休日に来る上司のメールが鬱陶しい!返信する?無視する?

休日に上司からメールが来て困ってしまうということはありませんか。内容によっては休日に連絡が来ても仕方ないなと思えても、こんなことはわざわざ送ってこなくてもいいのに鬱陶しいと思う時もあるでしょう。休日にメールを送ってくる困った上司には、こんな風に対処してみてはいかがでしょう。

休日に来る上司のメールが鬱陶しい!返信する?無視する?

休日に上司からメールが来ると対応に困ることが多い

休日にくつろいでいる時にも関わらず、急に上司からメールが来て対応に困った、といった経験がある人も少なくはないのではないでしょうか。休日くらいは仕事のことは忘れてゆっくりと休みたいのに、そこに上司からの連絡が来てしまっては台無しです。

ですが、上司からのメールですから無視をしても良いのかどうかわからず、結局渋々返信をしてしまった、という心当たりがある人も多いでしょう。では、実際に休日に上司からの鬱陶しいメールが送られてきた時には、どのように対応するのが正しいのでしょうか。

今後、上司から休日にメールが送られてきた時に、冷静に対応することができるようにするためにも、ぜひ参考にしてみてください。

上司から休日にメールが送られてきたときの対処の仕方7つ

考える男の人

上司から休日にメールが送られてきた時に、どうすれば良いのかを考えるのは非常に難しい問題です。その時々に、適切に対応できるようにしておきたいところです。

休日に上司からメールが送られてきても、基本的な対応は「返信しない」ことで問題はありません。ですが、自分にとってそれでは不都合があるとか、上司との関係が悪くなるかもしれないといった気持ちが拭えない、といったことがあるのならば、しっかりと対策を考えておく必要があります。

「返信しない」ことをベースに、どういった場合に返信するのかということを考えていくと、自分の行動の指針が決まりやすくなるでしょう。

1.間髪入れずにサクッと返信する

休日に送られてくる上司のメールは返信しないを信条にしたいのはやまやまですが、出社後になぜ返信しないのかと詰められることが明らかで、そんなやりとりこそ鬱陶しいと考えるなら、間髪入れずにサクッと返信してしまいましょう。

どうせ電話もなしに上司が送ってくるメールは、たいした用事でないことが多いです。「承知いたしました」「あのファイルは○○フォルダに保存してあります」など、簡単に返信して終われるものなら終わらせてしまった方がスッキリします。

2.休日は仕事をしないと割り切って上司のメールを無視する

休日は仕事をしないのが当たり前と考えるなら、休日に来た上司のメールを無視するのがいいでしょう。自分の信念を押し殺してまで対応する必要はありません。休日は文字通り仕事がお休みの日ですから、自分の用事や楽しむために使ってください。

社会人にお勧めの休日の過ごし方!カップルや一人で楽しむ方法

3.仕事の事は休日明けに返信すると上司に返信する

休日は仕事をしないつもりでも、上司から来たメールを全く無視するのも気が引ける…というちょっと弱気な一面を持っている人は、「今日は休日なので仕事のことは休日明けにお答えします」と返信して見てはいかがでしょうか。

さりげなく休日は仕事の対応をしないメッセージを含ませることができますし、上司のアプローチを無視しないでちゃんと対応もしていることになります。この対応を続けることで、もう休日に上司からメールが来なくなる可能性も期待できます。

4.休日中は上司のメールを無視するけれど休日明けの朝一番で返信する

休日に来た上司のメールは無視するけれど、上司のアプローチを無視することまでしたくない人は、休日明けの朝一番で返信するようにしましょう。出勤前にメールを返信しておけば、「どうして返信しなかった?」と責められることはありません。朝からスムーズに仕事を始められ、お互いに気持ちがいい朝になるはずです。

5.上司が休日に送ってくるメールの内容を吟味してどうするかを決める

休日に上司から送られてきたメールの内容が、仕事に関わる重要なものであれば、返信をして、そうではないものであれば返信をしないという決まりを自分の中で作り、それに従って行動するのもひとつの方法です。

メールの内容がどういったものであるかを吟味して、それが急を要するものであったり、どうしても自分が返信しなければいけないものであったりした場合のみ返信をするというのは、自分にとって最低限のストレスで済みます。

上司からのメールがあまり仕事の内容に関係のないもので、些細なことであるならば、あえて返信をする必要はないと言えるでしょう。ただし、メールに返信してしまうと、更に返信が来てしまい、会話が続いてしまう可能性があるので、区切りをつけるのが難しくなってしまいます。そうなると会話を終わらせるタイミングを見つけられなくなってしまうので、注意が必要です。

6.上司の性格に合わせて返信するかどうかを決める

メールを送ってきた上司の性格を鑑みて、返信をするかどうか決めるというのもひとつの方法です。些細なことにこだわり、何でもすぐに反応が返ってこないと怒るタイプの上司であれば返信をしなければいけないでしょう。ですが、おおらかで、それほど細かいことにこだわらないタイプの上司であれば、返信をしなくても問題ないでしょう。

返信をするかどうかは、相手を見て決めるべきだということです。誰に対しても同じ対応をしていては、反感を買ってしまう恐れがあります。

また、上司がどのような反応をするか、想像がつかないという場合は、返信をしておくというのが無難でしょう。案外、メールの返信には厳しい人だったという場合もありますし、余計なトラブルを招いたり、心証を悪くしたりするようなことがないように、返信はしておいた方が良いでしょう。

7.休日なのに上司から頻繁にメールが来て困っているならもっと偉い人に相談する

休日に来る上司のメールに返信するとか無視するとか考える以前に、休日なのに当たり前のように上司がメールを送ってくるなら、鬱陶しいを通り越して困りものとしかいえません。「やめてください」と言いたいけれど直接言えない人は、上司よりもっと偉い人に事情を説明して休日のメール送信を控えるように進言してもらいましょう。

もしも「そのくらいいいじゃないか」と言われたら、もっともっと偉い人に相談してください。黙ったままだと上司と部下という関係が続く限り、この鬱陶しさを味わうことになってしまいます。

上司にメールを返信しなかった理由を聞かれたら何と答えれば良い?

休日に送られてきたメールに返信をしないことは、マナー違反ではありません。上司とはあくまでも仕事上での付き合いでしかないのですから、業務時間外での接触をする必要はないのです。ですが、メールに返信をしなかったことへの理由を聞かれた時の理由は考えておくべきでしょう。

メールに気がつかなかったと言うのが一番無難である

上司に返事する様子

上司から、どうしてメールを返信しなかったのかと聞かれたら、「メールに気がつかなかった」と答えるのが最も無難な理由でしょう。メールはラインのように既読のマークがつきませんから、上司にとってこちらがメールを読んだかどうかがわからないという利点があります。ですから、気がつかなかったと言っても、納得してもらえる可能性はかなり高いでしょう。

気がつかなかったなら仕方がない、と思ってくれる上司であれば良いのですが、もしそれを疑うような人であれば、なるべく話を逸らすようにしてみてください。

上司にメールを返信するタイミングを失っていたと言うのも良い

上司のメールに気がつかなかった、と毎回言い続けるのも不自然に思われてしまうでしょう。そういった時には、返信したかったという意思を見せましょう。

上司のメールだから返信しようと思ったけれど、気がついたのが深夜だったから、返信するのは失礼にあたると思ったのでやめておいた、などと言っておくのが良いでしょう。メールは本来ならばリアルタイムでやり取りする必要があるツールではないのですが、深夜に上司に送るのは気が引けた、という姿勢に悪い印象を持つ人はいないでしょう。

休日に上司からメールが来ることは当たり前のことではない

覚えておかなければいけないのは、休日に上司からメールが送られてくるのは、当たり前のことではないということです。もしも休日に上司からメールが慢性的に送られてきていたら、それは悪習であると言わざるを得ないでしょう。

休日の上司からのメールは休日出勤扱いなどになる場合もある

労働者には、休日にはきちんと体と心を休める権利があります。そこに上司から業務についての連絡をされることは、休日出勤や時間外労働といった扱いにされる場合もあります。ビジネスに関する話は、業務時間内のみに行うべきであるという考え方に基づいているのです。

自分以外の同僚にも上司からメールが届いていないか聞いてみよう

考える男性

もしかしたら、休日に上司からメールを送られて悩んでいるのは自分だけではないかもしれません。その可能性を探るためにも、同僚にも同様の悩みを持っていないかどうか聞いてみるべきです。実は自分も上司からのメールに困っている、と打ち明けてくれる同僚がいる可能性があります。

どうしたら解決できるか、一緒に考えられれば今までよりも心強く感じられるでしょう。それに、その上司が自分だけを狙って嫌がらせのように休日にメールを送っているわけではないのだとわかれば、心が軽くなることも間違いありません。

休日に上司からメールが頻繁に届くことがストレスになる

仕事に関係あることかどうかに関わらず、休日に上司からメールが頻繁に届くというのは、少なからずストレスに繋がります。せっかくの休みなのに、いつ連絡が来るかと考えると気が休まらない、と感じる人も多いでしょう。

そもそも会社で話してくれれば良いのに、どうしてわざわざ休日にメールをしてくるのだろう、とげんなりした気持ちになってしまうことは、もちろん言うまでもありません。

同僚や部下からのメールならば、今都合が悪いから後にしてほしい、と返信することは簡単です。ですが、上司が相手では簡単にそうすることはできません。上司に対してそういう態度をとるのは気が引ける、気まずくなってしまうだろう、と尻込みする人も少なくないでしょう。

ですが、そうして我慢しているうちに、どんどんストレスは溜まっていきます。そのうち、常に携帯を見ていないと落ち着かなくなってしまった、という人もいます。嫌だ嫌だと思っていると、うんざりした気持ちは募る一方です。

休日の上司からのメールで困るのは時間帯にもよる

上司からのメールで困るのは、休日だからという理由だけではないでしょう。もしもメールが早朝や深夜に届いた場合、更に扱いに困ることは間違いありません。もしかしたら相手はすぐに返信してくることを待っているのかもしれないし、そうであればこのまま無視していて良いのかも判断しかねる、と考えあぐねてしまいます。

早朝や深夜は自分にとっても身動きがとりにくい時間帯ですし、メールばかりに集中していられる時間でもありません。気が付かなかった、と答えれば良いと言える時間帯でもありますが、あまり受け取りたくないことは確かでしょう。

休日に来る上司からのメールには上手く対応しよう

会話する上司と部下2人

休日に上司からメールが来ることによって、休息の時間を邪魔されてしまったと感じる人も少なからずいるでしょう。休日は自分や家族と過ごすためだけに使いたいのに、仕事の話を持ち込まないでほしいと考えている人も多いでしょうし、上司のように気を遣わなければならない間柄の人からの連絡となれば、気が重くなるのも当然のことです。

ですが、そういった状況から逃れられない以上、何らかの対策を講じなければいけないのも現実です。もし休日に上司からメールが来たら、返信をするか無視をするかの二択に追い込まれてしまうのがつらいところです。

自分がその時、その相手に対して最も良いと思える対応をとるしかないのだと割り切ってください。そうすることによって、できる限りストレスを受け流せるようにしていきましょう。