仕事ができる人が実践する9つの特徴

行動が早い人は仕事ができる人です。新入社員からベテラン社員まで使える覚えるべき仕事の効率化のイロハを厳選。効率良く仕事ができる人になりたい方は必読の9つの方法を紹介します。

仕事ができる人が実践する9つの特徴

仕事ができる人の条件は効率重視で素早く行動!

仕事のできる人は誰からも信頼されます。また時間配分も上手いのでムダな残業は一切する必要もないのです。少し意識するだけで仕事ができる人になる9の方法を紹介します。

1.仕事ができる人は仕事を整理し効率化している

仕事の速い人は仕事ができる人と思って良いでしょう。 完璧を求めない事も仕事ができる人の特徴です。

仕事を整理する会議中

仕事を完璧にこなそうと思うばかりに作業時間を長引かせる事は企業にとっても自分にとっても良い事ではありません。またそのような仕事の場合は自己満足で終わる可能性があり、あまり評価されない傾向があります。

まずは仕事を整理し、どのように行動すると仕事の効率がよくなるのかをしっかり考えてみましょう。

【敬語変換一覧表】メールや電話で活躍するビジネスマナー

2.仕事ができる人は整理整頓でデキル印象を与えている

仕事のできる人は整理整頓する能力も高く、自分のデスク周りがスッキリしています。 またパソコンのアイコンもキチンとフォルダ分けされているケースが多いです。

周りをスッキリさせた男性

この整理整頓する能力は仕事効率のスピードアップだけではなく、仕事のタスク分けにも活かされるので出来る限り、自分の周りを整理整頓するように心がけましょう。

デスク周りを整理整頓する事で、同僚からの印象もアップし、自分の気持ちもスッキリして仕事効率もアップするはずです。

3.仕事ができる人は素直で謙虚な気持ちを持っている

仕事の出来る人は自分のミスを素直に認めます。 また新しい事に挑戦するのが好きで、様々な人の意見を取り入れる事ができる柔軟な考えの持ち主といえます。自分に自信を持つのは良い事ですが周りの意見も聞くことができる人の必須条件となっています。

腰の低い男性

これができないのはそれなりの地位のある人を指導する立場の方です。部下の話やアイディアを聞く事が自分自身にとってもプラスになるのでなるべく意見を聞くように心がけましょう。

4.仕事ができる人は誰よりも素早い対応をする

メールの返信や電話などは迅速に対応するようにしましょう。 レスポンスの速さや実行力は仕事のできる、できない、を明確にします。

レスポンスの早い男性

一つの例では誰よりも電話対応を早くする事。1コール以内に電話をとる事を意識する事で会社の評価も自分の評価もあがるでしょう。グイグイと前へ出る気持ちで臨むとレスポンスの早い対応が可能になります。

5.仕事ができる人は的確に優先順位を決めることができる

しっかりした優先順位を決められるのも仕事の出来る人の特徴です。 限られた時間内で効率良く仕事を進める為には優先順位付けが必要不可欠です。

仕事のできる男性

これには仕事を整理して内容を全て把握する必要があるので、有る程度の経験が必要になってきます。 経験を積んで優先順位を決められるようになれば必ず仕事ができるようになっているはずです。

プレゼンのコツを抑えて魅力的にする4つの方法

6.仕事ができる人は仕事の選び方が上手

自分で出来ない仕事や、時間の掛かる仕事は他の人に回せるのも仕事のできる人の特徴です。 これは仕事の優先度とリンクしていて、自分が作業すると他の人より遅くなる、自分より適合者がいると判断すると、しっかり対応できるほかの人に仕事を割り振ります。

拒否する男性

この判断が非常に重要になるのですが、周りを見る観察眼が必要で、普段から部下や同僚、上司とコミュニケーションを取っているかどうかが試されます。明確な判断と根拠があれば仕事を振られた側にも良い評価を与えられるでしょう。

7.仕事ができる人はコミュ力が高い

コミュニケーションの高さは社内でも社外でも評価される、できる人には欠かせない要素です。 頻繁にコミュニケーションをとれば仕事も円滑に進める事ができます。

談笑する男女

これは性格的な要素もあるので難しい部分があるのですが、毎日ニュースをチェックし、話題を集める事や、他人の会話に強引に入って相槌を打つだけでも印象が変わります。どうしても苦手な方は挨拶など、一言でも良いので声かけする事で社内での評価も上がるでしょう。

ネガティブな思い込みは捨ててコミュニケーションを取って仕事に活かしてみましょう。

成功者の習慣から学ぶ8つの考え方

8.仕事ができる人は段取りがうまい

仕事の組み立てがしっかりできる人は仕事もできると言って良いでしょう。 これが出来ないと優先度を自分で付ける事が出来ないので仕事をしっかり処理する事が出来なくなってしまいます。

段取りを決める男女

この考えは仕事を理論的に考える為に必要な事で仕事ができる人は段取りがしっかりできる人と言えます。

段取りができてくると仕事の把握もできるので仕事効率がどんどん良くなってくるでしょう。

9.仕事ができる人は時間を意識して仕事をこなしている

スケジューリングの上手な人や、ムダな残業をしない人は会社でも評価が高い人でしょう。

時間を確認する男性

うまくスケジュールを管理できない人は手帳やメモなどを利用して一日にする事を時間毎に書きだすと良いでしょう。そうする事で何時までに何をするのかを把握して仕事を進められるでしょう。 また、社内でスケジュールの管理が上手い人を見習いマネする事で自然と自分にも時間の管理が身につくことでしょう。

資料を作成する際も情報を集めるのに1時間、実際の作業に1時間、終了後の手直しに30分などと書く事で制限時間を無理やり設定すると仕事の効率がアップします。時間を意識して仕事をする事でできる人へ変身する事ができるのです。

仕事ができる人の特徴を取り入れて仕事ができる人になろう

仕事ができる人の特徴を見ていくと、際立った特別な才能を持っているから仕事ができるのではなく、誰にでもできることをぬかりなくしっかりとやっていることに気がつきます。要は心がけ次第ということです。仕事ができる人にあこがれを持っている人は、仕事ができる人が普段からしていることを取り入れることから始めてみてはいかがでしょうか。