターの仕事についてまとめてみました。

OAオペレーターの仕事とは

OAオペレーターの仕事はパソコンにインストールされているOAソフトを用いた文章作成と情報整理が主となります。はたから見ると、事務員と変わらない仕事で、実際に求人広告にも「OA事務」と初めから募集しているところもあります。

ラップトップが並ぶ事務所のデスク

しかし、OAオペレーターは会社の組織になくてはならない人材です。Word・Excel・Access・PowerPointといったOAソフトのスペシャリストであるOAオペレーターは、それらを用いて業務を行う企業においてソフトに慣れていない社員よりも多くのデータ処理をしてくれる人材です。

書類作成する人と作成された資料や処理されたデータを用いて仕事を進めていく人と分業することで迅速な対応をすることも可能になります。OAオペレーターは組織の迅速な対応や合理的な決定を支える人材なのです。

OA事務とOAオペレーターとの違い

事務所で電話を受ける女性

OAオペレーターと名前が似ている仕事といえばOA事務があります。どっちでもいいと考えている方もいますが、仕事内容には確かに違いがありますので、違いを知っておくことで就活の際のヒントになるでしょう。また間違えた職選びをしないためにもしっかりと覚えておいてください。

OA事務=一般事務

OA事務を一般事務という意味で使って求人広告を出しているところがあります。ちょっとOAソフトに詳しい人が来てくれたらいいな…ぐらいの気軽さで募集している広告もありますので、実質OAオペレーターというよりはOA機器を使った事務作業をすることになります

OA機器に含まれるパソコンも使いはしますが、業務の多くはコピーやファックスによって正確かつ迅速に書類を準備するばかりです。自発的な作業というものは少なく、ルーティンやテンプレートに当てはめるだけなので考えることもあまりありません。企画や新規顧客獲得のための戦略立案などの業務がなくそれらを行う社員のサポートをするという仕事です。

OAオペレーターは情報整理のエキスパート

データのグラフをプリントアウトする

OAオペレーターの仕事はWord・Excel・Access・PowerPointなどを扱いながら情報整理を行う仕事でありコピーやFAXを使った一般事務とは異なります。一番の違いは細かいデータ整理が多くほぼ会社の事業内容に即した内容を積極的に扱う面です。

一般事務ではそのサポートという概念が大きいことから事業内容そのものではなく会社運営の雑務をこなすという色合いが強いですが、OAオペレーターの仕事は基本的にそれ単体として評価できる業務が多くなります。そのため、OAオペレーターは細かいデータの整理や表現を事業内容に即して提出する必要が出てきます。

OAオペレーターになるには

OAオペレーターの仕事では基本的なパソコンスキルを持っていれば良いというのが多いでしょう。すなわちOAオペレーターになるために特別な資格は必要ありません。事実、OAオペレーターの仕事についている6割以上の方が未経験入社で入っています。また契約社員の方も多いです。

ただし、パソコンスキルを証明できるWord Excel PowerPoint Accessなどの資格があれば好印象を受けられます。これらのスキルを証明するものにMOSがありますが長年OAオペレーターを務めている方ならば必須のスキルです。

今ではほとんどの方がプライベートでもパソコンを使い情報整理や情報発信を行っていますので、資格を入手すること自体はそこまで難しくありません。しかし、誰でもできる内容ということから、正確かつ迅速に高いレベルのものを要求されることもあります。特にExcelとPowerPointのスキルは高い方が優遇され、その表現技術に関しても企業は興味深く見ています。中でもピポッドテーブルやマクロの使い方が分かる場合はその業務を優先して行うことになり自分の力量次第で多くの活躍の場が用意できます。

OAオペレーターの苦労

キーボード入力する女性

OAオペレーターはその細かい業務の繰り返しであることから忍耐力が試される仕事でもあります。繰り返し同じようなデータでも若干の違いが出てしまいその違いを正確に把握して処理しなければなりません。中にはマクロなどを使って自動化することも可能ですが、それでもデータの打ち込みを人間の手で一つづつ行うことで小さな見落としを避けなければなりません。

細かいミスをしっかりと見つけるために数人がかりのチームを組み、互いにチェックするのが一般的です。そこで見つかったミスを直ちに解消させ、その記録を作ることもOAオペレーターの重要な仕事と言えます。ミスの記録というのは今後やってくる新人の方が作成したデータのチェックの際に適用できより高精度なデータ処理を行うことができるためです。

しかし、このようなチェックの制度を上げていても膨大な量のデータ整理を行わなければなりませんのでキータッチのスピードや業務処理スピードの低下はどうしても出てきてしまうものです。そうした緊張感と闘いながら資料整理をしなければならず、肩こりや腰痛などに悩まされる方が多いです。

OAオペレーターの魅力

グラフの意味は?

OAオペレーターになることで幅広い知識が身につくのが魅力です。何の知識かというと主に情報処理ソフト、特にExcelやAccessの中に搭載されている知識が身につきます。会社によってはCADも取り入れておりその使用方法を一から教えてくれるため、自分で使わないような機能についても知識を深めることができます。

OAソフトに限らず、なにか道具を持っていても普段使う機能しか触らないのが普通です。WordやPowerPointでは、自分が想定していなかったような機能がいつの間にかアップデートされていることが多いため調べる機会が多いですが、Excelではどのような場合の処理をどこで行うかが決まっているぶん、これから大幅なアップデートが行われる心配がありません。

実際にExcelを本格的に勉強しようとしたことのある方はご存知かと思いますが、Excelというのは実際に参考書通りにやってもうまくいかないことの多いソフトです。そのため経験者によるアドバイスと実践の積み重ねが非常に重要なことになります。OAオペレーターになることでその両方を培うことになるため自分のスキルアップにつながります

求人状況

現在OAオペレーターの応募は正社員ではなく契約社員による応募が多いです。契約社員からスタートして後に正社員に登用される方も多くおり、技術的不安要素やその企業に合った情報処理ができるかなどを見極めるために必要な措置です。早ければ半年、遅くとも1年以内には正社員の件について相談が来るでしょうから、そのときに改めて考えるとよいでしょう。

個人として業務にあたることが多く、チームでの行動というのは少ない職業です。また、基本的には残業はなくその日に行う業務量が大きく上下することはありません。男性が多い職場となりますが、近年では女性のOAオペレーターの方も増えてきています。

未経験からの応募でも問題なく、基本的なパソコン操作さえできれば就職後の訓練でサポートできるため人気の職業です。週5日勤務で月収21万円程度のところが多いです。平均時給は1,465円で要経験のところでは平均時給1,594円となっています。

OAオペレーターは人気の職種

OAオペレーターはその細かい業務ゆえに敬遠する方もいますが、1人でする業務が多く人付き合いによる疲れというものが少ない職場が多いです。またアンケートの分析や細かい情報の整理というのは汎用性があり、常に新しい情報が求められるものですまた、事務職の転職という面ではOAオペレーターというのは人気でありその求人も安定しています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ