新入社員研修の内容は?押さえておきたい研修期間中の服装

新入社員研修はどの企業でも必ずと言っていいくらい行われていますが、どのような目的で行われているのでしょう?ここで紹介する研修の内容やおすすめのビジネスカジュアルの服装を参考にして、社会人として活躍するためのスキルを身につけていきましょう。

新入社員研修の内容は?押さえておきたい研修期間中の服装

新入社員の研修の内容とは?知っておきたい服装や研修の目的

大多数の企業によって様々な形で取り行われる新入社員研修。企業によって内容もいろいろあり、業務に合った研修プログラムのスケジュールが組まれています。

社会人としての絶好のスタートラインとして、夢と自信と誇りを持ち、前向きに仕事に望むための学ぶ場としたいものです。研修では、会社の一員として働くために必要なルールや仕事の進め方を徹底して学び、社会で活躍できるように心がけましょう。

今は、社会人として一人前に成長させるための前段階です。新人社員の研修で学ぶべきことを身につけなければ何の意味もないことから、目的意識を持って参加することが大切です。ここで紹介する新人社員の研修の意義や内容を理解して、有意義な研修期間を過ごしましょう。

新入社員の研修にはどんな意味があるの?

新入社員研修を始める先輩社員

新人社員の研修は、基本マナーや会社の体制などを学ぶ場くらいに思われるかもしれませんが、多くの場合、入社後に属する業務に必要な知識を習得し、即戦力として活躍できるようになることを目的としています。

新人社員が希望を持って前向きに仕事に望めるように、職務を遂行する上で必要な知識やルール、マナーなどの基本を身に付けてもらうために、入社後に直ぐに実施されるのです。また、企業側が即戦力を求めているのか、時間をかけてじっくりと人材を育成していくのか等、研修期間は受け入れる企業が新入社員をどのような位置づけとして考えているのかも分かります。

逆に、新入社員が会社や仕事への理解を深め、自分がこれから働く企業について明確に理解することも、新入社員研修の目的の一つ。会社へのギャップが生じることで、新入社員の離職へと発展してしまうケースこともあることから、ミスマッチをなくすための重要な役割を果たしています。

新入社員研修の基本的な内容

会社の研修内容をチェックする新入社員

新入社員研修では、仕事の内容など実務的なことについてももちろん学びますが、社会人としての意識を高める為の社会人としての礼儀作法やビジネスマナーのほか、経営方針や企業理念、企業風土、就業規則などの、意識的な内容に重点が置かれることが多いようです。

さらに、組織の一員としての意識を持たせるため、社会人として必要な知識やスキル、自律性、主体性のほか、責任ある行動とはどういったものなのか等を身に付けていきます。基本は講義中心で、具体的には次のような社会人としての心構えと仕事に対する意識を学びます。

161107_exchanging-cards2
名刺交換マナーを押さえてデキるビジネスマンになる方法

社会人としての基本的なマナー

  • 学生から社会人へのマインドチェンジ
  • 社会人としての服装や身だしなみなど
  • お客様への言葉遣い
  • 上司や同僚とのコミュニケーションの取り方

名刺交換、電話応対などのビジネスマナー

  • 挨拶の仕方
  • お辞儀などの接遇研修
  • 電話応対の方法
  • ビジネスメールの書き方

仕事に対する姿勢やルール

  • 報告、連絡、相談の重要性
  • 具体的な仕事の進め方

実施期間としては、入社後1か月から3か月程度行った後、所属部署に配属されるのが一般的です。会社によっては1日から3日間なども。最近では1年から3年などといった期間で基礎からシッカリと行う企業もあるようです。

知っておきたい社員研修の種類

新人社員研修のような企業研修には、次のような3つのやり方があります。
1.OJT:実務の指導を受けながら研修を受けること
2.OFF-JT:業務に就かずに研修に専念すること
3.SDS:実務以外の自主的な自己啓発活動をサポートすること

新入社員の研修期間の服装は?

オフィスカジュアルで出勤する新入社員

一般的な新入社員研修ではスーツ着用が原則ですが、中には「服装は自由」「私服で参加」という企業もあるようです。このような場合、自由だからといってどんな服装でもいいというわけではありません。服装の指定がない場合のポイントとなるのがビジネスカジュアルです。

ビジネスカジュアルとは、スーツほどはカチッとしていないけれど、相手に失礼のない程度にカジュアルな服装のことをいいます。男性の場合は、上は襟付きのシャツにジャケット、下はスラックスやチノパンなどが望ましいでしょう。また、女性の場合は、ジャケットにスカートやパンツを合わせ、インナーはあまり胸元が開きすぎないものを選ぶのが無難です。

研修内容によっては、「動きやすい服装で」「汚れてもいいものを」と具体的に指定される場合もあるため、どうしても服装選びに迷った時は、企業側の担当者に確認した方がいいでしょう。

160408_blouse-choose2
新入社員女子必見!先輩女子に好かれるブラウス選び12のコツ

新入社員の研修の給料はもらえるの?

新人研修を終えた会社員

社会人になって、仕事以外に気になる物といえばお金の問題です。新入社員の研修では、給与や経費がどのような扱いになるのか気になる人は多いのではないでしょうか。ここから、研修中に支払われる経費についてご紹介してきます。

150427_newemployee_bonus2
新入社員はボーナスが貰えるの?気になる給料事情

強制参加の研修は給料の支払い対象に

新入社員研修は会社の業務の一環として行われることから、参加が必須の研修については労働時間とみなされるので、もちろんお給料は支払われます。さらに、その研修が日曜日や休日に行われる場合は、休日出勤とみなされるので代休の取得対象となるか、割増賃金が支給されなければなりません。

また、会社の業務として新人研修を行う場合は、営業で取引先に行くのと同様に、場所がどこであれ交通費は支給されます。新入社員の研修では、給料だけではなく、交通費も支給されことは知っておかなければいけないポイントだといえます。

自由参加の研修は給料が発生しないことも

企業側が新入社員に対して参加を強制しない研修は、不参加者が不利な扱いを受けない限りは労働とみなされないため、給料が支払われない場合があります。あくまでも、本人の意思によって研修に参加したということは、会社からの強制的な労働義務が発生しないことから、会社側に給与や交通費の支払い義務がないのです。

ただし、名目上は自由参加でも、参加を拒んだことを理由に不当な扱いを受けたり、内定を取り消されたりするケースもあります。このように半ば強制的に研修に参加させておきながら、給与や交通費が支払われない場合は、労働基準監督署に相談や通告を行ったほうがいいといえます。

入社前の研修にも注意が必要です。

最近の傾向として、新入社員研修を目的とした「入社前研修」を行う企業が増えていますが、このような場合であっても、会社側の指示命令下で、労務提供の目的で自由利用が保証されない時間については労働時間とみなされます。

こんな面白い新入社員の研修もある!

研修内容に驚く新入社員

企業ごとに必要なスキルを磨くために行われる新入社員研修ですが、中にはとてもユニークであったり、過酷な内容であったりという面白い研修をしている企業もあるようです。

人気沸騰中!自衛隊体験入隊

最近、自衛隊員さながらの生活を味わえる体験入隊を、新入社員の研修として取り入れる企業が増えています。午前6時起床、午後11時消灯と規則正しい生活の中で、敬礼や隊列行進など基礎訓練に加え、腹筋、腕立て、懸垂など本格的なトレーニングで、規律や団結力を養います。

10名程度以上のグループならばどんな企業でも参加できるようなので、新入社員の「精神力を高めたい」「自信を身につけたい」という企業におすすめです。最寄りの自衛隊地方協力本部の窓口で申込むことができます。

メンタルの強化に役立つ雪山登山

大手総合商社として知られる伊藤忠商事が2012年から導入しているのが、「タフネス強化研修」と呼ばれる新入社員の研修で、雪山登山や野外での共同生活によって、その名の通りタフな肉体や精神の鍛練のほか、団結力の強化が目的です。

5泊6日のテントでの共同生活では、インストラクターとともに数名ずつのパーティでの本格的な登山もあり。経験のない者には相当の過酷な体験で、忍耐力、精神力、体力など成し遂げた達成感は、これからの社会人として大きな自信にもなっていくのではないでしょうか。

初心忘れるべからず!新入社員の研修は社会人としての第一歩

これまで、新入社員研修についてさまざまな視点からご紹介してきましたが、内容については理解できたでしょうか?新人研修は、社会人として活躍するための足がかりとなるため、非常に大切なイベントだと感じていただけたはず。

何をするにも初めが肝心と言われるように、仕事をするうえでより良い結果を出すためには、社会人としての基礎を身につけることが大切なのです。

中には、何でこんなことをしなくちゃいけないの?と感じる研修もあるかもしれませんが、どのような内容でも自分に役立つためと自分に言い聞かせて、これからの会社で活躍できるように素直に受け入れてしっかりと身につけておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ