社会不適合者の特徴から見つける8つの生き方・働き方

社会不適合者の特徴から仕事とこれからの生き方のヒントを6つ紹介します。自分自身を見つめ直すことで適職が見つかります。適職が見つかると仕事も楽しくなるでしょう。社会不適合者は就活時や就職した際に苦労することがあります。まずはアルバイトから始めるのも良いでしょう。社会不適合者の生き方と仕事について解説します。

社会不適合者の特徴から見つける8つの生き方・働き方

社会不適合者の特徴から生き方のヒントを見つけよう

社会不適合者とはいったいどんな人を指すのか、自分は社会不適合者ではないのか、疑問を持つ事があります。社会不適合者の特徴を見る事で、自己診断をすることができます。ここでは、どのような生き方をすれば良いのか、適職はあるのかなどのヒントを紹介します。

社会不適合者の特徴1.劣等感が強い

社会不適合者と呼ばれる方は一般の方と、どのような違いがあるのでしょうか。それは過度な性格と言えます。社会不適合者は誰もが持つコンプレッスの度合いがより強く出ているため、社会に馴染めないことが殆どです。

劣等感の強いカメラが趣味の男性

悩みやストレスの原因となるものの1つに劣等感がありますが、この劣等感が「強すぎる」のも社会不適合者の特徴です。このように劣等感が強い方は普段の生活はもちろん、仕事でも辛い思いをしています。

誰かと比較するのが習慣化してしまい、自分を卑下してしまいます。そのため気持ちが辛くなり、うつなどの病気にかかってしまう可能性が高くなります。そのような性格を直すには時間も必要です。

劣等感の強い方が楽になる生き方のヒントは、他人と関わる仕事をしないことです。毎日の生活で人と関わらないことは、ほぼ不可能と言えます。しかし、極力関わりを断つことは可能です。例として職業で言えば、工場などのライン工や夜間の清掃員や警備員などが該当します。また、在宅でできる仕事も適職と言えるでしょう。

社会不適合者は線引きが難しいですが、人と関わらない仕事に就くことができれば、心の負担も少なく済みます。

劣等感を克服する9つの方法

社会不適合者の特徴2.人間不信

人間不信の方も、社会不適合者と言われています。学生時代から友達がいないため人付き合いが苦手、もしくはできない状態になっています。仕事も人間関係の煩わしさから長続きせずに、入退職を繰り返した結果、就職の道を閉ざされニートになる方もいるでしょう。

海岸沿で立っている人間不信の女性

人間不信は、人間関係を構築するのに大きな壁となります。人を信用しない方は誰からも信頼されませんから、言うなれば自らが人間関係の構築を拒んでいる状態です。このような状態では、仕事は長続きせず生活にも困ってしまいます。

人間不信の方が楽になる生き方のヒントは、自分から人を信じることです。時には、誰かに裏切られることもあるかもしれません。裏切られたらそれまでと諦めることが肝心です。世の中は悪い人で溢れているわけではありません。中には、一生付き合えるような絆が芽生える可能性もあるのです。

人を信じることができれば、人間関係も上手く構築することができます。そうなると、どのような仕事でも上手くいくでしょう。

社会不適合者の特徴3.責任転嫁や虚言癖

責任を誰かに押し付けて、嘘の上塗りで自分はそ知らぬ顔をするのも社会不適合者の可能性があります。その場限りの言い訳や、すぐに分かる嘘を吐き続けるのは人間関係を破壊するには充分だと言えます。

責任感のない青年

その状況さえ想像できないのでは、社会生活が難しいと言えます。仕事でも信頼がなくなり、会社での居場所もなくなります。このようなことをしていると、自分で自分の首を絞める結果になります。

責任転嫁、虚言癖がある方の生き方のヒントは、反省することで見えてきます。何故そのようなことをしたのか、反省して自分を戒めます。自分だけのルールを作り、そのルールを徹底することで強制的に悪い部分を直します。

そうすることで人間関係も良好になり仕事も捗るでしょう。責任転嫁や虚言癖はその人の人間性まで疑われてしまいます。一歩ずつ確実に信頼を取り戻すことが大切です。

仕事ができない人の9つの特徴と改善方法

社会不適合者の特徴4.思い込みが激しい

思い込みが激しいと、全てが自分の責任に感じてしまいます。辛い気持ちになり、夜も眠れないなど深刻な状況になる可能性もあります。仕事のミスは自分の責任、予定が無くなったのも自分の責任、会社の上司とソリが合わないのも自分の責任・・・など全てを背負い込みます。

音楽を聴く思い込みの激しい男性

このような心理状態は、大変危険と言えます。一歩間違うと自傷行為に走ることもあるでしょう。社会不適合者は、この思い込みが激しいのが特徴と言えます。会社でも疎外感があると思い込んで、仕事を辞めてしまいます。その疎外感は本当なのでしょうか。

周囲の方はそれほど他人には興味がありません。例えば、仕事で同じ服を毎日着てきても、誰も気にしないでしょう。このように自分が思うほど他人には関心が無いのです。この考えをすることが、思い込みが激しい社会不適合者が楽に生きるためのヒントとなります。

考え方を変えることは容易ではありません。そこで思い込みが激しいという特徴を利用することで、他人は自分を気にしないと思い込むようにします。関心がないことが分かると、自分も気にする必要はなくなります。そうすることで仕事にも熱が入り、良い成果を残すことができます。

社会不適合者の特徴5.仕事を辞めたがる

仕事が長続きせず、すぐに辞める方がいます。実はこのような方も社会不適合者の可能性があります。何故仕事が長続きしないのか、何故辞めたいと思うのかを考えましょう。出てきた答えは「人間関係が悪い」「自分に合わない仕事」ではないでしょうか。

常に仕事を辞めたいと思う男性

このように、仕事を辞めた理由を自分の都合の良いように解釈するのも社会不適合者の特徴です。人間関係が悪と感じた方や自分に合わない仕事だったと感じた方はどのくらいの期間、その仕事をしていたのでしょうか。

仕事を辞めたがる社会不適合者は1週間や1ヶ月程で仕事を辞めます。その短い期間で分かりようも無い事を、辞める理由の言い訳としています。「働きたくない」「面倒くさい」というのが本音なのでしょう。

このような仕事をすぐ辞めたがる社会不適合者は、大いに改善の余地があります。生き方のヒントとしては、本音の部分の「働きたくない」「面倒くさい」を改善すれば良いのです。例えば働きたくないなら、働きたいと思う仕事に就くために資格を取るなど行動を起こします。面倒くさいのであれば働かずに、お金を稼ぐ方法を考えます。

考えを突き詰めることで自分なりの結論を出すことができるのが、このタイプの社会不適合者です。やりたい仕事や自分に合った仕事を探すのは大変ですが、一度きりの人生なので悔いのないように生きましょう。

仕事を辞めたい人必見!ストレスを解消してやる気アップする方法

社会不適合者の特徴6.自信過剰

自身過剰は、社会不適合者と深い関係があります。「自分1人でもなんとかなるから他人と関わる必要がない」と思っているので、他人との接触を拒みます。そのため、コミュニケーション力が欠如し他人との距離感が掴めず、人間関係を構築できなくなります。

自信過剰のメガネの男性

人間関係を構築できない方は、仕事でもプライベートでも人と関われません。自信過剰な方は自身の考えを捨てなければ、自分が辛い思いをしてしまいます。

実際に1人で何とかなるのであれば問題はないのですが、世の中そう上手くはいきません。仕事で自営業を選択した方でも協力企業などがあるので、必ずどこかで人と関わることになります。

自信過剰な社会不適合者は、自分を客観的に見ることで生き方を探すことができます。性格を紙に書いて自己分析するのも効果的です。信頼できる人に評価してもらうのも良いでしょう。自分の今までの行いは正しかったのか、人間関係を上手く構築できなかった理由はなんだったのか、自分の目で確認することが必要です。重要なことは自信を持ち過ぎることではなく、客観的に自分を分析することです。

客観的に見ることで生き方を探し、自分に合った仕事を探しましょう。仕事の面で自信がある方は、自営業に挑戦するのも良いでしょう。まだ適職が分からない方は、アルバイトを始めて自分に合っている職種なのか確かめながら働くのも良いでしょう。

仕事に自信がない人の7つの改善方法

社会不適合者の特徴7.時間を守らない

社会不適合者は、社会人にとって大切な時間を守るという意識が不足しています。自分のペースで物事を進めてしまいがちなので、たとえばちょっと体がだるいなと感じた時、出勤時間に間に合うように準備をするよりも少し休んでから行こうと自分の身体を休めることを優先してしまいます。また、約束の時間に間に合うように行動しようとせず、バスが遅れてきたから仕方ないなど言い訳をしてしまい、周りから問題のある人と見られてしまうのです。

これは、時間を守ることを強く意識するようにするしか方法はありません「時間を守る」とノートに書いて、常にそれを見ることで習慣にできるように地道な努力を続けてください。出勤時間や会議の時間、労働時間にしばりのない仕事はないと心に強く命じましょう。

社会不適合者の特徴8.挨拶ができない

社会不適合者の多くは挨拶をしません。挨拶は、コミュニケーションの第一歩です。「おはようございます」「お疲れ様でした」「ありがとうございます」といった基本的な挨拶ができない人は、そんなこともできないのかと仕事の能力以前に社会人として失格と見られます。

恥ずかしいという思いを捨てましょうまずは家族に挨拶をすることから始めます。一人暮らしの人はペットでもいいですし、木にとまった鳥、なんなら飛んできた蝶々でもいいです。とにかく、声を出して挨拶することを思い切ってやってみてください。挨拶に慣れると、就職活動もきっと動き始めるはずです。

社会不適合者は様々な視点を持って自分に合った生き方を見つけよう

社会不適合者の生き方や仕事探しは、辛いものになるかもしれません。しかし自分を理解することで、最適な仕事を探すことができます。仕事探しは諦めないことが重要です。自分の人生をしっかりと考えてください。

どうしても適職がわからない場合は、アルバイトを始めるのがおすすめです。アルバイトは人間関係が怖い、人と関わるのが辛い方には責任が少なく、比較的働きやすいと言えます。アルバイトを続けていると、正社員の誘いも受けるかもしれません。様々な視点から物事を見て、自分に合った仕事や生き方を見つけましょう